<さわやか法律事務所 堀田力先生><川村・寒竹法律事務所 寒竹里江先生>

2010年01月14日

<東京21法律事務所 岡田宰先生>

岡田宰先生にインタビューをさせて頂きました。photo_okada

Q1. 弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.私は大学2年生まで、学生運動をやっていたため、就職は困難であると思い、法曹を志望しました。その際、司法試験を2回受けて合格できなかったら諦めようと決心しました。結果、2度目のチャレンジで司法試験に合格することでき、現在弁護士の仕事をしております。



Q2. 弁護士になって特に印象に残っている案件(事件)を教えてください。
A2. 1998年に起きた堺市通り魔事件で、月刊誌に実名報道された加害者の少年が報道をおこなった出版社に対して損害賠償と謝罪広告を求める訴えを起こした事件の、出版社側を弁護士したことです。2000年、大阪高裁において出版社側が勝訴したのですが、人権派の弁護士が60人ほど集まり、少年をもて遊んでいたように見られました。
 

Q3. 弁護士のお仕事の中で嬉しかったことは何ですか。
A3.殺人事件で執行猶予をとれた事件が印象に残っています。DVを受けていた奥さんが夫を殺した事件だったのですが、この夫婦の子供が、殺された夫がいかに残酷な人物であったかを証言してくれたお陰で執行猶予がとれたと考えると、残された家庭の崩壊を防ぐことが出来たと考えると、嬉しく思いました。

Q4. 弁護士としてお仕事をする上での信条・ポリシーを教えてください。
A4.誠実に、一生懸命に依頼者のためにやることです。

Q5. ご依頼者様に対して、特に気をつけていることは何ですか。
A5. 人間は嘘をつけるものなので、依頼者が嘘をついていないか見分け、不可能なことは引き受けないことです。

Q6. 弁護士として特に関心のある分野は何ですか。
A6.著作権、名誉毀損、プライバシー侵害に興味があります。

Q7. 今後の弁護士業界の動向はどうなるとお考えでしょうか。
A7.「のきべん」が増えることでしょう。

Q8. 先生の今後のビジョンを教えてください。
A8.昔から思っていることですが、「悔いのない良い仕事」が出来るようにすることです。

Q9. ページを見ている方々に対してメッセージをお願い致します。
A9.病院に行って医者に診てもらうときと同じように、セカンドオピニオンを大事にしてください。

Q10.ページを見ている法曹界を目指している方に向けてのメッセージをお願いします。
A10.目先のことにとらわれずに、長期的にモノも見ることの出来る人になりましょう。


<取材法学部生からのコメント>
 今回の取材で岡田先生は、とてもわかりやすい言葉で取材に応じてくださいました。法律は聴きなれない言葉がたくさんあるので、優しい言葉で説明するのはとても難しいことであると思います今後は特に弁護士業界か加熱してくると思うので、今までよりも更に「依頼者にわかりやすく話す」能力が問われていくことでしょう。

慶應義塾大学法学部2年 清水朋子

 

 



bengoshiretsuden at 12:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

<さわやか法律事務所 堀田力先生><川村・寒竹法律事務所 寒竹里江先生>