July 03, 2005

グーデン・カロルス(その他)

グーデン・カロルス
ヘット・アンケル醸造所の「グーデン・カロルス」でございます。
黒字に、ゴールド文字。高貴な風格ですね。
かなり重厚な味を予感させます。

さて。いっちゃいます。

おお!注ぐと同時に、焙煎された香りが拡がります。
たまりませんね〜。私は焙煎系にはめっぽう弱いもので。。
ウイスキーでいうと、オールド・パー12年といった感じのロースト香。

色はダークブラウン、赤茶ですね。

うまーいぃ! (^^

あれ、以外と・・フルーティーですね。
これは間違いなく、食後にいいですね。

それにしても、このバランスは素晴らしい。。
味、香り、バランス。かなり洗練されています。
ベルギービール「俺ランキング」の上位に来るのは間違いない!

ほんと、濃い味ですが、飽きさせません。
複雑な味と香りを楽しむには、1本では足りませんね。。

また飲みたいです。グーデン・カロルス。

かなりおすすめです。

人気ブログランキング← 人気ブログランキング
  
Posted by belgianbeer123 at 17:12Comments(0)TrackBack(1)その他

キュベ・デ・トロール(その他)

キュベデトロール
さて、デュブイソン醸造所の「キュベ・デ・トロール」です。

ラベルが印象的ですね。
黒バックに、ホップを帽子のようにかぶった・・人?が小躍りしてます 笑
ほんとベルギービールはラベルを見てるだけで楽しいですね〜。

では、早速。

泡は普通でしょうか。
色はゴールドできれいです。

後味に麦芽独特の甘みを感じます。
おっと、引きは早く、かなりさっぱりしてますね。

ん〜・・ベルギービールにしては、少々物足りないくらい引きが早いですね。
アルコール度数 7.0% とは思えないほど、サラサラと飲めてしまいます。
そういう意味では、かなり個性的といえます。

ピルスナーを飲んでいる感覚に近いですね。
BBQの間に、調理しながら飲む一本として、丁度よさそうです。

人気ブログランキング← 人気ブログランキング
  
Posted by belgianbeer123 at 16:53Comments(0)TrackBack(0)その他

ブッシュ・ブロンド(スペシャルエール)

ブッシュ
ベルギー・ワロン地方のデュビソン醸造所で造られている「ブッシュ・ブロンド」をいただきます。

注ぐと同時に、いい香りが漂います。フルーティーですね〜。
お〜、一口飲むだけで、コクを感じることができます。

全体的にはさわやかな飲み心地ですね。おいしいです。
なるほど。。
2000年モンドセレクションで金賞受賞しているようですね。
色は黄金色。ブロンドです。

アルコール10.5%で、フルーティーかつ、サワヤカだなんて。。
ほんと。。こんな大人になりたいですよ。(ムリッ?)

人気ブログランキング← 人気ブログランキング

  
Posted by belgianbeer123 at 16:36Comments(0)TrackBack(0)スペシャルエール

セント・セバスチャン・ダーク(その他)

セントセバスチャンダーク
陶器のボトルが個性的。
見た目が重厚で風格があります。
ちょっとしたプレゼントとして活躍してくれそうです。
ラベルの名前にもなっている「聖セバスチャン」はもともとローマの軍人で、後にキリスト教の伝道者として活躍した方だそうです。

さて、飲んでみます。
香りは控えめですね。
色はダークというだけあって、深い茶色です。

飲み口は、舌にしっとりとまろやか。
「軟水」のようにしっとり舌に沁み込みます。

ん〜・・口当たりが優しく、とても飲みやすい。
味もしっかりしてます。
とんがったところがなく、主張するタイプのビールではないですが、安心して飲めます。
後味にハチミツのような味と焙煎されたような香りを感じます。
とても懐が深く、優しさを感じるビールですね〜。

料理との相性に困る事はなさそうな「万能ビール」です。
量も500mlと、多すぎず少なすぎず(私には)ぴったりです。


人気ブログランキング← 人気ブログランキング

  
Posted by belgianbeer123 at 16:26Comments(0)TrackBack(0)その他

パウエル・クワック(その他)

クワック
テレビなどでも露出の多いクワック。
どれどれ、どないなもんや。
飲んだろやないの。

香り、発泡は弱めです。
色は赤茶色というか、琥珀色ですかね。とてもリッチな印象。
ラベルの赤茶色とほぼ同じ色ですね〜。

クワックとは「気前のいい男」という意味らしいです。
馬車宿のクワックさんが、立ち寄ったホースマンに気前良くこのビールを振舞ったそうで。で、あの有名なグラスですね。馬に乗りながらでも飲みやすいように、底が球体の理科の実験で使われそうなフラスコのようなグラスです。

おー・・麦の香りが鼻腔から抜けていきます。
かなり複雑な味と香りですね。
このバランスに仕上げるのに、どれだけの歳月がかかったのでしょうか。。
なんとも幸せな気分ですね〜。
「俺は今、麦酒を飲んでいる!!」という気になります。
ビール好きで、このビールが嫌いという人は少ないのではないでしょうか。

香取慎吾もお気に入りの一杯らしく、オフの日は昼間から飲んでるらしいです。
アルコール8.0 で、アルコール感がありますが、嫌味ではないですね。
味がしっかりしているので、バランスがいいです。

味と香りのハーモニー。そして個性を主張するグラス達。
エンターテイメント性まで感じさせるベルギービールの世界。
妥協を許さない「醸造者」とそれを支える「老若男女のビール好き」の深い愛情がないと成立しないですよね。
やぱり歴史と伝統がないとここまで成熟した文化は生まれないのでしょうか。

人気ブログランキング← 人気ブログランキング

  
Posted by belgianbeer123 at 16:02Comments(0)TrackBack(0)その他

ベルビュー・クリーク(フルーツ/ランビック)

ベルビュークリーク
フルーツビールとしては、かなり有名なベルビュー・クリークでございます。
缶はよくみかけますが、通りがかりの酒屋に瓶が置いてありました。
シャンパンのようなボトルに、赤いラベル。インパクトもあるし、いい雰囲気出てますね〜。買っちゃいますよ。そりゃ。

さて早速注いでみました。
泡はそれほど強くないですね。弱めでしょうか。
色は深い紫色で、いかにもうまそ〜。
香りは・・ん〜いいですね。サワヤカです。

フリュイ・デ・ボアは、ホワイトエール+フルーツで、かなり飲みやすい仕上がりでしたが、ランビック+フルーツは、また独特の味わいでいいですね〜。
適度にワイルドな感じがして、飲み応えがあります。

ほんとに、一つとして同じ味がないですね。ベルギービール。
しかも、それぞれにこだわりを感じれる所がまた、素晴らしい・・!

まだまだ飲んだるど〜(^^

人気ブログランキング← 人気ブログランキング
  
Posted by belgianbeer123 at 15:15Comments(0)TrackBack(0)フルーツ

June 04, 2005

ジュダス(ゴールデンエール)

ジュダス
黒いラベルに、赤文字で「Judas」ジュダス。
「裏切り者」という意味らしいです。

デュベルに続いて2本目のゴールデンエールです。
アルコール度数8.5%と強めなので、気合を入れ直していざ勝負。

発泡は少し強めでしょうか。
色は濁りのない黄金色。
見た目は完全にピルスナーですね。

香りはそれほど強くないです。
おー。後味が印象的です。
デュベルのようなセンシティブな「キレ」は感じませんが、
その分こちらの方がベルギービールらしい気がします。
適度なアルコール感も感じますね。

デュベルに比べると、香りは弱いですが、しっかりとした味わいがあります。
味わって飲みたい一本です。

人気ブログランキング← 人気ブログランキング

  
Posted by belgianbeer123 at 11:45Comments(2)TrackBack(1)ゴールデンエール

June 03, 2005

デュベル(ゴールデンエール)

デュベル
さて、前から気になっていた「赤い悪魔」デュベル。
飲ませて頂きやんす。

ちなみにサッカーベルギー代表の別名も「赤い悪魔」。
サッカー観戦にはデュベルってか。

はい、では逝きます。

発泡は強めです。
色はピルスナーのように澄んでます。
見た目に美しいですね。

気泡がグラスの下から上へ・・誠に優雅な気分です。

アルコール臭があり、アルコール感は強いです。
香りも強いですね。
鼻から抜ける香り、アロマが素晴らしい。。
とても複雑で、心地よい。。

酔ってきました・・。

これまで飲んだビールの中で、一番ストロングな一品ですね。
のみ心地はドライなので、アサヒスーパードライのようにサラサラ飲めてしまいますが、アルコールが強いので、いつの間にか酔ってしまう危険性大ですね。

残業で遅くなった日に、自宅に帰る前に仕事モードをリセットしたい時に、
バーカウンターで飲みたい一杯です(^^
飲みごたえがあるので、一杯で満足できるのが渋いですね。

闘うビジネスマンがカッコよくバーで飲むのに最適じゃないでしょうか(^^

人気ブログランキング← 人気ブログランキング  
Posted by belgianbeer123 at 19:24Comments(0)TrackBack(1)ゴールデンエール

June 02, 2005

グリゼット・フリュイ・デ・ボア(フルーツ/ホワイトエール)

グリゼット・フリュイ・デ・ボア
サン・フイヤン醸造所のグリゼット・フリュイ・デ・ボア。
酒屋のニューラインナップとして置かれていたところと奪取!(盗んでないよ)

ラベルがピンク色で輝いてるので、グリゼットのブロンシュの青と共に、かなり目立ってます。

グリゼットのブロンシュに、ブルーベリー、ラズベリー、ブルベリーを入れたものということで、先日飲んだ、モール・シュビト・クリークのようにランビックにフルーツを加えたものとは違うようです。

さて、フルーツ系は2本目ですが、いかがなものでしょか。

泡は少し強めでしょうか。
泡の色が薄桃色で、とってもキレイですね〜
色はなんて言えばよいのでしょうか。。
写真のような色です 笑

香りは、しっかりベリー系のすがすがしい香りがしますね〜
食欲をそそります。

味は「甘酸っぱい」感じで、おいしい!
味は単調でなく、複雑で、深みがありあます。

これ、飲みだしたら止まらないです。。

アルコール度数は3.5%と低めですが、
味が複雑なので、飲み応えがあり、男の方でも飽きないのでは・・。
いいですね。。これ。

間違いなく「(普通の)女の子大好きビール」だと思います。

このビール、ベルギービール初心者(私もですが・・)に初めて勧めるフルーツビールとしては、最適ではないでしょうか。

フルーツビール2本目にして、既におすすめの一本ですね(^^

人気ブログランキング← 人気ブログランキング



  
Posted by belgianbeer123 at 23:45Comments(0)TrackBack(0)フルーツ

ゴリアット(セゾン)

ゴリアット
ジェアン醸造所のゴリアットをチョイス。

このビール、ラベルが印象的です。甲冑をまとったお兄さん?が、棘のついた金棒を垂直に立てて持ってます。かなり怪しげです 笑
調べたところによりますと、ゴリアットという名前は、「伝説の巨人」に因んで付けられた名前だそうで。ということは・・このラベルの人が「伝説の巨人」なのでしょうか。。
どうみても巨人には見えない画の稚拙さが・・◎!
もしかして、巨人を倒す正義のヒーロー?

さてと、飲むばってん。

泡は普通でしょうか。
色はホワイトエールのような色です。

おお!香りが印象的ですね。
これまで嗅いだことのない香りです。なんでしょうか。。
チーズのような香りですかね。。
個人的にはとっても好きです。

苦味が心地いいビールですね。

それにしても、このラベルの画は誰なんだ・・。

人気ブログランキング← 人気ブログランキング

  
Posted by belgianbeer123 at 22:04Comments(0)TrackBack(0)セゾン

モール・シュビト・クリーク(フルーツ/ランビック)

モール・シュビト・クリーク
初めてのフルーツビールです。
酒屋に何種類かフルーツビールが置いてあったので、ちょっくら買ってきました。

クリークとはチェリーの事だそうで。
ランビックに、チェリーの完熟果汁が加わっているという事ですが、全く想像できません。

ではでは、サクランボのビール。飲んじゃろか。

発泡は少し強めで、泡は薄く淡い桃色。
色はルビーのようで、透き通っていて、見た目に美しいですね。

香りですが、トップノートが強いです。
甘いチェリーの香りがとても心地いいです。

軽い飲み心地で、ジュースみたいです。
カクテル感覚で飲むには丁度いいかもしれません。

女性にはおすすめですね(^^

人気ブログランキング← 人気ブログランキング  
Posted by belgianbeer123 at 20:24Comments(0)TrackBack(0)フルーツ

アベイ・デ・ロック(アビイ)

アベイ・デ・ロック
先月は忙しくて、ビールを飲む事をすっかり忘れておりました〜。
久々の一杯は・・アベイ・デ・ロック醸造所のその名もアベイ・デ・ロック!

スタイルとしては、アビイです。ワクワクしちゃいます(^^

ではでは、今宵の一献。

泡は普通ですね。
色は深茶色で、酵母沈殿物が少し混じってます。

おっとっと〜!
焙煎されたような、香ばしい香りだぁ〜
そして・・食欲を刺激する心地よい発酵臭がします。

味は・・
黒糖のような?甘みのあとに、適度な渋みを感じます。
うまいですね〜。バランスいいですね。
アルコール9%ですが、アルコールの揮発感は感じません。
味は濃いですが、
のみごたえがあり、とても「男っぽい」ビールだと思います。

名前の「・・ロック」あたりに、無骨な男っぽい印象を受けますが、飲み口もその通り、男っぽかったです。「名は体を表す」ですな(^^

人気ブログランキング← 人気ブログランキング  
Posted by belgianbeer123 at 19:09Comments(0)TrackBack(0)アビイ

May 05, 2005

ジャパン・ビア・フェスティバル2005

5/7(土)、5/8(日)に、日本最大級のビール祭り
『ジャパン・ビア・フェスティバル2005』が開催されます。
もちろん、私も行きますよ〜!

ベルギービールだけでなく、日本の地ビールも多数飲める(飲み放題!)と言うことなのでかなり楽しそうです。

忘れていなければ、後日レポートしたいと思います(^^

詳細はこちら

ジャパン・ビア・フェスティバル2005
  
Posted by belgianbeer123 at 00:01Comments(0)TrackBack(0)日記

May 04, 2005

ベルギービールという芸術

おすすめの書籍をご紹介いたします。

『ベルギービールという芸術』田村功 著 光文社新書061

ベルギービールという芸術
実はこの本、前から買おうと思っていろんな本屋で探していたのですが、なかなか売ってなくて、面倒なのでアマゾンで取り寄せちゃいました。
最初からそうしろよって感じですね。アナログですみません。 笑
で、感想ですが、買って損なし!
っていうか、ベルギービールが好きな方は、是非買うべきです!

ビールという切り口から、ベルギーという国の地理・歴史・風土まで紹介されていて、ベルギーに旅行に行く方も大変参考になると思います。

特におすすめは、料理とのマリアージュ(相性)についての記述で、物によっては地元のビアカフェで出される料理ののレシピなども詳しく書かれており、食材を揃えれば、自宅でも作れそうです。
思わずよだれが出そうになりますよ〜(^^

酸味、苦味、甘み、香りなど、一つとして同じビールのない個性的なベルギービールは、マリアージュにはぴったりですね。
自分なりの組み合わせを見つけて、料理を楽しみたいですね(^^

書籍の半分は「ベルギービール名鑑」となっており、ベルギービールの写真とその説明が書かれています。

おすすめです(^^
  
Posted by belgianbeer123 at 22:33Comments(0)TrackBack(0)書籍

シメイ・ブルー(トラピスト)

シメイ・ブルー
トラピストビールのシメイ・ブルーを飲ませて頂きます。

この銘柄は、ヒューガルデン・ホワイト、ベルビュー・クリークと共に、いろんな酒屋で見かけます。トラピストビールの中では、手に入り易い銘柄かもしれません。

ノートルダム・ド・スクールモン修道院で醸造されるシメイは、トラピストビールの元祖で、「トラピストビール」という呼称を最初に使い出したのもここが最初ということです。

色は、濃い茶色。うまそ〜(^^
香りは、トラピストビールらしく、しっかりとした発酵臭があり、否が応でもテンション上がります〜↑↑

では、飲んでみます。
いいですね〜。味わい深いです。
麦芽の感じとフルーティーさが前面に来ますね。
飛びぬけた特長はありませんが、バランスがいいです。
癖がないので、ベルギービールを初めて飲む人に「これがトラピストビールだよ」と紹介するのに丁度いいですね(^^

人気ブログランキング← 人気ブログランキング  
Posted by belgianbeer123 at 21:43Comments(0)TrackBack(1)トラピスト

グリゼット・ブロンシュ(ホワイトエール)

グリゼット・ブロンシュ
久々のホワイトエール。

輝く青のラベルが印象的な、サン・フイヤン醸造所のグリゼット・ブロンシュです。
サン・フイヤン・トリプルの印象が強烈でしたが、今回も楽しませてくれるのでしょうか。

まず色ですが、しっかりウィートビールしていて、小麦のタンパク質によって白濁しています。

香りはとても爽やか。
ヒューガルデン・ホワイトと比較すると、スパイシーさは抑え目でしょうか。
ただ、その分小麦の香りが引き立っていて、こういう着地点もありですね。
個人的には好きですね〜。

丁寧に作られている感じがしますが、強いインパクトはありません。
5点満点のレーダーチャートがあったとしたら、全てにおいて4点という感じですが、バランスがよく、誰にでもお勧めできる一品です(^^

人気ブログランキング← 人気ブログランキング  
Posted by belgianbeer123 at 21:02Comments(0)TrackBack(0)ホワイトエール

May 01, 2005

オウグスティン・グラン・クリュ(アビイ)

オウグスティン・グラン・クリュ

本日夕食前の食前酒として選びましたるは・・
700年以上前から醸造されているオウグスティン・グラン・クリュでございます。

ラベルには修道士がビールを造っている画が描かれています。
ベルギーには伝統的にマンガ文化があるということで、ビールラベルにもシニカルで「こじゃれた」画が多いんだそうです。日本の商業的なビールラベルに比べたら、とっても人間味があって私は好きです。

さて飲んでみます。
発泡は強めで、泡は粗いです。
色は驚きました〜。ピルスナーのような黄金色です。
サン・フイヤン・トリプルに近いかもしれません。
少しフルーティーな香りがします。
若干アルコール臭も感じます。

味は一言で言うなら、ドライ。
適度なアルコール感があって、切れ味がいいです。
トラピスト系の発酵感も多少感じます。
残飲感としては・・適度に苦味が残って、おとな〜っと。

ん〜・・渋いですね。このビール。。
「いぶし銀」です。

通好みなビールじゃないでしょうか〜(^^

人気ブログランキング← 人気ブログランキング  
Posted by belgianbeer123 at 16:00Comments(0)TrackBack(0)アビイ

April 30, 2005

モアネット・ブラウン(セゾン)

モアネット・ブラウン
本日の一本。
デュポン醸造所のモアネット・ブラウンです。

ラベルにアビイビールのロゴがあるので、修道院系のレシピで作られているのでしょう。
スタイルとしてはセゾンでよいのかな。
セゾンというカテゴリ自体には、特に決まった傾向があるわけではないので、よしとしましょう(^^

発泡はそれほど強くありません。
味は濃く、甘いです。
色は、銘柄名の通り、やや濃い目の茶色です。

飛びぬけた特長は見出せませんね。
チョコレートなんかと一緒に飲んでもいけそうです。
セゾン・デュポン気紡海い討裡暇槎椶任垢、デュポン醸造所のビールはとっても丁寧に作られている印象で、好感が持てます。

この先、セゾン・デュポン気魃曚┐襯咫璽襪暴于颪┐襪里任靴腓Δ。
たのしみ〜。

人気ブログランキング← 人気ブログランキング  
Posted by belgianbeer123 at 21:21Comments(0)TrackBack(0)セゾン

April 29, 2005

ウルトラ・ブリューン(セゾン)

ウルトラ・ブリューン
久しぶりの一杯!
飲んだるど〜
今日は呑み会の帰りなので、文章荒れてたらすみません。

甘〜い・・。
これすごくあまい〜。
でもすげーうま〜い(^^

デコシンヌ醸造所のウルトラ・ブリューンでございます。
食後ですが、とっても存在感があって飲み応えがあります。
ホップも効いてて私好みです。

色は赤茶で、瓶内二次発酵による酵母が少し沈殿してますが、
「俺は今ベルギービールを飲んでいる!」という実感があっていいですね〜。
トラピストのアヘル・ブロンドを一回り甘く、濃厚にした感じかな。

おおっと!これアルコールが10%もあります。。
これまでで最高のアルコール度数ですが、
アルコール感は全く感じませんでした。

味が濃く甘いため、バランスが取れているのでしょう。

食後の一杯として、デザートなんかと一緒にゆっくりと飲みたいビールです。

人気ブログランキング← クリック!!
  
Posted by belgianbeer123 at 23:49Comments(0)TrackBack(0)セゾン

April 09, 2005

BGM(その1)

私、ビール飲むときは、お気に入りのCDを流しながら飲んでいます。
最近のお気に入りはこれ↓

JohnMayer
『Room For Squares』John Mayer
アメリカのイケメンシンガーソングライターで、グラミー賞を取ってます。
日本公演のチケットは即刻完売で、入手できませんでした。

友人に教えてもらったのですが、久々にはまってます(^^

ギターはめちゃうまですね。ベテランの黒人が弾いているかと思うようなフレーズを随所にちりばめちゃったりしてます。
音作りはかなり綺麗目で、造りこまれていますが、一転、ライブでははじけてます。
MCの紹介が済まないうちに、曲を始めちゃったりしてます 笑
一言で言うと、やんちゃ坊主ですね。

グラミー賞受賞時には、「実はこの曲嫌いなんだよね」などと言ってのけます。
私は、好きですね〜(^^ やんちゃっちゃ!

おすすめページ!↓
http://satusatu.blogzine.jp/melody/2004/09/john_mayer.html  
Posted by belgianbeer123 at 23:24Comments(0)TrackBack(0)日記