2006年11月01日

さよなら、さよなら、さよなら

結局日ハムの圧勝で終わった今年の日本シリーズ。でも日ハムがどうこうよりも新庄一色で始まり、終わったシリーズでもありました。引退が決まっている選手とはいえ、一人の選手にスポットが当たり続けたシリーズもなかなか珍しいものです。まあ、新庄だからこそなんですが。

成績自体は並の選手レベルだけど、あの守備や走塁はトップクラス。そしてあのキャラクター。ああいう選手が引退してしまうのはなんとなく寂しいし、球界にとって大きな損失となるでしょう。
さよなら、新庄。


ポスティングによってメジャー移籍が決まった我がスワローズの岩村。これはかなり痛い。毎年あれだけの成績を残していただけに、穴を埋めるのには来季相当苦労しそうです。他球団からの補強もなさそうだし、外国人もお腹いっぱいな状態なので後任には若手、もしくは宮出のコンバートが有力な予感です。でも今回の件でラロッカが残留しそうなので、ラロッカをサードに回すのが一番無難な気がします。

さよなら、岩村。


毎年11月最初の日曜日に行われてきたパリーグの東西対抗が今年で最後、来年以降は開催されないことになってしまいました。
理由は「一定の役割を果たした」から。一体何をもって「一定」なんだかさっぱりわかりません。僕はセリーグのチームが好きだからセリーグの方が思い入れが強いけど、結構楽しいんだよ、パの東西対抗って。オールスター程華やかじゃないけど、本当に「お祭り」みたいで、あのマッタリ感がなんともいえないんですよ。確かに昨年から始まったアジアシリーズとか、たまにやる日米野球とかで日程的に厳しいのは分かる。
どうせなくすなら日米野球をなくしてしまえばいいと思うよ。どうせマジじゃないんだからわざわざ高いギャラを払う必要ないでしょ、あいつらに。
日本シリーズよりも、日米野球よりも、東西対抗が近づくと、もう秋なんだなぁ、と思います。まさに野球バカにとっての秋の風物詩。毎年コレを楽しみにしている静岡市民だっているはずですよ。本当に残念。

さよなら、東西対抗。

2006年10月19日

終了

最近なんだか野球ネタしか書かなくなったビーゼットです、こんばんは(笑)今回もためらいもなく野球ネタでいかせていただきます!!


70勝73敗3分。29年振りのプレイングマネージャーとなった古田新政権として発足した2006年のスワローズはAクラスをキープしたものの、借金を3つ抱えたまま終えました。

今年は一言でいうととにかくピッチャーに苦労した一年だったと思います。五十嵐、石井弘のロケットボーイズを筆頭に川島、河端、吉川とケガ人が相次いで発生、先発陣の(一応フタ桁は勝った)石川、藤井もなかなか結果が出ず苦しみました。優勝した中日やパの3強をみて分かるように、現代野球では「ピッチャーがいいチーム=強いチーム」(特に中継ぎ以降)という図式があり、それをいかに作り上げるかが、V奪回への近道となるでしょう。

しかし、良かった点もありました。
まずはガトームソンとゴンザレスの両助っ人。外国人枠の問題で登板間隔が不安定ながら、それを加味しても十分な活躍をしてくれました(ガトームソンのノーノーは熱かった!!)。
それから石井一、木田、高津のメジャー帰り3人組。石井一はチームの勝ち頭の11勝、木田は夏場に失速したものの前半戦は中継ぎ抑えとフル回転。この人がいなかったら敗数がもっと増えていたことでしょう。高津は逆に後半戦からは定位置のクローザーとして活躍しました。

今年の投手陣はベテランに外国人勢がよく働きました。しかし若手が思うような成績を出せず、そこが苦しかったと思います。来年以降はそれが逆になるくらいの奮起を期待したいですね。


一方の攻撃陣。チーム得点数がリーグ最下位だった昨年とは一転、ラロッカの補強、「超攻撃型2番打者」リグスの活躍もあり、チーム得点、本塁打、盗塁数がリーグトップ、チーム打率もリーグ2位と好成績をあげました。
昨年200安打を放った青木も今年はパンチ力をつけ、チャンスにも強いバッティングを見せてくれました。昨年の202安打と今年の192安打は内容が全くといっていい程変わりました。


総合的に今年は投打のバランスが悪かった。ピッチャーがいいときはバッティングが湿り、その逆も。
交流戦の時の戦いが間違いなく今年一番のピークでした。そしてあれこそが古田監督が掲げた「攻撃野球」だったんだと思います。続きを読む

2006年10月16日

時代はまた飛んで行く〜その◆

先日の楽天飯田選手に続き、スワローズの土橋、山部両選手の引退が発表された。スワローズファン歴14年の筆者としては引退試合に行かないわけにもいかず、早速に神宮に足を運んだ。

土橋はスワローズ一筋20年、地味ながらも渋いバッティングと堅実な守備でチームになくてはならない存在で、5度のリーグ優勝、4度の日本一に大きく貢献。古田や池山や広沢などの華やかなプレーヤーとは一転、「いぶし銀」としてチームを支えてきました。

一方の山部は94年入団。2年目の95年に16勝を挙げ、日本シリーズでも2戦目の先発マウンドに登るなど大ブレイク。しかし以降の期待も空しく、ケガに悩まされ思うようなピッチングができず。いつの間にかスリークオーターに転向し、2003年に中継ぎ、ローテの谷間を埋めるなど復活をとげたが、その後も活躍出来なくなった。


2人ともヤクルト黄金時代を築いた人間だけあって昨日の神宮のライトスタンドはほぼ満員。土橋は最後の打席でヒットを放ち、山部は古田とのバッテリーで最後のバッターを三振に打ち取るなど大いに盛り上がった。


ここ数年、自分が野球を見始めた頃に活躍した選手が軒並み引退の時を迎えて、本当に寂しく思う。昨日は中日の川相も引退した。巨人時代は本当にいやらしい選手で幾度となくイライラした記憶がある。しかし敵チームでそう思うのはいい選手である証拠でもある。こういうプレーヤーが去っていくのもまた寂しく思う。
昨日の先発投手は内海と川島。これからチームをしょって立つピッチャーになるであろう若い両投手の熱投があったからこそ、余計にそんな気分にさせてくれた。


本当にお疲れ様でした。

2006年10月11日

終戦

中日が優勝してしまい、今年のセリーグも残りは消化試合、間もなく終わりを告げようとしています。まずは中日の選手・監督・コーチ・スタッフのみなさん、そしてファンのみなさんおめでとうございます。
中日はやはり投手力が他の5球団と比べて何枚も上手でした。川上、山本昌はもちろん、復活した朝倉や2年目の中田、さらには交流戦でブレイクした佐藤充などの先発陣もそうだし、岡本や岩瀬を抱えるブルペン勢も豪華。
一方の打線も福留とウッズが神でした。あと立浪からポジションを奪った形になった森野、地味ながらもよく打ってた印象を受けました。

残念ながら5年振りのV奪回を狙ったわがスワローズは3位に終わることになりました。読売より上にいったのは当然として、ここ数年の優勝回数を見て、当面は読売よりも竜や虎を叩くことが最優先事項になりそうです。スワローズについては全日程終了後に今シーズンの戦いを振り返りたいと思います。

2006年10月07日

白熱!!エース対決!

スイマセン、超ベタなタイトルで(汗)


前日までの大雨が見事に止み、絵に描いたような秋晴れの所沢の空。絶好の野球日和、ましてや松坂大輔、斎藤和巳のエース対決となればお客も入らないわけがない。そんなパリーグPOを久々にTV観戦。

しかし、両エース立ち上がりは決して良くはなかったように思えた。
松坂はいつものストレート主体とは打って変わり変化球中心の投球。そのせいか序盤のうちに四球は与えないものの、珍しく死球を2つ与えるなど"らしく"ない立ち上がりだったがなんとか切り抜けた。
一方の和巳も2回に無死一二塁のピンチを迎えるが、持ち前の闘志でこちらもなんなりと後続を料理した。
中盤あたりから立て直してきた両雄はテンポの良いピッチングで互いに三振の山を築いていった。

そして試合は7回に動く。連打で無死一二塁とした西武は和田のタイムリーで1点を先制!!押せ押せの西武だったがさすがにそこは和巳。エースの名にふさわしいピッチングで最小失点に抑えた。
しかし、それ以上に圧巻だったのはやはり松坂。点をもらった直後の8回はあっさり三者三振に片付けると、9回も最後のバッター本多にこの日最速タイの151km/hの真っ直ぐで空振りにとり137球でこのゲームを締めくくった。


1-0。野球バカにとって一番痺れるトータルスコアだと思う。しかもリーグ、いや球界を代表する者同士が投げ合えばそれは余計だ。野球の面白さや怖さを一番実感できる、そんな試合だったと思う。さぞ、両軍のファンの方々はかなりお疲れになったと思う。
これで西武が札幌行きのチケットを手に入れるのがグッと近くなったのは間違いない。

ただ一つ残念に思うのは、こういう試合は年にセパ合わせても数試合あるかないかだが、レギュラーシーズンにもある事を忘れられているのではないか。確かに松坂も和巳も本当に素晴らしいピッチャー。しかし、こういう試合を演じられる役者はどのチームにもいると思う。ようするにPOだけじゃなくてレギュラーシーズンも見ようよ!みたいなね。

POについてはいろいろあるが、それについてはまた別のお話で。


☆追記☆
この試合、個人的に印象深かったのが9回の和巳。味方の同点・逆転を信じて裏のピッチングに備えキャッチボールを始めた和巳を見て、この試合にかける気持ちを感じることが出来ました。それを尻目に淡々と投げ続ける松坂。この試合の全てが詰まったシーンだと思いました。

2006年10月04日

今年の旅

今年もあと残すところ3ヶ月弱。今年は実にいろんなところに旅行したと思う。今までで一年間でこんなに行った事はなかっただろう。

2月 伊豆
追いコン合宿のはずが主役不在のため単なる春合宿に(汗)去年と同じ場所なのだが、泊まった場所がかなり良かった。

4月 大阪
4月から研修のため大阪で仕事をしていた友人と遊ぶために高速バスで。午前中は一人で神戸、午後からその友人と合流して海遊館でジンベイザメを拝み、道頓堀でたこ焼きを食らい、通天閣を観る。超ベタだったなぁ。

5月 箱根・江ノ島・八景島
毎年恒例の新歓合宿。今年は趣を変えて江ノ島方面にも行った。八景島で今年早くも二度目の水族館(笑)

7月 信州・日光
高校時代の友人二人、計男三人旅。夜中に出発して、山梨の温泉で夜を明かし松本、長野を観光。二日目には宇都宮に移動して餃子屋さんを二軒はしご。最終日には日光まで足を伸ばし、帰りの途中に佐野でラーメンを食べ、アウトレットでお買い物。移動に割く時間が多かったけどなかなかの好旅行。

8月 名古屋
B'zのナゴヤドーム公演参戦のため車での一泊二日の弾丸ツアー。のわりには名産物をことごとく淡々と食した。お土産で買ったきしめんをまだ食べていないがw

9月 北海道
計画→実行をわずか二週間強で行うというこれまた強行旅行。天気が全般的によろしくなく、ちょっと萎えた。


元々旅行好きなので、どれも良いものだった。北海道を除いては過去に行ったことのある場所だったが、どこも好きな土地なので苦にはならない。来年あたりはまだ行ったことのない九州や四国、さらには海外にでも足を伸ばしてみたいものである。

2006年10月02日

時代はまた飛んで行く

楽天の飯田が引退しました。
飯田といえばなんといってもヤクルト時代。捕手として入団した飯田は野村監督(当時)に見出されその俊足を生かす為に外野手にコンバートされ、才能が見事に開花。
その後、長期に渡りスワローズの核弾頭として池山や広沢や古田(全盛期)と共に黄金時代を築き上げました。
しかし晩年は、若松政権下で若手の台頭などもあり出場に恵まれなくなり、一昨年にはついに戦力外に。活躍を求めて移籍した楽天で最後の2年間を迎えた結果になりました。奇しくも、現役最後の1年間をまた野村監督と一緒に過ごせたのも何かの縁、長年の野球人生のご褒美だったのかもしれません。

確かに池山や広沢らに比べると、派手さも少なく決して華のあるプレーヤーではなかったかもしれないけど、今でも神宮の「1番センター飯田」というコールは忘れられません。おそらく一生耳に残り続けることでしょう。

現在、スワローズには青木という素晴らしい1番バッターがいます。背番号「2」は最強の2番打者アダム・リグスがいます。今のメンバーで再び黄金時代を迎えられる事を祈りつつ、飯田選手お疲れ様でした。

2006年09月23日

最近のコト

)務て擦惺圓辰
高校時代の友人と男二人旅です。旭川でラーメン、札幌でスープカレーにジンギスカンに海鮮丼、小樽で寿司とまさに「食」の旅。それに加え、あの広大な大地にはとても感動した。ただ、台風の影響か天気があまりよろしくなかったかなぁ(笑)
次回は真冬にブルートレインで行きたいところ。

▲丱ぅ叛茲琉み会
たぶん3年ぶりくらいだったかなぁ、あういう飲み会をバイト先でやったのも。今までは飲みに行くといっても、決まった人としか行かなかったので、かなり新鮮。思ってたよりも人が集まり、店長までも来たりして賑やかな展開に。なんだかんだで結局朝までカラオケまで行くパターン。楽しかったから良しとしよう。

お墓参り
毎年春とお盆かこの時期には必ず行ってます。今年はお盆には行けなかったので、この時期に。いつも同じことをお祈りしています。内容はナイショ(笑)


もともと腰痛もちな自分。ここ最近、いつにも増して調子が悪い。これから寒くなるともっとおかしくなると思うとちょっと鬱。

イ犬磴ポックル
北海道限定の幻のお菓子。食感や形はじゃがりこと似てるんだけど、決定的に違うのはこちらはジャガイモ100%。皮ごとフライされていて、ジャガイモ自体の甘みと適度な塩味がなんともいえない逸品。生産数が少なく、地元の人でも知らない人が多いらしい。今回の旅行で意地の2箱ゲット。

自民党総裁選
ちょっとばかし、期待がデカ過ぎるんじゃないかと。小泉さんの就任当初を思い出します。二の舞にならなきゃいいけど。どうなる拉致問題!?

NANA
一時期読んでて、止めていたのを最近また復活。でも、それまでの話を完全に忘れてまた一巻から読み直し。

┛酒運転
なんであれだけ酷い事故を起こしたバカがいるにも関わらずやめないのか。自分にはとうてい出来ないし、発想がわからない。飲んだら乗るな、乗るなら飲むな、これ当たり前。

サプリ
月9ですね。バイトが飛び飛びで入ってたために飛び飛びで観てて、この前たまたま観れたら最終回でした。あの終わり方はちょっと(ry

YOU & I
B'zのシングル「ねがい」の2曲目の曲。今まさにこんな心境。どうにかなんねかな、マジで。

2006年09月14日

たまにはこんな一日

昨日は突然バイトが7時で終わった。

普段はきっちり10時までやっているだけに、急に時間がぽっかり空いてしまった。常に時間に追われている生活をしているのに、ふとした瞬間に時間が出来ると何をしたらよいのか困る事がよくある。突然だったし中途半端だし。
てなわけで昨日は久々にDVDをどっぷり見る事にした。もちろんB'zだ。

まず一本目は「once upon a time in 横浜」。これは99年の夏、横浜国際総合競技場(現日産スタジアム)で行われたブラフツアーのDVD。当時高一だったわけだが、記憶が蘇ってくる。どしゃぶりの雨が降って大変だった。

お次は「a BEAUTIFUL REEL」。こちらは2002年のグリーンツアーのDVD。これは特定の会場だけでなくいろんな会場の映像をつなぎ合わせて出来ていて、リハ風景やオフ映像満載の割とレアな一本。

そして最後はやっぱり「Typhoon No.15」。2003年9/20、21の渚園でのデビュー15周年記念ライブのDVD。この前のやつとは違って、これは余計なものは一切なし。ただひたすらに歌いまくる。前のブログでも書いたかもしれないが、このライブは本当にキツかった。台風15号の影響で両日とも強烈な雨風の中行われ、自分が参戦した21日もやるかやらないかわからないまま現地に向かった記憶がある。

とまあ、こんな感じで約7時間弱、どっぷりすぎるくらいに堪能した。
ちょうどCLのマンUとセルティックの試合を見ようと思っていたが疲れ果てて見ずに寝てしまったorz

2006年08月30日

MONSTER'S れぽーと Vol.2

さて、続きです。

20.明日また陽が昇るなら
本編最後。こういうミディアム系で終えるのはなかなかないケース。なんだか新鮮でいい感じでした。


EN1.ギリギリchop
さあ、白タオルの出番です。しかし今年はステージタオルがピンクで持ってる人も非常に多かったようでほとんどピンクでした。最後に稲葉さんがアリーナにタオルを投げました。ちなみにここも日替わりでショータイムがありました。

EN2.RUN
圧巻はアウトロ。稲葉さんが歌いながらアリーナをフェンス際に沿って走ります、まさにRUN。あんな41才いませんね、本当に凄いの一言に尽きます。

最後は例によって「おつかれ〜〜!!」で〆ました。



こんな感じで今年も終わりました。今回はメニュー、演出ともにかなりのもので、非常に盛り上がる内容でした。MCも長かったし。特に12日の東京ドームは異常でした。
DVDが出るかどうかはまだ分かりませんが、今回は出てもおかしくない内容だし、出すべきだと思います。

個人的に今年は東京2日間に加え、初の名古屋遠征も果たし、充実した夏を過ごしました。



写真はナゴヤドームで発見したツアートラック。この他に色違いが4台、計5台が縦に並んでおりました。