どうしてもセ・リーグは25日に開幕したいらしい。
パ・リーグは4月に延期。

「プレーが勇気を与える」
「プレーが夢を与える」

間違っちゃいない。
プロはそれが仕事。
選手も重々承知しているだろう。

それも復興の道筋ができ、みんなが前を向いたときにはじめて、背中を押せる役割なのではないか。


現在、電力が足りなく、私たちは停電に協力することぐらいしかできない。

その電力を使うという。
そんな野球を誰がみたいのか?

ナイターでなく、デーゲームなのは当たり前だ。
ドームは変更するべき。
ドームではデーゲームでも消費電力は変わらないという。


そもそも、被災者を勇気づける環境があるのか?
テレビ?ラジオ?
すべての避難所にあるのか?
セ・リーグがすべての避難所にテレビを設置するなら話はわかる。
そもそも巨人戦の中継も減ってるだろ。

私たち国民は、プロ野球のために停電や、省エネに協力してるわけじゃない。

野球をやっていた人間として、野球が好きな人間として、今回の決定は本当にがっかりした。

選手が本当に気の毒でしかたがない。

ぜひ選手会、そして世論から延期になることを望む。
政府からのプレッシャーも頼みます。
(こういうときこそ蓮〇がでるべき)

ただ、どうなるにしろ、この決定をしたセ・リーグの首脳陣にはがっかりだ。それを支持した横浜市長にもがっかりだ。前市長と変わらないのか。

ヤクルトの宮本選手が言っていた
「野球の思い上がり」
まさにそのとおり。

相撲界と同じように野球界も完全な見直しが必要。

まあ、あの体制では無理でしょうが。。。


野球でできないなら、

『フライングディスクで被災者に夢と希望を!!』