2011年01月

2011年01月31日

<増田パートナーズ法律事務所 増田英次先生>

増田先生にインタビューをさせて頂きました。photo_masuda

Q1.弁護士になろうとしたきっかけを教えてください。
A1.私の父が会社経営をしていたのですが、私が中2のころ騙されてその後倒産してしまいました。そこでいろいろな不正義を目の当たりにしまして、子供ながらに許せなかったのです。それで司法試験を目指すことにしたのです。最初は検事になろうと思っていたのですが、最終的には弁護士になりました。

続きを読む

bengoshiretsuden at 11:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

<埼玉東部法律事務所 佐々木新一先生>

佐々木先生にインタビューをさせて頂きました。photo_sasaki

Q1.弁護士になろうとしたきっかけを教えてください。
A1法学部の学生でしたので、弁護士にはなんらかの形で憧れのようなものはありました。ただ学生時代は学生運動にのめり込んでいて、司法試験の勉強などは特にしていませんでした。大学4年の時に、身体検査で落ちてしまったて就職ができなかったのがきっかけでした。そこで、「自分のスタイルが貫ける仕事、世のため人にためになる仕事」ということで弁護士になろうと思いました。両親に1年だけ余分に大学に行かせて欲しいと頼み、受験勉強を始めました。大学時代の4年間はやりたいことを精一杯やってきたので、司法試験もいけるのではないかと思ったんです。

続きを読む

bengoshiretsuden at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月28日

<弁護士法人虎ノ門スクウェア法律事務所  中村傑先生>

中村傑先生にインタビューをさせて頂きました。nakamura

Q1.弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.私は、大学時代に将来の目標がなかなか見つからずに悩んでいました。人の役に立てる仕事に就きたいという思いがあり、また、どうせ挑戦するなら目標は高い方がいいだろうと考え、法学部生であったこともあり、司法試験を目指しました。
弁護士の仕事には漠然とした憧れもありましたが、検察官や裁判官として公務員となるよりも、法的なトラブルに巻き込まれて困っている人々に一番近い立場から自分自身の考えに従って事件を解決できると考え、弁護士を選びました。

続きを読む

bengoshiretsuden at 11:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

<池田山総合法律事務所  長尾愛女先生>

長尾愛女先生にインタビューをさせて頂きました。

nagaoQ1.弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.父親は大学教授、母親は医者と、両親ともに社会公益に関わる仕事をしており、幼い頃から両親が多くの人の役に立ち、感謝されていたりする姿を見て育ったため、自分も両親のように公益的な仕事(プロフェッションといわれる仕事)に就きたいという思いがありました。
また、日々両親が勉強している姿を目にしていましたし、私自身文章を書いたり読んだりすることが好だったので、社会公益に関わりつつ学問が職に繋がる仕事がしたいと思い、法学部に入りました。そして検察官や裁判官といった大きな組織に属するよりも,より身近なところで自由な立場で人の役に立てる弁護士を目指しました。

続きを読む

bengoshiretsuden at 11:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

<谷直樹法律事務所 谷直樹先生>

tani谷直樹先生にインタビューをさせて頂きました。

Q1.弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.高校生の頃から人権問題に関心を持っており、世のため、人のためになる仕事をしたいと思っていて弁護士になろうと思いました。そして中央大学の法学部に入学しました。

続きを読む

bengoshiretsuden at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月27日

<渋谷総合法律事務所 渋谷寛先生>

渋谷寛先生にインタビューをさせて頂きました。photo_shibuya

Q1.弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.法学部に所属していたので、司法試験には受かっておこうかなという気持ちで受験したのが最初でした。裁判官や検察官ではなく弁護士を選んだ理由は、転勤がないことと比較的自由度が高いことが挙げられます。

続きを読む

bengoshiretsuden at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2011年01月26日

<サンフラワー法律事務所 廣瀬真利子先生>

廣瀬真利子先生にインタビューさせて頂きました。photo_hirose

Q1.弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.当時は今のように女性が活躍できる場があまりなく、結婚や出産と同時に退職するというのが当たり前でした。何か資格を取ってずっと働き続けていきたいと思い、法学部だったこともあり、司法試験を目指しました。

続きを読む

bengoshiretsuden at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月25日

<川崎総合法律事務所 本田正男先生>

本田正男先生にインタビューをさせて頂きました。photo_honda

Q1.弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.正直に言って,大学時代に就職活動に乗り遅れたことが最大の原因です。身近に法曹がいるというようなこともなかったので,当時格別目標にしている人もいませんでした。恥ずかしい話ですが,特に志とか何かは持ってはいなかったですね。

続きを読む

bengoshiretsuden at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月21日

<脇田法律事務所 脇田康司先生>

脇田康司先生にインタビューをさせて頂きました。photo_wakita

Q1.弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.大学・大学院時代、専攻は社会学で、社会調査や法社会学などを学んでいました。そういった中で、実務家として、より具体的な問題を解決したいという思いが強くなり、弁護士を選びました。

続きを読む

bengoshiretsuden at 11:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

<ロータス法律特許事務所 秋山佳胤先生>

秋山佳胤先生にインタビューをさせて頂きました。photo_akiyama

Q1.弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.私は東工大出身で理系だったのですが、大学時代に膝をケガして入院したのをきっかけに司法試験を目指すことになりました。ケガをして約2ヶ月間入院した後、ちょうど年度末試験があって非常に忙しく過ごしていました。その後春休みを迎えて急に時間に余裕が出てきた時に、ふと司法試験を思いつきました。
法曹の中でも弁護士を選んだ理由は、自分は強い人間ではないため、人を裁いたり(裁判官)、正義の名の下、被告人を糾弾したり(検察官)することに違和感を感じ、むしろ被告人の育った環境、ライフストーリーを知ると、責める気持ちより共感する気持ちになることから、弁護士を選びました。

続きを読む

bengoshiretsuden at 11:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)