肥満や運動不足などで韓国人の脳血管損傷が増え、40?50代の認知症患者が急増していることが分かった。国民健康保険公団は「2005?10年の老人性疾患の診療データを分析したところ、60歳未満の認知症患者は05年の5252人(診療患者数)から10年には1万1742人へと6年間で2倍になった」と6日発表した。記憶力や知的能力が損なわれる認知症には、(1)脳に毒性タンパク質(アミロイド)が蓄積され、脳細胞が破壊されるアルツハイマー病と、(2)脳卒中・高血圧・糖尿病などで脳血管が損傷して現れる血管性認知症の大きく分けて2種類がある。

http://news.livedoor.com/topics/detail/6534365/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

本草 防風通聖散エキス錠‐H 180錠 【第2類医薬品】

本草 防風通聖散エキス錠‐H 180錠 【第2類医薬品】