2007年09月28日

東京事変/娯楽(バラエティ)

今週発売されたばっかりだし、しかもメジャー中のメジャーなので、おそらくかなりの数のブログに本作に関する記事が投稿されるはずだ。
それゆえ、書くからには「人と違った切り口」でいこうともくろみながら、今週ずっと本作を聴いてきたのだが、どうもうまいアイデアが浮かばない。
やはり思いついたことをそのまま書くしかないようだ。
結果として面白いと思っていただける内容になればウレシイな。

椎名林檎および東京事変の作品の中で『無罪モラトリアム』と『勝訴ストリップ』が好きだなどと口にした日には、熱心なファンからたちどころに「ミーハー」「俄かファン」のレッテルを貼られそうで、気がひけるのだが、ここは開き直らないと後の文章が続かないので、あらためて宣言する。

「『無罪モラトリアム』と『勝訴ストリップ』が最高だ!」

スッキリした・・・・。

おそらくこの2枚が日本のポピュラー音楽史上にその名を刻む大ヒットアルバムであることは疑う余地が無いものと思われるが、コスプレスタイルのPVなども含めたそのエキセントリックなプロモーションの路線に対して、はたして彼女の意向がどのくらい反映していたのかについては疑問がある。
この2つの作品は世間に「椎名林檎」の圧倒的な存在を印象付け、数多のフォロワーを生み出したが、その熱狂の渦に対して最も違和感を抱いていたのが、他ならぬ彼女自身であったような気がしてならない。そのためか『勝訴ストリップ』以降、その熱狂を避けるかのように、しばらくの間、沈黙することになったのではないだろうか。

更にその後に発表された作品(東京事変名義も含め)も、様々な趣向が施されてはいるものの、初期2作品に感じられるような力強さ(というか強引さ・猥雑さ)が意図的に押さえ込まれているような印象すら受ける。
確かに音だけを聞けば、そのゴージャスな印象から、莫大な予算が投入されているであろうことは容易に想像がつくが、そのことが「椎名林檎」の強烈な個性を浮き立たせる代わりに、却って作品全体に混み入った印象を与えてしまっているように思えたのだ。
判り易く表現すると、「オーケストラやジャズのビッグバンドをバックに歌うのは、もうお腹いっぱいです」という感じだったのだ。

そんなわけで、初期2作品至上主義のわたしとしては、椎名林檎(および東京事変)を聴くことにいささか「飽き」を感じていたのであるが、そういった状況の中発売されたのが本作である。
東京事変/娯楽発売前から過剰に喧伝されてはいたが、今作において彼女は作曲をしていない。いくつかの曲にいたっては作詞すらしていない。事前のプロモーションにおいてその情報があまりに強調されていたので、結果的に吉凶どちらに転んだのかについて確認せざるを得ない状況で本作を手にしたのだが、結論から言えば「吉」と出たと言ってよいだろう。

実際に、何曲かは確かに彼女の作品ではないなと思わせるものもあるが、全体的には「椎名林檎が作曲しました」と言われても違和感のないものが多い。無論、本作で作曲を担った東京事変のメンバーも、椎名林檎が歌うことを前提に作っているはずなので、違和感が無くても不思議ではないが、個人的には彼女のカバー作品(『唄ひ手冥利』)も大好きなので、正直彼女の作曲であるかどうかについて一切の拘りは無い。ただ、作曲を他人に任せたことがメロディーラインそのものよりも、サウンド全体の構成に影響したのであれば、効果があったというべきではないだろうか。

具体的には、バンド志向の音作りをした楽曲が多く、わたしの「飽き」の原因がやや解消されているのはうれしいところ。
欲を言えば、まだまだ音数が多く、ゴチャっとした印象が拭いきれていないので、「もっとシンプルに」「もっとストレート」にすることによって「椎名林檎を剥き出し」にしてほしいと思う。
ただ本作において、1曲だけ凡庸と思えるほどシンプルな構成の曲(「私生活」)があるのだが、個人的にはこの曲にこそ「剥き出しの椎名林檎」を感じ取ることができた。

別途、ちょっと不満なのがジャケットデザインだ。上に貼り付けたイメージの通り、東京事変のメンバーがまさしく「娯楽(バラエティー)番組」に出演している映像を切り取ったような図柄で、狙いは分かるような気がするのだが、意匠として雑な感じであまり好きになれない。(それとも、わたしにセンスが無いのだろうか・・・・。)

思い返してみれば、初期2作品が強く印象として残っているのは、わたしばかりではないようで、以前友人(女性)に「椎名林檎の歌が好きだ」というようなことを話した際に、「ケニーさんは椎名林檎に騙されてる!」と一喝されたことがあるのだが、その時は「そっかなぁ?」と思ったものの、後々になって考えてみると、これは初期2作品の印象が椎名林檎のイメージの固定化に繋がっていることを表すものとして実に興味深い出来事であったのではないかと考えるようになった。
その友人には大変失礼なのだけれども、つまり、椎名林檎に対して一種の「あざとさ」を感じ取り、同性として嫌悪せざるを得ないといった、ある意味ステレオタイプの反応を誘発した結果ではなかったのかと思うのだ。

最後に、わたしはカラオケで椎名林檎を歌うのが好きなのだが、当然のことながら周囲にはすこぶる評判が悪い。でも歌っている時はえもいわれぬ高揚感を感じることができるので迷惑承知で歌ってはいるが、次回作には、ぜひそのレパトリーに加えたくなるような「剥き出しの椎名林檎」が感じられる作品を期待している。いっそのこと「ハードコア」だったらうれしいな。

では本作より「OSCA」という曲をどうぞ。


東京事変/娯楽 - livedoor Blog 共通テーマ

beerks880311 at 23:46│Comments(8)TrackBack(1)clip!ロック 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 今週の一曲:椎名林檎  [ 人生はフライングV 〜音楽雑誌やフリーペーパーの発行情報と日記など〜 Life is FlyingV ]   2008年04月04日 21:14
椎名林檎/木綿のハンカチーフ <2002年> 誰が何と言おうと椎名林檎は・・・ バンド(東京事変)よりソロ。 ソロのアルバムなら1st 『無罪モラトリアム』。 そしてその1曲目の『正しい街』。 しかも究極はイントロ。 という僕なので、もはや楽器の一部となっ...

この記事へのコメント

1. Posted by ガチャピン   2007年09月29日 03:28
林檎作品はテレビやラジオ、街中で聴くといったくらいにしか触れたことのない僕なので、やはり林檎嬢のイメージとしてはケニーさんのおっしゃる「初期2作品」が頭をよぎります。
看護婦さんのコスプレとか(笑)。

僕の周りにもコアな林檎ファンがいて、「それは違う、林檎の本質はその後からだ」といった話をよく聞きます。

尖ってるから良いという訳ではないですが、確かにハードコア林檎は面白いかもですね^ ^
2. Posted by いもすけ山   2007年09月29日 07:38
自分も椎名林檎は初期2作品が好きです。事変は一応「教育」を聞くは聞いたのですが、なんか薄っぺらいもののように感じてしまいまして…「キラーチューン」が自分にとってのキラーチューンであれば即買いなんですけどね。難しいところです。
3. Posted by ケニー   2007年09月29日 17:04
>ガチャピンさん

いつもコメントありがとうございます。

たしかに林檎さん本人も、「プライベートでもコスプレしてるんじゃないかとかいった、初期のイメージが生み出した世間の反応には困った」旨、インタヴューで語っていますが、だからといってリスナーまでもが、そのようなイメージとは全く関係のない初期作品の優れた部分にまで目をつむってしまうのは、おかしいのでは?と思っています。
4. Posted by エイタ   2007年09月29日 17:11
椎名林檎すっごい良いですよね
でも、おいらの場合やはり「初期二作」
が全てでした。

事変も音はケニーさんの言う通りかなり豪華でいいんですが
林檎さんの書くわかりやすく、
なのにオリジナリティあふれるメロディが好きだったもので・・
5. Posted by ケニー   2007年09月29日 17:32
>いもすけ山さん

いつもコメントありがとうございます。

そうですね。『教育』も「群青日和」など「おっ」と思う曲もあるんですが、全体的には凝りすぎててかえって埋没したイメージになってしまってます。

今作『娯楽』については個人的には「キラーチューン」以外の曲の方が印象が良いです。
6. Posted by ケニー   2007年09月29日 17:46
>エイタさん

いつもコメントありがとうございます。

そうなんですよね。激しく濃密でありながらも効果的な「スキマ」がなければ印象には残り難いですよね。

東京事変も一流のミュージシャンの集まりなので、その辺は分かっていると思うのですが・・・・。
7. Posted by コハゲ   2008年04月04日 21:16
トラバ送らせていただきました。
いつか、カラオケで椎名林檎をご一緒しましょう(笑)。
8. Posted by ケニー   2008年04月05日 21:02
>コハゲさん

トラックバックありがとうございます。

コハゲさんも林檎がお好きなんではないかと思っておりましたw

そちらへお邪魔しますね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール