October 12, 2013

最近のビーㇵイヴ

最近のビーㇵイヴです。
今年で8年目。
ますます充実しています。
皆様からの作品を募集しています。


034


Picture 408

beehive2006 at 08:35|Permalink

Beehive Galleryとは

034














オーストラリア、シドニーのニュータウンに手作り作品の専門店、Beehive Gallery(ビーハイブギャラリー)ができました。

店の正面店内入り口より







アクセサリー、人形、手芸品、服、バッグ、陶器、木工、皮工芸、紙細工、絵画、ギフトカード.....
すべてシドニーに住んでいる人々の手作りの作品です。オーストラリア人、在住の日本人、他の国の出身の人、プロの作家、アートの学生、趣味で作品を作っている人など......様々なバックグランドの作家達の作品が集まっています。


ビーズ作品シルバー作品







オペラハウス石版陶芸作品







手作りバッグポストカード








"Beehive"とは「蜂の巣」です。
店内に並ぶ棚やグラスキャビネット。Beehive Galleryではその一段一段のスペースを手作り作品の作家の人々に貸し出しているのです。
蜂の巣のように個別に分かれた空間がそれぞれの作家の独立したギャラリー、または店舗のようになっています。


棚とキャビネット店内







他のどこにも無いユニークなものがたくさん!

ランジェリーテディベアたち









またBeehive Galleryでは日本から取り寄せた和風の雑貨も扱っています。
友禅和紙、和柄生地など和風の手作り素材もあります。
日本の文化やアートに興味があるオージーに注目されています。

和紙和風小物








ニュータウンはシドニーの最新ファッション、アートの発信地です。
ローカルの人々の他、オーストラリア各地、そして海外からもたくさんの人々がショッピングに訪れます。
Cityから電車で10分以内、バスも便利です。
Beehive Galleryの周りは個性的なファッションの店、輸入雑貨店、手作り品素材の専門店、アンティークショップ、カフェなどが軒を並べています。
(詳しくは「Newtownという街」をご覧ください)

まだニュータウンに行ったことの無い方は、まずニュータウンに遊びに来てください。そしてついでにBeehive Galleryに立ち寄ってくだされば幸いです。

Beehive Gallery
Shop1, 441-443 King Street Newtown
Ph:9550-2515, Mobile:0400-088-083
info@beehivegallery.com.au

beehive2006 at 08:25|Permalink店の紹介 

出展作品の数々

ビーㇵイヴに展示されている数々の作品。


DSCN0159DSCN0170



DSCN0135DSCN0166



DSCN0168DSCN0065



DSCN0021DSCN0130



DSCN0099DSCN0063


DSCN004820121108_151325

beehive2006 at 06:16|Permalink

October 11, 2013

小さな店のオーナーになりませんか?

ビーㇵイヴギャラリーが、他の雑貨店と違う点は
「あなたの作品をここで売ることができる」
ということです。


ビーハイブギャラリーでは、棚やキャビネットの一つ一つの段を手作り作品の展示販売用に貸し出しています。
テーブル、ハンガー、壁のスペースなどもあります。

一番小さい棚のスペースサイズは幅33cm x 奥行き38cm x 高さ33cm...。
こんな小さい空間だけど、これが一つの独立した「店」であり「ギャラリー」なのです。

「自分が作った作品を、たくさんのオーストラリアの人に見てもらいたい、そして手に取ってもらいたい、そして買ってくれる人がもしいたら......。」

そんな夢をかなえる機会を提供するのがBeehive Galleryです。
プロの方でも趣味で作品を作っている方でも、どなたでも参加できます。

Beehive Galleryに参加するためには次のような費用がかかります。
1.会員登録料 初回のみ$20
2.月々のスペース代 (棚の場合、一ヶ月およそ$50前後)
3.販売手数料(通常20%。 11月23%、12月25%)


もしあなたが実際に「店」を持つとしたら......。

まず準備のために開店資金が必要です。ビジネス登録をしたり、必要な道具を揃えたりといった初期費用です。...これが「会員登録料」にあたります。
そして店を借りると月々レントを払わなければなりません。これが「スペース料」です。
そして販売するために人を雇う人件費がかかります。これは「販売手数料」にあたります。
店を持つと家具や内装工事に費用がかかります。これは品物をより良く見せるディスプレイ用の小道具です。でもすべて買い揃えるより、リサイクル品を利用したり手作りでまかなえば安くあがるでしょう。

この小さな空間で、実物を何十分の一かに縮小した「店のオーナー」の体験ができるのです。
実際に登録して販売を始めると、いろいろ不安があるかもしれません。たとえば...


「あまり売れなかったらどうしよう...。」

小さなスペースですから、実際の店のような高額なレントを払わなくても良いのです。
また実際の店だと2年以上の契約が普通ですが、Beehive Galleryは一ヶ月契約です。
様子を見て、もし継続が困難ならすぐ終了することができます。

「ちょっとスペース代が高いかな。」
「作品数が少ないけど大丈夫?」


そんな場合は数人でシェアしてご利用いただくといいでしょう。


このようにビーㇵイヴギャラリーは、実際の店よりはるかに「低価格、低リスク」でビジネス体験ができるのです!


オーストラリアの人にとって、日本人の感性で作られた作品は目新しくうつるでしょう。
ビーハイブギャラリーにはオーストラリアのプロのアーティストやデザイナーも多数出展しています。
ご自分の作品がオーストラリアでどこまで通用するか、ビーハイブギャラリーで挑戦してみてください。






beehive2006 at 08:21|Permalink

October 10, 2013

出展について

手作りの作品をオーストラリアで販売してみませんか?
ビーハイブギャラリーでは作品を出展してくださる会員を募集しています。

手作りまたはオリジナルデザインのクラフト作品、特にアクセサリー、カード、その他小型の雑貨類の展示販売に適しています。


スペースレンタルについて(2013年)
(注:料金は変更される場合がありますのでお申込み時に再度ご確認ください。)

費用
1、メンバー登録料 $20 (初回申し込み時のみ)
 
2、スペース代 (月額)
  棚、グラスキャビネット(目線の段が一番高額で上下に行くほど安くなります)
   •Small: 33cmW x 33cmH x 38cmD: $35-$50
   •Medium: 55cmW x 30cmH x 26cmD: $40-$65
   •Large: 65cmW x 30cmH x 26cmD: $50-$75
   •X Large: 75cmW x 30cmH x 26cmD: $60-$80
  壁 100cmW x 250cmH: from $120for 1month
  テーブル: 60cm x 100cm: $130-$155 for 1month
  ハンガー(服、バッグ): 月額$75で20点までお預かり
  カードスペース:1Box(幅20僉奥行き25僉法椒ードラック1列:$20
 @複数スペース割引:スペース2つ目からは20%引き (低価格のものが割引対象)

3、販売手数料
1月から10月:20%、 11月:23%、 12月:25%
(クリスマスシーズンは売り上げが大幅にアップします)


期間
1期間:月初めから月末まで
月の途中から始めた場合、初回のスペース代はその月の日割り分プラス次の月の1か月分となります。
(いつからでも始められます)

開始時にご用意いただくもの
展示販売する品物
ディスプレイ用品(ジュエリースタンド、敷物、容器など)
ビジネスカード、連絡先、商品の説明(必要に応じて)
値札(各品物にお値段をお付けください。また必要でしたら商品番号も付けてください。値段設定はご相談に応じます。)@値札は店で販売しています。
登録申し込み用紙、初回の料金(登録料、初回のスペース代)

売上の報告、支払い
 売上が発生した場合、週ごとにEmailで報告します。
 売上金は月末締め、次の月の2週目までに銀行振り込みでお支払いします。

スペース代のお支払い
スペース代のお支払いは店頭(現金、Eftpos、クレジットカード)または銀行振り込みで25日までにお願いします。

展示の終了
月末で展示を終了または一時中断される場合はその月の25日までにお知らせください。
終了のお知らせが無かった場合は次の月のスペース代を請求させていただきますのでご了解ください。

登録メンバーの方へのディスカウント
メンバーの方は当店でのお買い物に割引特典があります。
日本製の品物:10%引き、和紙、和布:20%引き
(他のメンバーの方が作った品物は割引対象外です。)


beehive2006 at 05:13|Permalink

October 09, 2013

Beehive Gallery ご利用規約

Beehive Gallery ご利用規約
最終更新日:2007年9月1日

メンバーシップ登録

1. 当ギャラリーのスペースをご利用される方は
a. ご利用規約をよくお読みください。
b. 会員登録フォームに必要事項をご記入の上ご署名をお願いします。
c. 展示する作品とディスプレイ用品をお持ちください。
d. 写真つきID(パスポート、免許証など)をチェックしますのでお持ちください。
e. メンバー登録料と初回のスペース代をお支払いください。
2. 初回のスペース代は1か月分(1日から末日まで)と、端数の日数分を日割りでいただきます。
3. 当ギャラリーは、マナーと常識を備えたアーティストをメンバーとして受け付けます。作品、人物、IDに問題が認められたり、当ギャラリー使用の目的がふさわしくないと判断された場合は、メンバー登録を受け付けない場合がございます。
4. マナーや作品に問題があるメンバーは、登録を抹消する場合がございます。
5. メンバーシップ登録は「永久メンバーシップ」となります。スペース契約をいったん打ち切って後に戻ってきた場合、再度登録料をお支払いになる必要はありません。メンバー登録の更新もありません。
6. 作品の陳列、撤収、売上金の受け取りは、メンバー登録したご本人がなさるようにお願いします。やむを得ず代理人となる場合は、事前にご連絡をお願いします。また必要に応じてIDチェックをさせていただきます。
7. 複数人でスペースをシェアされる場合は、代表の方を登録していただいて、売り上げの報告、売上金の振込みはまとめて代表の方あてにさせていただきます。


展示作品について

1. 展示作品は作家が特定できる手作りまたはオリジナルデザインのアート、クラフト作品、又はファッションアイテムに限らせていただきます。
2. それ以外のものは条件を考慮した上で判断します。(作品に付随する付属品、関連商品、パッケージなど)
3. 販売を希望される品物はすべてアイテムリストにご記入ください。アイテムリストに登録されたものは、すべてビーハイヴギャラリーが販売権を委託されたものとみなします。
4. 以下のものはお引き受けできません。
a. 飲食物、薬品、化粧品、石鹸、ドラッグ、動植物
b. セカンドハンドのもの
c. 大量生産品、工業製品
d. 危険なもの、欠陥が認められるもの
e. 品質表示に偽りのあるもの
f. 明らかに他作品の模倣と思われるもの
g. 差別的、侮辱的表現の作品
h. $500以上の作品、$5未満の作品 (条件を考慮した上で例外あり)
i. 他の展示物に影響を及ぼしたり、展示場所を汚したり破損する恐れのあるもの
j. その他当ギャラリーに相応しくないと判断されたもの


スペース賃貸の条件、スペース代のお支払いについて

1. スペース賃貸契約は、一ヶ月契約とします。契約期間は毎月1日から月末までです。
2. スペース代のお支払方法は、現金、銀行振り込み、EFTPOS、チェックからお選びいただけます。
3. 事務手続き上の都合により、原則としてスペース代を売上金から相殺はいたしません。
4. 契約の継続をご希望される場合は、25日までに次の月のスペース代をお支払いください。又は継続の意思をお伝えください。お支払いもご連絡も無い場合、同じスペースをご利用できなくなる場合がございます。
5. 契約を終了される場合は、25日までにご連絡をください。終了のご連絡が無い場合は契約継続とみなして次回のスペース代を請求いたします。
6. 契約終了のご連絡が無く、契約月になってもスペース代のお支払いが無い場合、スペース代をお支払いくださるまで売上金のお支払いは保留とさせていただきます。
7. 長期間ご連絡もスペース代お支払いも無い場合、こちらの判断によって契約を打ち切らせていただきます。
8. スペース契約期間中、契約を解約することはできません。もし契約期間中に作品を撤収した場合にも、スペース代は返却いたしません。
9. 契約終了後は速やかに作品をお引き取りください。もし契約後に作品を撤収できない場合は、当店が作品をディスプレイスペースから引き取って、3ヶ月間まで保管いたします。それ以後ご連絡が無い場合、作品は処分いたします。
10. スペース賃貸料金、販売手数料は変更される可能性がございます。その際メンバーの方には一ヶ月前までにお知らせします。


売上金のお支払いについて

1. 商品の売上金は毎月末に締めて、販売手数料を差し引いた金額を次月20日までにお支払いいたします。ただしクリスマスなどの繁忙期は多少遅れることがございます。
2. お支払方法は、セキュリティ上の理由で原則として銀行振り込みとさせていただきます。ただし小額の場合は現金でお渡しします。($30以下の場合)
3. お伝えいただいた銀行情報に誤りがあったり、チェックによるスペース代のお支払いが不能でペナルティが発生した場合、その費用はメンバーの方にご負担いただきます。
4. 売り上げによる所得税、GSTの申告はご自身で行ってください。


展示について

1. 作品の陳列、撤収は係員付き添いの上でメンバー登録したご本人が行ってください。係員が展示物とアイテムリストを照合いたします。
2. 作品の値段はご自身で決めて、値札に値段とその他の必要事項を書き込んで、各作品に付けてください。
3. 作品のディスプレイに必要な補助品(スタンド、容器など)はご自身のものをご利用ください。
4. 展示スペースや店内の空間を汚したり破損しないようにご注意ください。特に画鋲、ピン、釘などのご使用はご遠慮ください。また塗料の使用も禁止させていただきます。展示スペースや店内を汚したり破損した場合は、修復又は弁償する費用を請求いたします。
5. 他のディスプレイスペースを隠したり、通行の妨げになったり危険が生じるようなディスプレイはしないでください。
6. ご自身やご自身のビジネスについてスペース内に宣伝、広告用の展示物(名刺、広告など)を置いてもかまいません。ただし展示作品に関連した内容であることが条件です。もし宣伝、広告の内容に、公共や当ギャラリーにとって不適切な表現があった場合、警告又は撤収させていただきます。
7. 展示スペースに置いた名刺や広告物を通して顧客と直接取引きをした際の売り上げについては、当ギャラリーは手数料を一切いただきません。
8. 展示作品が売れて空間に空きができたり、その他の理由で当店の判断でディスプレイを変更する場合がございます。
9. 展示物の補充、交換、値段の変更などは、スペース契約中に随時ご自由に行うことができます。ただし必ず係員の許可を取ってください。
10. 契約中は原則として展示スペースの変更はできません。ただしそのときの状況によりますので必要なときはご相談ください。
11. 当ギャラリーの判断で、作品の一部を公共エリアや空きスペースに移す場合がございます。
12. 店内の展示スペースの配置や数は変更される場合がございます。
13. 包装用品は基本的なものは当店が用意しますが、特別な包装が必要な場合はお持ちください。
14. 展示作品をウェブサイトに掲載することがあります。もし作品や氏名を掲載されたくない方は、事前にお知らせください。


作品の保障について

1. 展示作品の紛失、盗難、破損について保障が必要な方は、保険料をお支払いください。保険料は最低$5ですが、展示物の値段や数量によって変わりますので審査によって決定します。
2. 保険料をお支払いになった場合、初回の補償額は売値の30%です。その後紛失、盗難などが起きるたびに補償額と保険料が変わります。
3. 当ギャラリーは信用のために防犯、作品の管理に最大の努力をいたしますが、保険料をお支払いにならない場合は紛失、盗難、破損について一切責任を負いません。


営業時間について

1. 営業時間は変更される場合がございますのでご確認ください。
2. 祭日の営業については、その都度予定を決めますのでご確認ください。祭日に営業した場合は後日代休を取ります。
3. 当ギャラリーのスタッフの病気や個人的な都合で営業時間内に開店できない場合は、代替の時間に営業いたします。
4. 自然災害、交通機関のストライキなど、コントロールできない理由で営業時間に営業できない場合は、当ギャラリーの責任外ですのでご了承ください。
5. 通常の営業時間外に作品の展示や撤収をご希望の方はご相談に応じますが、追加料金をいただく場合がございます。


ご利用規約について

この「ご利用規約」の内容は変更される可能性がありますのでご了承ください。内容が変更された場合は、会員の方にはできるだけ早急にご連絡します。



beehive2006 at 05:55|Permalink

October 08, 2013

ビーハイヴギャラリー、出展者の声

どういう人がどういう目的でビーハイヴを利用しているのでしょう?
作品を出展している人はどんな人なのでしょう?

ビーハイヴギャラリーに作品を出展している人々をご紹介します。


*Aさん(日本人、女性、ビーズアクセサリー)

日本にいた頃からアクセサリー作りを趣味にしていて、オーストラリアに永住するようになってから、さらに入れ込むようになりました。
できた作品は自分で使ったり、友達にプレゼントしていたけれど、それでもどんどんたまってしまって、気が付いたら大きな箱にいっぱい!
行き場がないアクセサリーをずっとしまっておくのももったいないし、何よりできた作品がかわいそうに思えて、とにかく世の中に出してあげたくなりました。
そんなときにビーハイヴギャラリーの話を聞きました。
店に行ったら案外レベルの高い作品が多くて不安になりましたが、一ヶ月からの申し込みでOKということだったので、とりあえず1ヶ月だけ試してみようと思いました。
そして...ついに売れました!
最初にセールスレポートを受け取ったときの嬉しさといったらありませんでした。
「自分の作品をお金を出して買ってくれる人がいるんだ」ということを知って、自信がつきました。
しばらく創作を中断していたのですが、また新作を作り始めました。
作品が売れてレポートを受け取るたびに「また作ろう!」と意欲が湧いてきます。
これからもまたオーストラリアの人に喜ばれる作品を作っていきたいと思います。


*Bさん(オーストラリア人、女性、シルバーアクセサリー)

シルバージュエリーの創作を長くやっていて、クライアントもできたのだけど、子供が生まれてから以前と同じようには作れなくなってしまいました。
子育てが忙しすぎて、注文を受けて作るのは無理。でもせっかくやってきたことを止めたくはないし、自分のペースで作って売ることはできないものか...?と思っているときにビーハイヴギャラリーのことを聞きました。
詳しい条件を聞くと、自分のニーズにぴったりでした。
借りたスペースを使って自分の好きな作品を好きなだけ展示して売れるし、他の人とスペースをシェアすることもできます。
売り上げが多いときにはお小遣いが稼げるし、サイドビジネスとしてはなかなかいいと思いますよ。


*Cさん (日本人、女性、ビーズアクセサリー、ポストカード)

オーストラリアにワーキングホリデーで来て、何か思い出に残るようなことがしたかったのです。
前からアクセサリーを作っていたので、こちらでも作って売ろうと思っていたのですが、なかなかいい方法が見つかりませんでした。
そんなときインターネットでビーハイヴギャラリーのことを知って、行って見ました。短期で申し込めるし、ワーホリのビザでも大丈夫だしビジネスナンバーも必要ないと聞いて、申し込むことにしました。
そうして始めたけれど、最初はなかなか売れなくてあせりました。
でもお客さんの反応を聞いて、それに合わせた作品を出すようにしたら、少しずつ売れるようになりました。
アクセサリーを通じてオーストラリア人の価値観や考え方の違いがわかって勉強になりました。またギャラリーにはプロのジュエリーデザイナーの人がたくさんいるから、そういう人たちと同じ土俵で勝負ができたのはいい経験になりました。
スペースを自由に使えるので、アクセサリーのほかにラウンド中に撮った写真でポストカードを作っていっしょに展示しました。オーストラリアの写真だからあまり期待してなかったけど、これもいくつか売れました。
もうすぐ日本に帰国しますが、自分が日本に帰ってもいくつかのアクセサリーはオーストラリアに残るんだ...と思うとなんだか感動します。
自分の作品が海外で売り物になったというのは少し自慢できるかな、と思ったりしています。
本当にいい思い出ができました。


*Dさん、 (中国人、女性、靴やバッグのファッションデザイナー)

もともと子供靴のデザインをやっていて、大人の靴とバッグにチャレンジし始めたところです。まだその方面にクライアントがいないし、自分がデザインしたものが売れるかどうかわからないから、試しに売る機会がほしかったのです。
新作をデザインすると、まずビーハイブギャラリーで売っています。
ここではたくさん売ることだけが目的ではありません。どの製品が売れるか売れないかを知って、その結果によって、今後何をどれだけ生産するかを決めたいのです。
ビーハイヴでは、ビジネスカードやコンタクトディティールを置いてもいい、というのが魅力的です。ここからクライアントをつかむチャンスがあるのです。スペース代が広告費も含んでいると考えると、とてもヴァリューがいいと思います。
ここで売るのは自分のブランドのいい宣伝になります。「ギャラリーで売っている製品」というと、イメージの点で少し他と差がつけられるから。


*Eさん (オーストラリア人、男性、ビーズ・天然石アクセサリー)

趣味でアクセサリーを作り始めて、今はサイドビジネスとしていくつかの方法で売っています。
最初はマーケットで売ってみたけど、いろいろな点で自分には合わないと思いました。
週末の大事な一日をマーケットでつぶさなければならないのは苦痛だし、その都度品物を持ち運んでディスプレイをセットアップしてまたパッキングするのが思いのほか重労働なんです。せっかくディスプレイが出来上がったところで雨が降ってきて、何も売らずに引き上げたこともあったし...。
そして何より、自分が精魂込めて作った作品がアウトドアの環境で埃にまみれるのがどうしても嫌でした。マーケットで一日過ごして作品を持って帰ると、びっくりするほど汚れていて、売り物にならなくなるものもいくつかありました。悲しいことです。
ビーハイヴギャラリーでは作品がキャビネットの中で大切に展示されるから嬉しいです。
たとえ売られるものでも自分の作った作品には愛情があるから、きれいにディスプレイしてベストの状態で見てもらいたいのです。


beehive2006 at 14:33|Permalink利用者の声 

December 30, 2008

Beehive Galleryへのアクセス、営業時間

Beehive Galleryへの行きかたをご案内します。

まずNewtownの駅から...

電車の場合
Beehive GalleryはNewtownの電車の駅から徒歩5分です。
駅を出てすぐ前の通りがメインストリートのKing Streetです。この通りを左手(St.Peters方面)に進んで5分弱、道路の右側にあります。
途中道路の左側にはギリシャ教会やハイスクール、もう少し進んだ右側にはボタンの専門店(大きなボタンが飾ってあります)や家具店があります。家具店の隣がアンティークショップ、その隣がタイの雑貨店、その隣がビーハイブギャラリーです。


バスの場合
シティから422,423,426,428のバスが出ています。
422,423,426,428の場合はニュータウン駅で降りて↑でご説明したように5分ほど歩いてください。422だとあともう一つ先のバスストップで降りると近いです。
また370,352のバスも店の近くのバスストップで停まります。



店のフロントガラスに蜂の絵がついた看板がかかっています。
034
















住所:
Beehive Gallery
Shop1, 441-443 King Street Newtown NSW 2042 Australia

電話:02(9550)2515
携帯:0400-088-083 梅本
メールアドレス:info@beehivegallery.com.au
tsuneko.beehivegallery@gmail.com


営業時間
月:休業
火、水、金、日:11時〜5時
木:11時〜7時
土:10時半〜5時半



クリックして拡大↓
地図



beehive2006 at 07:24|Permalink

September 14, 2006

Newtownという街

Beehive GalleryがあるNewtown(ニュータウン)とはどんな街でしょう?
一般的なイメージとしては

下町
若者の街
ファッションの街
アートの街
新しいものや珍しいものに出会える街
ちょっと???な人が多い街

といったところでしょう。
シドニー大学に近くて若い人が多く、ファッションの店、アートの店、アンティークや古着の店、なんだかよくわからないもの(?)を売っている店がたくさんあります。カフェやレストランも多く、ショッピングも食事も楽しめます。
パンクなどの奇抜なファッションの人々もよく見かけます。
またアート関係の店、アート関係の学校などもあります。
コンサートや演劇が行われる「Enmore Theatre」もこの近くです。

ニュータウン町並みニュータウンカフェ








ニュータウン若者ニュータウンギター








またその一方、Histric Heritage(歴史的建造物)に指定されたような古い建物が多い地域でもあります。

歴史的建造物ニュータウン古い店








NewtownはメインストリートのKing Street沿いに、Newtownの鉄道駅をはさんで北と南に分かれています。
ビーハイブギャラリーは南側です。

この地域の特徴は...
アンティークショップ、古着屋、家具屋、手作りのものを売っている店、若いデザイナーの店、手作り品の素材の店、エスニックの店、変わったものや個性的なものを売っている店...などが集まっています。

シドニーに通じている人、個性的なものを手に入れたい人、ファッションに詳しい人はこちらの南を目指して来ます。
シドニーの各地、ノースショアやイースタンサバーブからも、多くの人が訪れます。またファッション関係のプロ、バイヤーなども多く来ます。

南ニュータウンは知る人ぞ知るショッピングの穴場スポットなのです。

Beehive Galleryも知る人ぞ知る穴場店のひとつになりつつあります。
数少ない手作り作品の店ということで、オーストラリア人の間で評判になっています。

ビーハイブギャラリーだけではなく、その周辺の店もそれぞれ個性的です。
ひっそり店を構えているようで、中に入るとこんな面白いものが!...という驚きを与えてくれる店が多数あります。

どうぞ機会があったらニュータウン、特に南側を訪れてみてください。
ショッピングセンターでは絶対に手に入らないレア・アイテムとの出会いがきっとあります!


*このページのNewtownの写真は地元の写真家Ms. Ettianne Anshinのものです。
Beehive Galleryでは彼女の作のNewtownをテーマにした写真やポストカードも販売しています。
もっと作品を見たい方はこちら↓。美しい花や犬の写真もあります。
http://www.photojourney.com.au/



beehive2006 at 07:00|Permalink