イシャジャの呟き 

イシャジャとは 干拓前の八郎潟に棲息していた微細なエビで 「価値のないもの、か細く力のない弱者」の蔑称で、何の力もない高齢の僕を「イシャジャ」に擬人化して、ため息、寝言、独り言、その他」を タドタドシイ文で綴ってみたいと思って立ち上げたものです。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/0giv5kcpdsco


                 

誕生日の花 ダルマギク  花言葉  打たれ強い




ラジオ深夜便から

 日中は 青空が 高く 青く広がっています。午前中は来客あり、気が付いたら 昼になっていました。テレビの番組に従って 時間が経過していくような気がしてならない。

 ごごナマを見ている間に、大相撲九州場所の放映の時間になった。一人横綱の負担が大きくなったようで 気の毒でならない。国会のネット中継を覗いて見たが、年寄が視聴したとて、どうにもならないので 止めて、相撲の放映を待つ、北海道には 初雪が降ったというニュースが入った・・・・


                        

誕生日の花  ヤクシソウ  花言葉  にぎやか



ラジオ深夜便から

  気温は下がってきたが、初雪までは少し時間がかかるようだ。今朝のゴミ出しも 億劫ではなかった。夕方からは 崩れた天気になるというが、昼前は 青空が覗き見ることができ、草木の枯れが 冬が近いことを知らせてくれ、V字形で 白鳥が飛んでいます。どこかへ向かうのか、小泉潟に気が付かず、どこへ向かうのかな~


           

花言葉 ミズヒキ 花言葉  慶事



ラジオ深夜便から
 
  朝方冷えたので、ストーブを焚いて 温まっていたら 青空が広がっていたので 洗濯機を回す 外干しには 絶好だが 今年最後の好天だろうか

 今日は、のど自慢を見て~ 女子駅伝を見て、女子サッカー ノルウェー戦を見て、大相撲九州場所を見て
夕食を食べて 終了します・・・

↑このページのトップヘ