20170110DSCN1748-1
2017年冬アニメ『ガヴリールドロップアウト』第1,2,4,8話などより、静岡県西部(遠州)地方(+α)の舞台巡り記事です。

天使学校を首席で卒業した主人公・ガヴリール。大天使聖ガブリエルのような立派な天使として立身"出世"を目指すため修行で下界(人間界)にやってきたものの、俗世の遊戯"ネットゲーム"の沼に嵌り、ネトゲ廃人へ堕ちていったところで物語はスタート。
その下界の舞台は、静岡県西部の中心都市・浜松市。同市は2017年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』等々、戦国乱世を如何に立身出世して勝ち残ったか?を売りにプロモーションを展開していますが・・・。
その中で、ガヴリールは権現様(徳川家康)や本田宗一郎、河合小市ら遠州縁の名士たちが極楽浄土で嘆き悲しむレベルで(?)堕落しきった「ダメ」天使に還俗してしまったわけで、浜松の推し文句"出世"の真逆を往くある意味ロックな(?)作品になっていきそうですね。

余談はここまでにしまして、今回はその主な舞台・浜松市にスポットを当てていきます。

※浜松市中区(中心部)→浜松市西区(浜名湖・弁天島)の順に概ねご紹介。
※一部住宅街が描かれているシーンもございます。住民の方々のご迷惑にならないよう節度を持った訪問をお願いいたします。

※【2017年1/31追記】:第4話の弁天島駅及び弁天島海浜公園のシーンを追加しました。


●●浜松市中区(浜松城・浜松駅)●●

【浜松城公園(天守曲輪) 第1話】

20170110gabdro0120170109-235146 20170110DSCN1783
冒頭、まだ天使だったころのガヴリールが赴く下界の街の模様の1シーンより。
描かれている園内南東にある天守曲輪ですが、作中のように桜の木に被らないように撮るには東に隣接する浜松市役所本館と北館の間付近から撮影するといいでしょう。まあ、見た感じより一致させるなら市役所本館の中高層階から撮る必要がありそうですが。

20170110DSCN1786
浜松城の模擬天守(天守部分は戦後復興されたものですが、粗削りの岩で構築された石垣は400年前当時の野面積みのもの)。
徳川家康が雄飛する契機となった城でもあり、江戸時代にはこの城主のポストを歴任すると幕府の重役への道が開かれる出世コースとなったので、世間では「出世城」として知られるようになった城ですね。

【浜松駅北口(浜松駅ビル メイワン) 第1話】

20170110gabdro0120170110-000616 20170110DSCN1773
ヴィーネが2時間待った舞天島駅前。
建物など大枠のレイアウトは、原作1巻第2話にて描かれた浜松駅ビル メイワンの前(浜松駅北口の出入口付近)になっています。ただ、後述しますが細かいパーツは弁天島駅前から概ねもってきていると思われます。


●●浜松市西区(浜名湖・弁天島)●●

【弁天島駅ホーム(1番線) 第4話】

20170131gabdrop0420170131-131357 20170131DSCN8571
第4話で海水浴に訪れた舞天市の海のリゾート"舞天島"こと浜名湖の弁天島。
まずは、JR東海道本線の舞阪・弁天島・新居町の浜名湖エリア3駅の要素が全て詰め込まれたJR東海仕様の駅名票より。フォントを除き中々の再現度ですね。

20170131gabdrop0420170131-131353 20170131DSCN8524
ガヴリールやヴィーネたちが乗った舞天(浜松)方面からの電車より降り立つシーンその①。
次の復路のシーンでも紹介しますが、床の配色より静岡地区の211系を車内のモデルにしているようですね。

20170131gabdrop0420170131-132554 20170131DSCN8529
時系列前後しますが、帰りの車中。ロングシートのモケットの色や窓枠などインテリアの仕様より車内は211系(5000番台)を参考にしていることがわかります。

20170131DSCN8525
参考までに、内装のモデルになった静岡地区の211系5000番台の外観。
後述しますが、舞天島駅に降り立った電車の塗装とは異なる(オレンジだけではなく、緑色のラインが入っている湘南色)ものとなっていますね。

20170131gabdrop0420170131-192821 20170131DSCN8578
電車から降り立つシーンその②。下り1番線(豊橋・名古屋方面)の駅待合室付近より。
車両の外観のモデルは、原作でも描出された名古屋地区の311系(っぽいもの)になっています。

20170131gabdrop0420170131-192929 20170131DSCN8531
車両のエクステリア全般は割と大ざっぱに描かれていますが、静岡・熱海方に付いてる貫通幌がちゃんと描出されてるのは評価できますね!
ちなみに、弁天島駅のあるJR東海道本線(豊橋~浜松間)では上記の211系、311系の他に313系など多彩な形式が営業運行されています。運用パターンは平常運行時であれば固定となっていますので、車両まで合わるのでしたら私設の運用情報サイトなどを参考にするといいでしょう。

20170131gabdrop0420170131-131403 20170131DSCN8576
話を本編へ戻すとしましょう。
バカンスのはずが、土砂降りの大雨に・・・。

20170131gabdrop0420170131-131437 20170131DSCN8543
ヴィーネ「降水確率60%だったからね。」
サターニャ「なんとかならないの?」

20170131gabdrop0420170131-131445 20170131DSCN8548
ガヴリール「そうだな~・・・」
サターニャ「??」
ガヴリール「仕方ないから帰ろう!」
サターニャ「なんで晴れやかなのよ!」

20170131gabdrop0420170131-131453 20170131DSCN8549
ガヴリール「元々乗り気じゃなかったし」
サターニャ「薄情天使!このやり場のないイルカはどうすればいいのよ?!」
ガヴリール「片づけろ」

20170131gabdrop0420170131-131503 20170131DSCN8552
サターニャ「ナントカ、、ならんのですか?(涙目)」
ヴィーネ「そんなこと言われても・・・」
?????「はい、ではお願いします。」

20170131gabdrop0420170131-131525 20170131DSCN8559
神の見えざる手(?)によって見事な快晴に。

20170131gabdrop0420170131-131536 20170131DSCN8560
サターニャ「さあ鈍間ども~はやく行くわよ~~↑」

20170131gabdrop0420170131-131540 20170131DSCN8561
ガヴリール「あいつ、何も不思議に思わないのな。」
ヴィーネ「過ぎたことは仕方ないわね、私たちも行きましょう。」

20170131gabdrop0420170131-131550 20170131DSCN8568
ガヴリール「もうなんでもありか。せっかく中止になりそうだったのに。」

【弁天島駅前総合観光案内所 第1話】

20170110gabdro0120170110-000616 20170110DSCN1744
浜松駅北口の箇所で先述したように、第1話でヴィーネが待ちぼうけしていた駅前の細かいパーツは弁天島駅や同駅前総合観光案内所から概ねもってきたものとなっていますね。

【弁天島駅前 第4話】

20170131gabdrop0420170131-132324 20170131DSCN8584
第4話の海水浴の帰り道。
海浜公園へ繋がる東海道(国道301号)を横断する駅前の地下道より。

20170131gabdrop0420170131-132359 20170131DSCN8587
弁天島駅前。本作もJRが某機構の略称になってますね。

20170131gabdrop0420170131-132505 20170131DSCN8597
ヴィーネ「だけど、ガヴも来てよかったでしょ?」

20170131gabdrop0420170131-132447 20170131DSCN8589

20170131gabdrop0420170131-132449 20170131DSCN8591

20170131gabdrop0420170131-132450 20170131DSCN8594

20170131gabdrop0420170131-132451 20170131DSCN8596
ガヴリール「ま、それなりにね?」

【浜名湖 第1話】

20170110gabdro0120170109-235100 20170110C0-_lclXEAE3RdH-1
ガヴリールが下界を見下ろして最初に目にしたのは浜名湖。
空撮不可避のカットですが空の便の大まかな航路を確認してみると、中部・成田便や伊丹・羽田(成田)便、関空・羽田(成田)便などの"成田・羽田行"の航路左手(A席)に搭乗すれば、浜名湖が作中のように撮れることがあるかもしれません。
※写真は中部→成田便より。描出された南東側ではなく南西側からと場所はややズレていますが・・・

【弁天島海浜公園(弁天島海水浴場・西側) 第4話】

20170131gabdrop0420170131-131624 20170131DSCN8601
舞天島駅(弁天島駅)や東海道(R301)の南に位置する弁天島海浜公園内の海水浴場。
園内中央の遊覧船乗り場(渡船場)を境に、その東西二箇所に整備された砂浜の海岸がありますがアニメ第4話ではその西側のビーチが舞台となりました。

20170131gabdrop0420170131-131625 20170131DSCN8603
今切口(いまぎれぐち)の大鳥居(シンボルタワー)と浜名大橋を望むカットは、後述するように海浜公園内中央寄りから撮った方が合いますね。

20170131gabdrop0420170131-131627 20170131DSCN8600
海水浴場西側(日商岩井浜名湖弁天島マンションの前)より。

20170131gabdrop0420170131-131631 20170131DSCN8609
名状しがたい混沌とした魔界の海とのギャップに感動し、はしゃぐ悪魔組。

20170131gabdrop0420170131-131643 20170131DSCN8607
ここまで「海だー!」とヴィーネたちが何の疑問もなく言ってるのを見て、「あれ?浜名"湖"だから湖じゃないの??」と思われた視聴者もいらっしゃるかと思います。
確かに地理の名称では"湖"ですし中世までは淡水湖だった時期もあったのですが、15世紀末の明応地震やそれに伴う津波被害で今切口(浜名大橋のあたり)の陸地が決壊し、淡水と遠州灘(太平洋)の海水が入り混じる汽水湖となりました。現在では、汽水湖特有の漁業の形態やその実体から漁業法で浜名湖は"海"と定義されているなど、実質海みたいなものと思っていても不思議じゃないというわけです。
後で、サターニャが波乗りチャレンジに失敗して溺れた時に「しょっぱーい」とも言ってますしね。

20170131gabdrop0420170131-131644 20170131DSCN8611
作中で描出されているほど砂浜のスペースが広いわけではないため、この後のシーンでも砂浜を絡めて撮らない方が一致しやすいケースがちらほら見られます。

20170131gabdrop0420170131-131649 20170131DSCN8612
砂浜でネットサーフィンって、ガヴちゃんや・・・・。
ノーパソが遠州灘からの潮風(塩害)で痛むぞー。

20170131gabdrop0420170131-131702 20170131DSCN8616
ヴィーネ「そんな~、せっかく海に来たのに。遊んでみないとわからないじゃない。」

20170131gabdrop0420170131-131720 20170131DSCN8637

20170131gabdrop0420170131-131726 20170131DSCN8624

20170131gabdrop0420170131-131742 20170131DSCN8626
ウッドデッキの個数がいじられていたり、砂浜のシーン全般では細部まではさほど一致しません。

20170131gabdrop0420170131-131754 20170131DSCN8635

20170131gabdrop0420170131-131806 20170131DSCN8628
サターニャは あたらしく なみのりを おぼえられなかった。

20170131gabdrop0420170131-131733 20170131DSCN8625

20170131gabdrop0420170131-131928 20170131DSCN8643
ラフィエル「私が提案するのはスイカ割りです。」
サターニャ「ちょっと待てコラ~~💢」

20170131gabdrop0420170131-131932 20170131DSCN8644
ラフィエル「このバットでスイカをたたき割るという遊びです。」
サターニャ「じゃなんで、私が埋められるのよ💢」

20170131gabdrop0420170131-131939 20170131DSCN8669
ガヴリール「おいおい、少し楽しそうだな。」
サターニャ「今日一番の食いつき?!」

20170131gabdrop0420170131-131943 20170131DSCN8645
ヴィーネ「サターニャ、あなたそんなに身体をはってまで・・・」
サターニャ「お前は助けなさいよ💢💢」

20170131gabdrop0420170131-131952 20170131DSCN8648
ガヴリール「ここまでされたら仕方ないな、私の負けだ。一緒に遊ぼうか?(マジキチスマイル」

20170131gabdrop0420170131-132005 20170131DSCN8668
ラフィエル「じゃ、目隠ししますね。」
ガヴリール「うむ。」

20170131gabdrop0420170131-132013 20170131DSCN8649
ヴィーネ「よ~い、スタート!」
サターニャ「スタートじゃないわよ💢💢💢」

20170131gabdrop0420170131-132022 20170131DSCN8641
ヴィーネ「そのまままっすぐ~↑」
サターニャ「来るなー!」

20170131gabdrop0420170131-132038 20170131DSCN8672

20170131gabdrop0420170131-132044 20170131DSCN8676

20170131gabdrop0420170131-132045 20170131DSCN8673

20170131gabdrop0420170131-132047 20170131DSCN8678

20170131gabdrop0420170131-132051 20170131DSCN8680
ガヴが投げつけたナマコ。
この日の弁天島の海岸ではあまり見かけませんでしたが、浜名湖沿岸ではよく打ち上げられている姿を見ることができます。

20170131gabdrop0420170131-132055 20170131DSCN8683
サターニャが仕返しに投げつけたのは・・・・

20170131gabdrop0420170131-132056 20170131DSCN8685
クラゲ(ミズクラゲかな?)。
浜名湖でも、近年キュウシロウクラゲ(アカクラゲ)など毒性の強い種が春先に大量発生し、地元漁師の悩みの種にもなっていますね。

20170131gabdrop0420170131-132104 20170131DSCN8624

20170131gabdrop0420170131-132134 20170131DSCN8664
ウッドデッキ隣の傘のベンチで、かき氷を楽しむ一行。

20170131gabdrop0420170131-132228 20170131DSCN8663
この犬いっつもどこにでもおるなw

20170131gabdrop0420170131-132237 20170131DSCN8661

【弁天島海浜公園(大鳥居・シンボルタワー) 第1,4話】

20170110gabdro0120170109-235231 20170110DSCN1761
第1話冒頭で描かれた下界のイメージその3は、弁天島海浜公園より見た大鳥居(シンボルタワー)。
俯瞰的なカットですので位置的には、ホテル・浜名湖リゾート&スパ THE OCEANの中高層階の客室から撮ると一致するかと思います。

20170131gabdrop0420170131-132422 20170131DSCN8652
第4話より。これまでの大鳥居が映っているカットも、園内の桟橋付近から撮った方が位置的には一致度が高まります。


●●その他エリア●●

【サターニャのマンション 第2話など】

20170131gabdoro0220170117-003904 20170131DSCN8478
ここからは某所扱いの背景を。
まずは、第2話でラフィーが勝手に入り込んだサターニャのマンションに近似している(と思われる)東海地方某所のデザイナーズマンション。

20170131gabdoro0220170117-003913 20170131DSCN8482
細かいパーツは改変されているものの、結構な再現度になっています。

【ヴィーネのアパート 第4,7話など】

20170219gabdrop0420170131-133228 20170219DSCN8855-1
続いて第4話より、ヴィーネの住む彼女の質実剛健な性格(?)が形になったような木造アパートのモデル。
こちらは場所は変わって都内の某所になりますが、アパート及びその周辺の建物以外(地蔵など)の描写自体は一致しません。

20170219gabdrop0420170131-132729 20170219DSCN8856-1
独特な形をした朱色に塗られた雨戸と木造の建屋がマッチしてて良い雰囲気を醸し出していますね。
大正~昭和前期までの浪漫を感じるようです。

20170309gabdrop0420170131-133301 20170309DSCN9211

20170309gabdro0720170222-082127 20170309DSCN9207
第7話より。

20170309gabdro0720170222-082135 20170309DSCN9208

20170309gabdro0720170222-083655 20170309DSCN9210

【ラフィエルのマンション 第8話】

20170306gabdrop0820170227-234810 20170306DSCN9578
最後に。ラフィエルの住処のモデルとなったのは、同じく都内某所の南欧風の新しめのマンション。
見たところ天界学校主席卒のガヴのアパートより良い所住んでるし、実はラフィーとガヴの成績順逆だったんじゃないか?と思ったり思わなくもなかったり(?)。


20170110gabdro0120170110-143310
第9話までの分は以上です。

言葉遣いの雑いキャラが元々多いためか、アニメになってそのキャラが益々生き生きとしてきましたね。やっぱり動感の創出力に定評のある"動画工房"とドタバタギャグコメディーのシナジー効果、半端ないっす。
また、話数を重ねるごとに背景モデルが日本各地から湧いてくる『ゆるゆり』第1期のようなカオスさも顔を出すようになるなど、少し前に見ていた動画工房作品が回帰してきたなと感じてもいたり。
そういえば、第1話のエンドカードでは、同じく浜松を舞台にした『苺ましまろ』の作者・ばらスィー先生が登場し「おお?!」となったり、序盤から浜松を惜しみなく前面に出してきたガヴドロ。2016年1月のハルチカを皮切りに、これまで「キテレツ県」と揶揄されてたのが嘘のようなアニメ舞台化ラッシュ著しい静岡県の中、浜松も『planetarian』や『クラシカロイド』など例外ではなくビックウェーブが来ていますし、サターニャの"なみのり"のように(?)乗っていけるのか?
見物です。


◆◆舞台巡りマップ◆◆
※第9話までに登場した浜松市中区の地点は青色
※第9話までに登場した浜松市西区の地点は黄点



一部画像は比較研究目的で引用しております。
『ガヴリールドロップアウト』の画像の著作権は、
©2016 うかみ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/ガヴリールドロップアウト製作委員会 に帰属します。