・・・という、在留邦人の子供たちの声援を中継中、ずっとマイクが拾っていたんですが、彼らの声は選手たちに届いたかな?
などと思いながら、テレ東の中継を観てました。

U-22日本代表、2−0で勝利し最終予選進出を決める!

サッカーのオリンピックアジア2次予選の第4戦・シリア戦がアウェーで行われ、日本が2−0で勝利し、アジア最終予選進出を決めました

序盤はシリアの選手のミドルシュートにやや脅威を感じましたが、逆に日本が水野のミドルシュートで先制。反町監督の「撃ってみろ!」の檄に応えました。
さらに前半終了間際、CKからのボールを本田圭が押し込み2-0と優勢に立ち、ハーフタイムに入りました。

後半はシリア代表が息を吹き返して攻勢に出、ゴール前での危ない場面もあり、パスミスも少しあり、そして2トップは前半に輪をかけて目立たなくなり、と追加点どころか無失点勝利も危ないかな?となりかけましたが、上田と増田が投入されてから少し盛り返し、後半39分には注目の菅沼が登場!残念ながら見せ場はありませんでしたが、シリアの攻勢に耐えて2-0のまま試合終了。

試合終了直後に反町監督がインタビューで語ったように、後半はやや緩慢なプレーが見受けられましたが、最終予選進出を決めるアウェーゲームを無失点勝利で終われた事は良しとして、残りの2次予選は全勝で突破して最終予選に挑んで欲しいですね

ASA