ベルエキップ 

http://www.belleequipe.com 主にメカニックネタが多いです。

10月8日(土)
10月9日(日)
時間  11時〜16時


今回は LIV 2017モデルの試乗会です。
女性用モデル限定で行います。お気軽にお問い合わせください。


試乗車リスト
Enve Advanced Pro 1 Comp      Green       XS
Enve Advanced  1        White/Coral Red     XXS
Enve Advanced  2       Dark Blue                S

Avail Advanced  1     Comp                         XXS
Avail Advanced  2    CDB White                  XS
Avail Advanced  3    MRD CDB Comp        S


Avail Advanced  2   Di2  2016                    XXS

Coureur  Optima AL                                   420mm



両日共自由にテストしていただけます。
コースは店を出て左側の一般公道です。


ロードに乗ったことが無い方でも大丈夫です。
まずは一度乗ってみてください。


受付場所
ベルエキップ  店頭



申し込み方法
1 店頭受付
2 申込み用紙をダウンロード、内容を記入して当日お持ちください。


予約は必要ありませんが身分証明できるものをお持ちください。



その他注意事項
ペダルは使っているものがあれば各自お持ちください。
ヘルメットは必ず着用してください。お持ちで無い場合は貸し出しいたします。


本人確認用の免許、学生証などをお持ちください。
確認できない場合はお断りする場合があります。



申込書   別のページで開きます。


お問い合わせ
ベルエキップ   022-739-7468
mail                        info@belleequipe.com








3日間で見てきた感想などです。


スイスのロマンシュホーンのホテルから湖を渡って行き来します。
IMG_3638
前後対象で、そのまま港へ直付け。

 


ヨーロッパは電動アシストのEバイクが増えているようです。 

アシストがついて坂も楽に登れるせいか若い人よりも年配の人たちがサイクリングを楽しんでいる姿を見かけました。

街中は自転車用の路側帯が道路の端から1Mくらいで線が引かれていてヨーロッパは走りやすいです。

郊外は自転車専用の道路もあります。

車種はロードでもマウンテンでもない普通の自転車にアシストがついたモデルが多くカゴ、泥除け付きもたくさん走っています。

さて、展示会場では 

 

マウンテンのダウンヒルの車種にモーターがついたモデルが多く見ました。

ダウンヒルようなので登りをアシストで走って下りを楽しむスタイルかと思います。


IMG_3338


 

IMG_3549





マウンテンはフロントシングルが増えていて、かなりローギア系です。




 

IMG_3513
グラベルもフロントシングルが主流になりつつあるようです。
このスコットもLOW1対1以下のギア比ですね。
 


ディスクブレーキ

スコットなどヨーロッパ系はディスクが増えてきていてモデル全体の半分ほど

イタリア系は一つのモデルといった感じでメーカーによってディスクブレーキ使用率が違っていました。


カンパが試作と思われるブレーキを展示していました。もう発売するのでしょうか。

フラットマウントのようです。
カンパが完成するまではロードレースのディスク解禁はないかもしれません。

IMG_3551
IMG_3550
IMG_3552
 


エンド幅は142と135が両方あります。

ブレーキもポストとフラットが混在ですが大手はフラットが多いようです。
IMG_3600
 ディスク、ノーマルブレーキ兼用フレーム。エンド幅は135か142ミリ 
エンド金具に秘密があります。
ローターはロードは140が増えてきています。


 


ワイヤー引きでハンドル付近で油圧に変換するディスクが少し増えたようです。



カーボンローター
IMG_3439
 カーボンフローティングローターとカーボンディスク来年発売とのこと
カーボンの方が温度が低いのだそうです。意外でした。

 



スラム電動

FSA電動 まだ試作&テスト段階らしいです。
IMG_3386
他中国製の電動変速機がいくつか出ていました。

 


カーボンホイールのリム部分ほとんどは台湾か中国製になって、組みたてだけ
ヨーロッパで行い最終的にメイドインEUになるようです。


ホイールは幅広になってカーボンでもリム部分が重くなりアルミとあまり変わらなくなってきています。

ヨーロッパでは軽さより丈夫さが求められるらしいですが一部では幅広タイヤには懐疑的でした。
リム、タイヤは広い方が良いのが分かっているのですが、タイヤが太くなることの重量増がデメリットになっているようです。

ディスク化されるとブレーキの当たり面が要らなくなるので自由な形ができるようになると思います。

IMG_3537
リムがカクカクしてます。カーボン製



IMG_3364
CITEC アルミクリンチャーリムのディスクホイールここは昔から全部のモデルがアルミリムです。
以外とこれからの主流に戻ってくるかもしれません。
軽かったです。



カーボン製品のリムやフレームは
台湾の技術力のあるOEMメーカーに注文が集中→集中して納期遅れ→そのため別メーカーで作って問題発生。こんな流れもあるようです。


チェコなどでも最近は生産しているメーカーなどもあるそうです。



 


日本では知られていないメーカー、特にドイツメーカーがヨーロッパの

Eバイク、ツーリング系が主流に感じました

GHOST STEEVENS NORCOなど日本にきていないメーカーもブースが大きかったです。


IMG_3455
E-BIKEのようです。


IMG_3363
BBに入れる内装ギアボックス


IMG_3343
スイス リッチー センスよすぎです。

IMG_3356
ベルトドライブはいたるところでみました

IMG_3370

IMG_3404
ZIPP DISK

IMG_3453
PACO ジュニア用

IMG_3340
ディスクカバー付き。



ユーロバイクは全体の半分が、
クロス、ツーリング系20%

Eバイク関連40%

ロードは10%ほど

マウンテン30%ほど



以上レポートでした。
遠藤


↑このページのトップヘ