2017年10月15日

今日のDutchbaby

484beb3c.jpgバナナの下はりんご。千秋と言う名の。紅玉を買ってきたので、次は紅玉で作ります。
  
Posted by beniiroringo at 14:55Comments(0)TrackBack(0)

2017年10月10日

遠方より。

4eda00fa.jpg90歳の母を訪ねて78歳の妹が、埼玉からやって来た。母は耳が遠く、筆談しながらの会話であるが、笑いながら会話していて、とっても良かった。
  
Posted by beniiroringo at 18:40Comments(0)TrackBack(0)

2017年10月03日

遠方より。

c3e96d51.jpg90歳の母を訪ねて78歳の妹が、埼玉からやって来た。母は耳が遠く、筆談しながらの会話であるが、笑いながら会話していて、とっても良かった。
  
Posted by beniiroringo at 11:25Comments(0)TrackBack(0)

2017年09月18日

お誕生日

11716ae5.jpg確かここは、昔々、村上先生とご一緒したことのあるお店。昔の名前はギャルソンとか付いていたと思う。今は畳だけど、テーブル席であったと思う。と、そんなことを思い出すお店で集まりがありました。幹事の方が、お誕生日の近いぷはのためにケーキを用意してくださり、乾杯!いつも、人のためにいろんな企画をしてくれるぷはですが、こうやって祝ってもらったことない!と感激!ご機嫌でした。外に出たら雨。台風が近づいてきていました。
  
Posted by beniiroringo at 09:33Comments(0)TrackBack(0)

2017年09月17日

親と言うものは。

温泉で話しかけてきた84歳のおばあちゃん。その年で、りんごの木の世話をし、六尺のはしごにも上るのだと言う。ある日、夢に、押し入れに座ってじっとこちらを見ているご両親が出てきたそうだ。その一ヶ月後、大病し、大手術。「あの夢は、わぁさ、教えであったんだど思う。」そして、「親っていうのは、死んでも子どものこと、心配してるもんなんだなぁ。」と真面目な顔になった。「全部ほんとの話だよ。うそはしかへでません。」と、笑った。温泉には、元気な津軽のばっちゃがたくさんいます。温泉の露天風呂できいだ話コです。
  
Posted by beniiroringo at 08:34Comments(0)TrackBack(0)

2017年09月16日

敬老の日

「おばあちゃん、90歳の祝の品、市長から届いたよ。」
「おそろしなぁ!」
その品物の袋には、「90歳到達者○○様」と書かれた紙が貼ってあった。
「90歳到達者!」
「山でねんだはんでな!」
しかし、人生と言う山を登っていることは確かだ。ホームのおばあちゃんに持っていって開けてみたら、ブナコの小鉢であった。いつもは、文句をつけるおばあちゃんも喜んでいた。
  
Posted by beniiroringo at 20:47Comments(0)TrackBack(0)

ミサイル発射の日に

朝から警報。
Jアラートなる言葉が、自分の中に一ついやいや増えた。学校に来た子どもたちは、びっくりしたとか怖かったとか泣いたとか話していた。「落ちたらみんな死んじゃうから、たんたんといつもの生活するしかないんだ」と、お調子者のチンが言う。誰の口ぶりを真似ているんだろうね?
そんな日の遠足。雨だと言われていたお天気。しかし、晴天!で良いお天気
アップル公園で、やはり遠足に来ていた前任校の教え子たちと会った。会わないうちにすっかり、大人になっていてびっくり。「また戻って来てください」と、人情味たっぷりのゆうちゃん。会いたいなぁと思っていた子どもたちに会わせてくれて、神様って、粋な計らいをするなあ!うれしかったわあ!
  
Posted by beniiroringo at 06:18Comments(0)TrackBack(0)

2017年07月31日

美術館へ。

ba23ede0.jpg 東京から帰省した友が、青森県立美術館へ行きたいと言うので、これまた別の友が運転し、青森までの小旅行と相成った。特別展もなかなか興味深いものだったけれど、常設展も見ごたえあり!そして、発見!美術館の女性陣の着ていたチュニックが、ミナポルペルンのものだった!蝶や水玉の刺繍の生地!思わず話しかけた「その制服、ミナですよね?」聞かれた女性は、「うれしい」と、喜んでいたよ。いいなぁ!あの制服着るために勤めたい!と、おもった。
  
Posted by beniiroringo at 13:57Comments(0)TrackBack(0)

2017年05月28日

藤の花の下で。

cdc6ada8.jpg近所の藤棚がすごく良いにおい前回、外泊させた母と藤棚の下でお茶を飲んだ。でも、今回は、風が強くてあきらめた。そうそう、先週来た妹と、藤棚の下でビールで乾杯した。そんな良いタイミングってなかなかないよね。ちょっとしたこと、お庭で珈琲飲んだり、藤真っ盛りのベンチに座ったり、そういうこと、したいね。
  
Posted by beniiroringo at 17:17Comments(0)TrackBack(0)

2017年05月07日

バーベキュー!

3e64873f.jpgちょっと寒いです。根性で、バーベキュー!明日からまた仕事だね。今日は、庭を片付けて、ちょっとだけガーデンプランをたてました楽しくなってきました。庭も部屋もちょっとずつやれば良いんだよね。少しずつ!わんつか!でも、毎日!
  
Posted by beniiroringo at 18:56Comments(0)TrackBack(0)

2017年05月05日

おやつは任せろ!

14fc7d32.jpgダッチベイビーを焼く。黒豆入れたのやバナナ入れたの。なかなかおいしいのだ。

  
Posted by beniiroringo at 19:11Comments(0)TrackBack(0)

こどもの日

母を家に連れて帰るのは、これで3回目。だいぶ、我らも慣れてきた。何をするわけではない。昼を一緒に食べて、のんびりして、時間になったら送っていく。日向ぼっこしたり、今日は、読書タイム。桜祭りに連れて行こうかとか、思ったけど、こういう何気ない日常の時間が宝物なんだなと思う。「ありがとう」と、母は帰って行った。
  
Posted by beniiroringo at 19:05Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月25日

母90歳!

90にして立つ
歩けなくて入院した母、リハビリで歩いている!先日は車椅子から、立って見せた!そういえば、いつも、ランチの後は、寝ていたのに、眠くないと起きているゴールデンウィークは、外に連れ出したいなぁ
  
Posted by beniiroringo at 23:43Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月06日

カレーが楽しみ

我が家の新米教頭は、毎朝6時15分に家を出る。え?青森に通っていたときと、出発時刻がかわらないじゃん。帰りは夜10時過ぎ。ホームの母に教えたら、「えらぐなるってそういうもんだ」と笑った。「男と女は違う」とも。いや、今は、女もがんばっている。わたしは、仕事を途中でやめて帰り、ホームの母に会いに行ったけどねカップラーメンばかり食べている新米教頭。「体をこわす」と言ったら「明日から給食!カレーはいつかな?」だって。楽しみあって、よかったねぇ。
  
Posted by beniiroringo at 22:27Comments(2)TrackBack(0)

1000日修業

今年は、学級担任に復活。「やりたい」と、言ったのは自分だけど、実は心の中には迷いがあり。決まってから、うだうだしていて、どうしたのか、自分で自分をもて余した!とうとう入学式。何とか準備が間に合い、無事終了!

退職まで、あと!三年!1000日修業が始まった。こつこつやるしたかないなあ。
  
Posted by beniiroringo at 22:18Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月27日

林檎寂し

林檎寂し裸体あふるゝ絵の中に
柳澤悠佑(洛南高)

ルノアールでしょうか?
  
Posted by beniiroringo at 19:16Comments(0)TrackBack(0)

詩は持なり

新聞の続き。
「若者の俳句は一極集中ではない。風土に花ひらく。ひとは自分の生まれ育った大地の気配から逃れられない。東洋最古の文学評論『文心雕龍ぶんしんちょうりょう』に「詩は持なり」がある。自らの志と情性を持ち続けることが詩人の証しである。」(恩田侑布子)

読んでわくわくした!
  
Posted by beniiroringo at 19:12Comments(0)TrackBack(0)

17歳の17首

朝日新聞の俳句のとこに神奈川大学全国高校生俳句大賞のことが出ていた。何と青森県から2首も紹介されていた。

不意打ちの落雷のごと愛を告ぐ
長澤魁人(七戸高)

少年は家出の途中天の川
戸澤優子(弘前高)


  
Posted by beniiroringo at 18:59Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月23日

ホームは今!

1563a5c9.jpggreenのいるホームでは、風邪が流行り面会を禁止されています。せっかく、息子たちが揃って、会いたがっているのに。そして、連休中なのになぁ。でも、幸いgreenは、元気なので少しの時間なら会えることになりました。明日帰る息子もいるので、会いに行くと、インド帰りの息子のお土産のショールを肩にかけていました。「イカスっきゃあ」と、大喜び。greenと同じ名前の介護士さんが「車椅子こいで食堂に行ったりしてますよ」と、教えてくれました。いつも、良いこと教えてくれるんです。彼女に会うと嬉しくなります。さて、greenは、「今日もこれやった」と、歩くリハビリしたと教えてくれました。「ふらふらしなくなった」と言って笑っています。

  
Posted by beniiroringo at 17:28Comments(2)TrackBack(0)

2017年03月19日

クリームの幸せ

e4e1d91f.jpg 林檎の街の喫茶店で珈琲。息子とだから、なおうれしい。
  
Posted by beniiroringo at 23:55Comments(2)TrackBack(0)