2011年04月16日

帰国

急に、
帰任を言われて、
帰国することになりました。

約1年半のドーハ生活。
僕にとっては貴重な経験になりました。

横浜の自宅に戻ります。

before92 at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Qatar | Doha

2011年04月09日

Batman Car?

マリオットホテルに行ったら、こんなバイク(?)がありました。

110409_01_at Mariotto Hotel 110409_02_at Mariotto Hotel


まるでバットマンカー?というような車ですが、
こんなのが普通に走っているのがドーハなのかもしれませんね(笑

before92 at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Doha | 都市

2011年03月12日

Qatar Tribune = QUAKE, TSUNAMI KILL 1,000 IN JAPAN

日本の東北地方を三陸沖を震源にM8.8(海外ではM8.9と報道されています)の大地震がおきてしまいました。

私は、
USTREAMで広島の中学生が放送していたNHKの放送を、
その後は、NHKの公式UST放送を見ていました。

名取川の津波被害、千葉・市原の工場火災、気仙沼の火災などの映像を見ていて、
本当に心が痛みます。

CNN、BBC、Al Jazeeraは永遠と地震のニュースを報道しておりました。
24時間近くたった今は、さすがに地震報道も減りましたが、
ホテルのロビーなどでそれを真剣に見ている外国人達を見て、
報道してもらえるだけで、
こんなにも嬉しいのか、
と思いました。

110312_Qatar Tribune


写真はQatar Tribuneの一面です。
Webサイトはまだ更新されていませんが、
王室系新聞のQatar Tribuneが一面全部を国外の話題に割くというのは、
異例中の異例です。

Gulf TimesはWebサイトが更新されていました。

Gulf Times_110312


http://www.gulf-times.com/site/topics/article.asp?cu_no=2&item_no=421419&version=1&template_id=57&parent_id=56

(以下転載です)

Hundreds die in quake and tsunami disaster
The quake, the most powerful since Japan started keeping records 140 years ago, has sparked at least 80 fires in cities and towns along the coast

A devastating tsunami triggered by the biggest earthquake on record in Japan looked set to kill at least 1,000 people along the northeastern coast yesterday after a wall of water swept away everything in its path.
The government warned there could be a small radiation leak from a nuclear reactor whose cooling system was knocked out by the quake. About 3,000 residents in the area some 240km north of Tokyo had been moved out of harm’s way.

被災された方のことを思うと、
本当に心が痛みます。
でも、海外の人が今日本のことを心配してくれています。

我々は決して一人じゃありません。
みんなで協力して何とかこの未曾有の危機を乗り切りましょう。

before92 at 07:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Qatar | 新聞・雑誌

2011年02月26日

Tajine @ Souq Waqif

今日は休みをいただけたので、
スークワキーフにランチを食べに行きました。

お目当ては、
モロッコ料理のTajineです。

110226_01_Tajine@Souq Waqif

お店の名前の通り、
タジン鍋がウリのお店です。

タジン鍋と言うのは、
ハクション大魔王が出てくるようなお鍋で、
水の貴重な砂漠で、
少ない水、少ない火でも蒸らすことが出来るという北アフリカ地方の
郷土料理です。

日本でも最近流行っているらしいですね。

110226_02_Tajine@Souq Waqif

2Fのテラスに案内してもらいました。
この季節だと、
外で食べるのは気持ちが良いです。

110226_03_Tajine@Souq Waqif

料理が出てくる間、
シーシャと呼ばれる水タバコを楽しみました。
20QR=500円です。

水タバコというのは、
タバコの葉を、
この器具の一番上のアルミ箔のところに入れて、
その上から木炭をのせます。

そうすると、
タバコがいぶされるのですが、
そのままでは熱いので、
水の中を通して冷やしてから吸うというものです。
イチゴやリンゴ、ミントなど様々な味を楽しめると言うのも特徴です。

そうこうしているうちに料理が出てきました。

110226_04_Tajine@Souq Waqif

これは、
野菜と、ラムの固まり肉、チキンのクスクスです。
一番上に乗っているのは、
ラムのソーセージで、ハーブが沢山入っていてとても美味しいものです。
クスクスは肉や野菜の味がしみていて、
本当に美味しいです。
ラム肉やチキンにもよく合います。

110226_05_Tajine@Souq Waqif

ラム肉とプルーン、アーモンドのタジン鍋です。
このラム肉も臭みが無く、
アッサリとして美味しかったです。
プルーンはデーツに近い感じで、
ソースにしてもとても美味しいですね。
生アーモンドを一緒にタジン鍋で煮ています。

110226_06_Tajine@Souq Waqif 110226_07_Tajine@Souq Waqif

そして、
今回の目玉だったのが、
ラクダ肉です。
ツボのようなもので煮込んだものを、
ひっくり返して出してくれます。

ラクダ肉、
野性味溢れる、と聞いていましたが、
臭みはラムやマトンと同じくらい。
脂肪分の少ないお肉は、
とてもやわらかくて、ナイフを使わなくても裂けるほど。
思った以上に美味しかったです。

そして、
ラクダやラム肉のスープが美味しい。
サービスで出てくるホブス(アラブの丸いパン)に
つけながら食べても美味しいです。

大人2人、子供2人で223QR=5500円。
スークワキーフのレストランは、
どこもそれほど高くないのでオススメです。
大満足でした。

before92 at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Doha | グルメ

2011年02月25日

Seafood Dinner Buffet @ Fish Market at Intercontinental Hotel Doha

最近は、
家族が毎週末ごとに、外食を求めるので、
今度は、Intercontinental Hotelのシーフードバッフェに行ってきました。

ちなみに、
このインターコンチホテル、先日アジアカップの際に、
日本代表が泊まったホテルでもあります。

110225_01_Fish Market @ Intercontinental Hotel

Fish Marketという、
プールサイドの別建物のシーフードレストランです。
ここのフライデーディナーバッフェは有名らしいです。

110225_02_Fish Market @ Intercontinental Hotel

お店に入ると、
こんな素敵な水槽が出迎えてくれます。

雰囲気も十分です。

110225_03_Fish Market @ Intercontinental Hotel

室内には、
生のシーフードが!
手前には生牡蠣、そして奥には寿司と刺身があります。

生牡蠣は、
オランダ産とのこと。
ツブが揃ってなくて、また小粒でしたが、
まさか中東で生牡蠣が食べれるとは思わず、
感激しました。

お寿司は、
ネタは悪くありませんが、
どうしても握りの腕が悪い。
おにぎりよりもギュウギュウに握っているのが残念ですが、
それでも
刺身と寿司をたっぷり選んでしまうのが日本人ですね。
(握りの腕なら、「おいしい寿司」の方が上です)

110225_04_Fish Market @ Intercontinental Hotel 110225_05_Fish Market @ Intercontinental Hotel 110225_06_Fish Market @ Intercontinental Hotel

外では、焼き物をやってくれます。
アサリやムール貝のバター炒めなども注文してからやってくれます。
パエリアの味は、
具が豊富な割には、深みが足りなかったのが残念ですね。

110225_07_Fish Market @ Intercontinental Hotel

この時期だと、屋外の席も楽しめます。

110225_08_Fish Market @ Intercontinental Hotel

インターコンチは、ドーハの中心部から少し離れた不便なところにありますが、
その代わり、
このような綺麗な夜景も楽しめます。

110225_09_Fish Market @ Intercontinental Hotel

デザートは、
特徴的な水槽を取り囲むように配置されていて、
種類も充実しています。
こちらはどれも美味しかったです。

一人240QR=6000円は、
インターコンチということを考えれば安いですが、
味は、
正直、それほどスゴイというわけではありませんね。
それでも生牡蠣を食べ放題と言う意味では、
たまには行きたいお店の一つでしょう。

before92 at 23:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Doha | グルメ

2011年02月19日

Anger mounts, protests spread to new countries

110219_fpg1


今日のQatar Tribuneの一面です。
当然のことながら、エジプトから飛び火したデモについてが
トップニュースになっています。

とりわけ気になるのは、
死者も含めた犠牲者が出ていること。

今朝の新聞の段階で、
リビアで警官2名を含めた43名が死亡、
イエメンで5名が死亡、
バーレーンで軍が発砲して23名が負傷、
ヨルダンで8名が負傷
とあります。

カタールに住むものとしては、
隣国のバーレーンの様子が気になります。

バーレーンとは近い将来に
橋で繋がるほどの関係の深さです。

その後、
軍がヘリコプターで市民に発砲したとか、
いろいろとニュースが伝わってきます。

カタールは今のところ安全ですし、
豊かな国なので、
そのような予兆が全くありませんが、
身近な国の出来事ですから、
やはりとても気になります。

早く沈静化することを祈っています。

before92 at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)中東 | 新聞・雑誌

2011年02月18日

Friday Branch Buffet @Marriott Doha

金曜日のお楽しみと言えば、
ホテルのランチブッフェですが、
レベルが高いと言われる、
マリオットのバッフェに行ってきました。

時間としては13時半ごろ、
お昼ごはんとしては遅い時間ですが、
入り口では、
「予約してますか」
と聞かれ、
その人気の高さがまず伺えます。

予約してなかったので10分ほど待たされると・・・

ものすごい混雑!
普段は夜しか営業しないレストランが廊下にズラリとワゴンを出して、
それのどれでも食べてよい、
という形式のバッフェです。

110218_01_Mariotto Buffet 110218_02_Mariotto Buffet


しかも、
料理のレベルがどれも高い。
さらに、
お寿司やお刺身まであります。

110218_03_Mariotto Buffet


そして、
白人達が、
昼間からビールやワインを飲んで、
ノンビリリラックスして過ごしながら、
ゆっくりとした時間を過ごしています。

確かに、
これは、豪華な休日の昼下がりの過ごし方です。

料金は一人226QR=5500円、と安くありませんが、
ホテルのグレードを考えると、
決して高くはないと思います。

before92 at 18:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Doha | グルメ

2011年02月13日

MUBARAK TOPPLED, Egypt celebrates, army takes over

今朝のQatar Tribuneです。

fpg1


MUBARAK TOPPLED, Egypt celebrates, army takes over

REUTERS

CAIRO EGYPTIAN cities erupted in celebration when President Hosni Mubarak stood down on Friday and the crowds who had protested against him claimed a victory over their ‘Pharaoh’ that they hardly dare to believe.

昨夜は、
アラブ諸国にとって歴史的な夜となりました。

アラブの雄、エジプトで市民革命が起こりました。
どのチャンネルをつけても、
ずーっと、この映像ばかり。

今朝起きたら、
市民が広場に集まって、
夜明け前の礼拝をやっている映像が映されていました。

チュニジアから始まったこの革命、
エジプトだけでなく、北アフリカのほとんどの国、
スーダン、そしてシリア、ヨルダン、レバノンと言ったイスラエルの周辺国、
そして、湾岸諸国のイエメンまでもが予断を許さない、
と言われています。

そんな中で、
問題ないといわれているのがUAEとカタール。

カタールでは、
カタール人はオイルマネーで全ての人たちがお金持ち、
そして、
人口の85%を占める外国人のそのほとんどは、
インドやフィリピンなどからの出稼ぎ労働者。
彼らにとっては仕事があって「稼げる」カタールで、
不満もあるはずがありません。
世界一安全な国では、
落としたデジカメや携帯電話が戻ってくる国です。

僅かな金額を窃盗して、それが発覚して職を失うよりかは、
真面目に働くことをみんなが選択しています。

さらに、
インド人にとっては、
ここにはカーストがないから、
自国よりも良い、という人が少なくありません。

やはり、
お金は人の心にゆとりを与えるのかもしれません。
お金はあるけれど、
どことなくちぐはぐなこの国を見ていると、
どうしても不思議な気持ちになります。

before92 at 02:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)中東 | Qatar

2011年02月11日

ITTF Qatar Open Table Tennis @Qatar Sports Club

カタールスポーツクラブで、
卓球のプロツアーがあると言うので行って来ました。

出場選手を見てみたら、
福原愛選手もいるではありませんか。

ということで、
日の丸を持って行って来ました。

Qatar Sports Clubは、
先日、サッカー日本代表が、グループリーグでヨルダン、シリアと戦った会場です。
カタールのサッカーチームは、
サッカーだけではなく、
ハンドボールやその他のチームも保有していて、
サッカークラブチームというよりは、
地域のスポーツクラブ、
そのサッカー部、
というような体裁を取っております。

アルビレックス新潟のような感じかもしれません。

そのため、
そこにはスタジアムだけでなく、
体育館や練習グランド、クラブハウスも併設していて、
いわば、
三ツ沢球技場+マリノスタウン+文化体育館
というような感じになっています。

スタジアムに隣接して、
おそらく普段はハンドボールに使われるのであろう体育館で試合をやっていました。

110211_01_ITTF Qatar Open Table Tennis

(こんな小さな看板が一つあるだけです)

P1050226

(サッカースタジアムに隣接しています)


卓球の試合会場に行くのは初めてなので、
どういう形式が一般的なのか分からないのですが、
ハンドボールコートが8つのスペースに区切られ、
それぞれ同時進行で試合が行われます。

110211_03_ITTF Qatar Open Table Tennis 110211_04_ITTF Qatar Open Table Tennis 110211_05_ITTF Qatar Open Table Tennis


お目当ての福原愛選手の登場です。

福原はランキング10位、対するロシアの選手は100位以下ですから、
圧勝が予想されたのですが、
最初は相手にリードを許します。

110211_06_ITTF Qatar Open Table Tennis 110211_07_ITTF Qatar Open Table Tennis 110211_09_ITTF Qatar Open Table Tennis


5点ぐらい取られたところから、
ペースが出てきて、
逆転した後は1セットも失わずに勝ちました。

福原は安心して観ていられたのですが、
同時間にやっている、
森薗選手が大接戦です。
相手は48位の韓国の選手、森薗は68位、
観た感じでは、
同じようなタイプの強打の選手同士、
ランキングも近くて接戦です。
結局4−0のストレート負けなのですが、
そのうち3セットがデュースまでもつれる大接戦、
悔しい敗戦になってしまいました。

110211_09_ITTF Qatar Open Table Tennis 110211_10_ITTF Qatar Open Table Tennis


早く終わったテーブルから、
空席になって次の時間の試合まで誰もいなくなるのですが、
3番テーブルがいつまでもやっています、
これが面白い。

福原や森薗のようなすばやい攻撃をするタイプではなくて、
両方とも、回転をかけて返すようなタイプなので、
そういう言い方は失礼なのですが、
観ていて何ともユーモラス。
痺れを切らしてスマッシュで攻撃した方が負けるという試合で、
こちらも見ていて面白い。

動画もアップしました。





結局、
この三試合だけ見て帰ったのですが、
観客が少ないこともあって、
選手達が
観客席で一緒に見ていたりするんですよね。

福原選手も、
体育館をすぐ出たところで、
地べたに座りながら選手同士で談笑していました。

生観戦は初めてでしたが、
スポーツは本当に面白いですね。

before92 at 22:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Doha | Qatar

2011年01月02日

AFCアジアカップ

新年と言っても、
イスラム教のドーハでは何も変わらないのですが、
先日、
City Centerというショッピングセンターに行ったら、
こんなブースがありました。

110102_City Center


そうです。
1月7日から開幕する
AFCアジアカップの宣伝です。

僅かながらですが、
アジアカップの雰囲気も出てきました。
2022年に向けて、
最初の試金石になります。

before92 at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Qatar | 都市

2011年01月01日

2011年

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年も、
ポツポツとノンビリ更新していくと思います。

before92 at 06:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Doha | 海外

2010年12月18日

National Holiday

12月18日は、
QatarのNational Holidayです。
休暇自体は、
Eid HolidayやHajj Holidayがありますが、
おそらく公式な祝日と言うのは、
この日だけのような気がします。

普段は、
金曜日、土曜日が官公庁のお休みなので、
土曜日にあたった今年は日曜日が振り替え休日になり、
一般的な企業は、金曜日から日曜日まで三連休になります。
#日本企業は違うようですが・・・(笑

個人的には二度目のNational Holiday、
去年は、夕方からスークに繰り出して、
帰りにタクシーを捕まえられなかったと言う苦い経験がありますので、
今年は、
朝のパレードを観に行って、
午後は家でノンビリと過ごすようにします。

National Holidayの日は、
何より街中が暴走族と化します。
自慢のペイントで車をカタールカラーに塗り替えたりシールを貼ったりして、
国旗を持って老若男女がハコ乗りしています。
歩道を歩いていると、
車からパーティ用のスプレーを吹きかけられたり大変なので、
もう出きるだけ外に出ないように。

それでも、
8時半からのパレードを見たかったので、
8時に家を出て、
パレード会場のCornishに向かいましたが、
案の定、あちこち道路が閉鎖されていて、
すでに大渋滞。しかも海岸には車で近づけません。
事前に、道路規制を報道しないので、
みんな行ってみて道路が閉鎖、それで慌てふためいてしまうわけです。

なんとか、
スークの駐車場にたどり着いて、
Cornishまで徒歩で。
それでも予定通りにパレードが始まるわけでもなく、
しばらく待ちました。

パレードは軍事パレードでした。
あまり軍備には詳しくないのですが、
装甲車や戦車、
迫撃砲、野戦病院のトラック、
沿岸警備隊の船など、
日本ではなかなか見ることの出来ない車両を見ることが出来て、
それなりに満足でした。

P1040245 P1040259 P1040263


P1040266 P1040268 P1040270


軍備車両の後は、
戦闘機やヘリコプター、カタールエアの旅客機による航空ショーがあり、
そして、
黒塗りのベンツがスーッと通っていきました。
その中から手を振る、
見慣れた顔があります。

あっ!ハマド国王!

あまりに急なことで、写真を撮り忘れてしまいました。
ハマド国王が来たということは、次はモーザ妃か!
と思ってカメラを構えて待っていましたが、
モーザ妃は現れず、
そのままパレードは終了しました。

期待していた馬やラクダのパレードがなかったのは残念でした。

***

夜八時からの花火は、
家のテレビで見ました。
#去年はこれをスークのレストランから観て、帰りの車がなくて大変な思いをしました。

見るからに、
ドバイの噴水を意識していますが、
今年は、2022年ワールドカップが決定したお祝いの年、
こころなしか、
去年よりも豪華だったような気がします。

テレビは、
QRTVと表示されていたので、
Qatar TVだと思うのですが、
このチャンネルは一日中、National Holidayにちなんだ番組や討論会などをやっていて、
なんだか、
新年のNHKを見ているようだな、
と思いました。

before92 at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Qatar | 都市

2010年12月04日

Qatar Tribune 2面以下

昨日の記事に書いた、
モーザ妃の写真のアップです。
彼女のこんな表情はなかなか見れません。

P1040173


さて、
経済人としては、
カタールはこれから2022年にむけてどうなるのか、
が気になりますが、
それについては、
こんな記事が載っています。

P1040174


9個のスタジアムを新築、
3個のスタジアムを改築
するそうです。

改築もスタンドを大きくしたり、
外気が40度を超えてもピッチ上を20度にするための空調工事ですから、
非常に大掛かりなものになるでしょう。

新聞記事によると、
$42.9 Billionをインフラ整備に、
うち$9 Billionをスタジアム整備にあてる、
とあります。

計算しやすいように、1ドル100円とすると、
インフラ整備には43兆円、うちスタジアムに4000億円、
となりますが、
ちょっと金額が少ないような気がします。
4000億円を9で割ると、450億円です。
(2002年W杯決勝を行った日産スタジアムの建設コストが603億円とWikipediaにあります)

さて、どうなるのでしょうか。


before92 at 02:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Qatar | 新聞・雑誌

2010年12月03日

2022 Qatar World Cup

ご承知の方も多いかと思いますが、
昨日のFIFA総会において、
Qatarが2022年ワールドカップの招致に成功しました。

first1_1 nation1_1 sports1_1


今朝のQatar Tribuneは4冊に別れている冊子のうちの3冊までが、
一面でこの偉業を報道しています。
左から、本紙、National紙、Sports紙です。

写真としては、
一番右側の写真、
その写真の右下に写っている、モーザ妃の表情が素晴らしいです。
こんなに興奮しているモーザ妃の表情は初めて見ました。

スタジアムは全てこれから作るか改修する、
公共交通機関も無いから、
鉄道をこれから敷設するなど、
全てこれらを、いちから作り出す壮大な計画です。

before92 at 20:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Qatar | 新聞・雑誌

2010年11月13日

Oman Turtle Watching Tour(Stay @ Ras Al Jinz)

ハッジホリデイを利用してオマーンにウミガメを観に行ってきました。
カタールは休日が少なく、
ラマダン明けの4日間のイードホリデイ、
その2ヵ月後に4日間のハッジホリデイ、
そして12月18日のナショナルホリデイしかありません。

ハッジというのは、「巡礼」という意味。
本来は、ムスリムが聖地メッカに巡礼に行くためのお休みです。

今回の旅行は、
LCC(Low Cost Carrier=格安航空会社)の
fly Dubaiを利用しました。

早朝3時20分にDoha発、5時20分にDubai着、
Dubaiでトランジットして、
7時にDubai発、8時にMascutに到着しました。

Mascut空港では、
まずVisaを購入します。
イミグレのすぐ横に、
両替屋さんのTraveloxがあるのですが、
そこで両替とVisaの購入が出来ます。
僕らは、すぐ横にある、ATMでキャッシングしてから購入しました。

一般旅行者は、RO20=20オマーンリアル=4400円ですが、
僕らは日本人であっても、カタール在住と言うことで、
GCC=Gulf Country Council割引でRO5=1100円
にしてもらえました。

今回のウミガメ旅行、
とにかく情報がありません。
ウミガメの海岸がだいたいどのあたりにある、
と言うことはわかっていても、
blogで検索した情報は古くて、
道路が無いから、4WDのレンタカーが必要だとか、
書かれていますので、
まずは、レンタカーカウンターで情報収集です。

レンタカー屋によると、
そのTurtle Beachは有名で、
最近、
新しい道路が出来たから、
コンパクトカーで、
行くことが出来ること、
空港からそこまで350キロぐらいで4時間ぐらいだと教えてもらいました。

レンタカーのシステムも独特で、
僕らが借りたYalisの場合、
一日の使用料がRO13、
走行距離制限が一日当たり200キロと決まっていて、
それを超過した分については、1キロ当たり、RO0.05=BZ50=50Baizaバイザ=11円の追加料金、
フルインシュランスの保険を入れると大体RO50なので、
これをデポジットをかねて先払いします。
(使用後に清算したら、RO49.5。ほぼぴったりでした。)

9時半に空港を出発。
マスカット市内で多少道に迷いながらも、
マスカットを抜けたら、
あとは、地層がむき出しの山岳道路を進みます。
山岳道路と言っても、
日本の山道のようなクネクネ坂道ではなく、
平らでまっすぐ、ほぼ全域で制限速度が100キロのような快適なドライブです。

101116_009_Oman Driving 101116_011_Oman Driving


空港から約250キロ、
目的地の手前の最後の街、
Surに12時半ごろ到着しました。

ここでランチにしようとしたのですが、
街中をグルグル回っても、
お店が開いている気配がありません。
仕方が無いので、
街外れの、
Sur Beach Hotelに入ったら、
建物の中には、
想像以上の大盛況で、
レストランもやっています。

レストランは、
アラビック、中華、イタリアン、アメリカン、フレンチ、
なんでもあり、
というような日本のデパートの大食堂のようなメニューでしたが、
味もそれほど悪くなかったです。

ホテルのフロントで目的地のRas Al Jinzに行きたいのだけど、地図があるか?
と聞くと、ワープロで作ったような地図をくれました。
それにしたがって、
進んだのは良いのですが、
縮尺が無い、手書きの地図なので、
とにかく分かりにくい。
それでも何とか近くまでは来ており、
左はRas Al Hadd、右はRas Al Jinzという標識のところまでは、
行くことが出来たのですが、
そこから行けども行けども標識がない。

途中でラクダの放牧に出会ったりして、
(前足が両方ともロープで結ばれていたので野生じゃなくて放牧だと思います)
それなりに面白いのですが、
それでも目的地が分からないので、
不安になってきます。

101116_012_Oman Driving_Wild Camel 101116_013_Oman Driving_Wild Camel 101116_015_Oman Driving_Wild Camel


町らしきものに入ってきたので、
ガソリンスタンドの店員に聞いたら、
40キロほど戻れといいます。
どうやら、
看板を見落としていたようで、
結局、出発から、
昼食も含めて6時間半、走行距離400キロで、
ようやく目的地のRas Al Jinzに16時ごろ到着しました。

101116_017_Ras Al Jinz 101116_018_Ras Al Jinz


Webサイトを見る限り、
Ras Al Jinzは、
本来、ウミガメ保護の研究施設だったようなのですが、
建物は新しくて、真っ白のモダンな建物。
ちょっとしたリゾートホテルのような佇まいです。

予約の際に、
メールでやり取りをして、
事前に、料金を送金しておいたのですが、
どうやら、現地でも支払いが出来そうです。

部屋は、ダブルの2段ベッド、
天井の高い部屋で4人までは泊まれます。
タオル、石鹸やシャンプーなど、
必要十分なアメニティが揃っていますが、
シャワーカーテンが無いので、
シャワーを浴びるとトイレまでびしょ濡れになってしまいます。

館内には、
ウミガメやウミガメツアーに関する注意などが展示されており、
海岸は、ツアーでなければ立ち寄れないようになっているようです。

101116_022_Ras Al Jinz


運転に疲れたので、
少し仮眠して、
19時からバッフェの夕食、
大人が一人RO6=1320円、子どもが一人RO4=880円です。
種類はそれほど多くは無いけれど、
味は悪くありません。

順番にシャワーを浴びて、
21時のEvening Turtle Tourの受付に部屋を出たら、
ロビーにはものすごい人があふれています。
どうやら、
Surのホテルなどから車でやってきているようです。

4つのグループに分かれて、
海岸まで出発します。
今日は上弦の月。
人工的な明かりは、
Ras Al Jinzの建物から漏れてくる光と、
ツアーガイドが持っている懐中電灯だけですが、
恐ろしいほどの月明かりで、
影が出来るほど明るいです。
砂浜を10~15分ほど歩きますので、
ビーチサンダルがあると便利です。
海岸に近づくと、
突然、穴ぼこがあったりします。

海岸から20mぐらい離れたところで、
一度グループは集合して、
そこでツアーガイドの話を聞きます。

7種類のウミガメのうち、
Omanの海岸には5種類がやってきて、
そのうち、この海岸に来るのはGreen Turtleだということ。
敏感なので、前に回らないこと。
カメラ禁止であること、
などの説明を受けて、
さらに、ウミガメの生態についても説明してくれます。

海岸に上陸するのはメスのウミガメだけで、
3年おきに出産のためにやってくる。
出産は2週間おきに3回ほど行われる。

海から上がってくると、
深さ1メートルぐらいの穴を掘り、
たまごを100個ほど産み、埋めて分からないようにする。
その後、2~3mほど前にカモフラージュの穴を掘り、
キツネに食べられるのを防ぎ、
その後、海に帰るとのこと。
そこまでの全ての時間が2時間程度。
ピークシーズンは5~9月で、
多いときには一晩で30頭も上がってくることがあるが、
オフシーズンで運が悪いと、まったく見れない日もあるとの事。

そういう説明の間、
他の専門家たちが
海岸でウミガメを探してくれていて、
3頭のウミガメが上がってきていること、
うち1頭が産卵中で、2頭が海に戻るところだということで、
さっそく産卵の様子を見せてもらいます。

うまく説明できませんが、
ものすごく感動的です。
ウミガメの動きは緩慢で、
一つ一つの動作を間隔をあけながら行うので、
本当に力を振り絞っているように見えます。

そして、
ウミガメの甲羅が美しくて、
とても大きいことに驚きます。

あっという間に1時間が過ぎ、
また来た道を建物まで戻って解散になります。

そのままベッドで少し寝て、
3時半に起きます。
今度は、
早朝4時からのツアーです。
9時からのツアーよりは少し少ないですが、
それでも結構な数の参加者がいます。

同じように、
歩いて海岸に向かいますが、
上弦の月は沈んでしまっているので、
今度は、あたりが真っ暗です。
逆に、ものすごくきれいな星空が見えます。
天の川、プレヤデス星団などクッキリと見えます。
あまりに星が見えすぎて、
星座が分からないほどです。

9時のツアーのときと
同じ説明を受けると、
ツアー客からいくつか質問が出てきます。
どうやら、
9時に参加した人はいないようです。

真っ暗だと言うこともあるのですが、
フラッシュを焚かなければカメラ撮影してよい、
と言われます。

案内された先には、
産卵を終えつつあるウミガメがいました。

101117_032_Ras Al Jinz_Morning Turtle Tour_Green Turtle


ツアーガイドが、
しゃがみこむと、
そこには、
生まれたばかりの子ガメがいました。

101117_040_Ras Al Jinz_Morning Turtle Tour_Green Turtle Baby 101117_042_Ras Al Jinz_Morning Turtle Tour_Green Turtle Baby


海の方向もわからず、
でたらめな方向に、
一生懸命ヒレを動かして進んでいきます。

母親のゆったりとした動きと、
子ガメの必死な動きが、
対照的です。

そんなことをしていたら、
海の向こう側が赤く染まってきて、
夜が明けてきました。

101117_045_Ras Al Jinz_Morning Turtle Tour_Green Turtle 101117_047_Ras Al Jinz_Morning Turtle Tour_Green Turtle


101117_055_Ras Al Jinz_Morning Turtle Tour 101117_063_Ras Al Jinz_Morning Turtle Tour_Guide


感動的な光景でした。

建物に戻って、
もう一眠りしてから、
朝食を食べて、
Ras Al Jinzを後にしました。
まっすぐ空港に向かったら、
ちょうど300キロ、3時間で到着できました。

before92 at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)中東 | Travel

2010年10月30日

WTA Qatar Open Tennis

10月になって、
いよいよ中東のベストシーズンになって来ました。
暑さも和らいできて、
日中でも少しずつ屋外を歩くことが出来るようになってきます。

このWTA女子テニスを皮切りに、
4月ぐらいまではスポーツイベントが、
中東の楽しみになります。

ということで、
土曜日のSemi-Finalを観に行ってきました。

この大会は、
賞金額としてはグランドスラムに次ぐ大会。
ランキングのトップから希望する8人だけが参加でき、
4人ずつのグループに分かれてまず総当たり戦。
上位の2名ずつがノックアウト方式のトーナメントに進みます。

ダブルス、シングルス、シングルス、ダブルスと4試合が組まれており、
最初の試合は3時から、
シングルスは5時半からの開始です。

P1030931


ダブルス開始時には、
まだスタンドはガラガラ。

P1030936


ダブルスが終わって、
合間にファストフードを買ってきて、
食べ終わった頃に、
ちょうど、選手が入場してきました。

ランキング上位のClijstersがタイブレークを制すると、
第2セットは危なげなく圧倒しました。

P1030963


シングルスの2つ目の試合、
今日のメインイベントですが、
それでも、客席はまばら。
ランキング1位のWozniackiが登場してもこの程度でした。

P1030977


去年1月、フェデラーとナダルが来たときは結構入っていたのになあ、
と思うのですが、やっぱり男子の方が人気があるのでしょうか。
http://blog.livedoor.jp/before92/archives/51776250.html

第1セットをWozniackiがなんとか取ったところで、
明日の仕事と学校に差しさわりがあるということで、
会場を後にしました。

P1030979


P1030983


ようやく、
スポーツシーズンが始まります。

before92 at 23:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Qatar | 住まい方

2010年10月26日

Doha Tribeca Film Festival

Doha Tribeca Film Festivalが開幕しました。

DTFF


ドーハ市内の映画館で
いろいろな映画を上映しているようで、
新聞にも上映スケジュールが載っています。

それにしても、
この名前・・・
何とかならないものでしょうか。

有名ブランドを欲しがるドーハらしいと言ってしまえばその通りなのですが、
トライベッカはニューヨークの地名、
まるで、

ドーハ六本木映画祭

みたいな変な名前です。

before92 at 12:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Doha | 住まい方

2010年10月09日

Japan upset Argentina

日本国中が歴史的勝利に沸きあがった翌朝、
ドーハでもこんな記事がスポーツ面に載りました。
さすがに、一面とはいきませんが、
嬉しいものです。

101009_01_Qatar Tribune


とはいえ、
写真はメッシですし、
見出しは、
アルゼンチンの連勝がストップした、
みたいな書き方です。

まあ、
世界的な注目度としては
その通りだと思いますが、
それでも嬉しいものですね。


ちなみに、
11月17日に、
またKhalifa Stadiumで、
ブラジルvsアルゼンチンの親善試合があるそうです。
我が家は旅行中で観戦できませんが、
このイベントを満員で成功させて、
12月の
ワールドカップ招致の投票につなげたい、と思っているのでしょう。

before92 at 18:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新聞・雑誌 | Doha

2010年10月07日

New Stadium in Lusail for W-Cup 2022

今朝の新聞の一面にこんな記事がありました。

101007_02_Qatar Tribune_New Stadium in Lusail


2022年のワールドカップ招致に向けて、
これが最後の打ち上げ花火のようです。

Moto GPを行う、
Lusailサーキットの近くに、
86000人収容のスタジアムを建設する、
設計者は、イギリス人の有名建築家のNorman Foster。

これによって、
12の会場は、
いずれも車で一時間以内に位置することが出来るので、
毎日、2試合ずつ、試合を観戦することが出来る。

と記事には書かれています。

2022年までには、
鉄道の計画もありますし、
ワールドカップ招致が決まったら、
急ピッチで開発が進むのでしょう。


before92 at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Doha | 新聞・雑誌

2010年09月27日

The Pearl

Qatar Tribuneにこのような記事が載っていました。

100927_02_Qatar Tribune


2011年には、
The Pearlに8000戸の住宅が完成する。

The Pearlというのは、
DubaiのPalm JumeirahやThe Worldなどを真似た
Dohaの中心地から車で20分ぐらいのところにある人工島ですが、
Dubaiほど大きすぎず、
ヒューマンスケールの感じがします。

ただ、
工事の進捗状況を見ていると、
一部、完成はしていたり、
お店が入っていたりしますが、
8000戸となるとまだまだかかる感じですし、
写真のような状態になるには、
まだ10年はかかるような気がします。

何より、
このような高級住宅地に入居できる人がどれだけいるか、
という方が疑問のような気もします。

ドーハはドバイに追いつけ追い越せ、
という機運がありますが、
どうしてもドバイのスピードには敵わない感じです。

before92 at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Doha | 都市