カワハギ@岩井忠蔵夜アナゴ@一之瀬丸

2009年11月01日

キンメダイ@番匠高宮丸

久しぶりに、赤沢日帰り温泉館に行って来ました。

タオル、アメニティ完備の温泉なので、手ぶらで気軽に楽しめること、
それから、露天風呂から海を一望できるのも、この温泉の魅力です。

日頃の疲れを温泉で癒し、どうせ、ここまで来たのなら、キンメ釣りにでも
行ってから帰ろうか
、ということで、番匠高宮丸へお邪魔してきました。


席座は、ミヨシから4番目。

そして、まず1投目。

ミヨシの方とミヨシから2番目の方は、クロムツ狙いらしく、それぞれ、
カツオのハラモとサンマを一番下の針につけていました。

我が家は、サバ短をつけましたが、結局、(たぶん)全員とも、ハリスが根掛かり
してしまい、魚の顔を見ることはできませんでした。
(反応はあったような感じだっただけに、残念…)

その後、1枚、2枚と周囲ではキンメがあがりますが、
我が家の竿にかかるのは、カラスザメ、タチモドキ…。

次第に風が吹いてきて、波も高くなってきました。

おまけに、潮が早いため、水深480mなのに、ラインは800m前後まで
送っている状況。
そのため、巻き上げにも時間がかかり、8投するのは不可能。
このままでは オ、デ、コ…

とうとう、最後の投入(7投目)!

最後なので、少しゆっくり巻き上げようと大事に巻き上げたことも
良かったのかも…。

最後の最後で、ようやく1尾のキンメダイと対面できました!
やはり、諦めないことが肝心です。

ただ、完全に不完全燃焼です。どこかでリベンジに行かなくては〜!!


あと、オモリが白くコーティングされた新しいオモリに変わっていました。
1本、200円ですので、自分が海に奉納したオモリの数をきちんと数えて、
精算する際に、船長に報告してくださいね〜。

ちなみに、「どうしてオモリ、変えたの?」と聞いたところ
船長が「船が汚れねぇようにだよ」と言ってました。
確かに、手もウェアも汚れないけど、鉄筋って感じじゃなくて、少し寂しいかな…
とも思いました。

beginnersluck_7 at 10:53│Comments(0)TrackBack(0) 釣行記 | 日記

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
カワハギ@岩井忠蔵夜アナゴ@一之瀬丸