2012年12月18日

<大熊三奈子法律事務所 大熊三奈子先生>

大熊三奈子先生にインタビューをさせて頂きました。photo_okuma_20121218

Q1. なぜ、弁護士になろうと思われたのですか? 

A1.私の父は司法書士であり、私も父の事務所で働いていました。しかし司法書士事務所で働いていく上で、弁護士でなければできないことが多いことに気付き、問題のある事案に直接関わっていきたいなと思ったことが弁護士を志したきっかけです。司法書士を経験したことで、例えば相続や土地建物が絡む事件について、登記実務を見据えて処理をするということが出来ます。

ロースクールで学んだことの中では、試験対策をしていく上で、たくさんある知識の中から事例に合った一番大事なことだけを抽出すること、問題解決への最短ルートを探し出すというところが、今のお仕事にも生きています。




Q2. 今までどのようなお仕事をされてきましたか?
A2.また、現在どのようなお仕事をされていますか?
司法書士時代は、登記実務を行っていました。現在は独立して街弁として働いています。主に離婚、相続等の身近な民事事件や、刑事事件を扱っています。
これまでで一番印象に残ったのは、相続の相談を受けたとき、弁護士の私が入ることですぐに話がまとまり解決した、という事件です。相手方の話もよく聞いて、お互いのすれ違いの調整をしていきました。弁護士は、とことん争うということも中にはありますが、第三者である専門家が入ることで円滑に話がまとまることがあるのだと実感しました。
今後も、ご近所の方が困ったことがあったとき力になれるような、地域に密着した身近な弁護士でありたいです。

Q3. 弁護士としてお仕事をする上で意識していることは、何ですか。(信条・ポリシーなど)
A3.依頼者の方の利益になるような仕事をすることです。費用対効果・依頼者の負う時間的・精神的負担を考え、依頼者の方にとって必ずしも利益とならないと考えればお受けしないこともあります。
また、火のないところに煙をたて、わざわざ人の争いを大きくし、衝突させる、といったことのないように心がけています。弁護士の中には、あえて争いを大きくしていく人たちもいます。自分の事件数を増やしたい人(利益重視)、自分の主義主張を通したい人(依頼者を通じての自己実現)などいますが、私はそういったことはしたくありません。
ですから私のポリシーは、利益第一主義にならず、自分の意見を押し付けないということです。専門家として必要な知識を尽くし、依頼者の方の人生の手助けをしている気持ちでいたいです。

Q4. 弁護士として特に関心のある分野は何ですか。
A4.先程も述べましたが、相続、離婚などといった身近な民事を主に担当しています。そういった事件は、自分だけが正しくて相手が完全に間違っている、ということは必ずしもないものです。法律上当然の利益を得て、お互い納得の上で解決できるのがベストですね。そのためには、法律論だけではなく、人間としての説得力が必要です。人の人生を扱っていく職業ですから、自分も経験値を増やして磨いていかなければと思います。

Q5. ページを見ている方々へのメッセージ、法曹界を目指している方に向けてのアドバイス等をお願いします。
A5.法曹界を目指す方へ。弁護士が増えていると言われ、就職が難しいとも言われていますが、仕事をしていて感じるのは、お仕事がないということはまずないということです。身近な問題はいつでも発生しているので、まだまだ悲観的になる必要はないんじゃないかなと思います。
一般の方へ。普通に暮らしていて疑問に思ったことや、トラブルになって困っていることがあれば、法律問題かどうかわからないことでも気軽に弁護士に相談してみて下さい。


<取材スタッフからのコメント>
大熊先生は地域に密着し、身近な問題の解決を主に行っておられます。弁護士の先生に相談するとなるとなんとなく敷居の高さを感じ、相談しにくい、ということもあるかもしれません。しかし、先生のような地域に密着した弁護士の先生であれば、身近な問題でも気軽に相談できるかもしれない、と自分に置き換えて考えることが出来ました。
また、依頼者の方の利益を追求するというところの深い部分を理解することが出来ました。
大熊先生、お忙しい中インタビューにご協力いただきまして、誠にありがとうございました。

中央大学文学部3年 岸結香子


 


bengoshiretsuden at 15:31│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。