2008年01月

2008年01月14日

唐辛子 @ 伊豆高原

伊豆高原にあるお店です。もちろんラーメンだけが目的で伊豆まで行ってきたわけではないんですが、どこかに出かける時には必ず事前に“美味そうなラーメン屋情報”を仕入れることにしているのです。

「うま辛坦々麺(初級)」
うま辛坦々麺(初級)











お店はまさしく田舎の国道沿いの結構寂しい場所にあって、10人も入れば満席の小さなお店ですので、事前情報もなく「食べてみようか?」なんてフラリと入店するようなことはまず有り得ない外観です。

しかしこれが相当に美味いラーメンを提供してくれるのです。写真のように「坦々麺」がメインなのですが、胡麻が入っているのは当たり前としても、白ゴマ・黒ゴマの両方を使っており、落花生や柚子・ドライフルーツ・トンコツ・鶏ガラ・金目鯛・伊勢海老・その他の魚介類・にんじん・たまねぎ・りんご・セロリ・その他の野菜や果物・乾物類、等々めまいがするほどの種類の具材でスープを取っています。
食べてみるとこれはもう坦々麺というよりはタイのグリーンカレーに近いようなエスニックな感じがする一方で、ちゃんとラーメンになっているのが実に不思議です。

麺は中太の黄色いコシのある縮れ麺で、このスープによく合っています。たぶん季節によって変わるのでしょうが、トッピングの菜の花もフレッシュなもので全体と調和しています。

また、この店の坦々麺の特徴は辛さのレベルが選択できるところで、「入門→初級→中級→上級→超級→ダブル超級→天国」の順で辛くなっていきます。本来わたしは辛いモノ好きではあるのですが、最近抵抗力が無くなってきましたので、手始めに初級をお願いしてみました。結果として、もうちょっと辛くても良かったかな?と思いましたので、次は中辛にしてみます。

更にこの坦々麺にはライスが付いてくるのですが、「残ったスープに投入して食べてください」とのことでしたのでその通りにしてみました。食べてみてあらビックリ! 想像していたのとは全然違う味で、何というか誤解を恐れずに言えば“リゾット”みたいな感じで、麺にも負けず劣らず美味かったです。

今回は食べられなかったのですが、坦々麺以外にも普通のラーメンを含め、日替りの“おまかせラーメン”というものもあるらしいので、気になって仕方ないです。今後伊豆方面に出掛けることがあれば、必ず立ち寄ることになるでしょう。

坦々麺 - livedoor Blog 共通テーマ

beerks880311 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ラーメン 

2008年01月13日

福満園 別館 @ 横浜中華街

昨秋にオープンした福満園の横浜中華街における3軒目のお店で、「湖南料理」を出すというので、注目をしていました。

「湖南料理」というのは、中国湖南省の郷土料理に由来する中国の八大料理の一つで、唐辛子を多用し、四川料理よりも辛いと言われているそうで、四川料理と異なるところは、辛味だけでなく酸味がきいているところとのことです。また、多彩な包丁捌きによる美しい盛り付けが特徴で、湖南省出身の毛沢東がこよなく愛した料理として知られているようです。

これまで横浜中華街でこの湖南料理を出すお店としては、大通りの「明揚」(最近開いてない)のみであったとの認識ですが、いろいろな料理がいろいろな店で食べられるようになるのは大歓迎です。

「土匪猪肝(豚レバーの湖南風辛子炒め)」
福満園「土匪猪肝」











湖南料理のメニューでこの料理が最も目を引いたので頼んでみました。メニューには「激辛・辛い・やや辛」といったように各料理の辛さのレベルが書いてあるのですが、以前福満園の本店で麻婆豆腐を頼んだ際に大変シンドイ思いをしたので、激辛は避け『辛い』レベルのこの料理を選びました。
実際出てきた料理はそれほど辛いといったことはなく、ほどよく酸味の利いたコクのある実に美味しい料理です。レバーの火の通し加減も丁度よく弾力のある仕上がりです。(写真の赤く見えるのは唐辛子ではなく赤ピーマンです。)

「豆鼓明蝦(車海老のブラックビーンズ炒め)」
福満園「豆鼓明蝦」











豆鼓が惜しげもなくふんだんに使われており、香ばしくて実によい香りです。車海老のブリブリした食感と大量のしめじが嬉しい限りです。美味い!

「鮭魚炒飯(鮭とレタス入りチャーハン)」
福満園「鮭魚炒飯」











炒飯の具として、特に鮭に興味があったわけではなく、レタスを使った炒飯がとにかく大好きなのです。写真では分かり難いですが、直径30cmほどの皿に山盛りで出てきました。炒め加減も味も申し分なく、これで950円なら最高じゃないでしょうか。

福間園は本店では「福建・四川」、新館では「上海・福建」、そしてここ別館では「湖南・福建」とそれぞれ店毎に明確なコンセプトを打ち出していますが、支店を増やす度にどんどん料理が洗練されてきている印象です。以前本店や新館で食べた時には、日本人向けに手加減しない本場の味を楽しむお店という感じで、洗練された印象はあまり無かったのですが、この別館は見た目にもきれいな高級感すら漂う料理を出すようになっており、これまでの“福満園”の印象とはずいぶんと異なるものです。日本人向けに多少アレンジされているとは思われますが、満足度は高いです。
横浜中華街にはめったに来られないので失敗したくないといった方にはお薦めのお店です。

横浜中華街 - livedoor Blog 共通テーマ

beerks880311 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!中華料理 

2008年01月09日

青葉 @ 横浜中華街

横浜中華街でも数店舗しかない台湾料理を出すお店のひとつです。こちらは“薬膳”料理も看板に掲げており、体にやさしい料理を出すことでも評判のお店です。

「菜脯煎蛋(台湾産切り干し大根入りの卵焼き)」
菜脯煎蛋











台湾料理の代表的なメニューのひとつで、日本にある台湾料理店では必ずと言ってよいほどメニューに載っています。(とは言え、実際に台湾で見かけたことはあまりないのですが・・・・。)
見た目の通り素朴な玉子焼きですが、切り干し大根のシャキシャキした歯応えが気持ち良いです。結構しっかりと味つけ(塩味)がなされており、ご飯のおかずとしても充分いけます。

「魯肉飯(豚バラ肉の台湾風煮込みかけご飯)」
魯肉飯











これぞ“台湾料理の代表”です。台北の町中でこの料理の屋台を見かけますが、こちらのお店のような豪華な魯肉飯を台湾では見たことがありません。魯肉飯と呼ぶにはいささか違和感を感じます。八角が強く主張していますので、肉がゴロゴロしている割にはサッパリとした味わいです。(あっという間に食べてしまいました。)
因みに台湾でよく見かける魯肉飯は以下の写真のような感じで、“豚肉そぼろかけご飯”と言った方が魯肉飯のイメージには合っています。

(参考)「台北“金峰”の魯肉飯」
金峰の魯肉飯












「素火+會羅漢(精進料理の野菜醤油炒め)」
素火+會羅漢











金針菜、クコの実、銀杏、椎茸、フクロダケ、タケノコ、等々体に良さそうな具材がたくさん入った薬膳料理です。しっかりしていながらも雑味のないキレのある味付けです。

「塩菜肚絲(台湾風高菜漬けと豚の胃の炒めもの)」
塩菜肚絲











口に入れると高菜独特の香りが鼻を抜けます。せん切りにされた芋のシャキシャキ感とモツの柔らかさとのコントラストが面白い料理です。高菜由来のクセはありますが、高菜の好きな人ならヤミツキになるかもしれません。

「翡翠海鮮砂鍋湯麺」
翡翠海鮮砂鍋湯麺











ホウレンソウ(モロヘイヤ?)を練り込んだ緑色の麺をイカ・エビ・アサリ等の海鮮や野菜とともに煮込んだ“鍋焼き麺”です。ほとんどコシの無い麺はひやむぎのような食感ですが、このコシのなさを楽しむものと理解します。スープは所謂“タンメン”のような感じですが、化学調味料っぽいわざとらしさのないしみじみとした味わいです。

「プーアル茶」
プーアル茶











最近、横浜中華街でもお茶をタダで飲めるお店がどんどんと減っています。手間やコストは理解できますが、ちょっとした抵抗感は拭えません。お茶にお金を払うのであればそれなりのレベルのものが要求されます。こちらのプーアルはおいしいですが、写真のようなマグカップで供されるので、お茶が濃くなり過ぎて困りました。因みにこのマグカップはこのお店でも買えるようです。

料理は全体的に素朴な感じで、中華料理特有の華やかな印象には欠けますが、“薬膳”料理を看板に掲げているだけあって、濃い目の味付けながらも決してもたれることのないホっとするお味でした。

横浜中華街 - livedoor Blog 共通テーマ

beerks880311 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!中華料理 

2008年01月06日

怒髪天 / LIFE BOWL

昨年11月に発売された怒髪天の最新作だ。発売直後に買っておいたのだけれども、他にも聴かなければならないCDが溜まっていたし、1週間は同じCDを聴き続ける性分なので、なかなか順番が回って来なかったのだが、昨年末にようやく陽の目を見たのだ。

LIFE BOWL「R&E(リズム&演歌)」を標榜する彼らではあるが、最近のライブでもファンとの予定調和というか“期待される怒髪天像”をそのまま演じていた感があり、発表されるシングルも過去の人気曲のリメイクであったりと、個人的にはやぼったい感じというか停滞感を感じ始めてきていたのだ。

本作を聴くにあたっても、「R&E」の“E(演歌)”の部分が増していると、わたしの感じていた「やぼったさ・停滞感」に一層拍車がかかってしまうなぁ、と心配していたのだが、いざ音を耳にしてみると、1曲目にしてわたしの心配が杞憂に過ぎないことが判明した。
わたしの心配とは反対に、思いっきり“R(リズムというかロック)”の方向に振れてきたのだ。ギターがギャンギャン鳴っているし、リズム隊もドスが効いていてキレのある音処理が施されていて、これまでの怒髪天の作品とは全く異なったかなりハードな仕上がりとなっている。

また本作では、ゲストミュージシャンを迎えるという彼らにとっては初めての試みもなされており、セイジ(ギターウルフ)・ケイタイモ(BEAT CRUSADERS)・ミト(clammbon)が怒髪天の個性と見事に調和しながらも、それぞれの個性を如何なく発揮し、本作のハード且つバラエティ豊かな音作りに大きく貢献しているのだ。

ただ、何といっても本作の最も注目すべき点は「上原子のギタープレー」である。この人はムチャクチャギターが上手いにも関わらず、一方で怒髪天の楽曲の作曲者であることから、常に曲全体のバランスを考慮した控えめとも言えるギターを弾いてきた感があるのだが、本作ではそれが解禁されたかのように奔放且つワイルドなギターを披露しており、わたしのような彼のギタープレーに惚れ込んだファンにとっては痛快極まりないものとなっている。
ボーカルの増子へのインタヴューでは「友康(上原子)には作曲者の立場で音作りをして欲しいと伝えた」と言っているが、そのことが却ってこのような奔放なプレーを引き出したのだとすれば、実に不思議なハナシではある。

このように大きな変化がもたらされた本作ではあるが、一方で怒髪天の不変の個性を形成するうえで、今回もそれを頑なに守ったものもある。そう「増子の歌詞」だ。
増子本人は「これまで1曲の中でストーリーを完結するような詩を書いてきたが、今回は瞬間を切り取ったようなものも書いた」と言っているが、そのような時間軸の変化はあったにせよ、増子の見据える方向自体に変化は無いと言って良い。
いつも通り、笑いあり・涙あり・人情あり・男気あり・酒あり・反骨あり・ほのぼのあり・コンチクショーあり・応援歌あり、のまさしく『LIFE BOWL(=人生丼)』だ。

「人生丼→LIFE BOWL→BEEF BOEL→牛丼→吉野家」の連想でジャケットデザインが決まったというエピソードも彼ららしくて微笑ましい。
渾身の意欲作だ。

さていつものように、YouTubeからは本作にもリメイク版が収録されている「酒燃料爆進曲」のライブ映像を貼り付けておきます。

「酒燃料爆進曲」 2001年のTV用ライブ映像です。音は悪いですが勢いは伝わると思います。


怒髪天 - livedoor Blog 共通テーマ

beerks880311 at 20:41|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!ロック 

2008年01月05日

節骨麺 たいぞう@恵比寿

1月3日に急にラーメンが食べたくなったので、タワーレコードのバーゲンのついでに、2008年の“初”ラーメンを正月3日より営業していたこちらのお店でいただくことにしました。

このお店は池袋にある店舗(2004年5月オープン)の支店のようで、2005年12月にオープンした恵比寿界隈でも比較的新しいお店です(三軒茶屋にも支店があります)。

「節骨味玉らーめん」
節骨味玉らーめん











魚介の香りの強さとともに動物系のトロっとしたスープが特徴の近年最も流行しているタイプのラーメンです。個人的にもこのタイプのラーメンはかなりの杯数を食べていますので、今更びっくりすることもありませんし、むしろちょっと飽き気味になってきました。

こちらは特に節粉が強く主張しているようで、丼に顔を近づけるだけで強く香ります。たぶん10年前にこのラーメンを食べたらさぞかし感動していたのでしょうけど、ラーメン業界の切磋琢磨の結果、わたしたちの味覚もかなり贅沢になってしまいましたので上記のような感想になってしまいがちになりますが、このような高いレベルのラーメンが正月3日より気軽に食べられるようになったことに素直に感謝しなければいけないのかもしれません。

「鶏塩平打味玉らーめん」
鶏塩平打味玉らーめん











こちらもやはり3年ほど前から流行している所謂「鶏白湯」に近いものと言ってよいと思いますが、ややぼぉっとしており、もうひとつ掴みどころの無い感じです。ピロピロツルツルの平打麺との相性も個人的にはもうひとつなんですけれども、“節骨らーめん”のインパクトの強さが影響したのでしょうか。「鶏塩らーめん」単独で再食してみればまた印象も変わってくるのかもしれません。


ラーメン - livedoor Blog 共通テーマ

beerks880311 at 20:31|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!ラーメン 

2008年01月02日

(映画評) あの頃ペニー・レインと (原題:Almost Famous)

たまには映画評でも。

年末年始のテレビ番組というのも、だいたい毎年同じようなものだし、あえて今年に関して言えば例年以上に停滞感が漂っている気がする。
そんな状況でも、スポーツ中継とともに「地方ローカル局の深夜映画」だけは毎年楽しみにしているのだ。

この“深夜枠の映画”というのがなかなか侮れなくて、以前からなんとなく観たいと思いながらもそのままにしておいたようなB級・カルト映画を放映してくれたりするので重宝する。これはわたしのようにBS放送やケーブルテレビに入っておらず、且つなんとなくレンタルするのが好きでないというような人には有難いことではないだろうか。
そんなわけで、今年も新聞の年末年始のテレビ欄を見ていたら、あるじゃないの!面白そうな映画が!

あの頃ペニー・レインとこの映画は、2000年に公開されたアメリカ映画で、公開当時はロック系の雑誌で結構話題になっていたので、「ちょっと観てみたいなぁ」とは思いながらもやはりそのままにしていたのだ。

舞台は1973年のアメリカ・カリフォルニア。ロックジャーナリストになるのを夢見る15歳の少年がひょんなきっかけからあるロックバンドの全米ツアーの同行取材をするチャンスを得るところからこの映画は始まる。ストーリー自体は、バンドとツアーを共にする中で起こる様々な出来事を通して少年が大人へと成長していく過程を描いた典型的なアメリカの青春モノだ。

登場人物の機微が丁寧に描かれていて、当時のロックをとりまく猥雑とした一般的なイメージからすれば、それを必要以上に誇張することもなく抑制の効いた演技がなされており大変好感が持てるが、さほどロックに興味の無い人からすれば取るに足らない映画かもしれない。
でもロック好きの人間にとってこの映画はまったく違ったものとして映るだろう。それはこの映画が全くのフィクションではなく、自らも十代の頃にロックジャーナリストとして活動した経験を持つ製作・監督・脚本のCameron Croweの自伝的作品であることに起因している。(更にこの人の奥さんは元HeartのNancy Wilsonだ!)
つまり、映画全体の細部に亘ってロックに対する“愛”が満ち溢れており、映画を楽しむといった感覚よりは、好きなバンドのライブの開演直前のようなドキドキ感をもってこの映画を楽しむことができるのだ。

更には挿入された楽曲が見事にこの時代の雰囲気を伝え映像とシンクロしており、これもまたこの映画の大きな楽しみのひとつとなっている。因みに主な楽曲は以下の通り。

「America」 Simon & Garfunkel
「Sparks」 The Who
「It Wouldn't Have Made Any Difference」 Todd Rundgren
「I've Seen All Good People:Your Move」 Yes
「Feel Flows」 The Beach Boys
「Every Picture Tells A Story」 Rod Stewart
「Mr. Farmer」 The Seeds
「One Way Out」 The Allman Brothers Band
「Simple Man」 Lynyrd Skynyrd
「That's The Way」「Tangerine」 Led Zeppelin
「Tiny Dancer」 Elton John
「Lucky Trumble」 Nancy Wilson
「I'm Waiting For The Man」 David Bowie
「The Wind」 Cat Stevens
「Slip Away」 Clarence Catter
「Something In The Air」 Thunderclap Newman
(他にも、Deep Purple、Free、Black Sabbath、Humble Pieなどなど盛り沢山だ!)

1973年と言えば、ロックも含むヒッピー文化の共同体幻想が崩れ去る一方で、ロックも音楽産業の一部としてビッグビジネスを次々と生み出していた頃で、ドラッグも蔓延したまさしくカオスを象徴していた時期であり、パンクが登場するまではロックの初期衝動が瀕死の重体であったといってもよい時期である。
この映画はそのような混沌の渦中にあるロックの切なさと、それでも絶えない音楽へのピュアな愛情が登場人物を介して見事に表現されており、このようなロックの混沌を扱った映画としては、Janis Joplinをモデルにした「The Rose」と並ぶ秀作といってよいのではないだろうか。

ところどころに配された笑いのツボやハッピーエンドの終わり方等々にアメリカ大衆映画のやぼったさを感じないでもないが、なによりロック好きにとっては「なぜロックを聴いているのか?」の理由をあらためて発見することができ、新鮮な気持ちになれるのはうけあいだ。特にロックをテーマにブログ等で文章を書こうという人には必見の映画と言ってよいと思う。ぜひどうぞ。

さて、YouTubeよりこの映画のプロモーションフィルムを貼り付けておきます。なんとなく雰囲気は分かるでしょう。




ロック映画 - livedoor Blog 共通テーマ

beerks880311 at 17:30|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!ロック | ひとりごと
プロフィール