デビットスーシェー主演の名探偵ポワロは私の大好きドラマベスト5に入るテレビドラマです。
このドラマに登場するポワロ(デビットスーシェ)は喋り方から歩き方までアガサクリスティー原作のイメージそのものです。年代も1930年代という設定なのでセットの随所にアールデコの雰囲気を漂わせていて同じエピソードを何回見ても新しい発見があります。

poirot左の写真をご覧下さい。今回私が発見したのはポワロが胸に付けているブローチです。このブローチは金の花瓶の形をしていて実際に水を入れてお花を活けて胸に飾る事ができるものです。ポワロは日によって赤や黄色の花を活け変えていました。こんな細かい所に目が行く視聴者は何人いるのかしら?なんて思いましたが、こういう細かい演出でこだわり派のポワロの性格を視聴者の潜在意識に植え付けるのかもしれませんね。

monet2ベルカプリにもそっくりなブローチがあります。アメリカMonet社1960年代のものでコスチュームジュエリーの本にも登場する有名なブローチです。コサージュではなくこんな形でさりげなく生花を胸元に飾るなんてステキですね。



Yuko