Hagiフランス料理店 ブログ

福島県いわき市 Hagiフランス料理店の日記

コンフィチュール

福島県いわき市内郷御台境町鬼越171-10 1日1組のみ完全予約制 予約専用電話番号  0246-26-5174
予約方法や当店の案内 Hagiフランス料理店ホームページ
http://www.hagi-france.com/
昼 12:00~  10000円 15000円 (税別)

夜 18:00~  10000円 15000円 20000円 (税別)

※1日1組のみ完全貸切の営業になりますので、3日前50% 当日のキャンセル料は100%になります。
※食材等、十分なおもてなしが出来ない為、当日の予約は受けておりません。


生産者との活動     ineいわき農商工連携の会ホームページhttp://ineiwaki.blog.fc2.com/

福島県伊達農園のゼネラルレクラークジャム

福島県伊達市の伊達農園さんの洋ナシ、ゼネラルレクラークを使ったコンフィチュールを作りました。
DSC_6083

ゼネラルレクラークはフランスの農業試験場で発見された品種で親が不明の洋ナシです。
果汁が多く、心地よい酸味をもつ大変美味しい洋ナシです。

洋ナシの風味をいかに残すかにこだわり作成しました。
DSC_6081

特殊な低温濃縮する機械を使用して作っているため、洋ナシの色がきれいに出たジャムに仕上がりました。
DSC_6084
S__62742530

これから伊達農園さんにて販売予定です。
 生産者の方から依頼され、このような加工もやっております。

福島県いわき市 HAGIフランス料理店
シェフ 農林水産省料理マスターズ
萩 春朋

フランボワーズのコンフィチュールができました!

今年収穫の福島県いわき市産のフランボワーズを使用したフランボワーズのコンフィチュールができました!
DSC_5029


フランス語でフランボワーズ、英語ではラズベリー。数あるベリーの中でも、真っ赤な色が可愛らしいです。
今回もすべて手作りで作っております。
DSC_5007

裏ごしもしてあるので、滑らかな食感をお楽しみいただけます。
DSC_5013

今回のコンフィチュール作りは白石さんの畑にいらしていた秋田のいぶりがっこを作っているあきたいぶり美人の三春さんと、白石さんのCSAの瑞穂さんにもお手伝いいただきました。
DSC_5006


おかげさまで今年も無事にベリーコレクションの幕開けができました!
ありがとうございます!

当店のジャムはいわき市産のベリー100%で作っているため、味が濃くておいしいです。
低温濃縮ならではの素材を活かした真っ赤な味わいをお楽しみください。

店頭販売のほか、発送も承っております。
0246-26-5174までご連絡ください。

福島県いわき市 HAGIフランス料理店
シェフ 農林水産省料理マスターズ
萩 春朋

天津桃のコンフィチュール

福島県伊達市で桃・西洋梨・リンゴ等を育ててらっしゃる伊達農園さんに貴重な天津桃を分けていただきコンフィチュールを作りました!
13663575_664852283668849_1586756032_o


今の桃の先祖と言われている天津桃。
まるで桃太郎の桃のように頭がトガッた可愛い桃です。
DSC_4332


パカッと割ると真っ赤なキレイな赤い果肉が出てきます。
DSC_4340


味は桃の香りとともに酸味が特徴的です。

この貴重な原種の桃を贅沢にもコンフィチュールにさせていただきました。

桃の皮を向いて種をとり、香りがとても豊かなため、低温で短時間濃縮し、その代わりに手で角切りちした桃のコンフィチュールのようなピューレを入れました。
DSC_4334

DSC_4339

DSC_4350

DSC_4353


できたコンフィチュールはキレイな赤色です。
味も元々の酸味が活かされ、桃ジャムのようなベリーのような何とも言えない味わいがします。

こんな貴重な桃の原種を味わえるなんて福島はとても豊かですね。
このような機会をいただけたこと、大変ありがたいです。

天津桃のコンフィチュールはお店で販売していますので、よろしければぜひともご賞味ください!

福島県いわき市 HAGIフランス料理店
シェフ、農林水産省料理マスターズ 萩春朋

黒井さんのルバーブコンフィチュール

いわき市小川のユウキベリー農園の黒井さんから今年のルバーブが出来たとご連絡をいただきました。
ベリーの先生の黒井さんですが、黒井さんのルバーブも絶品です
DSC_2407

DSC_2405

 生で食べるとルバーブのレモンのような酸味が口の中に広がります。
今回のルバーブはできたばかりのものを使用しているため、青く瑞々しい味がします。
 このルバーブの美味しいフレッシュな酸味ときれいな緑色を活かしてコンフィチュールを作りました。
ルバーブは秋頃まで収穫できますが、その時々で味が違います。
当店では、時期によった特徴を活かせるようにコンフィチュールを製造しております。

まず、ルバーブの果肉を残したコンフィチュールに仕上げるため、ルバーブをざく切りにします。
DSC_2409
 
ルバーブと砂糖を入れ、鍋で煮詰めます。
 DSC_2420

DSC_2418

90℃を超えると、ルバーブのセルロースが分解され、とろみが出てきます。
綺麗な緑色になってきました。
DSC_2424

いい塩梅に煮詰まったところで、コンフィチュールを瓶に詰めます。
DSC_2425

DSC_2427

蓋をして、殺菌処理をかけて完成です
DSC_2435

完成したルバーブのコンフィチュールは若々しい爽やかな酸味と甘みが絶妙です。
生のルバーブのみを使用し、さらに濃縮しているため、少しの量でも凝縮されたうま味を感じることができます。
トーストにバターを塗り、ルバーブジャムをのせて食べるとバターがルバーブの酸味を柔らかくつつんでくれて、とても美味しく食べられます。
そのほか、ヨーグルトにかけてもとても美味しいです。

DSC_2430

ルバーブのコンフィチュールはレストランにて販売しております。
発送も承りますので、ご興味ある方はご連絡ください。

萩フランス料理店
シェフ 萩春朋 

コンフィチュールの購入先

全国から問い合わせありがとうございます。

テレビ東京系列のクロスロードで製造していたコンフィチュールは、福島県いわき市の「コネッション」さんが独占販売して下さっております。

image


テレビに出ていたユウキベリー農園さんのベリーです。
いわき市産、ジューンベリー、グースベリー、イエローラズベリー、ブルーベリー、タイベリー、ブラックベリーです。

珍しい品種をお楽しみ下さい。

特別な製法、手作りで、色良く仕上がってます。


お早めによろしくお願いします。

ガストロバックいわきイチゴのコンフィチュール

2014-03-29-22-44-34

2014-03-29-23-22-40

やっと、いちごコンフィチュールを17個作りました。
スペイン製のガストロバックで作るので80度以下で加熱、濃縮できます。
ただ一度に数ができないんです。
御予約いただいているお客様には随分お待たせしておりましたので、順番に発送していきます。
まだまだ予約数全体には足りないので、毎日少しづつ作り発送致しますので、
まだかなー?と思いつつ、もうしばらくお待ちください<(_ _*)>

加工の一日

大久町のピコブルーベリー農園 高萩さんと、
コンフィチュール加工最終打ち合わせをしました。
画像1

画像1

材料を受け取り、コンフィチュール加工が始まります。
ガストロバックもラショナルのスチコンもフル稼働しています。
画像1

画像1


今日のいわきは晴れてましたが風が冷たい。
昼過ぎには水石山からの吹っかけの雪が、まるで吹雪の様に横に飛んでました。
画像1

葛湯を飲み、身体を温めて頑張ります。

コンフィチュール加工の打ち合わせ

大久町のピコブルーベリー農園 高萩さんと
コンフィチュール、ドレッシング加工の打ち合わせをしました。
3月上旬に加工に入ります。
どんな生産物をどんな加工物にしてどのように仕上げていくのか。
生産者側の想いをよく聞いて、何度も話し合いながら作り上げていきます。
当店の料理と同じ『あなただけのために』コンフィチュールもドレッシングも作ります。
高萩さんとの出会いもまた、人との繋がりからでした。
小川町のユウキベリー農園 黒井さんが私たちの話をして下さったそうです。
生産者から加工を依頼される様になること。
これは簡単ではありません。
皆さんの大切に育て上げた子供達のような物ですから、
私たちもこなすだけの仕事にはしたくないのです。

加筆中


お土産に戴きました久之浜 梅月堂さんの柏餅。
柏餅なら梅月堂です。
いわきっ子なら当たり前。美味しい〜(^^)
画像1

画像1

画像1

予告

IMG_2389

いわき産イチゴのコンフィチュール(ジャム)の仕込みに入りますので宣伝です。

原材料はイチゴ、ビートグラニュー糖 、レモン汁のみなんですが、
色鮮やかでしょう!

通常は100度以上で煮込まないと作れないんですが、色、風味は飛んでしまうんです。

この問題を当店では気圧を下げる装置で解決しました。
ガストロバックという減圧釜を導入したんです。画像1

これにより70度位で沸騰させ濃縮出来るので、果実にダメージを
与えず、濃縮する事が出来ます。

3年間銅鍋で作って来て、ある程度納得出来たので、それを超えるものと考えた時に、この方法にたどり着きました。

だたこのマシンは100万円ほどするので凄く悩みました。

減圧濃縮は人の手では出来ない世界。

いわきのフルーツを世界一のコンフィチュールにしたい。

そう思い導入しました。

当店のコンフィチュールは安い(輸入)原材料での物で作っていませんので、
売価は高くなります。


是非本物を是非味わっていただいたいと思っています。

今回、いちごのコンフィチュール日の取材がありました。来月発売なのでまたご報告しますね。


 

ルバーブコンフィチュールの出来るまで

ガストロバッグで減圧しながら、水分を抜きます。
ブリクサーで完全にピューレにします。
今回は、赤ルバーブと青ルバーブをあわせたので赤くも青くもないのです。
そしてここで別に作ったブラックベリーのコンフィチュール(種は完全に外したもの)を合わせます。
画像1

画像1

画像1

マーブル状から、だんだんと変化しています。
画像1


画像1

出来上がりです。
ルバーブ、ブラックベリー、単体では個性の強い食材なので、苦手な方もいらっしゃいますが、
このコンフィチュールだとイイトコ取りな感じですから、オススメです(^^)

ルバーブコンフィチュール完成しました

ルバーブのコンフィチュールが仕上がりました。
画像1

画像1

今回はルバーブ×ブラックベリーです。

コンフィチュールを仕込んでいます

大荒れの天気ですね。
いわきも朝から暴風雨が続いています。
出来るだけ被害に合わない様に、皆様も充分ご注意下さいね。

幾つかコンフィチュールを仕込んでいます。
画像1

フランボワーズコンフィチュール。
ガストロバッグで減圧しながら作りました。色艶、香り、風味、格段に上がりました。
26個。
ルバーブとブラックベリーのコンフィチュールも間もなく瓶詰めです。
出来たら写真UPします(^^)

画像1

画像1

画像1

ブルーベリーコンフィチュールもツヤツヤに美味しく出来ました。
今は、生木葉ファームさんの玉ねぎドレッシングと
ファーム白石さんの人参ドレッシング(Hagiフランス料理店バージョン)も少しですが店頭販売しております(^^)

※種類によって650円〜1000円となります。

新年

あけましておめでとうございます。
今年も美味しい食材を用意して、
お待ち致しております。
画像1

おせちではないですが、
元旦はお雑煮とサラダ。
そして、注文がたまっていたコンフィチュール作り。ユウキベリー農園さんのいわき産ブルーベリー。しかもハイブッシュのみ!お土産用に人気なんです。
さて、
今回もガストロバックで低温濃縮。
85度以下で濃縮するので、フルーツにダメージを与えない火入れをしています。
画像1

画像1

画像1

私はコンフィチュールはペクチンを入れません。
本来持っているフルーツの力で良いと思います。
自然のままが一番*\(^o^)/*

お待たせいたしました。

画像1

いわき産のハイブッシュという
品種のブルーベリーを使ったコンフィチュールができました。
沢山の問い合わせがあったのですがなかなか作れなくて。
今回からコンフィチュールがさらに美味しくなりました。
減圧装置を使うと85度で沸騰させることが出来ます。100度以上にしないのでフルーツにダメージを与えない火入れが出来る様になりました。
生産者の食材を大切にしたいといつも思っていますので、コンフィチュールはいつか
ガストロバックで作りたかったんです。
画像1

色艶がいいですよ!
もちろん味も良くなりました(^-^)
画像1


コンフィチュール

画像1

コンフィチュールのラベル出力中です。
いまから1000本分貼ります。
沢山の予約も頂いていたので、発送出来るのが嬉しいです。
愛情を込めて作りました。

当店でも販売していますが、事前に電話で
時間をお伝え下さい。

販売しているお店
生木葉ファーム、美食ホテル、です。

庭先で

先月の母の日に娘からもらいました。
カーネーションではなく、私からのリクエストで「チョコレートコスモス」を。
image

image

ピンボケしてますが、今日も綺麗に元気に咲いてます(*^_^*)

そして、こちら
      ↓
image

image

このイチゴ、ちょっと普通じゃない苺です(^^♪
なぜなら!!在来野菜の苺ちゃんなんです\(◎o◎)/!
昔はそこらじゅうに勝手になって出来ていたそうです。
「すっぱいけど、ジャムにしたりするんだよ~」の一言に私たちのアンテナが反応しないわけがなく。
5株ほどいただいてきました。
最近赤く色づき始めた苺を見つけては「味見!!」と言いながら食べてしまうので、コンフィチュールになる日は遠いです・・・(笑)

そしてこちらも。
     ↓
image

image

小さいのでかなりのアップで撮影しました。
こちらは、フレーズ・デ・ボアという、フランスの苺。
「森の苺」っていう意味です。
小川町のユウキベリー農園の黒井さんから2年前?位に頂いたものです。
毎年少しづつですが、株も大きく成長して、今年は去年の倍くらい苺がなります。
一粒が椎の実くらいの小さなイチゴなので、毎日毎日せっせと収穫しても一般的な苺一粒くらいなんですねー^^;
で、やっぱり「今年の味は~??どんなかな~~~???」と、娘を筆頭に食べちゃうんです。
基本的に、登校前・帰宅時の娘のおやつ化してます。
フレーズ・デ・ボアの味??けっこうしっかりとした味で美味しいんです(^^)
しかも見た目ではすっぱそうですが、すっぱくないんですよ~(*^_^*)

青トマトコンフィチュール

画像1

ファーム白石さんの青トマトコンフィチュールの仕込みに入りました。
ファーム白石さんはこのまま美味しく熟すであろう青トマトのみ厳選して収穫します。
このコンフィチュールは凄い人気ですぐに売り切れてしまいます。
画像1

フレンチのシェフによる完全手作りです。
もうすぐ販売始まります

コンフィチュール

IMG_9560

お待たせいたしました。ルバーブのコンフィチュール出来上がりました。
販売開始します。


IMG_9562

いちご❌みるく コンフィチュール

画像1


販売開始しました。
いちごだけのコンフィチュールもありますよ(^.^)

いちご×みるく コンフィチュール

IMG_9151

完成しました。
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ