2336f25d.jpg
2015年秋アニメ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』第陸骨~第拾骨(6~10話)の舞台巡り記事です。

アニメ版櫻子さんも中盤から終盤に差し掛かって、毎回のように甘い物(主に洋菓子)のストックがドシドシ溜まっていき・・・
甘いものを食べさせられ続けて列島を南下する某深夜番組にも出演した北海道新幹線開業PRキャラクター氏が発狂しそうな舞台巡りの様相を呈してきていますねw 
旭川は軍都ではなく「甘都」の間違いではないか?というツッコミがそろそろ聞こえそうなこの頃です。
※原作だとホルメンはじめB級グルメも多数登場するので、甘いものばかりというわけでは決してありませんと付け加えておきます。

ということで、今回の「旭川」エリア舞台紹介は第陸骨~第拾骨(6~10話)から。

※旭川中心部・花咲町エリア→近文(高校のモデル)→東光地区→永山・末広・春光台エリアの順にご紹介。

※道路上のカットの撮影は往来の危険もありますので、なるべく脇に寄ってからにしましょう。
※一部住宅街が描かれているシーンもございます。住民の方々のご迷惑にならないよう節度を持った訪問をお願いいたします。

※また、旭川エリアはバスでもアクセス可能な箇所が多いので、マップ共々最寄りの停留場の案内を記載させていただきました。ですが、ダイヤ改正などで路線のルート変更や時刻変更は度々起きるものと考えられますので、公共交通機関(特にバス)と徒歩で訪問される際には再度各自調べていただくことを推奨します。

※取材当日の天候は晴。日中最高気温2.2℃。積雪深9cm。路面凍結はほぼ無し(中心部以外の歩道は凍結箇所多し)。
※【2016年2/14追記】:クールあさひかわフェスタ開催時に限定販売されたエチュードのお昼寝プリン"イチゴ"と"抹茶"味について追記いたしました。


●●旭川中心部・花咲町エリア●●

<旭川駅北口 第陸骨・第漆骨(6,7話)>

20151214sakurakosan0620151116-182128.jpg 20151130DSCN9614.jpg
6話。旭川駅北口より。

20151214sakurakosan0720151128-152752.jpg 20151214DSCN9683.jpg
7話。建設が中断していたホテルグランディア旭川の工事も夏のロケ時から進んでいるのがわかります。(写真右手)


<イオンモール旭川駅前 第陸骨・第拾骨(6,10話)>

20151214sakurakosan0620151116-181853.jpg 20151214sakurakosan0620151116-181913.jpg
※モール内は撮影禁止ですのでキャプとイオンモール旭川駅前公式HPの写真での比較になります。
6話。今夏オープンしたばかりの旭川駅直結のイオンモールですね。
駅の西改札降りてすぐのフードコートのデリフランスのあたりが出てきています。

20151214sakurakosan1020151211-142712.jpg 20151214sakurakosan1020151211-142828.jpg
10話。

0c6d8d5f.jpg
※画像は イオンモール旭川駅前の取り組み より引用。
フードコートの全体の模様を参考までに載せておきます。


<旭川キタノビル 第拾骨(10話)>

20160109sakurakosan1020151211-142228 20160109DSCN0858
磯崎先生の住んでいるマンションは、旭川駅北口から宮下通を東へ行ってすぐのところ。


<マルカツデパート 第陸骨(6話)>

20151214sakurakosan0620151116-182130.jpg 20151130DSCN9619.jpg
平和通買物公園を旭橋方面(北行)へ向かう道中にある旭川のご当地デパート。

20151213DSCN9654.jpg
このマルカツの4階にはアニメイト旭川店(日本最北のアニメイト)がありまして、その入口付近には舞台のご当地らしく旭橋のアニメイト特典絵のポスターと共に櫻子さんの特設コーナーが。
※コーナー撮影許可許諾済

20151213DSCN9658.jpg
店員さんによる舞台訪問レポも。

20151213DSCN9659.jpg
アニメ版だけはなく原作に出てきた東光地区のツインハープ橋近くのマクドにも訪れていたり。
なお、クールあさひかわフェスタ開催の前日に入旭したキャストさんたちのサインがこの特設コーナーのポスターに書かれたとのこと。


<手の噴水 第陸骨(6話)>

20151214sakurakosan0620151116-182204.jpg 20151130DSCN9622.jpg
買物公園北端のモニュメント。百合子(鴻上さん)たちが夏祭りに向かう前の集合場所はここでした。

20151214sakurakosan0620151116-182147.jpg 20151130DSCN9626.jpg

20151214sakurakosan0620151116-182149.jpg 20151214DSCN9699.jpg

20151214sakurakosan0620151116-182151.jpg 20151130DSCN9628.jpg

20151214sakurakosan0620151116-182207.jpg 20151130DSCN9625.jpg

20151214sakurakosan0620151116-182209.jpg 20151130DSCN9631.jpg


<旭橋 第陸骨(6話)>

20151214sakurakosan0620151116-182215.jpg 20151214DSCN9712.jpg
石狩川にどっしりと架かる北海道三大名橋の一角「旭橋」。
現存するこの北海道初のブレースト・リブ・バランスド・カンチレバー・タイドアーチ橋は昭和7年に架けられたもので、北海道遺産にも選定されています。

20151214sakurakosan0620151116-182211.jpg 20151214DSCN9710.jpg

20151214sakurakosan0620151116-184107.jpg 20151214DSCN9751.jpg

20151214sakurakosan0620151116-182214.jpg 20151214DSCN9715.jpg
旭橋は国道40号線という基幹道故、普段からはもちろんこの旭川夏まつりの時にも通行止めになることはなく車道からのシーンというのは撮影は厳しいかと。
※夏まつりの時は旭橋からの堤防沿いの道が通行止めになるんだそうです。

20151214sakurakosan0620151116-182228.jpg 20151214DSCN9714.jpg

20151214sakurakosan0620151116-182252.jpg 20151214DSCN9717.jpg

20151214sakurakosan0620151116-182344.jpg 20151214DSCN9719.jpg

20151214sakurakosan0620151116-182408.jpg 20151214DSCN9722.jpg

20151214sakurakosan0620151116-182410.jpg 20151214DSCN9724.jpg

20151214sakurakosan0620151116-182536.jpg 20151214DSCN9726.jpg

20151214sakurakosan0620151116-182542.jpg 20151214DSCN9729.jpg

20151214sakurakosan0620151116-183634.jpg 20151214DSCN9732.jpg

20151214sakurakosan0620151116-183602.jpg 20151214DSCN9734.jpg

20151214sakurakosan0620151116-183637.jpg 20151214DSCN9736.jpg

20151214sakurakosan0620151116-183641.jpg 20151214DSCN9741.jpg
車道部分は完全に除雪されていたのですが、冬場の歩道はこのとーり。

20151214sakurakosan0620151116-183854.jpg 20151214DSCN9742.jpg

20151214sakurakosan0620151116-183904.jpg 20151214DSCN9747.jpg

20151214sakurakosan0620151116-183613.jpg 20151214DSCN9748.jpg

20151214sakurakosan0620151116-184127.jpg 20151214DSCN9749.jpg
夏まつりには行ったことがないんですが、この磯崎先生みたく旭橋から花火を見上げてみたいものですな。(イケレバイイナー)

20151214sakurakosan0620151116-184056.jpg 20151214DSCN9810.jpg


<旭橋上流左岸広場 第陸骨(6話)>

20151214sakurakosan0620151116-182603.jpg 20151130DSCN9643.jpg
百合子と磯崎が謎解き・・もとい互いの古傷を突っつきあった旭橋東側の岸辺の広場。
まずは指輪の謎に迫った石狩川と牛朱別川(うしゅべつがわ)合流点の間の東屋から。

20151214sakurakosan0620151116-182607.jpg 20151214DSCN9756.jpg

20151214sakurakosan0620151116-182616.jpg 20151214DSCN9763.jpg

20151214sakurakosan0620151116-182649.jpg 20151130DSCN9642.jpg

20151214sakurakosan0620151116-182651.jpg 20151214DSCN9757.jpg

20151214sakurakosan0620151116-182658.jpg 20151214DSCN9758.jpg

20151214sakurakosan0620151116-182704.jpg 20151214DSCN9765.jpg

20151214sakurakosan0620151116-182730.jpg 20151214DSCN9772.jpg

20151214sakurakosan0620151116-182803.jpg 20151214DSCN9766.jpg

20151214sakurakosan0620151116-182813.jpg 20151214DSCN9767.jpg

20151214sakurakosan0620151116-182827.jpg 20151214DSCN9769.jpg

20151214sakurakosan0620151116-182831.jpg 20151214DSCN9774.jpg

20151214sakurakosan0620151116-182838.jpg 20151214DSCN9775.jpg
この後、口論していた二人に巻き込まれた内海巡査とともに旭橋の左岸(ロータリーや都心側)の岸辺へ。

20151214sakurakosan0620151116-183048.jpg 20151130DSCN9645.jpg

20151214sakurakosan0620151116-183058.jpg 20151214DSCN9809.jpg

20151214sakurakosan0620151116-183112.jpg 20151214DSCN9781.jpg

20151214sakurakosan0620151116-183134.jpg 20151214DSCN9783.jpg

20151214sakurakosan0620151116-183147.jpg 20151214DSCN9786.jpg

20151214sakurakosan0620151116-183158.jpg 20151214DSCN9791.jpg

20151214sakurakosan0620151116-183211.jpg 20151214DSCN9792.jpg

20151214sakurakosan0620151116-183241.jpg 20151214DSCN9785.jpg
磯崎のセリフが後々を匂わせるところもあって、6話のハイライトでもある橋の下の一連のシーン。好きですなあ。
というか、磯崎が中の人そのまんまに見えてしまうというw

20151214sakurakosan0620151116-183343.jpg 20151214DSCN9800.jpg

20151214sakurakosan0620151116-183348.jpg 20151214DSCN9794.jpg
磯崎「待って・・・」

20151214sakurakosan0620151116-183358.jpg 20151214DSCN9801.jpg
磯崎「鴻上がなんと言おうと、僕は自分が間違っているとは思わない。でも、このまま君を放り出して何かトラブルにでも遭われたら僕の管理責任を問われる。・・それはめんどくさい。」

20151214sakurakosan0620151116-183430.jpg 20151214DSCN9805.jpg
磯崎「行こうか。」
百合子「一緒に探してくれるんですか?」
磯崎「ま、だけど僕は彼女が見つかるとは思ってないし、鴻上が見つけられるとも思ってない。」
百合子「私、、先生のこと。大嫌いになりそう。」
磯崎「いいよ。僕は自分以外好きじゃないし、嫌われても何とも思わない。」

20151214sakurakosan0620151116-183432.jpg 20151214DSCN9796.jpg
磯崎「でも、覚悟はした方がいい。もし、彼女が見つからなくてもそれは鴻上の責任じゃない。」

20151214sakurakosan0620151116-183538.jpg 20151214DSCN9804.jpg
磯崎「だから、絶対自分を責めちゃだめだ。」
百合子「せんせ・・・」

20151214sakurakosan0620151116-183143.jpg 20151214DSCN9776.jpg
磯崎「いいかい。今、君は自分以外の人の人生をしょい込もうとしている。正しいことかもしれない。だがそれは、本来とても覚悟のいることなんだ。」
磯崎「その抜けない棘は・・鴻上。君をずっと傷つけるだろう。その茨は蔓を伸ばすだけで、決して花は咲かない。痛いだけだ。辛いだけだ。」
磯崎「それでも・・彼女を探す?」
百合子「・・・・・・・・探します。今ここで諦めたら、私は私を許せないだろうから。」
磯崎「・・・・・わかった・・。ただし、あと1時間だけだ。それ以上は許可できない。」
百合子「1時間???」
磯崎「ああ、、これ。」「僕は、花火が見たい。」
百合子「・・・・・・・最低・・。」


<北鎮記念館 第捌骨(8話)>

20151214sakurakosan0820151128-155051.jpg 20151130DSCN9605.jpg
8話終わりに春光台からの帰り道で正太郎が降り立ったのは、陸上自衛隊旭川駐屯地内に位置する北鎮記念館。
ちなみに、北鎮とは「北の護り」という意味で、旭川師団の屯田兵の時代や第7師団から引き継がれた精神を象徴した言葉です。

20151214sakurakosan0820151128-155104.jpg 20151130DSCN9608.jpg

20151214sakurakosan0820151128-155113.jpg 20151130DSCN9601.jpg
記念館の建物自体は現在三代目のものなんだそうです。
徳富蘆花が春光台で詠った「春光台 腸断ちし 若人の 偲びて立てば 秋の風吹く」の意味を調べに来ていましたが、館内にそれらの資料も存在します。


<イタリアンキッチン ペペサーレ旭川店 第拾骨(10話)>

20151214sakurakosan1020151211-143710.jpg 20151130DSCN9565.jpg
北鎮記念館からスタルヒン球場などを通り過ぎ、名寄国道(R40)を北東へ行った先の道内のイタリアンレストランチェーン。
びっくりドンキーを展開している会社が運営しているレストランですね。その昔は札幌でもよく見られたチェーンだったのですが今や数えるほどしかありません。
まずは外観。

20151214sakurakosan1020151211-143713.jpg 20151130DSCN9569.jpg
奥に見えているのはニトリ。

20151214sakurakosan1020151211-143724.jpg 20151130DSCN9568.jpg

20151214sakurakosan1020151211-143725.jpg 20151130DSCN9571.jpg

20151214sakurakosan1020151211-143450.jpg 20151130DSCN9590.jpg
続いて店内。黒幕タイプの役の子安に騙されている三奈美が座っていたのは写真一番奥(南東側)の席になります。
※店内撮影許可許諾済

20151214sakurakosan1020151211-143358.jpg 20151130DSCN9574.jpg

20151214sakurakosan1020151211-143404.jpg 20151130DSCN9581.jpg

20151214sakurakosan1020151211-143518.jpg 20151130DSCN9587.jpg

20151214sakurakosan1020151211-143522.jpg 20151130DSCN9578.jpg

20151214sakurakosan1020151211-143535.jpg 20151130DSCN9584.jpg

20151214sakurakosan1020151211-143546.jpg 20151130DSCN9589.jpg

20151214sakurakosan1020151211-143629.jpg 20151213DSCN9595.jpg

20151213sakurakosan1020151211-143300.jpg 20151130DSCN9598.jpg
三奈美の足取りの手がかりになったレシートも中々の再現っぷりでした。

北鎮記念館や花咲町方面へのアクセスですが、旭川駅や旭橋方面から片道は歩きながら舞台を巡って、片道はバス利用で都心部に戻るなり末広や春光台方面に向かう形が基本になるかと思います。
北鎮記念館最寄りの護国神社停留所でしたら、旭川電気軌道5,6,12号系統等、道北バス15,28,29号系統等と本数も多いのでアプローチしやすいでしょう。


◆◆舞台巡りマップ(旭川中心部・花咲町エリア)◆◆





●●嵐山・緑町(近文)エリア●●

<旭川明成高校 第漆骨(7話)>

20151213sakurakosan0720151128-151045.jpg 20151213DSCN9490.jpg
7話より。正門前から外を見た図。

※実在の現役の学校がモデルになりますので、敷地内からの撮影は絶対にしないでください。また、訪問や撮影の際は生徒さん含む学校関係者の方々の迷惑にならないよう登下校時間を避ける等々ご配慮の方をお願いいたします。

20151213sakurakosan0720151128-151047.jpg 20151213DSCN9492.jpg

20151213sakurakosan0720151128-151913.jpg 20151213DSCN9489.jpg
旭川電気軌道33or3系統や道北バスの緑町13丁目停留所が最寄になります。


◆◆舞台巡りマップ(嵐山・緑町(近文)エリア)◆◆





●●東光エリア●●

<ティーハウス ライフ・ラプサン 第陸骨(6話)>

20151213sakurakosan0620151116-181922.jpg 20151213DSCN9530.jpg
6話。毎度、正太郎と百合子がいるのは入口入って左手一番奥の二人掛けの席。

※店内全体を撮影することはNGですが、自席付近や自席での商品の様子の撮影は可というのがお店のルールになっています。ご理解とご協力の方をお願いいたします。

20151213sakurakosan0620151116-181936.jpg 20151213DSCN9516.jpg
旭川電気軌道1(内廻り・外廻り)号系統等で、東光1条1丁目停留所が本数の面でも最寄。


<一条通(タイヤセレクト豊岡前) 第拾骨(10話)>

20151213sakurakosan0920151211-135222.jpg 20151213DSCN9538.jpg
10話のラプサンからの帰り道のシーン。
東光地区へと一条通を東へと歩いているんですが、建物をちょくちょくピックアップして描かれているので完全に合うシーンはありません。


<一条通(ミサワホーム北海道旭川支店前) 第拾骨(10話)>

20151213sakurakosan0920151211-135154.jpg 20151213DSCN9500.jpg
ミサワホームの旭川支店前からは、道の向かいの赤い屋根と青い屋根の一軒家と奥のビルのパーツが合います。

20151213sakurakosan0920151211-135235.jpg 20151213DSCN9495.jpg
そして、左手奥の青い看板(秀英予備校)も使われていたり。


<一条通(宮脇書店旭川豊岡店前) 第拾骨(10話)>

20151213sakurakosan0920151211-135211.jpg 20151213DSCN9493.jpg
一条通の一連のシーンは以上。


<エチュード洋菓子店 東光店 第玖骨(9話)>

20151213sakurakosan0920151211-135012.jpg 20151213DSCN9660.jpg
9話より。作中のひよこプリンことお昼ねプリンのお店。
地域協力店として店内のロケハンもされたとのことですが、今回はこのプリンのみの登場。

20151213sakurakosan0920151211-141357.jpg 20151213DSCN9650.jpg
7種類ほどあってかつ+αの期間限定モノもあると作中では紹介されましたが、実際のひよこマークの瓶に入ったお昼ねプリンは通常時はスタンダードなプレーン味のみ。(イチゴと抹茶味は後述。)
お味の方ですが、卵の風味がきちんと残っていてそれでかつトロッと舌触り。
9話のタイトル「お祖母ちゃんのプリン」。まさにその言葉通りの味。
ばあやのやさしさが詰まった子供のころに食べたような懐かしさと上品さを兼ね備えた一品。取材陣が虜になるのも納得です。

20160214DSCN2335
ちなみに、2016年の旭川冬まつり開催期間限定で販売されたお昼ねプリンの"イチゴ"と"抹茶"味がこちら。
まさか、こんな形で作中に登場したモノを再現されるとは。その心意気、好きですよ~。

20160214DSCN2341
イチゴの方は、ジャムにクリームにほんのり漂うイチゴのカスタード。抹茶の方は、小豆にクリーム、抹茶のカスタードの三段構え。
どちらもパフェを食べているかのような、されどカスタードのトロッとした舌触りは顕在。
甘さも控えめと自分好みのもので、プレーン味にはないちょっぴり贅沢な味でした。
エチュード洋菓子店さんのTwitter曰く、好評のため2月いっぱいまで販売期間を延長するとのことです。

※本当はこのクールフェスの日。旭川にも行きたかったのですが、さっぽろ雪まつりの西11現場にTRUE(櫻子さんのOPを担当)が来ると聞いて止む無く断念。プリンを買ってきてくださった各位、改めてこの場をお借りして御礼申し上げます。

20151213DSCN9545.jpg
前回の1~4話までの記事でも紹介したロケハン時に置いていった色紙。その上になにやら追加されていますね?
※店内撮影許可許諾済

20151213DSCN9544.jpg
9話に登場した旨とプリンの種類についての説明書きでしたね!仕事がはやいことはやいこと。

20151213DSCN9546.jpg

20151213DSCN9547.jpg
売り場のPOPにもアニメに出てきたことがさりげなくアピールされていましたw
ちなみに、2016年明けには原作者の太田先生のサイン色紙も新たに置かれたとのことです。

※7話に登場したダンデリオンさんのかぼちゃのモンブランは後日追記できればと思います。


◆◆舞台巡りマップ(東光エリア)◆◆





●●永山・末広・春光台エリア●●

<永山墓地 第玖骨(9話)>

20151213sakurakosan0920151211-135005.jpg 20151213DSCN9551.jpg
OPにも登場した永山地区の外れにある市営の墓地。


<東鷹栖3線10号・末広5条12丁目交差点 第漆骨(7話)>

20151213sakurakosan0820151128-153814.jpg 20151213DSCN9562.jpg
7話より。旭川新道(と思われる道)を使って春光台へ向かう道中の1シーン。
・・・なんですが、合うのは4話でも信号待ちをした末広5条12丁目交差点のラーメン屋さんの建物だけ。

※末広地区は道北バス103,106号系統等で末広4条12or10丁目停留所が本数面でも最寄。


<春光台公園・寄生木の碑 第捌骨(8話)>

20151213sakurakosan0820151128-154415.jpg 20151213DSCN9467.jpg
櫻子さんと正太郎が曽根夏子の手がかりを探しに来た『寄生木』の碑。

20151213sakurakosan0820151128-154416.jpg 20151213DSCN9482.jpg

20151213sakurakosan0820151128-154423.jpg 20151213DSCN9475.jpg

20151213sakurakosan0820151128-154446.jpg 20151213DSCN9479.jpg

20151213sakurakosan0820151128-154458.jpg 20151213DSCN9480.jpg
ベンチの配置は合いませんね。

20151213DSCN9485.jpg
ちなみに、その寄生木の碑の前に見える木になんて寄生木があったり。
意図的に付けられた木にも見えなくもないんですが、どうなんでしょう?

※道北バスの春光台・江丹別・鷹栖方面行(28,29,30,34,36系統等)春光台公園入口停留所が最寄りです。


◆◆舞台巡りマップ(永山・末広・春光台エリア)◆◆



以上になります。

前回その①の記事で、11月~4月の冬季でも、公共交通機関(汽車・バス)のみで嵐山や永山、東光エリア等主要なエリアも一日(15~16時ごろに迎える日暮れまで)で訪問することは十分に可能と言いました。
・・・が、しかし暖冬の12月とはいえども歩道が思ってた以上に凍結していたり舞台巡りをするにはやや不向きかな?と訪れて実感はしたり。これからいよいよ雪に閉ざされる季節に本格的になってしまいますので、これ以降最終話までの分の訪問もどうなることやら。



◆◆舞台巡りマップ(広域版)◆◆

※旭川エリアの本編に登場した箇所は赤点、特典絵などその他要素で登場した箇所は緑点で示してあります。

【旭川広域】


【全エリア】


一部画像は比較研究目的で引用しております。
『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』の画像の著作権は、
©2015大田紫織・エブリスタ/KADOKAWA/「櫻子さん」製作委員会 に帰属します。