ビーバス Vmaxのススメ

Vmaxにハマっている店主のブログ

タグ:エンジンマウント

車輌はスズキのバンディット1200S
30 GSF-2
丸印のエンジンハンガーは逆車のを流用

純正流用なので ゴムブッシュも入っており、しなやかでかつ剛性がアップしたとオーナー談

このオーナーの車輌は普段からエンジンマウントゴムを替えておりますが、それでも装着したら直ぐに体感した様です

きっと硬すぎないのが良かったのでしょう

 

画像を整理していたら以前にバンディットの整備をしていた時の物が出てきたのでアップしちゃいます(^^)


エンジンマウント
これはエンジンマウントのゴムを交換した時の物。
走行距離は1万5千キロ程です。


エンジンマウント ゴム
左=新品, 右=使用済み
目視で分かるかな?


エンジンマウント ゴム (3)
新品


エンジンマウント ゴム (2)
使用済み

減った感じが確認出来ますね。
新品と比べ、2mm弱ほど磨耗しています。


このエンジンマウントゴムって、エンジンの支えとなるゴム(ブッシュ)なんです。
エンジンとフレームの間に入り、防振対策の為に組み込まれてます。

役割りが重要な部分なんですけど、つい見落とされがちですね。


オーナーのSさんから、
交換したら体感できる程シッカリしたよ!
と 嬉しいご意見を頂きました(^0^)


そうなんですよね♪
コイツは当然 Vmax君にも効果あります

ヨレるから補強を入れなきゃ!
と、そう思う前にこう言ったメンテが大事ですね。

まずはノーマルベストが第一!
無駄に高価なパーツを入れるよりずっと良い事もあります。
それから自分に必要な物を取り入れると飽きないバイクになりますよ

このページのトップヘ