ビーバス Vmaxのススメ

Vmaxにハマっている店主のブログ

タグ:バンディット

昨日は出張で修理

IMG_0768 (800x599)
日焼けっス

バンディット1200が不調で、ソレの修理です。
原因は
バンディット ピックアップ

コイツでした

点火不良も直ってバッチリです
    mixiチェック

週末に預かったバンディット1200
キャブがあかんみたいな感じ。
しかし、年式的に電気系は大丈夫だろうか・・・ との心配も。

アレっ、
先日キャブのオーバーホールを行ったバンディットとは
年式の違いからか形状が異なるぞ


うっすら腐ったガソリン臭がしている。
キャブを開けて見ると思ったほどの汚れは無い。

実はこの作業を行うのに見やすくなればと 事前にメガネを換えたんです。
それが、大失敗

見易くなったはずが、
近くが超~見難い・・・

近くが見難いと言えば・・・

いやいや、
単に脳が適応出来てないだけ
しばらく様子を見よう。。


キャブレターの中は細かな物だらけ。
確実にチェックを行う為に とうとうルーペを持ち出しての作業。
無事詰まりを確認

普段より時間がかかったので
車両を預かりにしておいて良かった~


今回一番苦労したのは まさかのキャブ同調
同調を行う為のキュームゲージを繋ぐジョイントが超~見づらい場所にあって、
もしメガネ一日目だったら繋げなかったかも。


慣れるのに二日かかった。
歳とるとそんなモノなのか? 皆さんはいかがでしょう


    mixiチェック

先日はバンディットのレストアでした

持ち込まれた時にブレーキが効かないと聞き、どれどれ・・ と、レバーを動かしたらフルードがボタボタ っと漏れ出てビックリ

bremboのラジアルポンプがお亡くなりに

あとは、
・ヘッドライトが上下同時点灯しているので要修理、その他配線の不良
・フォークオイル交換
・キャブの詰まり
・前後タイヤ交換
・ボルトが欠損
などなど

いじる程に気になる点が色イロ出るわ出るわ
コイツはヤリがいありました




    mixiチェック

車輌はスズキのバンディット1200S
30 GSF-2
丸印のエンジンハンガーは逆車のを流用

純正流用なので ゴムブッシュも入っており、しなやかでかつ剛性がアップしたとオーナー談

このオーナーの車輌は普段からエンジンマウントゴムを替えておりますが、それでも装着したら直ぐに体感した様です

きっと硬すぎないのが良かったのでしょう

 
    mixiチェック

この週末で貴重なは土曜日だけ、
必然と予約が片寄ります

まずは・・・

《ワイルドK様:Vmax》
フロントフォークスプリングの交換

入手されてから、ずっと替えてなかったと言うフォークオイルは・・・
くっさぁ~  この臭い、ワイルドだぜぇ

今回は標準設定での組み付け + ダストシールの交換にて仕上げ


《静岡のI様:Vmax》
プラグコード・エンジンオイル・ギアオイルの交換、スライダーの装着

有名ブランドのオイルを使用されているとの事だが、2,000km走行で約1Lの消費
エンジンオイルを、消費の少ないニューテックにチェンジ
基本ブレンドからスタート!

始動直後に、音が違う とおっしゃってましたが
更に帰路でどう感じられたか、コメントが楽しみです


《O様:バンディット1200》
内圧バルブの効果を試運転がてら伝えに来てくれました
出力特性が軽いから車速の乗りが速くなってるハズなのに、感覚は楽になった
そんな不思議な感じだとコメントを頂きました♪


《T様:Vmax》
エンジンオイル・オイルエレメント・ギアオイル交換


《O様:Vmax》
不調
当初キャブレターのセッティングをご希望でしたが・・・
気になる点火系からメンテ

と、言う事でプラグコード・プラグを交換
いい感じです
前進前進・・・


《三重のA様:Vmax》
今後のゴニョゴニョ・・・   密談っす


《I様:ゼファー750》
フロントのアクスルシャフトをクロモリ製に
フォークの作動性が変わった とお喜び頂けました


途中、小雨に見舞われながらも 何とか終えられて良かったぁー

    mixiチェック

このページのトップヘ