イシャジャの呟き 

イシャジャとは 干拓前の八郎潟に棲息していた微細なエビで 「価値のないもの、か細く力のない弱者」の蔑称で、何の力もない高齢の僕を「イシャジャ」に擬人化して、ため息、寝言、独り言、その他」を タドタドシイ文で綴ってみたいと思って立ち上げたものです。

2013年08月


 誕生日の花 ホウセンカ 花言葉 快活

         {/雨/}   {/くも/}

  

     ガクトラノオ      セイタカアワダチソウ

 八月もきょうが晦日です。雨の方は今のところ一休みといったところですが明日未明にかけて大雨という予報なので お天気情報には耳を欹てることですが、左耳はマダ回復途上なので {/悲しい/}

 ガクトラノオが草叢の中でヒッソリと咲いていましたが、秋の七草の”オミナイシ”に取って代わって 外来種のセイタカアワダチソウが跋扈しています。  {/まいった/}

  jp 毎日新聞のコラム”近事片々”から転載させていただきました。(以下転載) 

           近事片々:0.07秒のくるい
                    毎日新聞 2013年08月31日 13時09分


 0.07秒のくるい。「イプシロン」不発にコンピューターの微妙なずれ。

 かつて、石垣でもかみそり一枚も通さぬと例えられた精密さは、わがものづくりニッポンの誉れ。福島汚染水対策で自信が揺らいでいるが。

      ◇

 すんだことではなかった。いざ、の呼び声にこみあげるイラクの苦い、苦い記憶。

 シリア軍事介入。足並みそろわず。

      ◇

 オレオレ詐欺未遂事件で男装女子中学生の「受け子」登場。大人社会の写し絵か。虚実の見境、分別なき社会の。

      ◇


 秋淋(さび)しおのがつたなき心より        去来  


 誕生日の花 キツネノカミソリ 花言葉 妖艶

       {/雨/}   {/くも/} 

  

     木に登ったカボチャ          土手カボチャ

 未明に降った大雨は朝方には止んでました。気温は上昇 蒸し暑い。外回りの作業が気がかりだが きょうは閉じこもることにした。

 坂の途中で木に登ったカボチャと土手カボチャが向き合っているのを発見、土手の方は色白で柔らかそうで 木に登った方は色は黒いが栗の味・・・、収穫の秋デ~ス

 多くのアクセスをいただいていますが、本日は尻切れトンボみたいですが これで失礼します。明日以降もよろしくお願いします。


 誕生日の花 ミズアオイ 花言葉 前途洋々

       {/くも/}

 

      葛                  花 ?

 天気は今夜から週末にかけて大雨になる予報、二百十日に向かって台風15号も北上するらしい。政府広報によれば明日30日から「特別警報」が始まるそうです。『数十年に一度の激しい豪雨や暴風などによる重大 災害の危険性が非常に高まったときに発表される』とありました。

 秋田地方気象台は県内で過去に 起きた災害で特別災害に該当するケースに「四八豪雪」、「日本海中部地震」、07”年9月の秋雨前線による豪雨などを挙げている。(秋田さきがけから引用)

 JP毎日新聞のコラムを以下に転載させていただきました。二百十日前後に出かける予定があるので、〇△警報の類が出ないように祈りながら・・・・

    毎日新聞           余録    8月29日

人は異常な状況に直面しても、「大変だ。これは非常事態だ」という心のスイッチがなかなか入らない。災害の専門家が「正常化の偏見」と呼ぶ心理で、目の前の危険も「たいしたことはない」と考えてしまう平常時の心の惰性である
▲災害心理学の広瀬弘忠(ひろせ・ひろただ)さんの実験では、人のいる部屋に軽い刺激臭のある煙を徐々に充満させても7割の人が部屋にとどまり続けた。逃げなかった1人は「体にいい煙と思った」と、心の中で異常を正当化していたという
▲この心理による津波からの避難の遅れが犠牲者を増やしたと見られる東日本大震災だった。また同じ年の紀伊半島豪雨でも警報が避難につながらず、多くの人命が失われた。これら痛恨の体験をふまえ、迫る危険を人々の心に刻みつけてもらう新たな取り組みである
▲気象、津波などで重大災害が予想される場合に気象庁が発表する「特別警報」の運用があすから始まる。これまでの注意報、警報に加え、気象ならばその地域で数十年に1度の現象が起こりそうな場合、津波は高さ3メートルを超える波が予想される場合に特別警報が出る
▲そういえばすでに「経験のない大雨」の言葉を何度か聞いたこの夏である。7〜8月の山口、島根、秋田、岩手の豪雨は特別警報に相当したという。発令の際は避難も危険な切迫した状況がありうるため、気象庁は「直ちに命を守る行動をとって」と呼びかけている
▲何しろ「数十年に1度」が相次ぐ昨今の荒々しい気象である。今度はそれが普通という「正常化の偏見」が心配になるが、ここは特別警報を心の非常スイッチにしっかりと連動させたい災害列島の住人だ。



 誕生日の花 ヤマハハコ 花言葉 純情

      {/晴れ/}

  

       筧               金魚池 ?

 雲が浮かんでおり 日差しが遮られれば 感じる涼しさは秋です。

 過日撮りだめしていた”陶器店”の涼しげな店頭の置物を 秋が来ないうちに載せてみました。

 夏後半の雨続きで雑草が伸び放題、抜いても 刈っても追いつけず、朝方少しづつ取る計画で、朝起きし着手しましたが 陽がでるまでは肌寒いくらいでした。蚊も寄り付かなくなり快適でした。 きょうのJP毎日新聞のコラム”近事片々”から転載させていただきました。(以下転載)

  近事片々:上がらぬ日もある、ロケットも、人生も
毎日新聞 2013年08月28日 13時03分
 

待ち続けた坊や、がっかりするな。上がらぬ日もある、ロケットも、人生も。

 そのうち、杯を手にしみじみ思い出す日もくる。

      ◇

 人生の「正答率」は数字に出ない。だから終生、白紙答案のようなもの。

      ◇

 日は少々かかるとも、のんびり行こうぜ海洋版。日本郵船、燃料節減の「減速航行」の取り組み強化。省エネ社会の水先案内たれ。

      ◇

 シリア開戦前夜の気配刻々と。「流れ」にのみ込まれず、常に冷静に見定める目を。

      ◇

 草の萩置くや残暑の土ほこり        北枝(ほくし)


 誕生日の花 ユウガオ 花言葉 魅惑の人

        {/晴れ/}

  

      サルビア            グルルバス

 気温は上がっても 空気は爽やか すっかり秋の気配がします。

 秋はなんと言ってもサブビアの赤が似合います。秋田市内では循環バスが走っています。ワンコイン (100円)だそうです。68歳以上の秋田市民は市内はワンコインです。

 イプスロン きょう発射予定のところ 打ち上げ中止の記者会見が開かれています。山本一太大臣が何か言っていますが・・・・ ?。耳の炎症も治まりラジオ深夜便を聞き始める。鳥海昭子の短歌 

ユウガオのほのかに白く花ひらく空気の音をきくような刻

↑このページのトップヘ