ビーバス Vmaxのススメ

Vmaxにハマっている店主のブログ

タグ:レディース

足廻りには摩擦係数が高い方が良い物と、低い方が良い物とありますね

サスペンションにとっては動きをロスしてしまう 無くなるべき余分な摩擦を減らしちゃいましょう!! 
そこに効く都合の良いパーツがあります。


フロントに
18 レンコン (616x800)
画像はNAGの“BURRITO コンプリートキット”

こちらは一年程前より先行発売されているカードリッジ イミレーター“BURRITO”に
プリロードアジャスター+センタリングカラー+BURRITOがセットになった物です。

このプリロードアジャスターにはベアリング入り リテーナーが組み込まれており、フォークの作動を劇的に滑らかにしてくれます。

超すばらしいパーツです。
コストパフォーマンスにも優れてます。


リアに
092a98ef25aab6b8fe0a.jpg
画像はK-factoryのオーリンズ用 “スライドリテーナー”

スプリングの台座
左手はノーマル、右手はケイファクトリーのリテーナーが組み込んであります。
(何年か前に案内した時の画像を使用)

これらはリアサスペンションの作動を劇的に滑らかにしてくれます。


超すばらしいパーツです。
コストパフォーマンスにも優れてます


これらを組んだ事によって作動性が良くなったからと セッティングをただ硬くしてしまっては勿体無い
微調整が効く様になりますのでソコをお楽しみください


これらはレベルが高い方にしか感じられないパーツではありません
女性ライダーや体重が軽い方のセッティングで起こり得る 緩めにセットすると動きすぎてしまい、チョット締めると硬くなってしまう・・・ と感じられる場合にも効くんです!
是非お試しいただきたいな

サスペンションがランクアップ して とても乗りやすくなりますよ

スプリングのよじれを緩和させるだけですが効果がデカいんです
今回は摩擦軽減だけを簡単に案内させて頂きました(^0^)

ご相談お待ちしております。



怪しかった天候もバッチリ晴れ 
無事セローの引渡し


セロー250
心がけが良いからかぁー


セロー225って女性ライダーにバッチリなサイズだったけど
今は250しかないんだよね

イメージ的に250だと大きいんじゃないのかぁ~

と思ってたら、
シート高だけで言うと 225と 250とでは1cmしか変わらない。

全然知らんかったなぁー


小さめとは言え、どうせならもうチョット足つきを良くしたいよね

だけど純正のローダウンキットは廃盤っ・・・ (; ̄Д ̄)
他の方法で行こか。

って事で

リンクロッドの交換と、フォークの突き出しを
それだけで随分変わりました
レバー比がかわるのでサスの動きも変わるんだよね。

フォークの突き出しによる影響は無さそうでしたが、今後気になったら油面やプリロードを調整しますのでまずはナラシをしてねー。

低くなった分、サイドスタンドをショートスタンドにして転倒防止策を
あとはレバーをショートタイプにしたので小さめな手でも操作が楽になるように一役かってくれる事でしょう


大型でも何でも乗れる方ですが、
カンバックなので、まずは楽に乗って欲しいです (*´ェ`*)



帰りの様子~♪
セロー250-2
相変わらずテンション高~っ


二人の走り去る後姿がメッチャ楽しそうでヨカッター


今日はコレ!

スズキのGSX-R 600


ビッグバイクの中ではコンパクトなこのマシンですが、
特性上、腰高で足つきに関しては決して良いとは言えませんね。

女性ライダーの体格に合わせローダウンしちゃいます

そんな事したら走りをスポイルしちゃうのでは!?
と危惧されちゃいそうですが・・・、そんな事無いですよー(^0^)

オーナー自身が自由にサスを動かせてこそ良いサスと言えます。
その環境に導けるのがこのバネならコレが最高でしょう

ノーマルをスカスカに緩めて無理やりセッティングするより
専用のスプリングを使用した方がキッチリ乗れます


まず使用するバネの画像を~

前のバネ

上:HYPERPRO
下:ノーマル


後ろのバネ

上:ノーマル
下:HYPERPRO

バネのピッチ(巻きの間隔)がハッキリ違いますよね。
簡単な説明を加えますと、ピッチが細かいのは柔らかく、荒いのは硬い。
あと、バネ鋼の材質や線の太さも影響します。

ハイパープロのスプリングはバネの特性に合わせ、
フォークオイルの粘度や量に関わる レベルまで独自の設定値が指定されます
(ダンパーの設定値もね)

・リア交換の様子

交換を終えた所


・車体にセットした図

こんな感じ~


まず跨った感じ
車体がより小さくなった感じ
しかも 緩めただけのローダウンと違ってシッカリしてます。

早速試運転
ローダウン仕様は初乗りですが、
街中をのんびり流した程度では予想以上にフットワークがいいッス!
メタボ系の私が乗ってもね~。

セッティングはオーナーが来てから)


納車時のオーナーのコメント
うわぁー足が付く~
安心感がグッと増すねー
もっと早くやればよかったなぁ。

などなど・・・ コーフンされてました


細かいセッティングはこれからです
馴染んで決まって行くのを私も楽しみです


(追記)
サイドスタンドの交換は必要なく、安心して駐車できます。



当店のカスタムコンセプトは “楽”

大型バイクがメインの当店ですが、、
そもそもビッグバイクに乗って楽って何~? 矛盾してない? と言われちゃう事もしばしば

ま、そーなっちゃいますかね・・・

でも、楽があるんですよね

お客様とそんなやり取りで十数年。。

今だ変わりません。


(真逆からそうなりました)

面白いのが、長い付き合いの方ですが、
当初速いバイクを求めてたのが今や 楽になって来てます

しかし、ただ“楽”って聞くと
初心者・下手・年寄りが乗る的な感じを連想されがちですが、、 ちゃいます

個人の感性に“楽”と感じる事なだけです。

仮に 高い次元で走る場合にもコレ組んだら楽になった! なんて感じた事ありますよね?
それが楽です。

初心者や小柄な女性ライダーなどの方が、
新車をメーカー出荷状態のまま渡されて乗りやすい訳がありません。
(設定体重や体格に合って無い事も言えます)

それは調整で楽できる可能性があります
やってありますかー?

動きに表情を出すと安心して楽しく乗れると思います。
(意思の疎通って奴ですね!)


当ブログで案内している
内圧バルブやサスペンション、ブレーキパーツ、マフラーなど カスタムパーツの色々・・・
レースに直結するパーツですが、どれも楽パーツです。

リラックスして楽しんじゃいましょう (^0^)v

Vmax以外のお客様が居ると意外だと思う方もいらっしゃいますが・・・

実はいろいろです

ゼファー750の
エンジンオイルの交換や、フルードの交換などの一般メンテ

お試し用の内圧バルブを付けようとしたけどVmax用なのでサイズが合わず残念
ま、その時にエアクリーナーが汚れている事が確認出来たので結果オーライです














次にニンジヤ900
コチラはプラグ・フォークオイル・ケーブル等を交換
控えている次のカスタムの下地作りになる様に変更を加えるかオーナーと話しながら作業を進める。

こちらはハイパープロスプリング車なのでまたがってストロークさせるとよーく動く。
が、実際にフォーク単体にした所で動かして見るとやはりハードスプリングなんだなと実感。
ついでにダストシールも交換しました。


楽になったそーで嬉しいっす





このページのトップヘ