イシャジャの呟き 

イシャジャとは 干拓前の八郎潟に棲息していた微細なエビで 「価値のないもの、か細く力のない弱者」の蔑称で、何の力もない高齢の僕を「イシャジャ」に擬人化して、ため息、寝言、独り言、その他」を タドタドシイ文で綴ってみたいと思って立ち上げたものです。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/0giv5kcpdsco

交通安全


              


 誕生日の花 ノハラアザミ  花言葉  心の成長



ラジオ深夜便から

 今日から 秋の全国交通安全運動が始まった。気づかずにいたら、スーパーへの 途次 町内では 各戸ともに 安全旗を掲揚しているではないか・・・、遅ればせながら 我が家でも 掲揚しました。買い物の計画にはなかったが、おはぎ を買って彼岸を思い出す。暑さも彼岸まで・・・涼しくなるはずだネ


除草


          

誕生日の花  ヤブラン  花言葉  忍耐


ラジオ深夜便から

 空が青く どこまでも高いので、涼しい中のと朝食後 朝ドラも見ずに 気掛かりだった 除草に取り掛かる。種を付けている草もあるが 毟りやすい。調子に乗って 11時まで 2時間半 頑張った、資源ごみ袋に 45リットルあった。気温が上がらず ラジオを聴きながらの作業は暫くぶりで 気分がよかった。

 除草した後、上を見たら、矮性の種なし柿が 地面すれすれに生っていて 色づいていました。

天高く


                             

誕生日の花 オミナエシ  花言葉 はかない恋 親切



ラジオ深夜便から

 朝方は冷えて 上着を羽織る。空は青空、天高く 食欲の秋らしい。梨も葡萄も冷蔵庫にあり、食欲が出た時点で 戴こう。

 秋の七草の、オミナエシは 歩行に不安のなかったころは、キノコ採りに山入りした序に、採って帰ったが、臭気が漂ってきて 捨てた記憶がある。

 昨夕は、首都圏で働いている孫から電話あり、少しばかりの 贐を送った お礼であった。今度 帰省した時は 爺、婆に顔を見せるとのことであった。人口減少著しい、秋田は 住む県でなく、帰省する県であることが現実である。

参加中のブログ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新トラックバック
日本でも、弾劾制度が必要ではないか? (老人党リアルグループ「護憲+」ブログ)
空梅雨
閉塞した社会と、嘲笑う「彼ら」 (老人党リアルグループ「護憲+」ブログ)
曇り空
「日本の政治、死ね!!!」 (老人党リアルグループ「護憲+」ブログ)
 エアコン稼働
メンバーリスト
プロフィール

べごおじ

最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
  • ライブドアブログ