<岡田法律事務所 岡田啓資先生><饗場総合法律事務所 饗場元彦先生>

2010年03月25日

<銀座ヒラソル法律事務所 古谷野賢一先生>

photo_furuyano古谷野賢一先生にインタビューをさせて頂きました。

Q1. 弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.高校時代に、基本的人権を擁護して社会正義を実現することができる弁護士に憧れを抱きました。その後、法律を勉強することになり、法律は知らないと損をすることや、逆に法律を知っていれば人を助けることができることが分かり、弁護士になりたいとの思いを強くしました。

 



Q2. 弁護士になって特に印象に残っている案件(事件)を教えてください。
A2.民事再生事件(経営難に陥った会社の事業再生の手続き)です。債権者への説明、従業員への説明、スケジュール管理等、多方面に神経をつかい、準備も大変ですが、共同受任した弁護士と連携をとりながら誠意をもって頑張ることで、従業員を解雇することなく事業の再生することができました。大変ではありましたが、依頼者や従業員の生活を守ることができたのでやりがいのある事件だったと思います。

Q3. 弁護士のお仕事の中で嬉しかったことは何ですか。
A3.事件を解決して、依頼者に喜んで頂くことです。特に依頼者と共に苦労したときには、依頼者と喜びを分かち合うことができますし、弁護士をやっていて本当に良かったと実感します。

Q4. 弁護士としてお仕事をする上での信条・ポリシーを教えてください。
A4.弁護士の仕事は、困っている人、会社を助けることだと思います。また、法律を使って裁判官を説得して動かすのは弁護士にしかできない仕事だと思います。弁護士の仕事をするうえでは、裁判官、相手方、依頼者を説得することが必要です。思うように説得できず悔しい思いをすることもありますが、説得力の有無、相手を動かすことができるかで力量が問われるのだと思います。

Q5. ご依頼者様に対して、特に気をつけていることは何ですか。
A5.依頼者の話を丁寧に聞き、その上で依頼者の希望に添う解決を目指すことを心がけています。依頼者の希望する解決が困難な場合やリスクを伴う場合は、そのことを説明した上で依頼者と共に解決方法を考えます。私は、経済的利益、実現可能性、経済合理性という点に重点を置いて考えますが、私の考えを押しつけることはせず、依頼者の考えを尊重して方針を決め、解決方法を模索するようにしています。 

Q6. 弁護士として特に関心のある分野は何ですか。
A6. 中小企業の法律問題に強い関心があります。もともと不動産、会社法が好きなこともありますが、不動産と会社法が複合する問題を抱えた中小企業が多数存在します。大きな会社と違い、法律的な問題を抱えたまま先送りしている企業も多く、弁護士の潜在的需要があるはずだと考えています。

Q7. 今後の弁護士業界の動向はどうなるとお考えでしょうか。
A7.弁護士が増えるため、大きな競争の時代になるでしょう。ここで価格競争となると弁護士は大変です。しかし、依頼者の立場からすると、価格も重要ではあるけれど、得られる結果や満足がより重要で、信頼性や親切さという点をより重視したいと考える方も多いのではないかと思います。そのため、弁護士としては、専門性や信頼性、その他のアピールポイントを持つことが重要となるのだと思います。

Q8. 先生の今後のビジョンを教えてください。
A8.まずは足元を固めること、つまり、現在担当している事件を1件1件丁寧に解決していくことにより依頼者の満足を得ることに力を注ぐつもりです。
そして、少しずつ新しい分野を広げていきたいとも考えております。所長の酒井雅男弁護士とは得意分野が違うので、協力し、相互に補完し合って事務所の発展を図っていきたいと考えております。

Q9. ページを見ている方々に対してメッセージをお願い致します。
A9.今は、大きな変化の時代といえるでしょう。世の中に不安とか不透明感が強まっていますが、まずは希望を持ち続けること、足元を固めて信頼を築いていくこと、変化に対応して自己革新をしていくことが大切だと思います。

Q10.ページを見ている法曹界を目指している方に向けてのメッセージをお願いします。
A10.短期間で膨大な勉強量をこなさなければならず、また法曹会もこれから競争が激化し、不安もあると思いますが、何のために法曹になるのかをしっかりと自身で確認し、夢に向かって努力して、必ず夢を実現させてください。

<取材法学部生からのコメント>
古谷野先生のおっしゃっていた、弁護士に必要な「説得力の有無」は、これからますます法曹界で要求されることのように思います。法曹が増えつつある今、依頼者が依頼したいと思う弁護士さんが増えていってほしいと思います。古谷野先生のお話からは、常に先のことを前向きに考えようとする姿勢がうかがえ、とても良い刺激を受けました。ありがとうございました。

慶應義塾大学法学部2年 清水朋子





bengoshiretsuden at 12:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

<岡田法律事務所 岡田啓資先生><饗場総合法律事務所 饗場元彦先生>