いよいよWBC1次ラウンドが東京ドームで開幕!
侍ジャパンがチャンピオンという港を目指して(by原監督)船出の時を迎えました

【試合結果】4−0で日本が勝利するも、イチローは5打数無安打

murata(← 日本のHR王が大会初アーチ  livedoorスポーツ)

前回大会では18−2で圧勝したという対中国代表戦。コールドは無くても8〜10点は取るだろうという、“実戦でリハビリ”的な展開になると思いましたが、やってみればなんとも堅い結果。
特に打線はフォアボールを7つも貰いながら5安打4点と、ランナーを出した割にはそれを得点にあまり反映させられませんでした。ただ、3番の青木がタイムリーを打ち、オリンピックでは結果が出なかった村田がホームランを打った事は、それぞれらしさが良い形で出たと思います。
イチローは…、どうしちゃったんでしょうかね。今日はまだしも、韓国戦(と想定)は流石に打ってくれないと困りますが、最早日本の球場は彼にとってアウェー環境になってしまったんでしょうか。

投手陣はダルビッシュを筆頭に6人の投手で完封リレー。こちらは打線に比べて先は明るそうですが(今日の相手に5安打は打たれ過ぎ?)、藤川の持ち味であるストレートが140キロ前半しか出て居なかったのが気になりました…シーズン中だと150キロ近く出ますよね。

…と愚駄愚駄言ってもしょうがないので、勝ったんだから良し、と強引に納得して、選手達には明後日の韓国戦に良いコンディションで臨んで欲しいと思います。
日本の先発予想は松坂。ホームラン喰らわない事を祈るばかりです

ASA