2008年04月27日

ひょうたん/給水塔

eastern youthのベーシストである二宮友和を中心に1992年に結成されたスリーピースバンド、それが“ひょうたん”であり、本作はなんと結成16年目にして発表された彼らの初のフルアルバムである。

給水塔当初、二宮(g, vo)の出身地である愛媛県宇和島市で中学時代からバンドを一緒にやっていた奥平厚志(b)との二人で、プログレ等の難解な音楽(This Heat、Primus、King Crimson等)のカヴァーを演奏していたが、その後、二宮宅に居候するようになったやはり同郷の林康雄(ds)が加入し、オリジナル曲も加えてライブ活動を行うようになっていった。

結成当初は、eastern youthの曲名に由来して“夏の日の午后”というバンド名で活動していたが、1995年に“ひょうたん”に改名している。
しかしながら、その活動は極めて地味なものであり、95年に5曲入りのデモ音源を録音した以外は、時折ライブを演ったりする程度に留まっており、実際に4年間(98〜02年)も活動を休止していた時期もあるぐらいだ。
それがようやく、二宮の「eastern youthという母体はありつつも、もっと音楽の中に身を置きたい」という気持ちの盛り上がりとともに、メンバーの個人的な事情との折り合いもついたことにより、2003年にシングル「宇宙の傍らで」をライブ会場での無料配布という形で発表、翌2004年にミニアルバム『ひょうたん』を発表し、徐々にその活動を活発化させ、今回ようやく初のフルアルバムの発表に至ったわけだ。

本作は、シャンソンシゲル(Gellers)のイラストによる鳥獣戯画のようなユーモラスなジャケットが印象的だが、中身の方もこのジャケットのように、なんとも可愛くて不思議な音世界が繰り広げられている。
具体的には、eastern youthの吉野からの影響が顕著な歌詞が、朴訥な二宮の声で歌われることにより、楽曲に丸くて暖かい印象を与えている一方で、プログレッシブ且つスリリングなバンドアンサンブルが、不思議且つ浮遊感漂う独特な世界観を作品全体にもたらしている。

そして何と言っても“ひょうたん”の最大の売りは、二宮のギタープレーだと言ってよいだろう。eastern youthでの超絶的なベースを聴けば、「この人は一体どんなギターを弾くのだろう?」という興味を禁じ得ないのも人情というものだが、実際、二宮がeastern youthに加入するまではギタリストだったというのは、古くからのeastern youthファンなら周知の事実だ。(工事現場のアルバイトで二宮と一緒になった吉野が、「ギターを弾けるならベースも弾けるよね?」と二宮をバンドに誘ったらしい。)

本作における二宮のギターはそれこそ“千変万化”だ。本人も「手癖だけで弾くのはやりたくなくて、先にフレーズをイメージしたものを弾く」と語っているように、ロックギターにありがちなギタリストエゴを微塵も感じさせずに、その曲のバンドアンサンブルの中で要求されるギターサウンドの実現に懸命に心を砕いた結果が、“千変万化”との印象に繋がっているのではないだろうか。実際に、easternっぽいものもあれば、オルタナ風あり、プログレ風あり、中にはJeff Beck?みたいなのもあって、聴いていて楽しいことこのうえない。無論、極めて技巧的なプレーも其処彼処に散りばめられているものの、必然性を伴った厭味の無いものとなっているのは言うまでもない。

本作が発売されて2ヶ月以上経つが、いったいどのくらいの枚数が売れたのだろう。もちろんメジャーレーベルからの発売ではないのだが、少なくとも、ひょうたんの活動を継続するためのモチべーションを失わない程度には売れて欲しいと切に願う。


※“ひょうたん”に興味を持たれた方は、彼らの公式HPをご覧ください。本作に収録された「陰りなき日常」という曲のライブ映像や最初のシングルである「宇宙の傍らで」を聴くことができます。

beerks880311 at 23:59│Comments(6)TrackBack(0)clip!ロック 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by かおもじ   2008年04月29日 19:40
ほぅほぅ…プログレとNWの邂逅は興味深いですな。GWに聞いてみたいものが溜まり続ける一方です(^_^;)
2. Posted by ケニー   2008年04月30日 01:15
>かおもじさん

コメントありがとうございます。

手作り感溢れるとっても不思議な感じのバンドですよ。派手さはないですが、しみじみと伝わってくる感じです。
3. Posted by コハゲ   2008年05月01日 20:51
イースタンの二宮氏が別バンドをやっていたとは初めて知りました。
しかしこのバンド名にアルバム名にアートワーク(笑)。
朴訥な感じがそのまま出ていますね。

サウンドは意外と隙間が多い音で、元祖USオルタナぽくてビックリです。
さらにあの屈強な身体に、小さな赤いムスタングとはこれまた。。。
4. Posted by    2008年05月02日 19:09
はじめまして☆

ロカビリーさんのところから参りました (^O^)


初めて聞いたバンド名ですが、何となく惹かれるものがあるので聴いてみたいです☆
5. Posted by ケニー   2008年05月02日 21:48
>コハゲさん

コメントありがとうございます。

そうですねぇ。朴訥というかほのぼのを絵に書いたようですね。

でも、ギターフレーズは結構凝っているんですよ。ギターまでほのぼのしてしまうとたぶんすぐ飽きちゃうと思うのですが、変則的なので、そこが面白くてなんとなく楽しめてしまう不思議な音楽です。
6. Posted by ケニー   2008年05月02日 21:53
>梨さん

はじめまして。コメントありがとうございます。ロカビリーさんのところではよくお見かけしますね。

ちょっとマニアックな作品ですけど、インスピレーションは大事ですので、きっとお楽しみいただけると思いますよ!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール