2007年10月

2007年10月28日

ゆらゆら帝国/空洞です

きっと新作はこんな感じになるんじゃないかと思っていた「ゆら帝」ファンは多いのではないかと思う。
もともとつかみどころのないというか、意外性のあるところがゆらゆら帝国の魅力ではあったわけだが、特に『めまい』と『しびれ』以降、ロックの様式というか意味性といったものを削ぎ落とす傾向にあったのは確かである。

空洞ですそれが本作では一層推し進められたものとなっているのだが、これでまた多くのリスナーが離れていくであろう一方で、新たなファンを獲得することにもなるのだろう。まあアルバム製作にあたって彼等にそんな打算があるはずもないのだけれど・・・・。

このような作品を耳にすると、普段いかに自分が音楽の「様式」や「フォーマット」といったものに頼って聴いているのかを痛感する。だからそういったものを排除されるとたちどころに困ってしまうのだ。具体的に言うと、コード進行やロックギター特有のギターリフやスケール、はたまたリズムパターンや曲の展開、といった既定の形式・様式になぞらえることによってその曲を自分の中に位置づける作業を無意識のうちに行っていたのである。

さらに言えば、もし本作がゆらゆら帝国の作品ではなく、無名の新人の作品であったなら間違いなく購入していないと思う。「そんな理屈っぽい聴き方なんかしないで、ただ音の渦に身を委ねればいいんだよ」と言われてしまいそうだが、これがわたしにはなかなか難しいのである。たぶんテクノが好きな人というのは自然にこういう聴き方ができるんだろうなと思う。それはそれでうらやましい。

そういった意味で、本作の印象を一言で表すとすれば、まさにタイトル通り「空洞です」。今後彼等がさらに様式を削ぎ落としていけば、それこそローテク?の「テクノ」になっていくのかもしれないが、考えてもみればそれが彼等なりの様式なのかもしれない。だって知らない曲でもタイトルだけ見てバンド名が判るアーティストなんてそうそういないもの。因みに以下は本作収録の曲名です。どこから見てもゆらゆら帝国でしょ。

01.おはようまだやろう
02.できない
03.あえて抵抗しない
04.やさしい動物
05.まだ生きている
06.なんとなく夢を
07.美しい
08.学校へ行ってきます
09.ひとりぼっちの人工衛星
10.空洞です

もう「太陽のうそつき」「人間やめときな」「アイツのテーマ」「うそのアフリカ」「アーモンドのチョコレート」といったようなロックンロールチューンは聴けないかもしれないが、それでも来月のライブが楽しみなことには変わりない。常に新しい魅力を発し続けることが出来るのもまた彼等のスゴイところなのだから。

最後にYouTubeより、本作のタイトル曲「空洞です」と「美しい」をどうぞ。(マイスペにはページが無いみたいです。)

「空洞です」(本作の中では最も既定の様式を踏襲したタイプの曲です)


「美しい」(映像のアニメがほとんど「トイレット博士」です。マタンキ!)


ゆらゆら帝国 - livedoor Blog 共通テーマ

beerks880311 at 23:59|PermalinkComments(6)TrackBack(2)clip!ロック 

2007年10月25日

言葉が見つかりません

今朝、古くからの友人が交通事故で亡くなったとの訃報が入りました。

先週、会ったばかりだったのに・・・。





ちょっと、言葉が見つかりません。

beerks880311 at 21:57|PermalinkComments(7)TrackBack(0)clip!ひとりごと 

2007年10月22日

Paul McCartney/memory almost full

昔からずっと聴き続けてきたけど、この10年くらいは新作を聴くのが辛くなってきていたアーティストというのが3人いる。一人目はBruce Springsteen、二人目は佐野元春、そしてもう一人がこのPaul McCartneyである。

佐野元春については、いもすけ山さんの記事のコメントに書いたように、本作とほぼ同時期に発売された『Coyote』で久々にキレを取り戻してくれたので、今は辛くない。

Bruce Springsteenは発売されたばかりの最新作をまだ聴いていないのだが、E Street Bandとの録音で結構いい感じらしいとのウワサであるので、今度こそと期待している。

肝心のMcCartney卿の最新作については、もちろん発売してすぐに購入していたのだが、最近聴き直したので今回記事にしてみることにした。ただPaulに関しては「辛くなってきた」という感じとはちょっと違っていて、もう年齢も年齢だし随分前から「どんな作品でも全て受け入れる」というどちらかというと諦観に近い気持ちになっていたのだ。

memory almost fullさて結論から申しあげれば、長年の間ファンが待ち望んでいたPaulをようやく本作で聴くことができたと言えるのではないだろうか。もちろんわたしがPaulファンの気持ちを代弁する立場にも無いことは無論なのだが、昔を振り返って作った作品が多くなる中で「どうせ懐古的になるなら、Wingsを演って欲しい」と思っていたファンは多いのではないかと思う。

そういった意味では、かなり乱暴な表現をすれば本作は、Wingsの時代から『Flowers In The Dirt』くらいの頃までの間に確かに彼が持っていた解り易いまでのサービス精神を感じさせるものになっている。初めはわたしの思い込みに過ぎないと思っていたが、音の端々まで聴いてみるともしかすると意識的に当時をイメージした音作りをしたのではないかとさえ思うようになった。本人は「最後5曲はメドレー形式になっていて、思い出を回顧していく流れになっている。自分が人生のある節目に立っているということもあるが、Johnと共に作曲をしていた時代のことを思い出しそれが反映されている」と語っているようだが、むしろその最後の5曲以外の曲のアレンジにおいては、そいうったものとは別の統一されたコンセプトが貫かれているような感じで、実に秀逸な出来となっている。

4曲目「Only Mama Knows」では「Rock Show」を彷彿とさせるギターリフ、そして7曲目「Gratitude」では「Call Me Back Again」のような血管が切れそうなボーカルを聴くことができる。この数年はプライベートな部分で煩わされていた印象が強いが、少なくとも2曲目から8曲目までについては『待ち望んだPaul McCartney』を感じることができる。

そういうわけで、本作については『Flowers In The Dirt』以来の快作と喜んでいるのだが、次回作には過度な期待はせず、再び「どんな作品でも全て受け入れる」謙虚な気持ちで待つことにする。よく考えればPaulより年上でこんな音楽をずっと作り続けている人はいないわけで、常に開拓者として高いレベルを求められるのも、残されたBeatleとしての宿命かもしれないが、もういいんじゃないかとも思う今日この頃。

最後にレコード会社に苦言。本作が発売された時(6月)に、別途ボーナストラック3曲とインタヴューCDが付いた限定盤が7月に発売されると聞き「両方買わせる気か?」と憤ったのもつかの間、今度は12月にDVD(「Drive my car」を含むライブ映像)付きが発売されるという。もちろんPaulの意思が反映したものではないのだろうけど、あんまり気分の良いものではない。

では本作よりシングルカットされた「Dance Tonight」のPVをどうぞ。(はじめの小芝居が長いですが、ちゃんと曲が始まります)


Paul McCartney - livedoor Blog 共通テーマ

beerks880311 at 23:59|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!ロック 

2007年10月21日

BUILT TO SPILL/KEEP IT LIKE A SECRET

FUJIMI☆ROCKさんのところで紹介された時に試聴してみたことろ、だいぶいい感じだったので買ってきました。

KEEP IT LIKE A SECRETいやぁ、イイです!捨て曲なしの素晴らしい作品です。

1992年にDoug Martschという人を中心に、アメリカのアイダホ州で結成されたオルタナ(というかギターポップ)バンドで、翌93年にはデヴュー作を発表し、95年にはワーナーとメジャー契約をはたしています。この『KEEP IT LIKE A SECRET』は通算4枚目となる「最も評価が高い」作品ということです。

聴いた感じでは、Modest Mouse、DINOSAUR JR.、Weezer、Smashing Pumpkins、NEIL YOUNG、等と共通したものを感じさせますが、それ以前にポップな側面とオルタナ的?な側面との配分が絶妙でセンスの良さを感じさせます。もの凄くよく練られたであろうバンドアンサンブルや効果的な「間」、ダルなボーカル、適度にラフなギターリフ、耳に残るメロディーラインと、いちいちツボにハマります。

FUJIMI☆ROCKさんのおかげでやっと耳にすることができたわけですが、いわゆる一般的に「ギターポップ」と言われる範疇において、個人的には早くもWeezerと双璧となりつつあります。日本では知名度が低く、未だ来日したことが無いとのことですが、是非ライブを見てみたいものです。それまでに他の作品も楽しむことにしましょう。

You Tubeから本作より「Sidewalk(ライブです)」と「Carry the Zero(音のみです)」をどうぞ。また、本作の曲は聴くことができないのでちょっと地味な印象になってしまうかもしれませんが、マイスペはこちらです。

見た目はちょっとムサいですが、わたしからもお薦めです。

「Sidewalk」


「Carry the Zero」
ちょっと長い曲ではじめちょっと地味ですが、エンディングのリフがイイです。


BUILT TO SPILL - livedoor Blog 共通テーマ

beerks880311 at 22:20|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!ロック 

2007年10月14日

新・御殿場ラーメン ジャンジャン軒@御殿場

ちょっと用事があり、静岡県御殿場まで行ってきました。どこへ行っても、どうしてもラーメン屋が気になってしまいます。

この日は深夜までお酒を呑んでいたため、かなり酔っていましたし、お腹も一杯だったのですが、旅先という勢いも手伝ってついつい入店してしまいました。
よく「シメの一杯」などといって、お酒を呑んだ後にラーメンを食べる方も多いかと思いますが、基本的にわたしは呑んだ後にはあまり食べません。それは酔っぱらうと味がよく判らなくなるからです。もうちょっと説明すると、酔うと食べたものが全部「70点」になってしまうのです。つまり美味しいものでもそうでないものでも「まあまあ」になってしまいます。それはある意味どんなに安いものでもお酒さえ呑めば楽しめるという利点がある一方で、たまに高級店に行った時にはちょと悲しい思いもするわけです。

でも今日は旅先だし、懐かしい友人が一緒だったということもあり、お誘いを断るほどわたしのポリシーは頑なではありません。

「黒ごまタンタンメン」
黒ごまタンタンメン











「白ごまタンタンメン」
白ごまタンタンメン











「黒ごまタンタンメン」がお薦めのようでしたが両方食べてみました。両方とも「タンタンメン」というにはちょっと濃厚さが足りない気がしますが、なにせ酔っている時はアテになりません。ただ「黒」の方は黒ごま特有の香りがわたしにはちょっと邪魔かなぁと思われました。やはり白の方がしっくりきます。一般的に黒ごまを使わないのはやはりそれなりの理由があるのだと思います。

この店は御殿場駅の建物の中にあるのですが、とても都会とはいえないこの地で、午前3時までの営業とうのは採算が合うのでしょうか。しかも22時台には終電となってしまうので、当然駅の利用者だけを目当てにしているわけではないのでしょうが、いらぬ心配をしてしまいます。

ジャンジャン軒@御殿場 - livedoor Blog 共通テーマ

beerks880311 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ラーメン 

2007年10月07日

Rooftop &新宿Loft 31周年記念ライブ 〜砂の上のスジの眼〜

ライブの日付をよく確認せずにチケットを購入したため、後になって月初且つ月曜日(10月1日)で仕事が忙しい日であったことに気づき、一瞬どうしようかと思ったが、すぐ次の瞬間には「まっ、いいか」と割り切った自分が好きだ。
まぁそれでも多少の後ろめたさはあったのだが、このライブに出演するバンドの名前を目にしたら、やはり行かねばなるまい。

ロック系ライブハウスの草分けである「新宿Loft」とそこから発行されているフリーペーパー「Rooftop」の発刊31周年を記念したライブ企画が行われるという。
企画タイトルの『砂の上のスジの眼』というのは、このライブに出演する3つのバンドのフロントマンが「Rooftop」に寄稿しているコラムのタイトルを繋ぎ合わせたもので、たいした意味があるわけではない。

因みに「出演バンド名」「フロントマン氏名」「コラムのタイトル」は以下の通り。
bloodthirsty butchers 吉村秀樹 「裏のスジの突き当り」
BEYONDS 谷口健 「砂の上のダンス」
怒髪天 増子直純 「ZOOMYの眼」

もちろんこの3バンドが、新宿Loftをはじめとする「Loftグループ」のライブハウスによく出演しているというのは無論であるが、揃いも揃ってわたしの大好きなバンドであり、尚且つ3,000円で見られるというのであるからウレシイ限りだ。
でも、やはり月初の月曜日で天気も悪いためか客の入りが少なかったが、その代わりステージが良く見えてなお且つ音も良く聴こえる絶好の位置がキープできたから結局は無問題であった。

最初に登場したのは「怒髪天」。
「JAPANESE R&E(リズム&演歌)」を標榜しており、楽曲の方もかなりベタだし正直コミックバンドの要素も併せ持つバンドだが、泣かせる詩・メロディーにちゃんとロックしたサウンドは愛さずにいられないのだ。

いつものステージなら、最初は元気よく盛り上げて、そして笑わせて、最後には泣かせるという構成なのだが、今日は持ち時間も限られたので、泣かせるまではいかなかったが、さすがに楽しい。Voの増子は相変わらず元気だし、Gの上原子はやはり上手い! でも、ちょっとマンネリ気味になってきたのと、常連ファンとの間の予定調和というか内輪の空気みたいのに個人的にはちょっと違和感を感じてきたなぁ。(まぁ、まさしくわたしもその内輪にいた人間なわけだが・・・・。)

次に登場したのは「BEYONDS」。
1990年に結成され、93年に活動を休止するものの、2005年より再び活動を再開したのだが、その活動休止期間における各メンバーの経歴がスゴイので後から有名になったバンドだ。因みに活動休止期間における各メンバーの在籍バンドは以下の通り。
Vo:谷口健「fOUL」、G:岡崎善郎「PEALOUT」、B:工藤"TEKKIN"哲也「HUSKING BEE」、Dr:アヒト・イナザワ「ZAZEN BOYS、NUMBER GIRL」

この日は、前の週にベースの工藤が事故のため急遽入院してしまったことから、他の3人によるアコースティックセットでのステージとなった。そのため準備もあまりできなかったと思われ、新曲以外は全部知っている曲であったにも関わらず、途中でちょっと眠くなってしまった(ゴメンナサイ・・・・)。でもやっぱり谷口にはfoulを続けてほしいなぁ。

そしてトリは「bloodthirsty butchers」。
高校の同級生であったVo&G:吉村秀樹、B:射守矢雄、Dr:小松正宏によって高校時代に結成され1989年にデヴューしたバンドだが、わたしが思うに「日本のオルタナシーンで最も重要なバンド」である。2003年には元NUMBER GIRLの田渕ひさ子(G)が加入し4人組となった。

以前に見たときは、田渕ひさ子が加入したばかりであったためか、一体感に欠け散漫な印象が拭えなかったが、今日はBEYONDSでちょっと眠くなったわたしの頭のモヤモヤを圧倒的な音量・音圧で一気に吹き飛ばしてくれた。いや本当に凄かった。
以前は借りてきた猫のようだったひさこ嬢もすっかりbutchersのピースとして機能しており、「butchersも4人組になったんだなぁ」という感慨にあらためて浸った次第である。更にパワフルな小松のドラムも凄いし、相変わらず何を歌っているのかサッパリ分からない吉村のヴォーカルも「ノイズを構成する楽器」として十分に個性を放っていた。

今日のbloodthirsty butchersの圧倒的なライブを目の当たりにし、「日本のオルタナシーンで最も重要なバンド」というわたしの認識は「確信」へと変わったし、たった1時間でこれほどの集中力を発揮できるバンドの力量とキャリアにおいては、「日本のオルタナ系で唯一Sonic Youthとタメをはれるバンド」であると言ってよいだろう。

それにしても、聴衆が少なかった。
半分以上(女性のほとんど)が怒髪天目当てだったので、後の2バンドが演奏する頃にはステージ前には100人もいなかったのではないだろうか。こんなに凄いバンドが3,000円で見られるのにもったいないなぁ。

bloodthirsty butchersの演奏終了後、まだ月曜だしすぐに帰ろうかとも思ったが、ノドが乾いたので新宿Loftに併設されたバーで缶ビールを1本だけ飲んだのだが、そのおかげで帰りがけに出口で談笑するbutchersの吉村と田渕に声をかけるチャンスに恵まれた。2人にライブの感想(無論「素晴らしかった」旨)を伝え、握手をしてもらったのだが、好きなバンドのメンバーが身近に感じられるのが嬉しい反面、今日の客の入りを考えるとちょっと複雑な気持ちにもなってしまった。

さて、最後になってしまいましたが、bloodthirsty butchersだけマイスペのページがありましたのでこちらにリンクしました。

さらにYouTubeより以下楽曲をセレクトしましたのでご覧ください。(BEYONDSはありません。ゴメンナサイ)

怒髪天「蒼き旅烏」


bloodthirsty butchers「yeah #1」


bloodthirsty butchers、beyonds、怒髪天 - livedoor Blog 共通テーマ

beerks880311 at 04:47|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!ロック 

2007年10月04日

自家製中華ソバ べんてん@高田馬場

新宿LOFTでのライブの前の「腹ごしらえ」ということで、量の多さと行列で有名な高田馬場にあるこの店にやってきました。

学生さんも多い町なので、やはり「量の多さ」というのは魅力なのでしょう。この界隈ではけっこう古くからあり、美味しいということでも有名なのですが、わたしは今回が初めてです。

「ラーメン」
ラーメン(べんてん)











この店ではほとんどのお客さんがつけ麺を注文しますが、ちょっと涼しくなってきたし、何よりもわたしは熱いスープが大好きなので、もちろん「ラーメン」をオーダーしました。

ところで、「量が多い」と書きましたが、どのくらいかと申しますと、普通盛りで約350g(普通のラーメンの倍です)、中盛りで650g、大盛りではナント1kg!
わたしはライブで動けなくなると困るので、さすがに普通盛りにしましたが、他のお客さんで誰か大盛りを注文しないかなと期待していましたが、わたしの在店中にはさすがにそんな強者は現れませんでした。
ただ、隣りの学生さんと思われる男の子が中盛り(つけ麺)を食べていましたが、完食できずに残してしまい、「次からは少なめにします」と弱々しく言い残して去っていきました。若者よ!ガンバレ!

写真の通り、見た目はオーソドックスな中華そばといった感じですが、かなり強烈に魚ダシが出ています。結構油も使っていて、ちょっと濃すぎるかなというくらいインパクトが強いです。
一方の麺は、かなり太くでコシがあり、稲庭うどんの麺をもう少し太くした感じで、食べていても実にダイナミックです。
この麺に負けないスープというと、やはりこのぐらいインパクトが無ければダメなのでしょう。
メンマはコリコリして楽しいです。チャーシューはハムのような食感で、好き嫌いが分かれそうです。わたしは気になりませんでした。

食べ始めてしばらくしても、なかなか麺が減らないので、ちょっと不安になりましたが、強烈に香る魚ダシとブリブリの麺が食欲を萎えさせることはなく、結局10分足らずでスープも一滴のこらず完食してしまいました。
これだけの量をこのペースで食べられてしまうということは、やはり美味しかったといってよいのでしょうが、どなたにでもお薦めできるかと言えばどうでしょうか・・・・?

つけ麺なら「中盛り」いけそうかな?次回はチャレンジしてみますか。

べんてん - livedoor Blog 共通テーマ

beerks880311 at 23:59|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!ラーメン 
プロフィール