2011年03月

2011年03月31日

<山田・尾崎法律事務所 山田秀雄先生>

photo_yamada山田秀雄先生にインタビューをさせて頂きました。

Q1. 弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1. 高校時代から弁護士という職業に一応の興味がありましたが、特になりたいと思っていたわけではありませんでした。大学進学を機に、自分を見つめ直してみたところ、芸術系、文科系の志向が強く、本を読んだり書いたり、映画やメディアに興味があったので、文学部に進もうと思っていました。しかし、親が文学部より法学部を強く勧めたこともあって、妥協して法学部へ進むことになりました。
将来について考えた時、当時はサラリーマンには興味を覚えず、自由業で人に感謝される仕事が良いという漠然としたイメージがありました。資格をとっておいて間違いないし、体裁が良いという、少し安易な発想で司法試験を目指すことにしたのです。本当に自分のやりたいことが見つからず、モラトリアムの期間を延ばしたかったという理由も、多少なりとも、ありました。このように初めは、曖昧な動機から弁護士を目指すようになりました。憲法や刑法は、勉強していて楽しかったのですが、手形法や民訴などの勉強は性に合わず難しく感じ、長く座って勉強していることも苦痛でした。それまでの私は、試験を甘く考えている所があり、司法試験とは死にもの狂いで勉強をしなければならないものだと、卒業して二年目ほど経って気付きました。
他の法曹の裁判官や検事は、役人なので自分には向かないと思い、弁護士になろうと自分なりに頑張り、合格することができました。

続きを読む

bengoshiretsuden at 11:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

<大原法律事務所 菅原万里子先生>

菅原万里子先生にインタビューをさせて頂きました。ダウンロード

Q1.弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1. 慶應義塾大学の法学部に入り、大学の授業の中でたくさんの弁護士のOBが教えに来てくれました。その方々に憧れ、弁護士になりました。
また、法律、特に民法をはじめとする私法は、社会生活上のごく一般常識的なルールを定めたものであり、取引社会をはじめとする社会生活を円滑に進める知恵が含まれています。知っていれば騙されないし、取引上の事故を起こしません。ちょっとした知識で人を助けられるのは人間の良心にあふれ、素晴らしいことだと感じたからです。

続きを読む

bengoshiretsuden at 11:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

<ITJ法律事務所 角地山宗行先生>

角地山宗行先生にインタビューをさせて頂きました。角地山先生
Q1.弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1. 直接的なきっかけはないのですが、中学生くらいからテレビなどで弁護士を見て、漠然と憧れを持っていました。夢が具体化したのは高校生くらいからで、そこから弁護士を目指すために大学、ロースクールへと進みました。続きを読む

bengoshiretsuden at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月29日

<武蔵小杉合同法律事務所 神原元先生>

photo_kanbara神原元先生にインタビューをさせて頂きました。

Q1. 弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1. 大学入学の頃、青年法律家協会が出版している弁護士になりたい人向けの本を読んだことがありました。そこには、少年事件に取り組んでいる神戸の弁護士の話が載っていて、少年の立場に立って考える弁護士の仕事ぶりに感銘を受け、こういう仕事がしたいと思ったのがきっかけです。特に、少年事件の凶悪化が問題視されている時代だったこともあり、とても影響を受けましたね。

続きを読む

bengoshiretsuden at 11:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

<中村・角田・松本法律事務所 山田和彦先生>

photo_yamada山田和彦先生にインタビューをさせて頂きました。

Q1. 弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1. 大学の附属校に通っていたので、高校二年生の頃から、学部も含めた進路を考えるようになりました。ちょうどその頃、父が企業で株主総会の仕事をしていて、一緒に仕事をしていた当事務所の中村弁護士の話を聞きました。お若いのに、大企業のトップと並んで仕事をしていることに敬服しました。そこでまず、弁護士を志すのも楽しそうだなと思い始めました。そして法学部に進み、司法試験を目指すようになりました。私が司法試験に合格したころに、中村弁護士が、角田弁護士と一緒に当事務所を立ち上げていたので、事務所訪問をし、お話をしました。お二人とも大変な激務であるにもかかわらず、楽しそうに仕事をされているのが印象的で、このような弁護士と一緒に仕事がしたいと思い、この事務所に入所する運びとなりました。

続きを読む

bengoshiretsuden at 11:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

<築地法律事務所 熊谷剛英先生>

photo_kumagai熊谷剛英先生にインタビューをさせて頂きました。

Q1. 弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1. 正しいにもかかわらず、どうしても弱い者が虐げられてしまう、強い者にまかれてしまう、そんな現実に疑問を感じていました。経済的、また社会的に弱い立場にある人、腕力、権力、暴力などの強い人に苛まれることが多いでしょう。そこで私は、少しでも正義を実現するべく、その実現に助力できたらと思ったのです。また、他の法曹のように公務員としてではなく、自由のある弁護士として働こうと思いました。原則、自由には責任が伴います。自分のやりたい仕事を自由にやって、自分でやった仕事には責任を持っていきたいと思ったので、弁護士を選びました。

続きを読む

bengoshiretsuden at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月25日

<シティユーワ法律事務所 田中幹夫先生>

photo_tanaka (1)田中幹夫先生にインタビューをさせて頂きました。

Q1.弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1. 私が渉外弁護士になったのは二重の意味で父の影響です。父は法曹を念頭に東大法学部まで行ったのですが、家が貧しく司法試験に現役合格できなかった時点でその途が断たれた無念を何度も聞かされたのが一つ。結局商社に行った父は欧州勤務が長く、子供は帰国子女となり良くも悪くも動物行動学でいう刷り込み現象で国際業務をしたいと思うようになったのがもう一つです。
続きを読む

bengoshiretsuden at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

<【外伝】船井総合研究所 弁護士コンサルタント出口恭平氏 >

今回は弁護士列伝【外伝】編として、photo_deguchi弁護士コンサルタント出口恭平氏にインタビューさせて頂きました。

Q1.法律事務所をコンサルティングしようと思ったきっかけを教えて下さい。
A1.以前から病院などの非営利組織のコンサルティングに興味がありました。病院のコンサルタントは大勢おられるのですが、当時、弁護士のコンサルタントは1人もいませんでしたが、絶対に需要はある、誰もやっていないからこそやりがいがある、と思いました。
続きを読む

bengoshiretsuden at 11:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

<粟田法律事務所 粟田英一先生>

photo_kurita

粟田英一先生に取材をさせて頂きました。

Q1.弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.高校生の頃から法律には自然と興味を持っていましたが、実際に大学で法律を勉強するにつれ、法律は人を助けることが出来ると考え、司法試験合格を目指すようになりました。大学卒業の時に、親の知り合いの弁護士にお会いする機会があり、こんな立派な先生になりたい、と憧れを持ちました。
司法修習時代に、法曹三者(裁判官、検察官、弁護士)の仕事ぶりを間近で見て、それぞれに魅力を感じましたが、その中でも弁護士の先生方は、自らの信念や考え方に基づき自由に働いていらっしゃるように思え、自分の職業として弁護士を選択しました。

続きを読む

bengoshiretsuden at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月22日

<ブレークモア法律事務所 行方洋一先生>

photo_namekataQ1.弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.私が大学4年生の頃はまだバブルがはじける前でしたので、就職に困るような状況はなく、友人たちの中には大手銀行などの金融機関へ就職していく人も多くいました。しかし、私は当時、組織の中で働くというよりも、自分の責任と力量で最初から最後までやりぬくことのできる職業に就きたいと考えていました。そこで、法学部にいましたので、弁護士であれば裁判などで最初から最後まで自分の責任で仕事をすることができると思い、4年生のとき司法試験に挑戦することにしたのがきっかけです。ただ、弁護士になって具体的にどのような仕事をするのか、ということまでは正直、考えていませんでしたね。続きを読む

bengoshiretsuden at 11:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)