2010年05月

2010年05月19日

<柴田・山口・高島法律事務所  山口宏先生>

山口宏先生_柴田・山口・高島法律事務所山口宏先生にインタビューをさせて頂きました。

Q1. 弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.弁護士は、苦渋の消極的選択でした。理想としては、小説家を目指していましたが、書いては捨てての繰り返しでした。就職するのは荷が重いが、社会に出ないのでは周りの人々にうるさく言われてしまいます。そこで、年齢の参入障壁がなかった弁護士を目指して勉強を始めました。

続きを読む

bengoshiretsuden at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月18日

<廣田尚久法律事務所 廣田尚久先生>

hirota廣田尚久先生にインタビューをさせて頂きました。

Q1.弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.学生時代に弁護士を意識していたものの、一度は鉄鋼会社に就職しました。高度経済成長の時期で勢いが盛んでしたが、配属された監査部門の仕事をする中で「この高度経済成長がいつまでも続くわけがない」と考えるに至りました。マルクスが指摘する「剰余価値の取り合いが矛盾を生む」という時代は通り過ぎて、もはや価値が生まれる前に先取りする、そしてその穴埋めのために矛盾が生じているのだ、と入社一年目で感じました。あらゆる問題がここから生まれると睨み、一生かけてこれを研究したいという意識が生まれました。その気持ちは今も変わりません。
この研究のためには、高度経済成長の先端をゆく会社の社員ではジレンマに陥ると思い退職しなければと考えましたが、現実的に生計を立てることが必要なので、司法試験を受験しました。しかし、弁護士になってみると多忙を極め、この研究に着手することはなかなかできず、いきおい裁判をしないで紛争を解決することを軸にして弁護士の仕事をしてきました。続きを読む

bengoshiretsuden at 12:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

<東京みずほ総合法律事務所 小野紘一先生>

onosennsei小野紘一先生にインタビューをさせて頂きました。

Q1. 弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.大学を卒業してから4年弱の間はサラリーマンとして仕事をしました。しかし、自分の信念を反映できるような仕事がしたいという考えから、司法の道を目指しました。2年半の間、妻の協力も得ながら勉強をして司法試験に合格し、当初の目的どおり弁護士になりました。
続きを読む

bengoshiretsuden at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月17日

<日比谷パーク法律事務所 久保利英明先生>

久保利英明先生にインタビューをさせて頂きました。

photo85_kuboQ1、弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.小さいときから弁護士しかないと思っていました。口が達者で理屈っぽかったですね。おまけに権力嫌いで人に使われるのがいや。政治家やジャーナリストも考えましたが、弁護士の伝記を読んで皆ユニークであり個性的に生きていて、弁護士はやりがいがありそうだなと感じました。そして、なによりも自由であることに魅力を感じました。
続きを読む

bengoshiretsuden at 12:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

<尾山法律事務所 尾山宏先生>

尾山宏先生にインタビューをさせて頂きました。photo84_oyama2

Q1. 弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。 
A1、父が小倉で弁護士をやっていたこともあり、旧制高校の時から意識していました。自分でもサラリーマンや役人など勤め人は向かないと思い、弁護士の道を歩むことを決めました。
続きを読む

bengoshiretsuden at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月14日

<森原憲司法律事務所 森原憲司先生>

photo_morihara森原憲司先生にインタビューをさせて頂きました。

 

Q1.弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。


A1.
進路について考え始める高校時代、周りの複数の同級生らから、「森原は弁護士だよな。」と言われていたので、そんなもんかなくらいに受け止めていました。
当時から、「おかしいことはおかしい」と教師や上級生に対しても言っていたので、そのように思われたのかもしれません。また、数学など理数系は下から数えたほうが早い成績でしたが、現代国語が得意だったので、「向いているんだろうな」と漠然と思っていました。

 

続きを読む

bengoshiretsuden at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月13日

<いろかわ法律事務所 色川雅子先生>

photo_shikikawa色川雅子先生にインタビューをさせて頂きました。

Q1. 弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。

A1.「判決」というテレビドラマを見て、検察官になりたいと考えました。悪いことをした人が刑務所に行かないのはおかしい、私がその現状を変えたい、という思いでした。
しかし、大学4年生になって、自分は真面目な性格で正義感が強いことから、逆に私が検察官になっては被疑者が可哀想だと考えるようになりました。人に対しても悪いことをしないことを要求し過ぎるあまり、冤罪を招くのではないかと考えたのです。むしろ前科のある人が検察官になるべきと思ったほどです。
そして、自分のような性格の人は弁護士になろうと決めました。続きを読む

bengoshiretsuden at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月12日

<弁護士法人ミネルヴァ法律特許事務所  小林一俊先生>

小林一俊先生にインタビューをさせて頂きました。photo81_kobayashi

Q1. 弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.大学の教授を定年退職しましたが、在任中から判例研究に興味があり本を出したことや、裁判所への鑑定意見書を頼まれて事件に接触していたことや、尊敬する教授が弁護士業も行っていたことなどがきっかけとなり弁護士となりました。

続きを読む

bengoshiretsuden at 12:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

<大毅法律事務所 大 毅先生>

大毅先生_大毅法律事務所 大毅先生にインタビューをさせて頂きました。

Q1. 弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.高校が大学の付属校で、たまたま法学部に進学したこともあり、司法試験の勉強を始めました。また、当時は政治に興味を持っており、勉強を始めた後はマスメディアと人権、憲法に興味を持っていたために弁護士を目指しました。

続きを読む

bengoshiretsuden at 12:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

<長谷川安雄法律事務所 長谷川安雄先生>

photo_hasegawa長谷川安雄先生にインタビューをさせて頂きました。

Q1. 弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。

A1.もともと私は経済学科か法律学科に入ろうと思っていて、大学にはいる時点では、弁護士になろうとは考えていませんでした。しかし学校に残り院生になった頃、学園紛争が起き進路が不安定になったため、思い切って学校を飛び出し、外の世界で弁護士として頑張ろうと決意しました。続きを読む

bengoshiretsuden at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)