2014年04月19日

3時〜オープン

本日、4月19(土)、3時〜パブオープンしてます!
いつもよりゆったりと、お楽しみ頂けます!
ご予約も承りますよ!
ご連絡・ご来店お待ちしております!
1454610_545101205570300_984172868_n
































beerskdachi at 14:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月18日

GWメニュー

2014GWメニュー 予告用































ゴールデンウィークも、もうそこまで来ていますね!!
ポパイは、連休中も元気に営業しますよ!(定休日の日曜日は、お休みです)

来週21日月曜日からGWスペシャルメニューが登場します!!

ビアスタイルうんちくBOOKが付いている、スペシャルビアセットや
忙しいあなたの為に、現地に行った気になる資料付きのビールセットもご用意しました!
そして、なんと言ってもGWは、これ!年に一度しか登場しない50プラー!も登場です!
混雑時は、なるべく頼まないでくださいね。。。(ToT)/~~~
。。。(~_~;)

そして、GWだけのスペシャルお料理とビールのマッチングなど!盛りだくさんです!!
ご予約も、まだ余裕がありますので、お早めにご連絡くださいね!



beerskdachi at 15:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月17日

つづれおんLIVE

フライヤー














































何度か、お知らせしていますが、フライヤー完成致しましたので、再度お知らせ致します!
5月8日(木)いつも、イベントでお世話になっている、つぼけんさんのLIVEが決定いたしました。
18時30分〜、19時30〜、20時30分〜と3回に分けて公演を行う予定です!
当日は、ピアノの呉服(くれは)さんと『つづれおん』と言うデュオで演奏して頂きます!!

チップ制です!

ご予約いただかなくてもお席が空いていればご入場頂けますが、ご予約頂ければ見やすいお席押さえておきます!

とても素敵な夜になる事間違いないです!
ご予約お待ちしております!


そして、本日の新入荷樽は、こちら!
・ヴィクトリー ヘッドウォーターズペールエール
・いわて蔵ビール 山椒エール

開栓します!
お楽しみに〜(#^.^#)

beerskdachi at 15:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月11日

新樽入荷情報!


新樽入荷情報です!

今日は、ベアードの季節限定ビール2種開栓します!

アングリーボーイ ブラウンラガー

アルコール度数: 7.0%
 初期比重:15.5 最終比重:2.7
 苦み (IBU):45 色(SRM):20
 水:クリーンな軟水( 地域の源泉水)
麦芽:フロアモルテッドマリスオッター、ウィート、キャラメル非麦芽:ローストウィート糖類:国産黒糖、氷砂糖
ホップ:生ホップ(ペレットや抽出物不使用)-
各種酵母:ハウスラガー酵母(北米)

ブライアンの醸造ノート
定番のアングリーボーイブラウンエールがラガーになった。
ラガー酵母は、エール酵母とは違う性質を持ち、低温で発酵し、よりクリーンで丸みのあるフレーバーを生み出す。是非ブラウンエールと一緒に飲み比べて欲しい。違いがわかりますか?(ベアードビール公式HPより)

『四姉妹スプリングボック』

スペック
アルコール度数: 7.0%
初期比重:16.8
最終比重:3.5
苦み (IBU):40
色(SRM):6

原材料
水:クリーンな軟水( 地域の源泉水)
麦芽:フロアモルテッドピルス、サワー、ウィート、キャラメルウィート
非麦芽:国産小麦
糖類:国産氷砂糖
ホップ:ホールフラワーコーン(生ホップ:すべてドイツ産マグナム、パール、ハースブルッカー)
酵母:ハウスラガー酵母(北米)

ブライアンの醸造ノート
四姉妹スプリングボックは、2004 年にベアード家に4番目の娘が生まれ、
姉妹の特別な絆を祝い、それを記念して造られた。
ベアード四姉妹(Savannah, Ash, Lexington, Sommer)は、
幼い頃ほとんどフィッシュマーケットタップルームや併設されていたブルワリーで育ったようなもので、
このビールの名前は、まさにぴったりだろう。
(幼い頃、タップルームの中を走り回っている姉妹を、覚えているファンもきっと多いに違いない)
四姉妹スプリングボックは、ドイツのマイボック(ユニークなゴールデンカラーのボックで、歴史的に5 月にリリースされる)
の精神を継承し醸造された。現代では一般的にボックといえばミュンヘンの街を連想させるが、
しかしこの四姉妹のイメージは、それ以前の13 世紀初頭にアインベックという街で造られていたスタイルだ。
モルトの配分は、小麦1/3、大麦2/3 を使用して造られていたため、爽快で飲み飽きず、
パンのような風味が特徴的であった。
四姉妹スプリングボックには原材料の25%に小麦が使用されている。
爽快、健康的、このビールのフレーバーを表現する時に、この2 文字が思い浮かぶだろう。

以下、本日のビールメニューです!
http://www.lares.dti.ne.jp/~ppy/todaysbeer.files/tdbepdf/toda.pdf
http://www.lares.dti.ne.jp/~ppy/todaysbeer.files/tdbepdf/todb.pdf


beerskdachi at 15:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月10日

東京ビアウィークオープニングイベント

Drawing1




























 

 

 

★東京ビアウィークオープニングイベント開催決定!!★★★

東京ビアウィークとは、4月13日から一週間、都内のビアパブやレストラン、カフェ等で、その店独自の色々なイベントが開催されるというイベントです。
ここまで大々的に開催されるのは、日本では初の試みです!

そのオープニングイベントを4月13日(日)ポパイで開催いたします!
ポパイで定番になっている醸造所の社長さんや、ブルワーさんが一堂に会し、会場を盛り上げてくれます!
皆さんも、是非ご参加頂いて、一緒に日本のクラフトビール業界を盛り上げましょう!!

当日は、ポパイのビール飲み放題!
主催の方々による、CASKの開栓式や、セルフハンドポンプをご用意致しますので、サービング体験もできます!そして、ポパイのCASKフェスでも会場を盛り上げて頂いた、『a Drop on good beer』のみなさんによる生演奏などがお楽しみ頂けます!
皆さまお誘い合わせのうえ是非ご参加ください!


時間は、15時〜18時です。(LO17:45)
システムは、¥4,000でポパイのビールを飲めるだけお飲み頂いてかまいせん!
※フードは、当日別途チケットをお買い求め頂いて、ご注文ください。

ご連絡は、beerclubpopeye.kido@gmail.com まで。
ご連絡お待ちしております!

チケット、残り少なくなってまいりました!
お早めにご連絡ください!



beerskdachi at 16:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月08日

新樽入荷情報!

新樽入荷情報です!

伊勢角屋麦酒の季節限ビール開栓します!

「春一番」です!

【春一番】とは、立春から春分の間に、その年に初めて吹く南寄りの強い風です。その【春一番】が吹けば、春がやってきます。そんな【春一番】は、新緑の初々しさをイメージし、翌日には冬型に変わる様に、飲んだイメージをガラッと変わるようにしました。
この【春一番】は、ラガーのスッキリ喉越しと、エールの香り高さを兼ね備えたビールとなりました。

☆こだわり
高温発酵させたコモンをベースに、春の新緑を感じていただこうと、薫り高い柑橘の強いシトラを HOP TEA の技法でドライホップしました。HOP TEA にすることで、シトラのトゲトゲした感は無くなり、柑橘ではなく grassy(草っぽい)感で春を表しました。


☆コモンの特徴
口に放-り込むと、炭酸のピリピリ感が口に広がって新芽の初々しさを感じます。炭酸の中からホップのgrassyな草っぽいさが顔を覗かせてスーッと消え、麦芽の柔らかな甘みと風味が口の中に広がります。
アルコール感もあまり感じず、ラガー特有のスッキリとした味わいで、やさしく程良い苦味と飲みやすいビールに仕上がりました。(伊勢角屋麦酒商品説明より抜粋)


そして、シアトルから、ポパイ初登場のブルワリーです!

「スクーナーエグザクト」

帆船スクーナー・エグザクトは1851年、シアトルの開拓者とされるデニー部隊を乗せ、ピュージェット湾に入港した。 彼らは上陸し、やがて現在のシアトルのパイオニア・スクエアに当たる土地に定住したと言われる。

150年以上の歳月を経た2007年、パシフィック・ノースウェスト産まれのヘザー&マット・マックラン夫妻はその勇敢な船から名を受け継ぎ、スクーナー・エグザクト・ブルワリーを創設した。設立日は夫妻の結婚記念日でもあるという。 マックラン夫妻は地元のマイクロ・ブルワリー界の発展にも積極的に貢献しており、ヘザーは現在ワシントン州ブルワーズ協会の理事を務める。
スクーナー・エグザクトのビールは緻密で雑味がなく、特徴的だ。彼らが生み出すビールはバッチ毎に完璧なのである。ビール造りを本職とする以前、マットは化学の教師であったと聞き合点がいく。 派手さよりはむしろ飲みやすさを重んじるその手法はあくまでも伝統的で、アルコール度数、苦味ともによい塩梅だ。マットはサワーと樽熟成ビアにも果敢に挑戦中で、すでに地元では有名である。

質への妥協はスクーナー・エグザクトとは無関係だ。工場設備は常に最高の状態で見事に清潔に保たれている。マットが造るビールは、変わらぬ品質の真価がわかる日本の消費者にぴったりなのだ。

そんな、スクーナーエグザクトのペールエールとブラウンエール開栓します!

そして、大人気のローグブラックラガー久々入荷しております!
お楽しみに〜(^O^)!



本日のビールメニューA面
http://www.lares.dti.ne.jp/~ppy/todaysbeer.files/tdbepdf/toda.pdf
本日のビールメニューB面
http://www.lares.dti.ne.jp/~ppy/todaysbeer.files/tdbepdf/todb.pdf



beerskdachi at 15:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月31日

新樽入荷情報!

昨日のグラゼントールン樽4種同時開栓イベントのビール解禁です!
・ヤンドゥリヒトゥ インペリアルホワイト
・ゾン デルポメール   
・オンディネク トリペル
・ウィンタースコッチ
4種お試しセットもご用意しております!...
是非ご賞味ください!

お楽しみに〜!

そして本日のビールメニューは、こちら!
↓↓↓↓↓↓
本日のビールメニューA面
http://www.lares.dti.ne.jp/~ppy/todaysbeer.files/tdbepdf/toda.pdf

本日のビールメニューB面
http://www.lares.dti.ne.jp/~ppy/todaysbeer.files/tdbepdf/todb.pdf
もっと見る


beerskdachi at 15:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月26日

チケット好評発売中!!

新樽入荷情報!

今日は、伊勢角屋麦酒の新しい季節限定ビール開栓します!

伊勢角屋麦酒 『ビター』

☆きっかけ
今回は、ドリンカビリティ(飲み飽きない・何倍でも飲める)なビール、一昨年 伊勢角屋麦酒にて伊勢角屋一門が集結し造った【ビター】を再び造りました。
イギリスのパブで親しまれているビタービールを、伊勢角屋麦酒らしくアレンジして醸造しました。
エールビール発祥の地イギリスに根付いているビターは、イギリスではエイルと呼ばれ親しまれており、パブでビールと言うと(エイル=ビタービール)が出てくるほどです。
名前からは苦い味を想像されると思いますが、苦味をあまり感じない飲みやすい味わいです。
※伊勢角一門とは、伊勢角に研修にみえた方々です。特に、登別ビール・柴田さん(北海道)、城山ブルワリー・倉掛智之さん(鹿児島)は年に一度、伊勢角屋麦酒に集結されテーマを決め仕込んでいて、今では【伊勢角の会】と称し、他社のブルワー達が集まり意見交換しております。
☆こだわり
このビールを醸造するにあたってのこだわりは、一番麦汁のみを使用して、雑味のない味に仕上げたところです。
そして、すんなり喉の奥に入り、ドリンカビリティな飲み飽きないビールをめざしました。
☆ビターの特徴
まろやかな香りがあり、程良くやさしい苦みとモルトの甘みが感じられます。
雑味が少なく、飽きのこない味わいで、落ち着いてゆっくりと楽しんでいただけるビールです。


本日開栓です!お楽しみに〜!!




そして!いよいよ今週末に迫ってまいりました!大阪の大月酒店さんとのイベント!
チケット好評発売中です!
フライヤー














































グラゼントールン醸造所の樽が初めて日本に輸入されると言う事で、デビューパーティーを開催いたします!
しかも、4本同時開栓です!
大月酒店の沖氏による、モダンスタイルとクラシックスタイルの比較セミナーもあります。

日時 3月30日(日曜日) セミナー13時〜15時 セッションパーティー15時15分〜17時
料金 ¥4000(セミナー:グラゼントールン4種と比較対象ビール4種 セッションパーティー:ドリンクチケット2枚&オードブルプレート1皿付き)※セッションパーティーのみ参加チケットも¥2,000で販売中です。
※追加チケット:1枚¥600 
※オードブルプレート以外にも、お料理をご用意する予定です。チケットをお買い求め頂き、時間内でお好きなだけお召し上がり頂けます。
予約 要予約
連絡先 03−3633−2120 MAIL beerclubpopeye.kido@gmail.com

ご連絡お待ちしております

グラゼントールン醸造所のビールは非常にモダンな作りです。
既存の同じスタイルの銘柄と比較試飲しながら、どの点が違うのかを考えてみようという趣旨のセミナーを開催致します。
今回試飲予定のものは以下の通りです。
  セゾンデルポメール(セゾン) × セゾン デュポン  ヤンドゥリヒトゥ(ホワイト) × ワトウ ウィット  オンディネク(トリプル)   × ウエストマール トリプル  カナスター(スコッチエール)   × ゴードン スコッチ

グラゼントールンのビールのみではなく、それを取り巻く環境も一緒に考えます。
上記の比較試飲から現在のクラフトビールシーンを考察し、グラゼントールン醸造所の位置づけをしてみたいです。
日本においてアメリカや国産のクラフトビールが流行している中で、この作り手は新たな視点を与えてくれる稀有な存在ではなかろうかと思います。


チケット好評発売中です!
ご予約お待ちしておりま~す!!



beerskdachi at 15:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月24日

新入荷

新樽入荷情報です!

最近ストロング系のビールが無いので、ポパイ秘蔵のビール開栓します!
スワンレイクビール インペリアルスタウトです!

そして、やっと温かく過ごしやすくってきたこの時期のピッタリのベアードビールシーズナルも開栓します!

セゾンさゆり
ブライアンの醸造ノート
ビールを造るということは、ビールに対する愛情を表現する方法の一つ。
ビール愛の深さは、ブルワーによって違い、それが味にも表れる気がする。
レシピを造る時に、ブルワーのビールへの愛に加え、
誰か愛する人や愛するものに対しての想いが重なると、その愛情が味にしっかりと表れる。
でもこんなビールは結構珍しい。だけど、ここにいい例がある。
これは、愛情を込めて造られたベルギースタイルのセゾン。
私の人生の中で最も愛する人、妻であり、ビジネスパートナーでもあるさゆりを想い、捧げたビールだ。
アルコール度数: 6.0%
初期比重:13.2
最終比重:2.0
苦み (IBU):22
色(SRM):5 以上

原材料
水:クリーンな軟水( 地域の源泉水)
麦芽:フロアモルテッドピルス、サワー、ウィート、ライ、キャラウィート
非麦芽:国産小麦
糖類:国産素焚糖、国産氷砂糖
ホップ:ホールフラワーコーン(生ホップ:NZ産モトゥエカ、ワカツ、カスケード)
酵母:ハウスベルジャンウィット酵母
他:地元の青島みかん( 皮& 果汁)
スペシャル: 愛情

お楽しみに〜(^◇^)



beerskdachi at 15:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月18日

グラゼントールン樽4本同時開栓!!

フライヤー
















































大阪の大月酒店さんとのイベント!チケット好評発売中です!

グラゼントールン醸造所の樽が初めて日本に輸入されると言う事で、デビューパーティーを開催いたします!
しかも、4本同時開栓です!
大月酒店の沖氏による、モダンスタイルとクラシックスタイルの比較セミナーもあります。

日時 3月30日(日曜日) セミナー13時〜15時 セッションパーティー15時15分〜17時
料金 ¥4000(セミナー:グラゼントールン4種と比較対象ビール4種 セッションパーティー:ドリンクチケット2枚&オードブルプレート1皿付き)※セッションパーティーのみ参加チケットも¥2,000で販売中です。
※追加チケット:1枚¥600 
※オードブルプレート以外にも、お料理をご用意する予定です。チケットをお買い求め頂き、時間内でお好きなだけお召し上がり頂けます。
予約 要予約
連絡先 03−3633−2120 MAIL beerclubpopeye.kido@gmail.com

ご連絡お待ちしております

グラゼントールン醸造所のビールは非常にモダンな作りです。
既存の同じスタイルの銘柄と比較試飲しながら、どの点が違うのかを考えてみようという趣旨のセミナーを開催致します。
今回試飲予定のものは以下の通りです。
  セゾンデルポメール(セゾン) × セゾン デュポン  ヤンドゥリヒトゥ(ホワイト) × ワトウ ウィット  オンディネク(トリプル)   × ウエストマール トリプル  カナスター(スコッチエール)   × ゴードン スコッチ

グラゼントールンのビールのみではなく、それを取り巻く環境も一緒に考えます。
上記の比較試飲から現在のクラフトビールシーンを考察し、グラゼントールン醸造所の位置づけをしてみたいです。
日本においてアメリカや国産のクラフトビールが流行している中で、この作り手は新たな視点を与えてくれる稀有な存在ではなかろうかと思います。


チケット好評発売中です!
ご予約お待ちしておりま~す!!


そして、本日の新入荷樽!

ドイツのシュナイダーとアメリカブルックリンブルワリーのコラボビール『ホッペンヴァイツェン』開栓します!
ホップの香りが、強調された爽やかなヴァイツェンです!
本日開栓です!
お楽しみに〜(●^o^●)


本日のビールメニューA面
http://www.lares.dti.ne.jp/~ppy/todaysbeer.files/tdbepdf/toda.pdf
本日のビールメニューB面
http://www.lares.dti.ne.jp/~ppy/todaysbeer.files/tdbepdf/todb.pdf



beerskdachi at 16:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)