その他の料理

2008年05月05日

ナチュラーレ・ボーノ@藤が丘

地物の野菜にこだわっているお店で、地元の農家と提携し、四季を通じて延べ100種類以上にも及ぶ無・低農薬の季節の野菜を料理に取り入れているそうです。
そんなわけで、野菜を使った料理が名物となっているようですので、注文してみました。

「とれたて横浜野菜たっぷりのバーニャカウダ」
バーニャカウダ











“バーニャカウダ”というのは、イタリアはピエモンテ州の家庭料理で、アンチョビペーストとオリーブオイル等を熱した鍋に、チーズフォンデュのように“野菜”を浸して食べる料理です。野菜の種類も豊富で楽しいですし、何より、アンチョビの塩辛さが野菜の甘さを引きたてて、ずっと食べていられそうです。

「シラスとモッツァレラのピッツァ」
シラスとモッツァレラのピッツァ











この店の石窯を使って焼く人気メニューのようです。ちょうどシラスも旬ですし注文してみました。モッツァレラチーズを使っていることもあり、塩分を抑えたあっさりした味です。シラスの香りを活かそうとの意図かもしれません。個人的にはゴルゴンゾーラでも面白いかなと思います。

「ブッタネスカ・リングイネ(オリーブ・にんにく・トマトの娼婦風パスタ)」
ブッタネスカ・リングイネ











“娼婦風”という表現に反して、非常に穏やかなあっさりした味です。稲庭うどんのような平打ちの麺の食感が面白いです。

「舌平目とポテトのオーブン焼ジェノベーゼ風味」
舌平目とポテトのオリーブ焼ジェノベーゼ風味











これまた、塩味控え目であっさりした味です。舌平目よりじゃがいもの美味しさの方が印象に残りました。

「ジェラート(手前が“北海道かぼちゃ”、奥が“ロイヤルミルクティー”)」
ジェラート2種












以上、バーニャカウダを除けば、全体的に非常にあっさりとした印象です。たまに沸き起こる“イタメシ食べたい欲求”を充足させるには、やや物足りない感じもしますが、反対に頻繁に食べても飽きが来ないのかもしれません。何より体に優しそうです。

beerks880311 at 23:59|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2008年03月30日

東北名物を食べつくせ!

休暇を利用して東北(山形・秋田・岩手)へ旅行してきました。
題して『東北名物を食べつくせ!』

※写真をクリックすると拡大します。

まずは山形県米沢で“米沢牛”
「米沢牛の刺身」           「特選サーロインステーキ(200g)」
牛刺しサーロインステーキ






「米沢牛特選ロース網焼き」
ロース焼肉ロース焼肉






次に秋田へ移動
「ギバサ」
ギバサアカモクという海藻を細かく叩き、粘りが出たものを酢醤油で食べます。





「だだみ(鱈の白子)の天ぷら」    「はたはた寿し」
だだみ天ぷらはたはた寿し






「きりたんぽ鍋」
きりたんぽ鍋(秋田 きりたんぽ鍋(秋田◆






「だだみ(鱈の白子)の刺身」     「はたはたの塩焼き」
だだみ刺身はたはた塩焼き






「いぶりがっこ」
いぶりがっこ“がっこ”とは秋田弁で漬物のことですが、“いぶりがっこ”は燻した漬物という意味で、つまりタクアンの燻製です。秋田の代表的な郷土料理。



続いて角館へ
「比内地鶏の親子丼」         「稲庭うどん(ざる)」
親子丼(角館)稲庭うどん(ざる)






「無限堂の稲庭うどん(温)」     「無限堂の稲庭うどん(冷)」
稲庭うどん(温)稲庭うどん(冷)






再び秋田へ戻りました
「カワハギの刺身」           「はたはたの昆布〆」
カワハギ刺身ハタハタ昆布〆






「塩魚汁(しょっつる)鍋」
塩魚汁鍋(調理前)塩魚汁鍋(完成)






そして、やはり秋田でもラーメン
でもなぜか京都の新福菜館で修行した『末廣ラーメン本舗』というお店
「中華そば」               「あさり醤油ラーメン」
中華そばあさり醤油ラーメン






比内地鶏の本場、大館へ
「比内地鶏の焼鳥(ねぎまと砂肝)」  「レバー」
ねぎま&砂肝レバー






「皮(胸肉付き)」         「つくね(半熟玉子と絡めて食べます)」
皮(胸肉)つくね






「手羽先」                 「親子丼」
手羽先親子丼(大館)






更に十和田湖近くの大湯温泉へ
「たんぽの味噌焼き」          「春の山菜天ぷら」
たんぽ味噌焼き春の山菜天ぷら






「温泉せいろ蒸し」
温泉蒸篭むし秋田鹿角産の和牛と八幡平ポークを温泉の蒸気で蒸したものです。





ふたたび「きりたんぽ鍋」
きりたんぽ鍋(大湯温泉)






最後は盛岡へ
「ぴょんぴょん舎の盛岡冷麺」
盛岡冷麺






お土産のお菓子です
「秋田銘菓“金萬”」
金萬カステラの生地の中に白餡が詰まっています。





「岩手(大船渡)銘菓“黄金かもめの玉子”」
かもめの玉子かもめの玉子











帰ったら体重が3kg増えてましたw


東北旅行 - livedoor Blog 共通テーマ

beerks880311 at 02:59|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!

2007年09月06日

ロイヤルパークホテル「ロイヤルデリカ」の『パリブレスト』

以前から、美味しそうなのでいっぺん食べてみたいと思っていたのですが、箱崎のロイヤルパークホテルのデリカテッセン(惣菜屋ですね。)「ロイヤルデリカ」で『パリブレスト』というお菓子を買ってきました。

パリブレスト全景











ドーナッツ状のシュー生地が、各種フルーツとカスタード、生クリームを上下から挟んでいます。直径が20冂あり、大きく見えますが、これで1,575円とお得感満載です。

パリブレスト












味の方は、大変上品な甘さで、シューの香ばしさとのコントラストが楽しいです。
「パリブレスト」という名前は、なんでもパリとブレストの間で行われる自転車レースに因んでいて、それで車輪の形をしているそうです。

まぁ、言っちゃあなんですけど「でっかいシュークリーム」です。
見た目を裏切らない美味しさですよ。

パリブレスト - livedoor Blog 共通テーマ

beerks880311 at 23:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年08月24日

横濱茶花咲@横浜中華街

横浜中華街で中華以外の料理を食べるのは初めてですが、美味しい韓国料理が食べたいといろいろと調べていたところ、たまたま中華街にあるこの店に辿り着きました。

店名は「横濱茶花咲(ちゃっかしょう)」といい、昨年5月にオープンした韓国の『宮廷料理』を提供しているお店です。
韓国の宮廷料理とは、古代中国の陰陽5行説に基づく5味〈甘味、辛味、酸味、苦味、塩味〉5色〈赤、青(緑)、黄、白、黒〉と、5法〈焼く、煮る、蒸す、炒める、生〉の料理方法も取り入れたバランスのよい『薬食同源』の料理です。

この店のママは、韓国の宮廷料理の第一人者で人間国宝の故黄慧性さんが運営するソウルの「宮中飲食研究所」で、その伝統的な調理法などを学んだとのことです。夜のコース料理は3日前に要予約なのですが、つまりは3日間かけて料理を作るということらしいです。

今回は宮廷料理だけではなく家庭料理も味わってみたいということで、「宮廷料理と家庭料理コース8800円」をお願いしました。

「キムチとナムルの盛合せ7品」
.ムチとナムルの盛合せ7品上記の5味がそのまま表現されたとても自然な感じの前菜です。





「車海老の冷製」
⊆岾は靴領篝細かく切られた海老とパイナップル?がとてもあっさりしたタルタルみたいなソースで和えてあります。大変爽やかな味です。フランス料理として出されても違和感がないものです。

「大根の水キムチ」
B膾の水キムチ本来コースに入っていないのですが、今日はサービスとのことです。





「筍とアスパラの煮物」
ゼ冓基本的に和食に近いものです。韓国の食文化との相似点を感じさせます。




「九節板(クジョルパン)」
ざ綫疊Χ綫疊張▲奪





とてもきれいな盛り付けで、まさしく「宮廷料理」のイメージです。「チャングムの誓い」でこんな感じの料理が登場したような気がしないでもないです。韓国ではお祝い事に供されるとのことで、一見精進料理のような素朴な感じがしますが、上記の「5味・5色・5法」が施され、しっかりとコクのあるお味です。写真のようにお好みの食材を小麦粉で作った皮(結構厚みがあってお餅のようです)で包み、ミルクのような白いタレをかけて食べます。最も気に入りました。

「金目鯛の煮付け」
Ф睫楝笋亮冑佞これも和食に近いものです。金目鯛そのものも非常に良い状態で、美味しかったです。




「キムチチゲ」
┘ムチチゲキムチチゲアップ





左の写真は鍋を火にかける前の状態で、右が小椀に取り分けたものです。キムチと豚肉、野菜を入れた以外に一切味付けをしていないとのことで、大変穏やかな滋味深いものでした。「キムチチゲ」のイメージが一新されます。

「チヂミ」
チヂミ韓国料理店に行くと必ずチヂミをオーダーしますが、さすがにこの店のものは美味いです。




「韓国風牛ステーキ」
韓国風牛ステーキいわゆる「焼肉」ではないそうです。タレに長時間漬け込んだと思われ大変濃厚な味です。他の料理はあっさりしたものが多いですが、この品は大変濃厚でした。付け合せはニンニクと酢の物です。

「薬飯(ヤッパン、ヤッパプ)」
薬飯いわゆる「おこわ」なのですが、甘く煮たサツマイモ?の角切りとシナモンがまぶされています。日本には無い料理でしょう。以前台湾でお米で作ったお菓子を食べたことがありますが、これと近い味でした。

「干し鱈のスープ」
干し鱈のスープ日本の「棒鱈」のように、硬く干した鱈は韓国でも伝統的な食材とのことです。鱈のコリコリとした食感も楽しいですが、ほっとする優しい味のスープです。


「デザート」
デザートアプリコットのケーキと梨です。写真の通り「手作り感」が溢れています。




全体的に「穏やかで優しい」ものが多く、いわゆる日本における韓国料理のイメージとは相反するものです。韓国には行ったことがないのでわかりませんが、かの国でも家庭料理・体に良い料理というのはこういうものなのかもしれません。

韓国料理 - livedoor Blog 共通テーマ

beerks880311 at 23:59|PermalinkComments(7)TrackBack(1)clip!

2007年08月08日

キッチン ひらやま亭@生麦

テレビ東京「テレビチャンピオン洋食王(洋食職人)選手権」で優勝したオーナーシェフのお店ということで、以前からいっぺんは行っておかねばとは思っておりましたが、行こう行こうと思っているうちに、店舗建替え工事が始まってしまい、おあずけ状態となっておりました。

ようやく先月にリニューアルオープンとなったため、本日ランチを食べてきたわけです。
キッチンひらやま亭















実際、ネットでいろいろなクチコミを見ると、賛否がクッキリと分かれており、「どんなもんだろう」と思いながらもこの店で最も人気のメニューと思われる「ビーフシチュー」を注文いたしました。
ビーフシチュー










付け合せにポテトフライとナポリタンスパゲティーがあるように、見た目としてはかなりベタないかにも「洋食」といった風情です。お肉も大変柔らかく、フォークを刺そうとした途端にくずれてしまうほどです。味の方も頭の中で思い描いた通りの「ビーフシチュー(デミグラソース)」といった味で、びっくりするほどのことはないものの、期待には沿うものでした。

この内容で1,800円という価格設定が妥当なのかどうかについては、やはり意見の分かれるところではないでしょうか。
次は他のメニューを試してみようと思います。

洋食 - livedoor Blog 共通テーマ

beerks880311 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年08月06日

インド料理 ラニ@港北ニュータウン

昨日の日曜日は港北ニュータウン(横浜市)にあるインド料理店「Raani(ラニ)」に行ってきました。

この店は、インドにあるタージパレスというホテルで、インド初代首相のネール氏を代表とする要人に料理を出す「VIP担当シェフ」を務めていたという経歴を持つオーナーシェフの店です。

「インド家庭料理」をテーマに、冷凍された肉は一切使わず、野菜も家庭菜園で育てた無農薬のものを使用し、料理に使うカッテージチーズやヨーグルトも手作りというこだわりの店です。

はじめに感想を言ってしまいますと、こんなにあっさりしたインド料理は初めて食べました(辛くないという意味ではありません。辛い料理はしっかり辛いです)。これまでに経験したインド料理は、美味しくてもお腹一杯食べるとしばらくは胃がもたれる感じでしたが、ここでは全くそういうことがなく、むしろもっと食べられると思ったほどです。

当然インドの人たちは毎日のように食べているのでしょうから、もしかすると本来のインド家庭料理とはこのように意外にあっさりしたものなのかもしれません。ただ「あっさり」しているということは一方で、「今日はカレーが喰いたい」という時折訪れるどうしようもない欲望を十分に満たすものではありません。
そういった意味では非常に新鮮な経験でした。

あと、上記の店名のリンク先のHPにも書いてありますが、インド料理にはつきものと思われていた「サフランライス」というのはインドには無いそうです。この店のシェフが来日した際に、日本のインド料理店のほとんどでサフランライスを出しているのが不思議で仕方なかったそうです。

「パンジャビキーマカレー(鶏肉入り挽き肉の辛口カレー)」
パンジャビキーマカレー辛口なだけあってしっかりと辛いですが、非常に食べやすいです。





「シャーヒパニール(インドのカッテージチーズ入りトマトベースのカレー)」
シャーヒパニールわたしはこのカッテージチーズの入ったホウレン草のカレーが大好きなのですが、いつもこればっかり食べているので、今日はトマトベースにしてみました。甘口ですが本日の3品の中では最も濃厚でした。

「シーフードカレー(海老とカジキマグロのココナッツ風味のカレー)」
シーフードカレーココナッツはミルク状のものではなく、実を削ったものがたっぷり入っています。3品の中では最もあっさりしており、ナンやライスにつけて食べるには物足りないです。そのままスープのように食べるのが正解です。

「ナン(タンドール釜で焼いたインドパン)」
ナンこれまでに食べたナンの中では最も「モッチリ」していました。美味しいです。




「チャイ(インドのミルク紅茶)」
チャイ「マサラチャイ(香辛料の入ったインド紅茶)」ではないので普通の紅茶でした。わたしは普段紅茶には砂糖は入れないのですが、インド料理の食後の紅茶だけはたっぷり砂糖を入れて飲みます。

インド料理 - livedoor Blog 共通テーマ

beerks880311 at 23:59|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2007年07月31日

純手打蕎麦・旬菜処 ささくら@軽井沢

この前の投稿(エルミタージュ ドゥ タムラ)の通り、昨日は軽井沢に居りました。「軽井沢」と言えばやはり「蕎麦」だろう?ということで、やはり調べに調べた結果、最も評判の良さそうなこの店にしました。

ささくらのざるそば昨今の「そば」事情ついて、チェーン店間の激戦による価格の低減化と趣味・嗜好品の領域に突入した感のある高級品としての蕎麦との二極化が顕著になってきたなぁという感想を持っていましたが、どうやら信州の多くのそば店はそのような状況を憂いているのか、そんなに高くない値段できちんとしたものを提供したいとのコンセプトで共通しているような印象を受けます。

この店も「ざるそば714円」でありながら、石臼でそば粉を挽いた純手打ちで且つ量も多く(写真は大盛り914円です)、コシもあって味の方も申し分ないものでした(そばつゆには隠し味にワインビネガーが使われているそうな)。

昨今1,000円を超すそば(量も少ない)が珍しくない中、そばが庶民のものであった時代の原点を忘れない良心的なお店であると思います。

蕎麦 - livedoor Blog 共通テーマ

beerks880311 at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年07月30日

エルミタージュ ドゥ タムラ メルシャン美術館店@軽井沢

お盆は休み無しで仕事なので早めの夏休みを取り、本日豪雨降りしきる中、日帰りで軽井沢に行って参りました。

軽井沢でもとにかく美味しいものが食べたいということで、いろいろと調べ上げた結果、軽井沢で最も有名らしいフランス料理店「エルミタージュ ドゥ タムラ」のメルシャン軽井沢美術館の中にある支店でランチを食べてきました。

ランチと言えども、この店にはおまかせのコースしかなく(なのでメニューもありません)、わたしの普段の昼食にはあるまじき「5,250円(税・サ込み)」という値段設定となっているため、おのずと鼻息荒くして料理に向かいました。
(なお、この店にはコース料理のメニューカードのようなものも無いので、以下の料理の名前はわたしが勝手につけたものです。)

「とうもろこしのスフレ」
とうもろこしのスフレふわふわのムース状になったとうもろこしに下にエビがあります。とうもろこしの甘さが気持ち良いです。




「13種の野菜のサラダ」
13種の野菜のサラダすべての野菜について別々の味付けをしてあるそうです。正直味の違いは判りませんでしたが、食べたことも聞いたことも無い野菜達は大変美味しかったです。


「カッペリーニのウニ添えガスパチョソース」
カッペリーニのウニ添えガスパチョソース冷麺のような非常にコシのある麺とガスパチョ(=トマトの冷製スープ)の相性が抜群です。一見ウニが主役のようですが、ウニの味が調味料のように機能しており、このコースの中では最も気に入りました。

「鮎のパラフィート包み揚げ」
鮎のパラフィート包み揚げ鮎は頭から尻尾までとても柔らかく、胡瓜を使った爽やかな酸味のあるソースとの相性は素晴らしいです。でも鮎は塩焼きの方が好きかも。


「甘鯛のうろこ焼き花ズッキーニ添え」
グリルされた甘鯛にクリーム系のソースとくればまずかろうはずがありません。花ズッキーニというのは珍しいらしく安くはないそうです。



「仔牛のバラ肉煮込み」
仔牛のバラ肉煮込み本日のコースの中ではある意味最も驚きの無い料理。裏返せば王道のフレンチ。




「クリームチーズのブルーベリーソース」
クリームチーズのブルーベリーソース下のガラスの器にはドライアイスが入っており、サーブされた時にはモクモクと煙が出ていたのですが、写真には間に合いませんでした。結構酸っぱいもので、口直しの意味が強いのでしょう。

「マンゴーのムースとパッションフルーツのジュレ」
マンゴーのムースの下にはマンゴーの果肉が敷詰めてあります。ジュレが最も甘く残りのパーツは甘さ控えめです。上品なデザートでした。


以上、ランチに5,250円とはちとやり過ぎかと思っていましたが、ヘタなディナーよりも美味しく大変満足できました。味の内容からすればこの値段は決して高くはないのかもしれません。

フランス料理 - livedoor Blog 共通テーマ

beerks880311 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年07月21日

とんかつ専門店 丸五@秋葉原

ラーメン・中華料理以外でも、美味しいものを食べたらどんどんアップしていきたいと思います。

さて、最初は秋葉原の「とんかつ専門店 丸五」です。
先週の中華料理では行ったことのない店にチャレンジしましたので、今日は安心して間違いなく美味いもの食べたいと思い、わたしが最も好きなとんかつ屋さんであるこの店にしました。
丸五入口











わたしはとんかつはヒレより「ロース」と決めていますので、当然ここでも「特ロースかつ」を定食セットでいただきました。
特ロースかつ定食全景











特ロースかつアップ











アップ画像で肉汁が滴っているのが判りますでしょうか?
こんなにブ厚いのにすごく柔らかく、あまり噛んでいないのに口の中からとんかつさんがいなくなってしまいます。衣もパリっとしていて溢れる肉汁とともに口の中で踊ります。

とんかつが美味いのはもちろんのこと、「丸五」の良いところはとんかつ以外の部分も文句のつけようがないところです。
ソースもうまい。ご飯もうまい。赤だしもうまい。キャベツもうまい。ドレッシングもうまい。漬物もうまい。梅干もうまい。ついでにお茶までうまい。お店の方もみな親切。
お店がちょっと狭いことを除けば完璧といっていい、まさしく『名店』です。

褒め過ぎにつきご容赦のほど。

とんかつ - livedoor Blog 共通テーマ

beerks880311 at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
プロフィール