2010年02月

2010年02月28日

<グランディール法律事務所 田代宏樹先生>

photo_tashiro田代宏樹先生にインタビューをさせて頂きました。

Q1. 弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1. 漠然と自分に付加価値をつけないといけないと思い、資格試験の中で最も難しいと言われていた司法試験に挑戦しました。将来独立できる仕事に就きたかった、というのも一つの理由です。

続きを読む

bengoshiretsuden at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月24日

<杉並民事家事法律事務所 石川一成先生>

石川先生にインタビューをさせて頂きました。photo_ishikawa_sensei

Q1. 弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。 

A1. もともと知的好奇心や正義感が強く、また頭を使うことが好きでした。漠然と法律家になりたいという思いを持って早稲田の法学部に入学し、将来について色々迷ったすえ司法試験を受験し、修習を経て、初めは検事になりました。検事の教官が非常に知性的で憧れたためでしたが、やはり役人は不向きでもっと色々な人と接したいと考え、1年だけ勤めて弁護士になることにしました。 

続きを読む

bengoshiretsuden at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月18日

<千代田綜合法律事務所 榎本昭先生>

photo_enomoto榎本昭先生にインタビューをさせて頂きました。

Q1. 弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.東京外国語大学を出た後、昭和35年に太洋漁業株式会社(現在マルハニチロホールディングス)に入社し、サラリーマンをやっておりました。その間、中央大学に入学し、昭和38年に卒業しました。しかし、私の性格のせいで組織になじめず、サラリーマンから独立するにはどうすれば良いかと思ったのです。その時に司法試験を受験することを考え、勉強した結果合格することができ、弁護士になったのです。

続きを読む

bengoshiretsuden at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

<有楽町総合法律事務所 石川秀樹先生>

photo_ishikawa石川秀樹先生にインタビューをさせて頂きました。

Q1. 弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.理屈っぽい性格だったんでしょうか?法律が自分に合っていると思いました。自由に民間と交流できる弁護士の道を選びました。

続きを読む

bengoshiretsuden at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月12日

<岡田・松尾法律事務所 松尾憲治先生>

松尾憲治先生にインタビューをさせて頂きました。photo_matsuo

Q1、弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1、私の場合、父親が床屋の職人で、職人に憧れていたことと、誕生日が憲法記念日であり、両親が名前に「憲」という文字を付けてくれたことで、小さい頃から、法律の職人になりたいということで、法曹関係の仕事を選び、その中でやはり自由度の高い弁護士を選びました。

続きを読む

bengoshiretsuden at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月11日

<表参道法律事務所 横山雅文先生>

横山雅文先生にインタビューをさせて頂きました。photo_yokoyama

Q1、弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1、大学在学時に同じ高校の同級生が司法試験を目指しており、その影響を受けました。検察を目指していた時期もあったのですが、弁護士の方がより色々な案件を取り扱うことができると思い、弁護士になろうと思いました。

続きを読む

bengoshiretsuden at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月05日

<中島法律事務所 中島克巳先生>

中島先生にインタビューをさせて頂きました。photo_nakashima

Q1. 弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。

A1. 大学は法学部法律学科でしたが、体育会競走部に所属していたため、練習とマージャンで忙しい毎日を過ごしていました。ところが二年生のとき怪我をしてしまい、目標を見失っていたころ、同じ学科生が早くから司法試験を目指して猛勉強しているのを見て、自分も最難関といわれる国家試験にチャレンジしてみたくなったのです。修習中には裁判官の誘いもありましたが、両当事者の言い分を熟慮し公平中立の立場で判断する役割よりも、どちらか一方当事者の言い分を代弁して勝利のため全力を尽くす方が自分の性格に合っていると思い、弁護士を選択しました。

続きを読む

bengoshiretsuden at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)