20160101DSCN0494-1
2015年秋アニメ『終わりのセラフ 名古屋決戦編』(第2クール)の第17,18,22話の舞台巡り記事です。

2015年4月から放送されて分割クールで秋に名古屋編が放送されたこの作品。
当初、名古屋が舞台になってることもありタイトルを『尾張の~』と真面目に勘違いしてた味噌県育ちの管理人なわけですが(何)、どうやら作品を通してそういうわけでもないそうで。
第1クールで滅びゆく首都東京を巡って繰り広げられた吸血鬼との血みどろの戦いの続きで、先に名古屋の吸血鬼に先手を打つべく尾張・名古屋に赴く。その時のエピソードなんですな。

ということで、名古屋編①は久屋大通公園など栄・名駅エリアをご紹介。

※以下、名古屋テレビ塔→希望の泉・クリスタル広場など栄駅界隈→エンゼルパーク→駅西エリアの順。
※作中で車道を移動するシーンが数多くでてきますが、その場のカット撮影は往来の危険もありますのでなるべく控えましょう。特にここは"名古屋"ですので注意しましょう。


●●栄・久屋大通エリア●●

<名古屋テレビ塔 17話>

20160101owarinagoya1720151214-130435 20160101DSCN0513
1954年に開業したこのテレビ塔。完成当時は東洋一の高さを誇る高層建築物でした。

20160101owarinagoya1720151214-130027 20160101DSCN0528
その塔の地上100mのところにあるスカイバルコニーからエンゼルパークにいる第十五位始祖、ルカル・ウェスカー(CV:子安武人)を狙撃する与一と深夜さん。

20160101owarinagoya1720151214-130017 20160101DSCN0529

20160101owarinagoya1720151214-130123 20160101DSCN0564
南西方面。三越などが見える眺め。

20160101owarinagoya1720151214-130149 20160101DSCN0547
久屋大通公園を南向きへ望遠で望むカット。栄バスターミナル(噴水南のりば)から・・・・

20160101owarinagoya1720151214-130155 20160101DSCN0545
エンゼルパーク愛の広場方面へ。

20160101owarinagoya1720151214-130218 20160101DSCN0544
与一の横で半壊しているモニュメントは恋人の聖地絡みのモノなんだとか。
テレビ塔に来るのが小さいころ学校の行事で来て以来というのもありますが、こんなのあの頃にもあったかな・・・?

※スカイバルコニー含む展望階は有料エリアなのですが、当日利用の名古屋市交通局のドニチエコきっぷや一日乗車券を提示すれば100円引きとなります。特に名古屋の舞台巡りに関しては地下鉄やバス移動が多くなるかと思いますので、上記のフリーきっぷの利用はおすすめです。

<久屋大通その1(テレビ塔北西) 18話>

20160101owarinagoya1820151214-205733 20160101DSCN0573
人質救出のためクローリー・ユースフォードの待つ市役所方面へ北上する月鬼ノ組一行。

<久屋大通その2(テレビ塔南西) 18話>

20160101owarinagoya1820151214-205803 20160101DSCN0575
そういえばこのグレンさん。
2015年4月4日の朝日新聞朝刊の名古屋本社版では同作品の全面広告を飾っていたんですが、選出された理由が名古屋の組織の一瀬家の人間だからだそうです。

20160101owarinagoya1820151214-205815 20160101DSCN0577

20160101owarinagoya1820151214-205832 20160101DSCN0578

<セントラルパーク(もちの木広場) 17話>

20160101owarinagoya1720151214-125950 20160101DSCN0359
名古屋に着いてシノア隊の面々、特に優一朗(以下、優)が鳴海隊に貴族殲滅作戦の覚悟の方を問われたシーンは、名鉄瀬戸線栄町駅横のセントラルパークの吹き抜け部分。

20160101owarinagoya1720151214-125952 20160101DSCN0376
もちの木広場地上から見たテレビ塔方面。

20160101owarinagoya1720151214-125514 20160101DSCN0371
もちの木広場地下。訪れた日は元日だったこともありほぼ全ての店がシャッターを下ろしていて閑散としていました、あたかも人間が消えゆく作中の世界のように。

20160101owarinagoya1720151214-125558 20160101DSCN0373

20160101owarinagoya1720151214-125617 20160101DSCN0368

20160101owarinagoya1720151214-125731 20160101DSCN0367

20160101owarinagoya1720151214-125804 20160101DSCN0366

20160101owarinagoya1720151214-125821 20160101DSCN0362

20160101owarinagoya1720151214-125945 20160101DSCN0365

20160101owarinagoya1720151214-130408 20160101DSCN0461

20160101owarinagoya1720151214-130412 20160101DSCN0464

20160101owarinagoya1720151214-130416 20160101DSCN0466

20160101owarinagoya1720151214-130417 20160101DSCN0468

<希望の泉(セントラルパーク南端・希望の広場) 17,18話>

20160101owarinagoya1720151214-131624 20160101DSCN0418
最初の貴族殲滅作戦終了後の集合地点は、ドラゴンズが優勝すると竜党がバカ騒ぎにやってくることでも知られる(?)栄の中心にある希望の泉。

20160101owarinagoya1720151214-131637 20160101DSCN0421
奥は中日ビル。

20160101owarinagoya1820151214-205230 20160101DSCN0425

20160101owarinagoya1820151214-205245 20160101DSCN0431

20160101owarinagoya1820151214-205254 20160101DSCN0433

20160101owarinagoya1820151214-205311 20160101DSCN0434

20160101owarinagoya1820151214-205331 20160101DSCN0438
緑色で大麻の落書き・・・。ここは函館線大麻(おおあさ)駅かな?(

20160101owarinagoya1820151214-205444 20160101DSCN0508

20160101owarinagoya1820151214-205558 20160101DSCN0509

20160101owarinagoya1820151214-205429 20160101DSCN0441

20160101owarinagoya1820151214-205347 20160101DSCN0439

20160101owarinagoya1820151214-205413 20160101DSCN0440

20160101owarinagoya1820151214-205442 20160101DSCN0443

20160101owarinagoya1820151214-205514 20160101DSCN0444

20160101owarinagoya1820151214-205518 20160101DSCN0446
後述するサカエチカ(クリスタル広場)から合流するグレン隊。(後ろはテレビ塔からの狙撃の俯瞰でも一瞬映った名古屋三越栄店。)

20160101owarinagoya1820151214-205522 20160101DSCN0448

20160101owarinagoya1820151214-205526 20160101DSCN0450

20160101owarinagoya1820151214-205552 20160101DSCN0451

20160101owarinagoya1820151214-205722 20160101DSCN0453

20160101owarinagoya1820151214-205600 20160101DSCN0510

20160101owarinagoya1820151214-205842 20160101DSCN0454

20160101owarinagoya1820151214-205855 20160101DSCN0456

20160101owarinagoya1820151214-210316 20160101DSCN0457
この前のシーンで、相原がミカエラ(以下、ミカ)以外の吸血鬼に第十七始祖のいる東山公園の植物園を襲う嘘の計画を暴露するんですが・・・
それに対して吸血鬼が「ちょー遠いじゃん」と・・・。
栄から東山線で高々10分ちょいの距離なのでそこまで遠くはないんだがなあ。

20160101owarinagoya1820151214-210907 20160101DSCN0459

<サカエチカ(栄地下街)クリスタル広場 17話>

20160101owarinagoya1720151214-131155 20160101DSCN0472
グレン隊の殲滅作戦の現場はクリスタル広場。
大津通と広小路通が交わる栄交差点の真下・サカエチカ(栄地下街)にあります。名古屋っ子にはお馴染みの集合場所かつ憩いの場ですね。

20160101owarinagoya1720151214-131049 20160101DSCN0471
セントラルパーク同様元日なので日中もシャッター街のサカエチカ。

20160101owarinagoya1720151214-131158 20160101DSCN0478
メルサ方面(南西)の7番出口の階段前。

20160101owarinagoya1720151214-131202 20160101DSCN0476

20160101owarinagoya1720151214-131300 20160101DSCN0481

20160101owarinagoya1720151214-131314 20160101DSCN0486

20160101owarinagoya1720151214-131357 20160101DSCN0490

<栄バスターミナル(噴水南のりば) 17話>

20160101owarinagoya1720151214-130445 20160101DSCN0416
栄の古くからのバスターミナル。第十五位始祖討伐へ久屋大通公園を南下するシーンより。
今ではその大半の機能がオアシス21内にほぼ移ってしまい全盛期ほどの本数はありませんが、星崎方面の基幹バス等名古屋市南部方面への市バスが発着しています。

<エンゼルパーク(愛の広場) 17話>

20160101owarinagoya1720151214-130454 20160101DSCN0386
噴水南のりばから見た愛の広場入口。久屋大通の東側(画像左側)の建物の位置関係などが合いません。

20160101owarinagoya1720151214-130501 20160101DSCN0393
彫刻が多数展示されている広場でもあります。

<エンゼルパーク(久屋広場) 17話>

20160101owarinagoya1720151214-130308 20160101DSCN0383
悪役子安さんもとい第十五始祖の討伐の場。
久屋大通向かいに松坂屋名古屋店北館がある噴水が多数噴き出してくる広場と言ったほうがわかりやすいかなと。

20160101owarinagoya1720151214-130321 20160101DSCN0384
久屋広場にはこんなベンチはありませんでした。

20160101owarinagoya1720151214-130422 20160101DSCN0385

20160101owarinagoya1720151214-130506 20160101DSCN0396

20160101owarinagoya1720151214-130509 20160101DSCN0398

20160101owarinagoya1720151214-130525 20160101DSCN0400

20160101owarinagoya1720151214-130541 20160101DSCN0401

20160101owarinagoya1720151214-130713 20160101DSCN0403

20160101owarinagoya1720151214-130718 20160101DSCN0407

20160101owarinagoya1720151214-130745 20160101DSCN0409

20160101owarinagoya1720151214-130849 20160101DSCN0410

20160101owarinagoya1720151214-131028 20160101DSCN0413

20160101owarinagoya1720151214-131030 20160101DSCN0411


●●名駅エリア●●

<世界の山ちゃん駅西4号店 22話>

20160109owarinagoya2220151215-103342 20160109DSCN0690
栄エリアから移って22話でミカと優が名古屋空港へとジープを走らせるシーンに、一瞬ではありますが名古屋駅西(駅西)にある山ちゃんが映っていましたね。
他にもコメダやスギ薬局もありましたが、それらは結局どこなのかわからず終いでしたが・・・。

というわけで、栄・名駅エリアの都心編その①は以上です。
これまで名古屋の都心部が登場したアニメ作品はちらほらあれど、このセラフほどガッツリ出てきたのは初めてですな。動線も比較的しっかりしたものとなっていますし、特に名古屋っ子は戦線が移りゆく様を臨場感を持って体感できたのではないかなと。話の展開や演出も熱かったのもそのスパイスになってね。


◆◆舞台巡りマップ◆◆

【名古屋都心エリア】


【愛知県全エリア】


一部画像は比較研究目的で引用しております。
『終わりのセラフ 名古屋決戦編』の画像の著作権は、
©鏡貴也・山本ヤマト・降矢大輔/集英社・終わりのセラフ製作委員会 に帰属します。