2010年07月30日

BLOG お引っ越し

アメブロに引っ越しました!

アドレスは以下です。

http://ameblo.jp/bebe415/

これからもよろしくお願いします!

abedaefd.JPG  
Posted by bebepower at 22:23Comments(0)

2009年06月28日

阿吽の彫像の様に…

ee9f64c8.jpg
26a02aec.jpg
昨日10周年「ひこうき雲」のスタートで、浜松公演を行いました。

年々派手になってゆく「飛行機雲」の本公演ですが、今年は、初心に戻って、アメリカ版「ひこうき雲」は、七人の精鋭部隊でのショートバージョン。

今まで何回も観て下さってる方達からも、今回のシンプルなステージに、とても好感度一杯の感想を戴きました。

…と、言うより、あまりに良い評価を受けて、正直、ちょっと戸惑ってます(笑)


とにかく今年も又、動き出した「ひこうき雲」。

秋まで続きますが、取り合えずは、アメリカ公演まで、一丸となって頑張ります。


そして、ラジオドラマ「ひこうき雲」は、今年はFMヨコハマで流れる予定です。放送日程は確定したら、すぐお知らせします。



二枚の写真は、ちょっと暗いので判り辛いのですが、今回のショートバージョン「ひこうき雲」のラストの天野真一と後藤宏明。

二人のポーズを良く見て下さい。 何だか判りますか?



モデルは運慶作の「阿吽の像」。


二人にお願いして、光太郎が突撃するまで、仁王立ちで、見守って貰いました。

とても美しく、哀しい「立ち往生」ですので、是非これから、御覧くださる方は、気をつけてみてくださいませ。
  
Posted by bebepower at 11:47Comments(3)BEBEと共に 

2009年05月18日

羽黒戦没慰霊祭

af1758a6.jpg先週末、長崎の佐世保に行きました。戦艦羽黒の65年年目の慰霊祭でした。百人近くの御遺族が来られ、本当に盛大で吃驚しました。中には沈む羽黒から助けられたという方もおられ、また、私の叔父の事を知っている方や、叔父と同じ艦橋で亡くなっているいる方の御遺族とも会えました。私は羽黒を描いた作品「ピース・イン・ア・ボトル」の出演者であるARCHEと東武志と一緒に参加しましたが、多くの御遺族が、羽黒をモデルに描いた演劇の有る事を知って、とても喜んでくれました。

そして作品に登場する「入江和子」と、偶然にも同じ名前の実在人物「入江和子」さんともお目にかかれ、『不思議な事も有るものですねぇ』と、お互い感慨無量でした。

太田一道叔父さん、喜んでくれているかなぁ…。  
Posted by bebepower at 22:45Comments(1)BEBEと共に 

2009年05月13日

「ぬばたまの淵」の光と闇

985062f8.jpgぬばたまの淵〜今ひとたびの逢う事もがな〜
終わりました。御来場頂いた皆様、関係者の皆様、出演者の皆様、本当にありがとうございました。

色々な事があって、結局、初演出をする事になり、ちょっと大変でしたが、優しく強い23名の優秀な俳優さん、仕事の出来るプロの優秀なスタッフさん達に助けられ、今回も、何とか大波を乗り切る事が出来ました。良かった、良かった。プロデューサーをしているだけでは感じられない楽しさと、ストレスを知って、また少し成長出来た気がします。社長をやってて、いつも感じている事ではありますが、人の上に立つ事の大変さと、極める面白さ…本当に日々勉強です。

それから、"鬼の心って結構切ない"…そんな事も感じた今回の公演「ぬばたまの淵」でした。

『光と影…いと面白き世ぞ。』(黒鬼光雲の台詞より)  
Posted by bebepower at 09:51Comments(0)

2009年04月16日

神出鬼没

1e5d40c8.j私の生まれたのは丁度太陽の昇る時間だったと聞いています。
五十二歳、2009.4/15、誕生日の朝、車を飛ばして伊勢の二見海岸に行きました。
家臣達を連れて…ウソウソ、嫌と言えない立場の(笑)タレント君達とです。

そこで二見海岸の朝日の写メを藤田さんにとすぐにお返事メールが…

『【神出鬼没】ですね。』…との返信。

本来は<鬼神のように自由に出没する。どこでも好きな所に現れて、目的を達するとたちまち消えてしまう>…と言う意味ですが。
私には違うメッセージに思えました。

【神が出て鬼は没する】

そうか〜!決めました!私はこの言葉を、今年の目標にします!

自分自身の中にある『神』と『鬼』。
『善』に繋がる心が『悪』に負けぬ様に、日々戦います。

ええ、勿論【神出鬼没】で、どこにでも行きますし(笑)。

頑張るぞ〜!


沢山のプレゼント、お祝メール、本当にありがとうございました!
人生最高に幸せな誕生日の24時間でした!


   神に感謝…  
Posted by bebepower at 04:15Comments(1)

2009年04月05日

蔡國強

昨日TVで「蔡國強」と言う中国人の現代アーチストを紹介していた。2008年の北京オリンピックの開会式・閉会式のヴィジュアルディレクターだった人。彼は火薬の爆発によるパフォーマンス作品を多く手がけている。TVで紹介された彼の作品の中で、広島の原爆ドーム脇で打ち上げられた「黒い花火」は強烈だった。そこにはタブーを越えて平和を訴える恐ろしい迄のパワーを感じた。「火薬」は爆発によりすべてを破壊し無に帰すものである。それを彼はコントロールし爆発させる事で「暴力衝動」や「破壊」を『創造』へと転化させ、花火による一瞬の美しさを持って<命の尊厳>を訴えている。

彼の言葉も印象的だった。

「形」を残さず、強い「メッセージ」を残す。

これは彼が『アート』に対して言った言葉だが『エンターテーメント』にも通じる言葉だと思った。そして彼が大切にしている事は、

表現に躍動感がある事。
常識に捕われず開放的である事。
自国の文化を根源にする事。
未来から自分の作品を観る事。

四番目は作品の<不変性>をチェックする為だと言う。

今年十年目を迎え、初のアメリカ公演も決まった『ひこうき雲』…未来の目で観た時、まだ何か足りない気がした。  
Posted by bebepower at 11:08Comments(14)

2009年03月29日

鬼燈

ce8d113c.木曾義仲を題材の舞台「ぬばたまの淵」のお稽古がお休みの日曜日、お花見に哲学堂公園に行きました。

そこで驚いた事が…
まず、この公園を散歩していて見つけた「鬼燈」(写真)。これは鬼の頭に火を灯す様に造ってある灯籠です。そこの立て札にあったのは…
「人の心に宿る鬼にも良心の光明は存在する。」との説明。ほ〜〜。

そして、家に帰ってきてインターネットで調べて更に吃驚!
哲学堂公園は、昔、巴御前が住んでいた所だったのです!。長年中野区に住んでいるのに、全く知りませんでした。(哲学堂公園:源頼朝の重臣だった和田義盛の城跡で、ここに落ち延びた後の巴御前が嫁いだ。)…と言う事は、この公園の地を巴御前も歩いていたのかも…って思ったら、なんかかなり歴史ミステリーなお花見でした(笑)。

  
Posted by bebepower at 21:36Comments(0)

2009年03月17日

BASARA〜謀略の城〜終演

約二週間、毎日六本木の俳優座に通ってた。アーチ、東、伊勢君の出演していた舞台「BASARA」の為。勉強になった。本当に知らない世界を見せてもらった。確かにメジャーって面白い。やっぱりこっちの方で生きて行きたいな(笑)。

それから、毎日六本木に通って、とっても懐かしい気持ちにもなった。
二十代に自分の会社を始めた頃、六本木に事務所があったし、ディスクジョッキーをやっていたお店も六本木にあって、仲間と毎日朝迄、踊って喋って働いてた(笑)。何か初心に帰れた気がする。あの頃の夢、あの頃の想い…叶えようと必死で毎日走り回ってて、楽しかったな〜。あの頃と比べたら、年はとったけど、今も変らず、夢を追い続けて生きてる自分を確認出来て、嬉しかった。

あの頃つき合ってた人と、夢を追う事を優先させて別れた時、彼に言われた言葉を思い出した。

「ただのオバサンになってたら怒るよ。」

あれから三十年、たぶん、ただのオバサンじゃないと想うけど・・・どうかな。。。  
Posted by bebepower at 00:49Comments(1)

2009年03月11日

雑誌「月刊ムー」

d5ac8f2f.jpgお知らせです。
現在、全国書店で発売されている雑誌「月刊ムー」に、うちのタレントの野崎淳一君が、ナント!見開きで紹介されています!。

是非ぜひ手に読んでください!嬉しいです!
この雑誌に不思議博士の野崎君を紹介してもらうのが、私の一つの夢だったので(笑)、すごく嬉しいです!

ありがとう!松岡マネージャー、良かったね!ザキさん!  
Posted by bebepower at 01:31Comments(1)

2009年02月21日

天国でも楽しんでますか?

40ac9bf0.jpg今日は千葉まで若い頃の恩人のお墓参り。

とても懐かしい気分になりました。

彼はバブル期に巨大化した広告代理店の社長兼番組プロデューサーで、四度の結婚、五人のお子さん、流した浮き名は数えきれず、…とにかく激しく愉快に、波乱万丈の人生を送った方でした。お酒も大好き、人間大好きの豪快で楽しい方で、フリーのDJだった私の夢も、沢山叶えてくれた方でした。私自身がDJを辞めてからは、御会いする事はほとんど無くなっていましたが、風の便りで数年前に亡くなったと知り、そして偶然が重なり、昨年末、彼の息子さんと再会してお墓の場所が分かったので、やっと御挨拶に来る事が出来ました。
お墓にあった戒名が「専経笑明居士」なんか彼らしい。

『お疲れ様でした。ありがとうございました。』  
Posted by bebepower at 15:42Comments(1)