2011年05月23日

<イデア綜合法律事務所 坂野真一先生>

photo_sakano坂野真一先生にインタビューをさせて頂きました。

Q1. 弁護士になろうと思ったきっかけを教えてください。
A1.JR東海さんに就職内々定を頂いて、田舎に帰省したときに、父親がふと漏らした一言「お前も大学の法学部に行ってるんだから、親戚におらんし、弁護士くらいなれへんのか?」がきっかけでした。父親としては、軽い気持ちだったようですし、私も相当軽い気持ちで「弁護士だったら、人助けになる仕事だし、ほな、やってみようか」と思ったのですが、それが私の転機でしたね。
ただし、そこから合格するまでは、泥沼に、はまりました。



Q2. どのような学生時代過ごされましたか。
A2.近視が進んで視力を落とすまでは、パイロットになりたかったこともあり、体育会のグライダー部(航空部)でグライダーを飛ばしていました。あとはグライダー部の費用を捻出するバイトと、部の仲間とわいわいやってました。バイクでのツーリングも大好きでした。全く司法試験を考えていなかったと思います。京大は自由な大学でしたし、とても楽しい時期でした。

Q3. 現在はどのようなお仕事をなさっていますか。また、先生のご専門分野のおもしろいところを教えてください。
A3.パートナー5名と共同で事務所を経営しています。現在は、関西学院大学・同大学院でも講義をさせて頂いています。一般民事が多く債務整理もやりますから、専門に特化しているつもりはありません。ただ、当事務所の他の弁護士と比較して刑事・少年事件、株主代表訴訟、相続関連事件、保険金請求事件等を多く手がけている方だと思います。
少年事件は、少年が自らの問題点を見つけ出すお手伝いをどうすれば出来るのか、少年自身の内省が進むのをどのように手助けすることが出来るのかが一番大変なところでもあり、やり甲斐のあるところのように思います。少年との真剣勝負ですね。ホームレス襲撃事件では示談が取れないかと、ホームレスの方を探して公園をあちこち聞き込みして探したこともあります。少年事件は苦労もしますが、審判の結果、たとえ少年院に送致されても、数年後に「大学に合格しました」と合格通知のコピーを送ってくれたりすると、嬉しいですね。一日中ニコニコしてしまうくらいです。
株主代表訴訟は、本来会社が取締役の責任を追及するべきなのにそれを怠っている場合に、最後の手段として株主が会社の代わりに取締役を訴える訴訟です。取締役は会社の経営陣ですから、会社も取締役を庇う行動をとりがちです。証拠も会社側に偏っている場合が多く非常に難しい訴訟になりますが、会社のコンプライアンス体制を見直す良いきっかけになることも多いはずです。難しいだけに勝った場合は非常に嬉しいですね。


Q4. 弁護士になって特に印象に残っている案件(事件)を教えてください。
A4.現住建造物放火の少年事件。
 ダスキン大肉まん株主代表訴訟事件。


Q5.  弁護士のお仕事をしていて一番やりがいを感じるのはどんなときですか。
A5.依頼者の方が喜んで下さったときです。


Q6.  弁護士に求められるのはどのような能力でしょうか。
A6. もちろん弁護士としての法律知識や能力は当然ですが、それに敢えて加えるならば、
依頼者の方の言いたいことを的確に汲み取る能力。
 依頼者に共感する能力(共感して寄り添うだけダメです。どこかに冷静な部分が必要になります)。


Q7. 休日はどのようにお過ごしですか。 
A7.読書・映画・軽いドライブ・(長期の休みなら)旅行ですかね。
 旅行に出たときのみ、デジカメで写真を撮りますから、これも趣味の一つかもしれません。


Q8. 今後の弁護士界の動向はどのようになるとお考えでしょうか。 
A8.私の完全な私見になりますが、残念ながら、あまり良い方向を向いているとは思えません。法曹志望者は激減しており、その質の維持は難しくなりつつあります。また、ニーズがないにもかかわらず実行してしまった弁護士人口の激増に、急ブレーキをかけないのであれば、弁護士淘汰がはじまるでしょう。
その淘汰が適切な淘汰なら歓迎すべきですが、私は、良い仕事をする弁護士ではなく、商売上手な弁護士が生き残る可能性が高くなる状況が迫っているように思います。なぜなら、情報豊富な大企業や資産家と違い、一般の国民の方が、弁護士の仕事の質を判断することは非常に難しいからです(弁護士の書面を比較して、その内容の優劣を判断できる一般の方は少ないでしょう)。そうなると一般の方としては、弁護士の仕事の質が分からないのですから、あの弁護士は感じが良さそうだとか、CMでよく見るからといった、弁護士の商売の上手下手が、依頼するかどうかを決める場面が多くならざるを得ないでしょう。私の周囲には、商売上手ではないが、本当に素晴らしい仕事をされる弁護士の方は多いので、商売上手かどうかで生き残りが左右される状況が良いとは私には、思えません。
さらに食えなくなってきた弁護士が、本来訴訟にしなくてもよい事件をどんどん訴訟にして弁護士報酬を稼ぐ可能性も否定できません。大災害が起きたらすぐ略奪が起きかねない個人主義的な諸外国と異なり、日本人には優れた社会性があります。弁護士の激増がその優れた日本人の特性を歪め、訴訟社会をもたらす引き金にならなければいいがと心配しています。アメリカの訴訟社会化は、ある意味過剰な弁護士資格の濫発も一つの要因ではないかと考えています。


Q9. 先生の今後のビジョンを教えてください。
A9.今はインターネットの時代でもありますから、弁護士が、なにを、どのように一般の方に提供できるのかについて、HP等を通じて分かりやすくご紹介し、本当に弁護士の助力が必要な方には、最大限の助力を行うことが必要でしょう。また依頼者の方の抱えた問題の解決にとって、真に必要な手続はきっちり行うが、不要な手続や不要な訴訟は可能な限り避け、依頼者の方に無駄なリーガルコストをかけさせないことも、弁護士の務めではないかと考えています。無論弁護士も職業であって、その仕事により生活の糧を得なければなりませんが、弁護士資格をお金儲けの道具としか考えられなくなったら、弁護士も終わりだと思います。


Q10. 法曹を目指す学生に身に付けていて欲しいことやアドバイスなど、将来法曹界を目指している人へのメッセージをお願いします。
A10.よく勉強して下さい。私の先輩に、毎日、朝9時から夜9時まで大学図書館で、夜9時から深夜0時までは私設図書館で、深夜0時から午前3時までは24時間営業の喫茶店で、勉強を続けて弁護士になられた方がいらっしゃいます。それくらい勉強している人は結構いらっしゃいました。法曹になるということは、そういう勉強を重ねてきた人と同じ土俵で勝負することでもあるのです。
 それから、試験委員を兼ねている研修所教官にもお聞きしましたが、司法試験では正確な基礎知識が大事です。「正確な」という点がポイントですので、一度失敗した方は、自らの知識が本当に正確か、再度チェックしてみる必要があるでしょう。


Q11.そのほかページを見ている人へメッセージがあればお願い致します。
A11.弁護士は決して敷居の高い職業ではありません。ご相談されるだけで不安が解消され解決の糸口が見える場合もあります。お困りの場合は、弁護士や弁護士会に相談する勇気を持って下さい。そして、弁護士に依頼される場合には、よくお話を聞いてくれる弁護士か、都合の良いことばかり言わずリスクも説明してくれる弁護士か、等に注意して依頼者の方のニーズに合った弁護士さんにご依頼されることをお勧めします。




<取材法学部生からのコメント>
 イデア綜合法律事務所の坂野真一先生にインタビューをさせて頂きました。お電話でインタビューをさせて頂いたのですが、明るい関西弁で快くインタビューに応じて下さいました。特に印象に残っているのは、少年事件では、少年少女に逃げずにまっすぐ向き合わなければいけない、というお話です。また、弁護士界の動向に関しても、依頼者の方が本当に弁護士の質を見分けることができるのか、という視点はとても勉強になりました。このインタビューを通し、坂野先生は弁護士として日々誠心誠意お仕事に取り組まれているのだろうな、と感じました。最後になりますが、お忙しい中インタビューにご協力下さり、ありがとうございました。


イデア綜合法律事務所のHPはこちら
坂野真一先生ブログはこちらです。


上智大学法学部国際関係法学科3年 下川恵里奈





bengoshiretsuden at 12:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。