Hagiフランス料理店 ブログ

福島県いわき市 Hagiフランス料理店の日記

2013年02月

福島県いわき市内郷御台境町鬼越171-10 完全予約制 予約専用電話番号  0246-26-5174
予約方法や当店の案内 Hagiフランス料理店ホームページ
http://www.hagi-france.com/
昼 12:00~  15000円 18000円 (税別)

夜 18:30~  15000円 18000円 (税別)

※予約制のため、キャンセルについては、3日前50% 当日のキャンセル料は100%になります。
※食材等、十分なおもてなしが出来ない為、当日の予約は受けておりません。


生産者との活動     ineいわき農商工連携の会ホームページhttp://ineiwaki.blog.fc2.com/

画像1

パンを朝5時から仕込みました。
今回はライ麦も加えてみました。
画像1

3月も予約がほぼ埋まってしまいました。
仕込みが間に合わない。
画像1

辻調進学相談会

IMG_9021

2013年2月24日高校生を対象にした進学相談会を開催しました。
辻調は私と妻の母校ですので、これから進学する未来の後輩に出会える貴重なイベントです。

今回は岡島先生と山路先生が来てくださいました。
フランス・東京のレストランの話や辻の卒業生の活躍など話も盛り上がりました。

始まりました。

IMG_9011


私は、学生時代の生活や世界中にいる辻の仲間の活躍、地域の方々への貢献などを話しました。
特に料理は言葉が違っても、世界中共通の言語だということも伝えられたと思います。

辻調グループはアイアンシェフを始め料理番組やドラマなどもプロデュースしています。
その資料やビデオなどを見て、いつかTVの世界でも活躍する方がこの店内にもいるのかなと
思いました。

今回はいわき・浜通り地区の生徒さんが対象ですので、
先輩として、現在風評被害にあっているこの地域を再生し、
若い世代に最高のいわきをプレゼント出来るように料理人として活動の幅を広げています。
十代の真っ直ぐな瞳を見てそう思いました。

IMG_9017


世界中の方連携をよろしくお願いいたします。

 

IMG_9023

続きを読む

無事終了しました。

IMG







































明日、書きます。

はまっこ新聞の料理コーナーに掲載されました。


はまっこ新聞3月号に掲載されました。

hamakko13022_R
















































当店の野菜でもお世話になっている白石さんと一緒です。

今日は白石さんが聖護院大根を持ってきてくれました。IMG_8881
    



















































IMG_8885


















































畑から収穫したてです。
美味しいスープにします。

Hagiフランス料理店ロゴ一日一組畑から収穫


福島県いわき市内郷御台境町鬼越171-10 
昼・夜とも1組のみの完全予約制  Hagiフランス料理店 0246-26-5174
昼 12:00~   
5250円 10500円  (すべてフルコース)
夜 18:00~(OS20:00)  
5250円 10500円 15750円(すべてフルコース)

予約方法や当店の案内  クリック→Hagiフランス料理店ホームページ
生産者との活動       クリック→ いわき農商工連携の会
※1日1組のみ完全貸切の営業になりますので、当日のキャンセル料は100%になります。

※食材等、十分なおもてなしが出来ない為、当日の予約は受けておりません。

IMG_5947[1]

IMGP5152

贈り物にもどうぞ。

今販売できるコンフィチュール(ジャム) 

フランス料理店で使う食材で出会った生産者の手作りコンフィチュール

萩 春朋が少量づつ銅鍋で炊きます。

フェイジョアコンフィチュール10本限定で販売しています。1本1000円

赤トマト 桃 ブルーベリー プラム ほおずき フランボワーズ ブラックベリー
葡萄 いちじく 

単品各650円

いわき在来作物 伝統野菜 かんぴょう(夕顔)

いわき市には昔から種取りをしながら、農家に代々続いている野菜があります。
在来野菜・伝統野菜と呼ばれています。
(種取をしているので、お金では買えない品種です)

そんな伝統のある美味しい野菜に出会いその美味しさを伝えたく、
いわき市で製作した昔野菜の本を教科書に生産者方と個人的に友達になり
店で使う分を仕入れています。
収量は少ないのですが、この種の美味しさを1日1組の営業でしっかり味わって
頂いています。


今回は、かんぴょうです。
原材料は夕顔。
いわき市の海岸方面 永崎地区で栽培されています。

IMG_8319

生産者の方とお会い出来ました。

IMG_8331

かんぴょうを使った一品。伺った時に頂きました。
かんぴょうがほんのりと甘く、優しい香りがします。美味しい!!

IMG_8395

夕顔を専用のカンナで薄く削り、乾かした状態。
一定の長さ、薄さです。この加工がまた難しいのだなと思いました。
専用の包丁とカンナが必要です。

IMG_8363

IMG_8439


両端の長く取れない部分は、短くなりますが、この部分がまた美味しいんです。


IMG_8427


専用のカンナ。小さいです。

IMG_8404

専用の包丁。大きいです。

IMG_8412


こんなに長いんです。長年使いこまれた道具の厳かな貫録を感じました。

IMG_8435

一般の方も、こういった家庭用スライサーで薄くしても良いそうですよ。

IMG_8431

ご主人から見せて頂いた、歴代の道具。

IMG_8402

生産者の方の所で頂く煮物などは、本当に美味しいですね。
ここで美味しく調理するポイントなどをよく話し合います。

IMG_8750

当店でフランス料理に組み込んだ一品。
かんぴょうの香りがほんのりとして、料理全体に旨みと自然な甘みが加えられ、
新しい形になりました。

いわきにお越しいただいた際にはぜひ、いわき伝統野菜を使ったいわきのフランス料理を楽しんでください。
お待ちしております。




辻調グループ特別進学相談会

IMG

2013年2月24日に当店で辻調グループの進学相談会を開催します。

説明会から入学していわきに帰省する時に食事にきてくれる生徒さんがいます。
今学校でどんな授業をしているのか、沢山話が出来てうれしいです。
先日ご来店の時のお土産を頂きました。
ありがとうございます。
谷保駅の近くの紀の国屋さんのお菓子です。エコール辻卒業の方は懐かしいですよね。
もう卒業して18年?位たちますがあの頃の料理に燃えてた自分を思い出します(笑)

IMG_8492

IMG_8491
IMG_8489

私と妻は辻調の卒業生です。
私はフランス料理、妻は日本料理進んだ道は違いますが、
辻調が私たちの店の原点なんです。

24日お会いできること楽しみにしています。

いわき伝統野菜 むすめきたか(小豆)


いわき市には昔から種取りをしながら、農家に代々続いている野菜があります。
在来野菜・伝統野菜と呼ばれています。
(種取をしているので、お金では買えない品種です)

そんな伝統のある美味しい野菜に出会いその美味しさを伝えたく、
いわき市で製作した昔野菜の本を教科書に生産者方と個人的に友達になり
店で使う分を仕入れています。
収量は少ないのですが、この種の美味しさを1日1組の営業でしっかり味わって
頂いています。

IMG_8572

むすめきたかと言う小豆です。

早く茹であがるので、帰省した娘が到着してから炊いても出来上がるということから
「むすめきたか」と言う名で親しまれています。

ネーミング、味、どれを取ってもいわきを代表するにふさわしく思いますが、
市民の認知度はほとんどありません。

昔野菜と聞くと古臭いイメージがありそうですが、この小豆はさっぱりして味が奥深いので
現代風の食材だと思います。

私の仕事は、昔野菜を今の調理法で表現することで、いわきの在来種を守っていくことなんです。
だれにとっても初めて出会う野菜は新しい野菜なんですから。

IMG_8547

在来種のじゅうねん味噌。
IMG_8548
IMG_8549

この日も美味しい野菜料理をごちそうになりました。
美味しいんですよー在来種の使い方を教えて頂いています。

帰り際

IMG_8585

じゅうねん用にと、山椒の木のすりこぎ棒を頂きました
妻も喜んでいますね。

また遊びに行くかんねー

取材を受けました(^^)

こんばんは。今日はいわきでも朝から雪景色でしたね(*^_^*)
車の運転などを考えると困るけど、やっぱり雪が降るとウキウキしてしまうHagiフランス料理店 マダムです(^^)

今日は、シェフが取材を受けました。
写真は本番前の打ち合わせの一コマ。

IMG_8756


収録中は、音を立てない方が良いのかな?と思って写真は撮らなかったです。
IMG_8766

最後にパーソナリティーの田子さんと、見せます!いわきの横田さんといっしょに(^o^)/

    「見せます!いわき!!」のポーズ(^o^)/

今回は「見せます!いわき」情報局という、ラジオ番組です。
当店はいわきの野菜を最大限に使って、いわきのフランス料理店になりたいと頑張っている最中です(^_^;)
最近は、いわき在来作物という、いわきで昔からその家族や地域で作られ続けている農作物なども
仲良くなった在来作物栽培家のおじいちゃん、おばあちゃんから分けて頂けるようになり、
いわきのおいしさに夫婦ですっかりハマっています(笑)

在来作物って、どうしてそんなに長い間受け継がれていっているのか?

答えは簡単。美味しいからなんです(*^_^*)答えはいつも、シンプルなんですよ。

在来作物っていう響きは、どうも「難しい」と思われがちですが、今食べている農作物と何ら変わりはありません。
ただ、その種はいくらお金を出しても手に入らないだけです。売ってないのですから仕方ありません。
栽培家のご家族が種を自家採取して、代々作り続けている物だけなんです。
なので、私たちもそういった栽培家の方達の所に行って、仲良くなって、美味しいご飯を食べさせてもらって
それで人と人の絆というか、縁ですよね。繋がりで手に入ったものなんですよ。
心と心が繋がった相手だからこそ、種を分けて下さるし、それを調理して、皆さんに召し上がって頂いて、
食べた方も美味しくて幸せになって、気持ちがまた繋がっていく・・・。
そんな食材です。
こんな出会いに恵まれたのも、シェフと一緒に時間の許す限りいわき中の生産者の方々に会いに行ったからなんですよね。


小川町のファーム白石の白石長利さん
小川町のユウキベリー農園の黒井さん。
好間町の生木葉ファームの佐藤さん。
小川町のゆうゆうファームの丸山さん。
山田町の坂本農園の坂本さん。
渡辺町の彩花園の遠藤さん
四倉町のイチジク栽培家の愛川さん。
他にも、在来作物栽培家の方々が沢山・・・・・。

いわきで妥協することなく、良い物を作り続けている生産者の方々にお会いして、畑を見せて頂いたり、
野菜の基礎知識を教えて頂いたりしています。
そんな、人と人の繋がりの輪が、また新しい、でも出会いたかった生産者への道を繋げてくれるんです。

野菜が無かったら、料理は出来ません。

いわきの生産者の、心のこもった愛のある野菜を、皆さんにも是非、ご用意したいなと、思ってます(^^)

IMG_8767

いわきは、今、世界一安全な農作物を、美味しく育てている場所です。

                    「見せます!いわき!!」

放送時間は、明日2月7日(木)夕方17:33~  FM IWAKIです。
皆さん、聞いて下さいね(^^♪

地元いわきの小麦

IMG_8679

最近はいわき産の小麦 きぬあずまでパンを焼いています。

いわきの小麦は珍しいと思います。
生産者との出会いから仕入れることが出来ました。

当店には30キロしか在庫が無いので限定になります。

パン用の粉ではないので焼くのには技術が必要ですが、
味わいがとてもよく噛むと旨みがどんどん出て来る面白い小麦粉です。

料理に合わせて提供していますので楽しみにしてください。

フェイジョアパウダー

IMG_8470


フェイジョアパウダーとフェイジョアのアイスに苺。

世界初のフェイジョアパウダーをどう使えばいいか
毎日さまざまな食材と合わせてみました。

苺との相性がとても良い所まで進みました。

旬の時作ったフェイジョアのピューレを使ったアイスも良く合いますね。
魅力的なフルーツ。

Hagiフランス料理店ロゴ一日一組畑から収穫


福島県いわき市内郷御台境町鬼越171-10 
昼・夜とも1組のみの完全予約制  Hagiフランス料理店 0246-26-5174
昼 12:00~   
5250円 10500円  (すべてフルコース)
夜 18:00~(OS20:00)  
5250円 10500円 15750円(すべてフルコース)

予約方法や当店の案内  クリック→Hagiフランス料理店ホームページ
生産者との活動       クリック→ いわき農商工連携の会
※1日1組のみ完全貸切の営業になりますので、当日のキャンセル料は100%になります。

※食材等、十分なおもてなしが出来ない為、当日の予約は受けておりません。

IMG_5947[1]

IMGP5152

贈り物にもどうぞ。

今販売できるコンフィチュール(ジャム) 

フランス料理店で使う食材で出会った生産者の手作りコンフィチュール

萩 春朋が少量づつ銅鍋で炊きます。

赤トマト 桃 ブルーベリー プラム ほおずき フランボワーズ ブラックベリー
葡萄 いちじく 

単品各650円



記事検索
プロフィール

Hagiフランス料理店

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ