2010年04月

2010年04月27日

<城戸法律事務所 城戸勉先生>

城戸先生城戸勉先生にインタビューをさせて頂きました。

Q1. 弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.父が検事であったこともあり、司法試験を目指し、偶々、在学中に合格したので、現在に至るまで、司法の分野を歩むようになりました。合格後は検事として汚職事件や、税法違反事件、知能犯事件など多くの刑事事件を10年ほど経験しました。その後、今度は民事事件にも取り組みたいと考えて、弁護士に転向し、現在に至るまで四十数年経ちました。特に、普通の人が取り組まない知的財産の問題に取り組む中で、その弁護活動が立法などに影響力を与える経験をしました。弁護士は裁判の中で、「時代に応じた法律」をつくる仕事ができるということが実感しました。

続きを読む

bengoshiretsuden at 12:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

<小澤法律事務所 小澤彰先生>

小澤先生小澤彰先生にインタビューをさせて頂きました。

Q1. 弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.私は戦後派、いうなれば闇市派です。ものが豊かにはない時代状況の中で学生生活を過ごしました。卒業時に未然の就職難を迎え、体調面で恵まれずに教師になることも諦めました。そこで、学んできた学問を生かすためにも法曹を志すことを決意しました。弁護士の先生の自宅事務所に住み込みの書生のようなかたちで数年間、さらにその後も病気とも折り合いをつけながら勉強に勤しみ、ついに弁護士となりました。簡易裁判所判事の道も考えましたが、恩師の勧めもあって弁護士となりました。故郷からは初めての弁護士でした。

続きを読む

bengoshiretsuden at 12:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

<井上克樹法律事務所 井上克樹先生>

井上先生井上克樹先生にインタビューをさせて頂きました。

Q1. 弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.大学一年生で必修科目をひとつ落としてしまい留年したことがきっかけになりました。試験に受かってすぐ結婚したこともあって弁護士になりました。

続きを読む

bengoshiretsuden at 12:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

<リーバマン法律事務所 石井邦尚先生>

photo_ishii石井邦尚先生にインタビューをさせて頂きました。

Q1.弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.何か具体的なきっかけがあったというよりは、職業選択の一つとして法曹を選びました。もともと高校時代までは理系科目が得意で、両親や友人は、私が文系に進むとは思っていなかったはずです。1991年(平成3年)に東京大学文科一類に入学してから、企業への就職や官僚等よりも自分にとって魅力を感じ、法曹を目指しました。社会により密接に関わる仕事がしたいということと、独立心もあり、自分の力でやっていきたいという気持ちがあったことなどが理由です。

続きを読む

bengoshiretsuden at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月26日

<熊隼人法律事務所 熊隼人先生>

photo_kuma熊隼人先生にインタビューをさせて頂きました。

Q1. 弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.小学5年生のときに、ロッキード事件が起きました。そのときの国会の国政調査の尋問のテレビ中継を見て、不正を隠蔽する会社の体質を目の当たりにし、コンプライアンスに取り組みたいと考えたのがきっかけです。

続きを読む

bengoshiretsuden at 12:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

<銀座中央総合法律事務所 清水保晴先生>

photo_shimizu清水保晴先生にインタビューをさせて頂きました。

Q1.弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.祖父が裁判官をやっていたが、その子や孫がほとんど理系の道に進んでしまい、誰も法曹の道に入らなかったので、自分が法曹界に入ろうと思った。

 

続きを読む

bengoshiretsuden at 12:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

<壱岐坂下法律事務所 今西順一先生>

photo_imanishi今西順一先生にインタビューをさせて頂きました。

Q1. 弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1. 初めは検察官になりたいと思っておりましたが、司法修習のときに、弁護士の仕事は人と生で接することで、依頼者と共によろこびや苦しみを共有できることによりやりがいを感じることができると思ったので、弁護士になりました。

 

 

続きを読む

bengoshiretsuden at 12:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

<エスト法律事務所 藤田裕先生>

photo_fujita藤田裕先生にインタビューをさせて頂きました。

Q1.弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.父が簡易裁判所の裁判官だったので、小さい頃から家に法律の本がたくさんある環境で育ちました。ですので、自然と法曹を目指していました。また、裁判は弁護士が事件をくみあげて、判断材料を提出することによって成り立つので、このような業務に携わることにやりがいを感じました。

続きを読む

bengoshiretsuden at 12:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

<新井弘二法律事務所 新井弘二先生>

photo_arai新井弘二先生にインタビューをさせて頂きました。

Q1. 弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1. 私が高校生の時は、新制度の大学が発足して間がなく少し門戸が広くなったので、進学の希望を抱き、大学で「学問」というものがしたくて、中央大学法学部に入りました。そこで「真法会」という研究団体に入り、法学部の先輩方の指導を受けながら講義によく出席し、に法律を教わり、そこで民事法が好きになり、民事関係の弁護士になりたいと思うようになりました。
 ところが、検察庁修習時に取り調べ修習をした際、精神的に恵まれていない被疑者を更生させることができる検察官に魅力を感じ、33年間検察官としての仕事をしました。
 そして、検察官の定年を迎え、現在は弁護士として仕事をしている次第です。

続きを読む

bengoshiretsuden at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月23日

<日野法律特許事務所 日野修男先生>

photo_hino日野修男先生にインタビューをさせて頂きました。

Q1.先生は工学部のご卒業ですが、卒業後すぐに弁護士を目指されたのですか。
A1.いいえ、違うんです。東京大学工学部(都市工学科)卒業後、最初は政府関係機関に就職して、7年間働きました。組織の中に入って仕事をするよりも、一人で自分の考えで仕事をする方が性に合っていると思い、弁護士への転職を決意しました。

続きを読む

bengoshiretsuden at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)