7年ぶりの北海道はカーフェリーで行くことになりました。

前回上野発の寝台特急カシオペアに次ぐ、飛行機以外での北海道です。



関東からだと大洗から苫小牧に行く商船三井の「さんふらわあ」が近いのですが

今回は仙台から苫小牧間を結ぶ太平洋フェリーにしてみました。

理由は商船三井のフェリーよりも豪華という話なので

どうせならそちらを体験したいということと、苫小牧に到着する時間の違いもあります。

仙台からの太平洋フェリーは翌日の午前11時に到着しますが

商船三井フェリーは翌日の午後13時30分到着と遅くなってしまいます。

北海道に到着してからの移動が少しでも多く取れる太平洋フェリーのほうがいいかな?ということで。

朝9時に家を出て高速で仙台に向かいました。

途中で牛タンなどを食べて出航の3時間前にはフェリーターミナルに到着!

仙台フェリーターミナル
DSCN9263



震災の時はあそこまで津波がきたそうです
DSCN9266


出航1時間30分前から乗船できるのですが、それでも1時間待ちでした
カメラの電池残量が気になるベンチです
DSCN9277


時間になればここから乗船できます
DSCN9278



待合室から見えるフェリー「きたかみ」
結構大きい!
DSCN9279


太平洋フェリーには3隻のフェリーがありますが
このきたかみが一番古い船になります。
残りの2隻は結構バリアフリー化されています。
きたかみは船内にエレベータも1基しかなく段差も多いです
DSCN9261


「フェリーで北海道2」へ続きます