2010年09月29日

<森法律事務所 森元みのり先生>

morimoto森元先生にインタビューをさせていただきました。

Q1.弁護士になろうと思ったきっかけを教えて下さい。
A1.数学と物理が苦手だったので、まずは文系に絞られました。その中で、弁護士という職業も視野に入れていました。そんな折、有名な憲法の判例である、剣道不受講事件や、輸血拒否事件といった、少数者の人権の保護を趣旨とする判例が出されたのをきっかけに、より一層法曹界に興味を持ち始め、法学部を受験し、弁護士になろうと決心いたしました。



Q2.弁護士になって特に印象に残っている案件(事件)を教えて下さい。
A2.どの事件も感慨深いものばかりですが、特に印象深いのはDV事件です。最初に事務所にいらっしゃるときには精神的に追い込まれた状況の方が、徐々に安心した表情を見せてくれたり、落ち着いて暮らせるようになったりすることが、とても印象深いです。
また、控訴審で逆転勝訴したり、有利な方向に進んだ事件も、印象深いものでした。

Q3.弁護士のお仕事の中で嬉しかったことは何ですか。
A3.やはり、依頼者の方のお役に立てることでしょうか。また、ケースにもよりますが、一方的ではなく、関係する方々全体として、良かったと思われる解決を見ることができたときにもうれしく感じます。また、依頼に至らなくても、相談だけでも楽になれたといっていただけると、嬉しく感じます。

Q4.弁護士になって一番大変だなと感じることは何ですか。
A4.人の人生を背負うということのプレッシャーですね。他方でそれがこの仕事のやりがいでもあります。

Q5.休日はどのようにお過ごしですか。
A5.学生時代から続けているボランティア活動をしたり、家族やペットと過ごしたりして、リフレッシュしています。

Q6.弁護士としてお仕事をする上での信条・ポリシーを教えて下さい。
A6.傲慢にならず、謙虚であることです。やはり、自分が弁護士だからといって、調子に乗ったり、主観を押し付けたりするのは、異なる意見に耳を傾けられなくなってしまい、大変危険だと思います。先にも述べましたように、この仕事は人の人生を背負っているのですから、間違った方向に進んだときに、きちんと正せなくはいけないと思います。その意味で普通の人の感覚というものを大事にしていかねばと思っています。

Q7.ご依頼者様に対して、特に気をつけていることは何ですか。
A7.依頼者の方のお話を良く聞くということです。先入観を持たず、先ずは話を聞くことを心がけています。そして、お話を聞きながら、依頼者の方がお話している表面的なものだけではなく、その背後にある気持ちを汲み取る努力をしています。依頼者の方がどんな気持ちで、何を優先させたいのかということを推し量ることが重要だと思います。そのために、先ず依頼者の立場に立って考え、その後に相手方であったり、第三者である裁判官の視点に立って考えるようにしています。

Q8.弁護士として特に関心のある分野は何ですか。
A8.まだ、余裕が無いものですから、今後も家事事件に携わって行きたいと思います。その中でも関心があるのは、先ほどの質問にも挙がったDV事件です。DV事件は、被害者の方が、ご自身が悪いかのように感じてしまっていたり、相談すること自体が恥ずかしいと思われがちで、相談のしにくい事件です。また、専業主婦などの一般の方が相談しようにも弁護士のツテが無く相談できないということも多いので、そういった方々の助けになることができればという気持ちが強いです。

Q9.今後の弁護士業界の動向はどうなるとお考えでしょうか。
A9.就職氷河期と言われていますが、他方で弁護士のニーズはまだまだあると思います。都内では特に弁護士の専門分化は進むと思いますが、まだ開拓されていない新たな分野を開拓していくという余地はまだ残っていると思います。
今はまだ、不安定な状態ですが、今後落ち着いていけば、希望も見られるのではないでしょうか。

Q10.先生の今後のビジョンを教えて下さい。
A10.現在扱うことの多い家事事件は本当に奥が深いなと感じます。ですから、今後も頑張っていって、家事事件を極めてみたいと思います。

Q11.ページを見ている方々に対してメッセージをお願い致します。
A11.もし、今悩まれているのなら、お一人で悩まずに、気軽に弁護士にアクセスしてみてください。敷居が高いと思わずに、相談するだけでも気持ちが楽になるはずです。

Q12,ページを見ている法曹界を目指している方に向けてのメッセージをお願いします。
A12.弁護士が急速増員して、仕事がないという不安はあるでしょうが、法曹と言っても色々な分野がありますし、未開拓な所はまだまだあると思います。自分の持ち味を生かせる職種だと思うので、果敢にチャレンジして欲しいと思います。

取材学生からのコメント
温和な雰囲気の中取材は始まりましたが、時折みせる鋭い語り口や、弁護士という仕事に対する森元先生の強い信念を垣間見ることができたと思います。
先生は主に家事事件を扱われていまして、DV事件の被害者の方を初めとした、依頼者の方のお気持ちを常に考えていらっしゃる姿勢に大変感銘いたしました。先生のそのお人柄、仕事に対する情熱が、多くの方の救いになったのだろうと思いす。
また、先生は高校生の頃から最高裁判決などの有名な事件に関心を持たれており、感心いたしました。
私も森元先生のような、常に謙虚で、様々な意見に耳を傾けられるような広い視野を持っていたいと強く感じました。
最後になりましたが、森元先生の今後の更なるご活躍をお祈り申し上げ、今回の取材学生からのコメントの結びに変えさせていただきたいと思います。

早稲田大学法学部3年 葛巻瑞貴



 



bengoshiretsuden at 11:01│Comments(0)TrackBack(0)インタビュー 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。