****beni_bana talk****

木村拓哉&SMAP好きのbeni_banaの戯れ言

あれ?受験日記を書くんじゃなかったっけ

正直、アイドルキックオフは、あまりのグダグダっぷりに、どうなんだろ?と思いましたが
最後の歌の時の木村君のダンスが、あまりにカッコ良しだったから、まあそれだけで満足度高い私です
単純〜

もう明日には、通常版がまた再開っていうのに、今更ですが・・・(・∀・)

大阪には住んでた事もある私。でも、今は何年に1回(下手したら10年に1回ぐらいかも)しか行かないし、大抵は冠婚葬祭とか何かしらの用があって行くので、USJに行く様な余裕が残念ながら無いのです。
前々から、子供達に連れてってと言われてたのに、連れて行く間も無く、上二人はそういう年齢を過ぎてしまったし。ダンナと二人では・・・・行かんなあ

それに、絶叫系って20代ぐらいまではすごい楽しかったのに、なんか30代以降は楽しめなくなってる・・・(今は、もう乗る機会も無くなっちゃったケド)。木村君なんか大はしゃぎだったけど(ま、ブルーインパルス経験者としてはジェットコースターぐらいなんだっていう)、きっと今の私なら、1回乗って「疲れた・・・」とか言いそう・・

まあ、そんな事言ってもね、SMAPさん達が行ったとなれば、やっぱりいつかは・・・と、思います。その「いつか」がいつになるのか分かりませんが

それにしても、ワッツで「恥ずかしい」とか言ってたけど、超ノリノリだったですやん(笑)。あんなにはっちゃけた人、なかなか居ませんぜ(笑)。そういう所が、また好きですケドネ

続きを書くと書いておきながら、もう1ヶ月過ぎてしまいました
そうこうしてる内に、長男長女の入学式も無事終わりました。

いつも入学式に参列して思うのは、なんであんなに学長さん(総長さん)の祝辞は長くて退屈なのか。
まるで、抑揚があって感動的な話は御法度とでも不文律があるんでしょうか。
別に、面白おかしく話せっていうんじゃないですケドも、公演とかで長くても心を掴む話し方とかあるじゃないですか。
せめて、もっと要点をまとめて短くしてくれたら良いのに。

・・・って、まるで小学生の愚痴みたいですが
毎回、祝辞で寝てしまう私 ちゃんとした大人とは思えませんネ
いやでも、東大の黒川名誉教授のお話は快活で楽しく聴けました。内容的にどう違うかじゃないんですケドも、どう人を引きつけるかの違いはあったなあ。うん。

で、私的には、東大の均一性という事で、「中高一貫」「男子」「関東圏」「親に一定以上の所得」「海外の留学生の少なさ」という特色を挙げて、もっと改革をという話を総長さんがされてたのですが(ちなみに、ウチは国内っていう以外、そのどれにも当てはまらないマイナー存在です)、壇上に上がって顔ぶれからして、既に旧態依然というか、「いかにも」的な高齢の男性ばかり(←ド失礼ですみません)で(女性もお一人いらっしゃいましたが)、新入生の質の改善もだけど、なんか上の人達の海外受け入れとか女性の登用とか若手の登用とか(それが全部正しいとは言いませんが)、そういう部分ってどうなってんだろう?と、眠さをこらえながらぼんやり考えてました。全然門外漢なのに、そんなイチャモンつけてどうすんだ?とは思いますが、総長さんの話を聴いて感じたのは、そういう事でした。
いや、小学生の頃ぐらいから、そういうヒネてる性格なので。元気良く走ろう!とか言ってる先生は走ってないじゃないか〜みたいな。大人になったら、子供の為を思ってっていうのは理解出来るんですケドネ。なんか、大人の特権みたいなのは、今でもちょっと疑問に思う事があります(勿論、子供の特権もあるのですが

それと、「均一性」という事で、私がすごく気になった点、それは長男の入学式も長女の入学式の時も思ったのですが、なんであんなにみんな揃ってリクルートスーツっぽいのでしょうか?長男の成人式の時も思ったんですが、本当にみんな判で押した様に同じ様な格好。いや、別にコスプレしろとか、目立つ格好しろっていうんじゃなく、私たちの時って、ワンピースだったり今で言う上下セットアップだったり、そんなにリクルートスーツ一色!って感じじゃなかったので、すごく驚きでした。
最初に長男の大学の入学式に参列した時は、「う〜〜ん、就職活動に向けて、スーツ買うお金を節約してるのかな?」なんて思ったりもしたのですが、東大は一応高所得者が多いというのなら、そういう理由でもなさそうだし。
「ファッションぐらいどうだって良い」と思う人も多いと思いますし、私だって別にオシャレでもなんでもないです。でも、意外とそういう所に、個人や集団や世代の気質みたいなものが現れてるんじゃないかと思うんですよね。私は、その横並び精神にはゾッとしましたケドも、言い換えれば和を大切にして・・・るのかなあ??個人的には、横並びと和は違うと思うんですケドネ・・・。
まあ、高校卒業辺にやたらスーツの○○みたいな所からDMが来てて、「ウチは就職じゃないのになあ?」なんて思ってたのですが、まさか今時の入学式がみんなリクルートスーツだったとは。

なんか、話が文化論みたいな方向へ行ってしまいましたが、ざっくりとした感想は、「どの大学でも似たり寄ったり」ですかネ。ま、管弦楽団の質は流石東大(!?)って感じでしたケドも。や、きっと音大ならもっと素晴らしいのか・・・って、そんなのが入学式の感想か!と言われそうですが

長男の入学式
長女の入学式チケット
長女の入学式
その壇上
ついでに行った駒場公園の旧前田公爵邸
長男入学式

入場チケット

武道館

ステージ

旧前田公爵邸

受験日記として再開したのに、スマスマの感想なんて書いてしまいます(笑)

いや、だってさ、5人旅なんて小っ恥ずかしい企画、よくやってくれたよネ。
木村君がワッツで、素とは違うとは言ってたけど、やっぱりそれを丸々一日続けるのって、結構大変だと思うんだよネ〜。それをやれちゃうのが、流石プロなんだろうけど。
でも、温泉に横並びの布団だよ?ああいう追い込まれた状況(?)じゃなきゃ、絶対に成立しないシチュエーションばかりだったと思う。温泉にみんなで入るって、仮に職場の人と・・と思ったら、少なくとも私は無理だもん。
でも、中居君の涙は、申し訳ないけど笑っちゃったクチです。ゴメン。悪いけど感動路線は苦手なのよ。結構飲んでたから、ついつい涙見せちゃったのかもしれないけど、そこはやっぱりバラエティ番組という大前提があるから、感動じゃなくて面白く観たいのです。それでも、中居君のSMAPを守る発言には、ちょっとジンとしちゃいましたが(*´ェ`*)

そんなんで、スマヲタさん達には、ちょっとした事件的な内容のスマスマでした。来週も楽しみ♪
というか、長男の入学式が終わり、今週は長女の入学式があるので、それが終わったら、またぼちぼち受験日記を書いていきたいと思います(思うだけで実行が伴わないかもしれないけど・・・(;´Д`)

人を伸ばす力―内発と自律のすすめ [単行本]


エドワード・L. デシ (著), リチャード フラスト (著), 桜井 茂男 (翻訳) 新曜社 (1999/6/10)

社員教育等でも有名な著者らしいのですが、悩んでる時、私はたまたま手に取って読んでみた本です。
良くあるハウトゥ本ではありません。大学教授による実験結果から導き出した、教育学みたいなものです。
私は、読んでて目から鱗でした。長男にとって、何が足りなかったのかがハッキリ分かった気がしました。子供は親が導いてやらねばとばかり考えていたそれまでの自分が、いかに馬鹿だったのかと愕然としました(勿論、導くべき時もたくさんありますが・・・)。
そして、子供の頃からとても賢かった長男の天賦の能力を、親がむざむざダメにしてしまったのかと、反省しました。まるでイソップ童話の金の卵を生む雌鳥の逸話みたいだなあ、なんて自分の事を思ったり・・・。
私みたいな状況で悩んでる人には、是非読んで欲しい本です。

このページのトップヘ