やる気スイッチを探す旅

高校1年生。まだ中2病から抜けきれない女子。 偏差値40前後を彷徨いつつも、日々のJK生活は満足度最高潮。 どんな進路を選ぶのか、いつ勉強するようになるのか、今後どのような成長をするのか(しないのか)の記録。

大学に対する個人評価でギスギスする女子の生態

娘の友達で、附属がある大学は、絶対にイヤだ!という子がいる。
内部進学がつるんで、派手に遊んで、学力が低くて、絶対に交わりたくないのだと。
恐ろしいまでの偏見の塊だ。

しかし、目指す位置にある私立の難関大は、ほとんど附属高校がついている。
早慶を始め、GMARCHなど。
附属がない学校といえば、上智、理大くらいか。

彼女は、今年前述のうちの1つの学祭へ行ったところ、派手で自分には合わないと言ったそうだ。
それを聞いた同級生たちは苦笑。
学祭なんて、多少派手に盛りあがるのが普通。
本来は、真面目で落ち着いていて、さらにセンスが良くて、すばらしい大学なのに.......
この大学にあこがれる女子は非常に多い。
好感を持っている大学を良く言われないと、いい気持ちはしない。


娘は、「定員割れの潰れそうな大学なら地味そうでいいんじゃない?」と意地悪なことを言っていた(もちろん本人にはいわない)。
同級生たちも「ライバルが減った。ラッキー!!絶対受けるなよ!!!」と、こちらも意地悪そうに喜んでいたとか。

毒づいてるなあ。

女子は怖い.............



応援して下さる方は、ぽちっとお願いします。
 にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
 にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ