さて、たった2日とはいえ今更感アリアリですが、気を取り直していきたいと思います。

浦和、G大阪を破り初のリーグ優勝

reds(←ついに初優勝! livedoorスポーツ)

昨年に続き、今年もJ1の優勝争いは最終節まで持ち越されレッズvsガンバの直接対決の末、レッズが初優勝の栄冠を勝ち取りました。レッズは2点差以内なら負けても優勝だったのですが、最後もホームでの強さを見せ付けました。
色々なところでいわれてる事ですけど、ホントにこのチームほどサポーターが選手に力を与えたチームはないんじゃないでしょうか。Jリーグ黎明期の「お荷物」時代に比べてチームは強くなりましたが、その間サポーターの熱い応援は常にJリーグのトップクラスであり続けましたからね・・・お約束ではありますが、選手・サポーターの皆さん、本当におめでとうございました
そして今度こそ日本代表としてアジアを制して欲しいです。

<J1>浦和のブッフバルト監督、退任の意向を選手に伝達

まさしく「有終の美」でしたブッフバルト監督。この優勝で監督としても、レッズOBとしても思い残す事無くドイツへ帰国できると思います。元々西ドイツ世界一メンバーとしての知名度がありますから、レッズでの監督経験はドイツでも生きるんじゃないかと思います。
個人的には「スーパーサッカー」のバナナキングにスーツ・革靴といういつもの出で立ちで好記録を連発し、選手達のド肝を抜いていたのが印象に残ってます(笑)
後任は端から見てると、エンゲルスコーチが良さそうな気がしますが、今度は日本人OBでも監督に据えるのでしょうか?

ASA