イシャジャの呟き 

イシャジャとは 干拓前の八郎潟に棲息していた微細なエビで 「価値のないもの、か細く力のない弱者」の蔑称で、何の力もない高齢の僕を「イシャジャ」に擬人化して、ため息、寝言、独り言、その他」を タドタドシイ文で綴ってみたいと思って立ち上げたものです。

2008年12月


誕生日の花 アオキ 花言葉 若く美しく



   アオキ

 今年も残り僅かです。一年間一方ならぬお世話になりました。

転載のお許しを頂いている、老人党提唱者の ”なだいなだ”さんのコラム”打てば響く”が更新されましたので転載します。(以下転載) 

         "打てば響く”           なだ いなだ  

   12月31日 今年最後の感想です

   今の状況をイエスが見たら

 今、パリにいます。今年中に間に合うかどうか分かりませんが、2008年 の最後の感想として書いています。そして今フランスのニュースを見たところ です。ガザに対するイスラエルの攻撃は、目には目どころか、10倍にして返 す、あるいは百倍にして返すというやりかたで、ギャザの状況を映すテレビ 画面には目を覆いたくなります。 

 ヨーロッパ諸国としても黙認し、放置しておくわけにはいかず、各国の政府 が動いているようですが、イスラエルのこととなると、政府水準の動きは鈍 く、民衆の水準では、いらだちが広がっています。パリのモンパルナスでは、 それを反映して、かなりの規模で、反イスラエルのデモがありました。 

 ぼくもこのデモのリーダーと同じ思いです。何故、ぐずぐずしているのか。イ エスが今地上に姿を現して、パレスチナの状況を見たら、何というでしょう。 答は決まっています。「まあ、もう少し待て、様子を見よう」というでしょうか。 いうはずがないでしょう。ヨーロッパにはクリスチャニズムの伝統がありま す。心情的には、イエスが今ここにいたら、どういうか、という気持ちが、道 徳心の底にあります。日頃はかなり偽善的になっていて、エゴイズム的に行 動していますが、24時間の間に、一瞬ぐらいは考えるときがある。というの は、ぼくの希望的観測で、あまりにも希望し過ぎていて、現実はそう甘くはな いかもしれませんが、ここは希望を抱くことにします。さもなければ、自暴自 棄になります。

 オバマは、今頃、貧乏くじを引いたと思っているかもしれません。でも、そう いう状況だからこそ、自分が当選できたのだ、と思ってもらいたいものです。 1月20日まで、なんでオバマを待たなければならないのでしょう。ま。どっち みちオバマもアメリカの大統領で、過大な期待は抱かない方がいいかもしれ ませんが、現状を見ていると、そんな気持ちにもなってしまいます。

 過去の有名なユダヤ人たちにも出てきてもらって、一言いってもらいたい 気分です。アインシュタインはなんていうでしょう。独裁者という映画を作った チャップリンは。ハインリッヒハイネは。マルクスは。トロツキーは。シモーヌ・ ヴェーユは。 

 イスラエルの建国を許したのは、平和を願う世界に刺さるトゲを許したよう なものです。今や、愚痴に聞こえますが、あそこには、国連が主導して、ユダ ヤ人とパレスチナ人が、平和に共存できる国家を作るべきだったのです。か れらも同意見だと思います。

 イスラエル?それよりも不況だ、年金だ、と考える人もいるでしょうが、これ は21世紀の地球の問題です。というのはこれを放置しては、世界のモラル ハザードが起きかねないからです。  


誕生日の花 アオキ 花言葉 若く美しく



   アオキ

 今年も残り僅かです。一年間一方ならぬお世話になりました。

転載のお許しを頂いている、老人党提唱者の ”なだいなだ”さんのコラム”打てば響く”が更新されましたので転載します。(以下転載) 

         "打てば響く”           なだ いなだ  

   12月31日 今年最後の感想です

   今の状況をイエスが見たら

 今、パリにいます。今年中に間に合うかどうか分かりませんが、2008年 の最後の感想として書いています。そして今フランスのニュースを見たところ です。ガザに対するイスラエルの攻撃は、目には目どころか、10倍にして返 す、あるいは百倍にして返すというやりかたで、ギャザの状況を映すテレビ 画面には目を覆いたくなります。 

 ヨーロッパ諸国としても黙認し、放置しておくわけにはいかず、各国の政府 が動いているようですが、イスラエルのこととなると、政府水準の動きは鈍 く、民衆の水準では、いらだちが広がっています。パリのモンパルナスでは、 それを反映して、かなりの規模で、反イスラエルのデモがありました。 

 ぼくもこのデモのリーダーと同じ思いです。何故、ぐずぐずしているのか。イ エスが今地上に姿を現して、パレスチナの状況を見たら、何というでしょう。 答は決まっています。「まあ、もう少し待て、様子を見よう」というでしょうか。 いうはずがないでしょう。ヨーロッパにはクリスチャニズムの伝統がありま す。心情的には、イエスが今ここにいたら、どういうか、という気持ちが、道 徳心の底にあります。日頃はかなり偽善的になっていて、エゴイズム的に行 動していますが、24時間の間に、一瞬ぐらいは考えるときがある。というの は、ぼくの希望的観測で、あまりにも希望し過ぎていて、現実はそう甘くはな いかもしれませんが、ここは希望を抱くことにします。さもなければ、自暴自 棄になります。

 オバマは、今頃、貧乏くじを引いたと思っているかもしれません。でも、そう いう状況だからこそ、自分が当選できたのだ、と思ってもらいたいものです。 1月20日まで、なんでオバマを待たなければならないのでしょう。ま。どっち みちオバマもアメリカの大統領で、過大な期待は抱かない方がいいかもしれ ませんが、現状を見ていると、そんな気持ちにもなってしまいます。

 過去の有名なユダヤ人たちにも出てきてもらって、一言いってもらいたい 気分です。アインシュタインはなんていうでしょう。独裁者という映画を作った チャップリンは。ハインリッヒハイネは。マルクスは。トロツキーは。シモーヌ・ ヴェーユは。 

 イスラエルの建国を許したのは、平和を願う世界に刺さるトゲを許したよう なものです。今や、愚痴に聞こえますが、あそこには、国連が主導して、ユダ ヤ人とパレスチナ人が、平和に共存できる国家を作るべきだったのです。か れらも同意見だと思います。

 イスラエル?それよりも不況だ、年金だ、と考える人もいるでしょうが、これ は21世紀の地球の問題です。というのはこれを放置しては、世界のモラル ハザードが起きかねないからです。  


誕生日の花 アオキ 花言葉 若く美しく



   アオキ

 今年も残り僅かです。一年間一方ならぬお世話になりました。

転載のお許しを頂いている、老人党提唱者の ”なだいなだ”さんのコラム”打てば響く”が更新されましたので転載します。(以下転載) 

         "打てば響く”           なだ いなだ  

   12月31日 今年最後の感想です

   今の状況をイエスが見たら

 今、パリにいます。今年中に間に合うかどうか分かりませんが、2008年 の最後の感想として書いています。そして今フランスのニュースを見たところ です。ガザに対するイスラエルの攻撃は、目には目どころか、10倍にして返 す、あるいは百倍にして返すというやりかたで、ギャザの状況を映すテレビ 画面には目を覆いたくなります。 

 ヨーロッパ諸国としても黙認し、放置しておくわけにはいかず、各国の政府 が動いているようですが、イスラエルのこととなると、政府水準の動きは鈍 く、民衆の水準では、いらだちが広がっています。パリのモンパルナスでは、 それを反映して、かなりの規模で、反イスラエルのデモがありました。 

 ぼくもこのデモのリーダーと同じ思いです。何故、ぐずぐずしているのか。イ エスが今地上に姿を現して、パレスチナの状況を見たら、何というでしょう。 答は決まっています。「まあ、もう少し待て、様子を見よう」というでしょうか。 いうはずがないでしょう。ヨーロッパにはクリスチャニズムの伝統がありま す。心情的には、イエスが今ここにいたら、どういうか、という気持ちが、道 徳心の底にあります。日頃はかなり偽善的になっていて、エゴイズム的に行 動していますが、24時間の間に、一瞬ぐらいは考えるときがある。というの は、ぼくの希望的観測で、あまりにも希望し過ぎていて、現実はそう甘くはな いかもしれませんが、ここは希望を抱くことにします。さもなければ、自暴自 棄になります。

 オバマは、今頃、貧乏くじを引いたと思っているかもしれません。でも、そう いう状況だからこそ、自分が当選できたのだ、と思ってもらいたいものです。 1月20日まで、なんでオバマを待たなければならないのでしょう。ま。どっち みちオバマもアメリカの大統領で、過大な期待は抱かない方がいいかもしれ ませんが、現状を見ていると、そんな気持ちにもなってしまいます。

 過去の有名なユダヤ人たちにも出てきてもらって、一言いってもらいたい 気分です。アインシュタインはなんていうでしょう。独裁者という映画を作った チャップリンは。ハインリッヒハイネは。マルクスは。トロツキーは。シモーヌ・ ヴェーユは。 

 イスラエルの建国を許したのは、平和を願う世界に刺さるトゲを許したよう なものです。今や、愚痴に聞こえますが、あそこには、国連が主導して、ユダ ヤ人とパレスチナ人が、平和に共存できる国家を作るべきだったのです。か れらも同意見だと思います。

 イスラエル?それよりも不況だ、年金だ、と考える人もいるでしょうが、これ は21世紀の地球の問題です。というのはこれを放置しては、世界のモラル ハザードが起きかねないからです。  


誕生日の花 アオキ 花言葉 若く美しく



   アオキ

 今年も残り僅かです。一年間一方ならぬお世話になりました。

転載のお許しを頂いている、老人党提唱者の ”なだいなだ”さんのコラム”打てば響く”が更新されましたので転載します。(以下転載) 

         "打てば響く”           なだ いなだ  

   12月31日 今年最後の感想です

   今の状況をイエスが見たら

 今、パリにいます。今年中に間に合うかどうか分かりませんが、2008年 の最後の感想として書いています。そして今フランスのニュースを見たところ です。ガザに対するイスラエルの攻撃は、目には目どころか、10倍にして返 す、あるいは百倍にして返すというやりかたで、ギャザの状況を映すテレビ 画面には目を覆いたくなります。 

 ヨーロッパ諸国としても黙認し、放置しておくわけにはいかず、各国の政府 が動いているようですが、イスラエルのこととなると、政府水準の動きは鈍 く、民衆の水準では、いらだちが広がっています。パリのモンパルナスでは、 それを反映して、かなりの規模で、反イスラエルのデモがありました。 

 ぼくもこのデモのリーダーと同じ思いです。何故、ぐずぐずしているのか。イ エスが今地上に姿を現して、パレスチナの状況を見たら、何というでしょう。 答は決まっています。「まあ、もう少し待て、様子を見よう」というでしょうか。 いうはずがないでしょう。ヨーロッパにはクリスチャニズムの伝統がありま す。心情的には、イエスが今ここにいたら、どういうか、という気持ちが、道 徳心の底にあります。日頃はかなり偽善的になっていて、エゴイズム的に行 動していますが、24時間の間に、一瞬ぐらいは考えるときがある。というの は、ぼくの希望的観測で、あまりにも希望し過ぎていて、現実はそう甘くはな いかもしれませんが、ここは希望を抱くことにします。さもなければ、自暴自 棄になります。

 オバマは、今頃、貧乏くじを引いたと思っているかもしれません。でも、そう いう状況だからこそ、自分が当選できたのだ、と思ってもらいたいものです。 1月20日まで、なんでオバマを待たなければならないのでしょう。ま。どっち みちオバマもアメリカの大統領で、過大な期待は抱かない方がいいかもしれ ませんが、現状を見ていると、そんな気持ちにもなってしまいます。

 過去の有名なユダヤ人たちにも出てきてもらって、一言いってもらいたい 気分です。アインシュタインはなんていうでしょう。独裁者という映画を作った チャップリンは。ハインリッヒハイネは。マルクスは。トロツキーは。シモーヌ・ ヴェーユは。 

 イスラエルの建国を許したのは、平和を願う世界に刺さるトゲを許したよう なものです。今や、愚痴に聞こえますが、あそこには、国連が主導して、ユダ ヤ人とパレスチナ人が、平和に共存できる国家を作るべきだったのです。か れらも同意見だと思います。

 イスラエル?それよりも不況だ、年金だ、と考える人もいるでしょうが、これ は21世紀の地球の問題です。というのはこれを放置しては、世界のモラル ハザードが起きかねないからです。  


誕生日の花 アオキ 花言葉 若く美しく



   アオキ

 今年も残り僅かです。一年間一方ならぬお世話になりました。

転載のお許しを頂いている、老人党提唱者の ”なだいなだ”さんのコラム”打てば響く”が更新されましたので転載します。(以下転載) 

         "打てば響く”           なだ いなだ  

   12月31日 今年最後の感想です

   今の状況をイエスが見たら

 今、パリにいます。今年中に間に合うかどうか分かりませんが、2008年 の最後の感想として書いています。そして今フランスのニュースを見たところ です。ガザに対するイスラエルの攻撃は、目には目どころか、10倍にして返 す、あるいは百倍にして返すというやりかたで、ギャザの状況を映すテレビ 画面には目を覆いたくなります。 

 ヨーロッパ諸国としても黙認し、放置しておくわけにはいかず、各国の政府 が動いているようですが、イスラエルのこととなると、政府水準の動きは鈍 く、民衆の水準では、いらだちが広がっています。パリのモンパルナスでは、 それを反映して、かなりの規模で、反イスラエルのデモがありました。 

 ぼくもこのデモのリーダーと同じ思いです。何故、ぐずぐずしているのか。イ エスが今地上に姿を現して、パレスチナの状況を見たら、何というでしょう。 答は決まっています。「まあ、もう少し待て、様子を見よう」というでしょうか。 いうはずがないでしょう。ヨーロッパにはクリスチャニズムの伝統がありま す。心情的には、イエスが今ここにいたら、どういうか、という気持ちが、道 徳心の底にあります。日頃はかなり偽善的になっていて、エゴイズム的に行 動していますが、24時間の間に、一瞬ぐらいは考えるときがある。というの は、ぼくの希望的観測で、あまりにも希望し過ぎていて、現実はそう甘くはな いかもしれませんが、ここは希望を抱くことにします。さもなければ、自暴自 棄になります。

 オバマは、今頃、貧乏くじを引いたと思っているかもしれません。でも、そう いう状況だからこそ、自分が当選できたのだ、と思ってもらいたいものです。 1月20日まで、なんでオバマを待たなければならないのでしょう。ま。どっち みちオバマもアメリカの大統領で、過大な期待は抱かない方がいいかもしれ ませんが、現状を見ていると、そんな気持ちにもなってしまいます。

 過去の有名なユダヤ人たちにも出てきてもらって、一言いってもらいたい 気分です。アインシュタインはなんていうでしょう。独裁者という映画を作った チャップリンは。ハインリッヒハイネは。マルクスは。トロツキーは。シモーヌ・ ヴェーユは。 

 イスラエルの建国を許したのは、平和を願う世界に刺さるトゲを許したよう なものです。今や、愚痴に聞こえますが、あそこには、国連が主導して、ユダ ヤ人とパレスチナ人が、平和に共存できる国家を作るべきだったのです。か れらも同意見だと思います。

 イスラエル?それよりも不況だ、年金だ、と考える人もいるでしょうが、これ は21世紀の地球の問題です。というのはこれを放置しては、世界のモラル ハザードが起きかねないからです。  

↑このページのトップヘ