2011年10月

2011年10月28日

WAVE ホビーツールを一足先に使ってみた。その2

みなさん、こんにちわ。

前回の続きで今回も
「HG マルチハンドル」についてお伝えしますよ。

今回は
「HG マルチハンドル」と一緒に使うととても便利な
ビットの使用例です。
参考にしたのは、ちょっと前の電撃ホビーマガジンさん(2011年10月号)内の
記事でです。
P1170275P1170276
他にもすごく参考になるテクニックが紹介されていました!
P1170140
さて今回、「HG マルチハンドル」と一緒に用意したビットがコレ。
球型のカッターで、大きさは2㎜、3㎜、5㎜の3種類。
当店では今まで取り扱ったことの無いタイプのビットです。

P1170157
では早速。
プラバンを用意して
P1170158P1170159
直径2㎜の穴をあけ、同サイズの丸プラ棒を用意。
P1170165
3㎜のビットを装着。
P1170167P1170168
貫通させないように、グリグリと。
P1170170
左:ビット使用(削った淵をマジックで塗りました)、右:未加工

P1170161P1170162
温めて伸ばしたプラ棒を、裏から挿す!そして裏から流し込みのセメントで接着
P1170163
表から見るとこんなカンジ。このまま1日放置し
P1170172
翌日、要らない箇所をカット。
P1170173P1170175
飛び出た部分をヤスリがけします。
P1170178P1170179
削りカスをチャッチャと掃えば
P1170180P1170182
はい、おしまい。右の未加工と比べて見ると違いがわかるかと思います。

分かりにくいな~という方々には、冒頭で述べたとおり
誌面をご覧ください。
誌面の方が断然分かりやすく解説されています。
バックナンバーですので本屋さんに残っているかは分かりませんが
詳しく知りたい方は、是非探してみてください。
僕は「すくすくスクラッチ」と「国民総モデラー化計画」は
電撃さんの2大連載記事だと勝手に思っていますのでw

おまけで
P1170150P1170149
P1170147P1170151
スチールボールをつかって1/24スコープドッグのリベットを
巨大化。ピンバイスでアタリを付けるように穴をあけ
貫通させないように(受けを掘るような感じで)
2㎜ビットでグリグリ。
ボールが半分くらい埋まるようにさせました。



最後に
今回一番難しかったのは
P1170160
伸ばし棒を作る事でした。
記事ではアルコールランプを使用し、ゆっくり温めながら
作業されていますが、持ってませんでしたのでライターで代用。
した結果・・・。
P1170171
この屍の数々。真っすぐ且つ、いい具合なテーパーを付けるのが
とても難しかったです。
ゴメンよ~、犠牲になったプラ棒諸君。

※ヤケドや火事の原因になりますので火気のお取り扱いには十分ご注意下さい。
シンナーなど引火性のある場所での作業は避け、未成年の方は父兄同伴での
作業をお願いします。

そんなところで
ウェーブ HGマルチハンドルを使った工作はおしまいです。
アイデア次第で模型ライフのいろんな場面で活躍してくれると思います。
店頭で見かけたりしたら是非お手にとって見てください。

ではまた次回。






bej at 22:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)噂の材料・工具 使ってみた 

2011年10月20日

WAVE ホビーツールを一足先に使ってみた。

みなさん、こんにちわ。

先日千葉の幕張メッセにて催された
「第51回 全日本模型ホビーショー」では
当社「ウェーブ」ブースにもたくさんの方々が足を運んでくださり
ウェーブの新製品にもご期待を寄せて下さったかと存じます。

さて、今回はそんな展示物の中で間もなく発売される、
ホビーツールの新商品を一足先にレビューしてみます。
P1170128
ウェーブ
HGマルチハンドル
価格1,365円(税込)
10月下旬発売予定
メーカーのHP
http://www.hobby-wave.com/LINE_UP/materials/data/multi_handle/index.html


ポイント①
P1170133P1170197
P1170198P1170196
0.3㎜~3.2㎜の径のものであれば
この3爪スクロールチャックが
ドリル刃やルーター用のビットなどをガッチリキャッチしてくれます。
ドリル刃を交換する際のチャック交換の煩わしさが無いのがいいです。
3爪なので四角いモノには向かないです。

ポイント②
P1170129P1170200
お尻の部分がクルクル回るので
ピンバイスのように持って使うことも可能。

ポイント③
P1170134P1170135
本体内部に収納スペースがあります。
スポスポ抜けないようにパッキンがついているのがいいです。
P1170137
↑欲張り過ぎてはいりませんでした。

ポイント④
P1170194P1170195
一般的な模型用ピンバイスと比べて軽量なので疲れにくいです。
バイキンもびっくりしてますね。

以上
商品の基本的な情報をまとめてみました。

当店で、この商品とセットで販売するビットがありまして、
次はそのレビューもする予定ですので、
そちらもご覧いただければと思います。

ではまた次回。





bej at 20:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)噂の材料・工具 使ってみた 

2011年10月11日

アルゴファイルのマイクロフィニッシュを試してみた。その2

毎月の月刊誌(バックナンバー含む)に掲載された商品やちょっと気になったモノ、
新商品等を実際に使い、できるだけ定期的に紹介するコーナー。
P1160849

前回のつづきで
アルゴファイルさんのマイクロフィニッシュです。
前回は商品の仕様とかを紹介したので
P1170048P1160974
今日は実際に使ってみます。

P1160975P1160976
今回使用したのは1/24ヘビーマシンガン。
古ーいキットの物なので、そこかしこに合わせ目がガシガシ出ます!
トリガー近辺にはパーティングラインもあるので丁度いいですね。
(やることは一緒なんですが・・・。)
ちなみに合わせ目が見易いようにセメントに赤いプラ材を溶かして色を付けました。

では、さっそく。
P1160983P1160989
刃をやや傾けて横にスライド。
普通のプラスチック(PS)であれば全然問題無くいけます。
また、僕は手前から奥に向かって動かしましたが逆からでもOKです。
処理する場所や慣れ具合でやり方を変えてみるのもいいかもしれません。
セラミック自体も切るためのものじゃないので、デザインナイフ使用時のような
余計な傷が付きにくいです。

P1160993←削りカス

P1160994P1160985
ちゃちゃっとやっただけでこんな感じです。(右が処理前)

P1160988P1160986←こういうコトかな?
説明書によると、削る面に対して刃の角度を変えたり(30~70°)
加える角度でとれるバリの量が変わるみたいです。

そしてここからが本領発揮。
P1160996
こんな場所や
P1160997
持ち手の裏側とか
P1160998
ちょっと無理してこんな場所まで。
この商品の特徴といえばやはりこの小ささ!
同じメーカーから大きなサイズもありますが
取り回しでいえば断然こちらでしょう。

注意点として
刃自体はとても薄くできているので
あまり力を込め過ぎると・・・
P1170063
パッキーンっと折れてしまいます。
個人的な制作物で恐縮ですがソフビにこびりついた
瞬着とかエポキシ樹脂とかを取り除こうとして
2枚折ってしまいました(涙)
P1170064
ホルダーから取り出してみると・・・
直線刃の方が残念なことになってしまいました。
かなり勢いよく飛んでいきますので作業中は
ゴーグルと手袋を着用してください。

P1170065
予備の替刃もあるので僕は泣く泣く買うことにしました。
5枚入っていますのでしばらくはもつでしょう。(個人的に)

P1170052
最後に
曲面に対しては気を付けて
作業しないとバリだけではなく、アッという間に形状も変わってしまうのでお気をつけください。
ちなみに上の画像はレジン製のもので、1分くらい無心で動かしていたら
こうなってしまいました。

レジンにも絶大な威力を発揮するということで
ワンフェスなどのイベントで販売されているガレージキットのパーティング処理には
うってつけです!と無理やり締めてみました。

ではまた次回。






bej at 18:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)噂の材料・工具 使ってみた 

2011年10月07日

アルゴファイルのマイクロフィニッシュを試してみた。

毎月の月刊誌(バックナンバー含む)に掲載された商品やちょっと気になったモノ、
新商品等を実際に使い、できるだけ定期的に紹介するコーナー。
P1160849

でも
今回は雑誌で紹介されたものではないです。
今日ご紹介するのは最近当店でも取り扱うことになった
P1170048P1160967
アルゴファイルジャパンさんの
マイクロフィニッシュ (税込1,680円)
です。

P1160969P1160971
刃は片側が直線刃(左)、反対側は曲線(右)の両刃仕様。

P1160972
+同じ形状の替え刃が付いているので合計2枚です。

P1160973
ホルダー部分はNTカッターのデザインナイフと同様の物で
金属のチャックが上下左右から刃をしっかりホールドしてくれます!
オルファやタミヤのデザインナイフのでも使えます。
もし、使ってない柄が余っていれば付属の替刃を付けて、
【直線用】 【曲線用】 と2本差しにするのもいいでしょう。

で、
どんなモノかというと
「セラミックの刃のエッジでカンナがけする工具」
P1170049.JPG






こんな作業です。(上の写真はデザインナイフですが)

主に
ガレージキットやプラチックキットのバリ取り、パーティングの処理に
使用するものなのでさっそく部材を集めて試してみます。
P1160974P1160977

次回につづく。




bej at 15:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)噂の材料・工具 使ってみた