June 20, 2016

「真田丸」北条氏の描写にハマった!

「真田丸」毎週観ています。
特に北条氏滅亡の経緯を描いた21話から今週の24話までは、食い入るようにして観ました。

北条ファンの私としては、小田原遠征はいつも複雑な思いで観るのですが、今回は今までの大河とは一味も二味も違いましたね。
名胡桃城事件がナレーションだけで済まされたり、一昨年の大河であれだけ強調していた官兵衛の小田原説得が完全にカットされていたりと、突っ込みどころもありましたが。

高嶋政伸さんの北条氏政、アクの強い演技でしたが良かったですね。
関東の名家だからこそ秀吉に屈することができず、小田原遠征を招いてしまった複雑な事情と苦悩が、よく描けていたのではないかと思います。
氏政がただの凡将ではなかったということが、多くの視聴者に伝わったのではないでしょうか。
「天地人」の薄っぺらい氏政像(武田勝頼も)には憤りを覚えましたが、今回は大違いでしたね。
そうそう、直江兼続像も「天地人」より今回の方が味わい深いです。

そして内野さん演じる徳川家康像も素晴らしいですね。
家康の人間らしさと大物感がしっかり伝わってきます。
小田原攻めに関しても、今までの大河だと秀吉に従ってあっさり北条を見限った、としか描かれない感じでしたが、今回は何度も北条を救おうと動いていましたね。
実際に家康は北条が築いた東国の矜持を守ろうとして、それが結果的に江戸幕府につながったという説もあるようですし。

しっかし、上杉景勝と真田昌幸までが氏政に生きるよう説得に行くというのは腑に落ちない展開ではありました。
なにせ上杉と真田は、北条にとっては仇敵中の仇敵。
特に上杉は関東の看板を背負う苗字ですから、上杉が秀吉に降伏したことで北条が降伏できなくなった、という説もあるくらいですから(この説はかなり説得力があるように思います)。
まあ家康、景勝、昌幸と氏政の4ショットはフィクションとして楽しむのがいいのかな。

今回の大河は『敗者に優しい』という評判もあるようで、確かに初回の武田勝頼に始まって滝川一益、春日、室賀、そして今回の北条親子と、敗者の人物描写も実に豊かに描かれています。
今回秀吉が叩き潰した小田原城。
そのわずか数十年後に、次代の秀頼が籠る大坂城が叩き潰されることの対比にもなっているのですよね…。

北条が滅んだことで(厳密には氏規の子孫が残る)、私の「真田丸」熱も一段落しそうですが、これからも毎週楽しく観ようと思います。

 * * *

小嶋陽菜さん、ついにAKB卒業を発表しましたね。
これまで良く残ってくれたと思います。
これからの活躍にも期待ですね!

 * * *

BUMP OF CHICKENのアルバム「Butterflies」、遅ればせながら購入しました。
現在「Butterfly」をヘビロテ中です。
感想はまた後日、別記事で。



beguilamabird at 00:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)テレビドラマ | J-POP

May 02, 2016

大阪コナンコンサートに出陣!

行って麻衣りました。
TV&MOVIE20周年記念「名探偵コナン」コンサート2016 at 大阪城ホール

私事ですが、大阪を通過したことは数あれど、大阪の地を踏むのは生涯2度目です。
そして前回来た時も、大阪城ホールで行われた名探偵コナンライブだったんですよね〜。
あの時は東京から新幹線で遠征して、倉木麻衣さん、愛内里菜さんたちの声の張りと歌唱力を堪能したのが懐かしく思い出されます。

今回は北陸からサンダーバードで参戦。せっかくなので、隣の大阪城も観てきました。
いや〜、さすが太閤自慢のお城ですね〜。
図で見ると外堀に比べて内堀はずいぶん小さなイメージがあったのですが、実際に見ると内堀も相当のボリュームでした。
家康公もこれを一気に「騙し埋め」するのは大変だったでしょうね〜…。
天守閣のチケットが長蛇の列で、並ぶとコンサートに遅れそうだったので断念したのが心残りです。

そしていよいよ、コナンコンサート。
やっぱり客層が若いですね!そして女性が多く、男女とも落ち着いた地味目の人が多かったです。
私はスタンド席。「S席」というから期待したら、ごく普通の斜め遠方の席でした(苦笑)。
真横ぐらいの不利な席が「A席」だったのかしらん。

(以降ネタバレあり)続きを読む

beguilamabird at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)倉木麻衣 | アニメ

April 24, 2016

大山志保さん10年ぶり2度目の川奈制覇!!

「フジサンケイレディスクラシック」、大山志保選手が優勝しました!
おめでとうございます!!

今日はネットカフェでBSと地上波を両方観て観戦したので、素晴らしい試合を堪能できました。

志保さん、今年悩んでいたパットが良くなって、今日は観た限りノーミスでしたね。
それに加えて終盤の気迫溢れるショットに、アプローチのロブショットまで飛び出して、メンタルも途切れず、志保さんの良さが遺憾なく発揮された一日だったと思います。
それでも実力者アン・ソンジュさんには1,2打届かなさそうな展開でしたが、アンさんの最終ホール、まさかのダブルボギーで志保さんの逆転優勝となりました。

これで志保さんが大好きな川奈で、あのミラクルパットで優勝と賞金女王を手繰り寄せた2006年以来2度目の優勝となりました。
その10年も、2度の故障からの復活、そして7年間を過ごした熊本の地震と、本当に大変でしたね。

今週のTV中継は、その熊本の大先輩、平瀬真由美さんが解説席に座り、ラウンドレポーターは何度も戦った後輩の馬場ゆかり選手でした。
BS放送では、優勝が決まった志保さんが放送席に呼ばれ、その二人の間に座るという印象的なシーンもありました。

昔ファンだった平瀬さんと、今応援している志保さんがこういう形で交わることになるとは。

これでオリンピックの可能性もまた少し大きくなったと思います。
そして米ツアーでは野村敏京選手が現在首位で最終日へ。ここで勝つと、敏京選手はオリンピック当確でしょうか。
注目ですね。

(追記)
大山志保さんが優勝賞金全額を熊本の被災地に寄付すると発表し、Yahooニュースにも出ていますね。
志保さんらしい素晴らしい行為だな、と思います。

(追記2)
野村敏京選手、米女子ツアー2勝目を決めました。
おめでとうございます!
以前から大型選手とは思っていましたが、ここまでやるとは。凄いですね。

beguilamabird at 20:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ゴルフ観戦 

March 26, 2016

コナンイベントに麻衣さん!!

しばらく倉木麻衣さんの話題を書いていませんでしたが…久々にビックニュースです!

TV&MOVIE20周年記念「名探偵コナン」コンサート2016が、大阪5/1(日)、東京5/6(金)に開催!
さらに倉木麻衣さんがゲスト出演でオーケストラ歌披露!!

来ましたねコレ!!

私が知ったときには、すでに東京公演のチケットは売り切れていましたが、大阪公演のS席がまだ残っていました。
で、即決ゲットしました!!!
大阪のほうが仕事に影響しないので、ちょうど良かったです。

いや〜、ひっさびさの麻衣さん生イベント参加だ〜〜、と振り返ってみたら、何と2013年夏の鯖江公演以来、実に3年ぶりとなるようです!自分でもびっくり。

やっぱり北陸在住という地理的な問題と、麻衣さんの声質変化で少し自分としては熱が下がっていたという理由もありますが…、でももちろん麻衣さんは今でも My favorite and my best artist ですよ。
今日も15周年ベスト盤「LOVE」を聴いて、やっぱ麻衣さん凄いわ〜、と何度も再確認していたところです。

それにコナンも大好きで、8年ほど前に大阪でのコナンイベント(麻衣さん、愛内里菜さん、三枝夕夏さん他出演)にも参加しましたので、それ以来のイベント参加も嬉しいです〜〜。

…実は大阪へはその1回しか行ったことがないんですよね。京都へは10回近く行っているのに、不思議なものです。

楽しみ〜〜。



beguilamabird at 22:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)倉木麻衣 | アニメ

March 23, 2016

お義父さんとナオミとカナコ

最終回まで観ました。「お義父さんと呼ばせて」「ナオミとカナコ」

「お義父さんと呼ばせて」は久々に面白いコメディードラマでした。

何だか唐突に最終回を迎えてしまって、もう少し時間をかけて人物描写をしてほしかったところです。
噂では低視聴率で1話カットになったらしく、もったいない話です。

保っちゃんが花澤家に居候を始めてから、ダディに認められるまでの過程をもう少しちゃんと観たかったな〜…。
お母さんもお爺ちゃんも、みーちゃんもお兄さんも妹さんも。
それぞれ魅力的なキャラだっただけに、全9話では描き切れなかった感が強いです。


対照的に「ナオミとカナコ」は、間延び感がありました。
内容的に、薄いというよりは短いものを無理に連続ドラマにしたような感じがしました。
広末さんと内田さんのW主演は見応えがあったのですが。
曖昧なラストでしたが、個人的には、直美と加奈子は当然捕まるべきだと思っています。

beguilamabird at 21:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)テレビドラマ 

March 21, 2016

張栩九段、NHK杯優勝!

張栩さん、おめでとうございます!
8年ぶり4回目の優勝だそうですね。

宿敵の井山六冠と戦わずに済んだ幸運があったとは言え、久しぶりのタイトル獲得で復活の兆しが見えたのではないでしょうか。

台湾に移住して対局のたびに日本に来るという生活をあえて選んだうっくんですが、今年日本に帰ってくるとの報道もあり、今後の活躍がますます楽しみです。

beguilamabird at 17:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他のお気に入り 

March 07, 2016

今年もツアー開幕、その前から…

今年も春の訪れとともに日本女子プロゴルフツアーが開幕しました。
「ダイキンオーキッド」、今年から4日間大会のビッグトーナメントになりましたね。
大山志保選手は、スタートダッシュとはいきませんでした。

何しろ今年は、日本ツアー開幕前から男子の松山英樹選手、そして女子の野村敏京(ハルキョー)選手が米ツアーで優勝を果たして賑やかな動向ですね。
野村敏京選手は一気にリオ五輪出場の有力候補に名乗りをあげ、大山志保さんもうかうかできない状況です。

それにしてもハルキョー選手、日本ツアーでいきなり勝った時といい今回といい、大物ですね。
好不調の波が激しい印象があったのですが、今年は米ツアーで優勝した翌週以降も好成績を続けていますから、このままいくと五輪出場の可能性はかなり高いと思わされますね。
志保さん、頑張って!!

beguilamabird at 23:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ゴルフ観戦 

February 15, 2016

真田丸 ついに北条が…!

大河ドラマ「真田丸」第6話「迷走」。
ついに北条氏政、氏直親子の登場です。
高嶋政伸さんの氏政、かなりアクが強いですが、存在感があっていいですね〜。
今後もかなり期待できそうです!

前回の第5話では、上杉景勝・直江兼続が「義」を口実に信濃への出兵を断るシーンもありましたね。
上杉は「義」を重んじたと言われますが、北条の立場から見れば、上杉は越相同盟をまともに守らず人質の景虎(氏政の弟)を殺してしまったひで〜奴らな訳です。

「天地人」の時には、上杉・直江の「義」が強調されるばかりに、対する北条側の視点がほとんど無視されていたように思えてとても消化不良だったのですが、今回の大河は、真田の視点はもちろん、徳川、北条、上杉、豊臣…とそれぞれの視点をちゃんと描いてくれそうで期待大です。

それでいて、情けない家康や、本能寺の変の知らせが届かずのほほんとしている滝川一益など、個人の描写も面白いですね。

上野(現在の群馬県)は武田・上杉・北条の三大勢力のはざまで、数えきれないほど何度も支配者が変わった、三国志の荊州のような土地という気がします。
(国力は高いのに、元の領主が家柄だけ良くて無能だったせいで…というところも荊州に似ていますね。)
でも織田勢が押し寄せて来た時の滝川一益支配下の上野の様子はよく知らなかったので、今回の大河はその点でもとても興味深く観ています。



beguilamabird at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)テレビドラマ 

February 06, 2016

お義父さんと呼ばせて

今クール、「真田丸」「ナオミとカナコ」とともに観続けているドラマがこれです。
「お義父さんと呼ばせて」

蓮佛美沙子さんの彼氏役を演じる遠藤憲一さんと、パパ役の渡部篤郎さんとの同い年バトルが面白いです。
年の差カップルのアツアツぶりもいい感じ。
基本的にコメディーなのですが、大げさにコミカルな演出にしないところが乙ですね。
2話では少し大げさな演出があって、そこは興ざめでしたが。
やっぱりドラマの演出は、特にフジテレビ系の場合、極力抑えてくれた方が心地良く観られることが多いです。

それにしても視聴率が振るいませんね〜…。3話は特に面白かったのに。

「ナオミとカナコ」は3話以降、ようやく話が展開して、ぐっと面白くなってきました。
初回のスローモーな展開が惜しまれます。

「真田丸」は…、早く北条を出して〜〜。
(真田が主人公である以上、北条の扱いは冷たいのでしょうが。)

beguilamabird at 19:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)テレビドラマ 

January 16, 2016

真田丸 意外と…

大河ドラマ「真田丸」の初回を再放送で観ました。

三谷さんの脚本はあまり好きではないし、「真田丸」というタイトルもチャラい感じがして、初回を本放送では観なかったのですが、真田氏を描くということは私が興味のある戦国後期の東日本を描くということ。
しかも高嶋政伸さんが北条氏政を演じるということを知り、俄然興味が出たので再放送で初回を観てみたというわけです。

意表を突いて地味かつ質実剛健なタイトルバック(オープニング)に始まり、初回はいきなり武田家滅亡の瀬戸際から始まりました。
話としては「風林火山」の続きを観ている感覚です。
全体的に丁寧な描写で良かったですね。三谷さんにしては意外とマジメで安心したというか…。

それにしても氏政殿、初登場からいきなり汁かけ飯のシーンとは…。
汁かけ飯は氏政の凡庸ぶりを示す逸話ですが、これを初回にぶっ込んでくる辺り、これからの氏政の描写が気になるところです。
北条ファンの私としてはヒヤヒヤものですが、少なくとも「天地人」の時よりは北条をちゃんと描いてくれそう。

滅びゆく武田勝頼の描写、良かったです。
北条もただ愚かで滅びたのではないということを描いてくれることを期待します。

beguilamabird at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)テレビドラマ