桑野雄一郎 を含む記事

2011年09月15日

<骨董通り法律事務所 桑野雄一郎先生>

桑野雄一郎先生にインタビューをさせていただきました。photo_kuwano

Q1.先生が弁護士を目指されたごきっかけを教えてください。
A1.最初のきっかけは,小学生の時に正木ひろし弁護士の「首なし事件の記録」を読んだことでした。その後後藤昌次郎弁護士の「冤罪」なども読み,弁護士という職業に漠然とした憧れを抱くようになりました。といっても,司法試験がとても難しい試験だということは知っていましたので,単なる憧憬の対象でしかありませんでした。
実際に司法試験の受験を志した理由は,大学の法学部に入学し,法律の勉強を始めてみたところ,とても面白かったからです。根が怠惰な性格ですから,弁護士に憧れていたといっても,法律の勉強を面白いと思えなければ司法試験を受験しようとまでは思わなかっただろうと思います。
続きを読む

bengoshiretsuden at 11:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)