2009年11月25日

元のブログに戻りました

ここにいます。


http://blog.goo.ne.jp/yume-0522/

ごめんね。

beniko61 at 22:49コメント(0) 

2009年11月10日

ブログ放置しすぎですね。

来月には二人目の孫が生まれるよ。

試験まであと三カ月切りました。

追い込みだわ!!



beniko61 at 23:09コメント(0) 

2009年09月19日

午後六時、次女から電話。

ねね、今から行くね。

この子はいつもそう、突然で嵐のように来て
嵐のように去っていく


二人分の夕食の準備の途中だった、急きょもう一人分追加する

次女は、ここに来ると私から離れない
台所に立つ私の横にいて、ずっとずっと話をする
機関銃のようにはなしをする

夕食が終わり、後片付けは夫がしている
こういうときは、「今日はわたしがするね!」っていわないと・・!
そんなふうに娘をせきたててみる

案の定、夫にゆっくり二人で話をしていなさい、
片づけはいいよ・・・と言われ、「そう?」と戻ってくる

洗い物が終わった夫が戻ってくると
次女が言う

私、引っ越しする

・・・・・・結婚する・・・・


そうか・・・もう24歳だもんね


言いようのない寂しさがあるなぁ。


ねね、誰かが家の中にいるっていいよね。。。

お互いに同じ時期に一人暮らしとなった私たち親子
一人は寂しいね・・・って
本当だね・・って

おかあさんは、いいなぁ〜
寂しくないね〜と言う娘


それももう少しなんだね
一人じゃなくなるんだね・・・と私


おめでとう。
うれしいです。
あなたに家族ができること

本当に本当に本当にうれしいです

そして

実質的に距離が遠くなることと・・・

そして
そして

理由なんかないけど

あなたと私の歴史を思って

寂しい気持ちに似た
ちょっとセンチメンタルな今日の母です。

beniko61 at 22:38コメント(0)娘たち自分 

2009年09月11日

愛しているって心があなたにちゃんと伝わっているかな

自分が一番の愛し方になってないかな

愛してるの心にこたえられるあなたでいるかな

波風が立たなくても

刺激がなくても

愛を再確認しなくても


この日常でこの二人でづっとづっとね


明日はバーベキュー

雨降らないといいな

beniko61 at 23:46コメント(0)夫婦思うこと 

2009年09月10日

パソコンで試験関連のサイトを見る

勉強のモチベーションをあげよう!

試験まであと○○日!とか・・・


時は流れていくのに


頭の中の知識はなかなか増えない


大丈夫かなぁ〜私




beniko61 at 23:01コメント(0) 

2009年09月09日

今日次女が沖縄へ飛んだ。

昨年、私は沖縄へ行って海の青さと空の高さに
惚れこんで、「いいところだ、いいところだ」と
事あるごとに、言っていたらしく
今年の五月には長女家族が行き

今日、次女が行っている

今頃は沖縄の空の下にいるんだなぁ。

明日は海に潜るらしい

きらびやかな魚たちに会えるのだろうか?


4a80d1729dcf40a0b62131f2f0128605_s









そして、私と夫は再び沖縄の地を踏むことはあるのだろうか?

北海道出身の私は
沖縄が返還されたときはどことなく、自分の蚊帳の外の出来事のように
感じていた。あれから何年たったのだろうか?

そして、北海道にいるときは
「北方領土」返還の話題が時々出ていて
実際は北方領土を呼び戻そう・・という働きかけだったのだろうが
母がこの地で生まれ育ったので、身近な存在にも感じていた



沖縄は海外の香りと戦争の残り香がした
景色や街並みや、観光地に少づつ残り香があった

その香りを感じるたびに
異国の地に立ったような気分になった


沖縄で暮らしている人が
北海道の地を踏んだ時、どんな香りを感じるのだろう?

戦後まだ100年もたっていないのだから
ここかしこに、戦争の残り香があるはずなのだけれど
日々暮らしていると、当たり前の風景になっていることもあるのだろう

やはり、心の平和も、体の平和も、社会の平和も
願ってしまう。

次女は何を得て、何を感じて、何をその胸に秘めて帰ってくるのか。
それが、いつの日か生きる糧になるような
大きなものでなくても
この後の人生に一度や二度
ああ・・・あの海を見たな・・・くらいでもいいから
何かをその瞳に焼きつけてそして無事に帰ってきてほしい。

そんなことを考えている私はつくづく平和だ。





beniko61 at 22:12コメント(0) 

2009年09月08日

今週末はバーベキュー

河原でお肉を食べよう!!

夫の両親、夫の妹家族、そして私達。

夫の妹の子供は男の子で小学一年生と小学三年生

まだ、一度もバーベキューの経験はないらしい

やってみたいな・・・といつぶやきに

大人たちは立ち上がったってわけだ


今からおいっ子たちはワクワクしているようだ

夫はリストラのことは結局両親には話をしていない

先日義母と話す機会があったけれど

二人で話をしていて、やっぱり話さなくてよかったのかもしれないと

感じた。それは、どうしてなのか・・?

言葉にするのは難しいけれど

「そんなことでは、おどろかないよ!」という

私の心理状態とは反対側にいるような気がした

それは、私を案じているとともに

夫をこよなく愛していることがわかったのかもしれない

夫の言う通り、あえて心配するような言動をしなくても

いいようなきがした

なによりも、私は夫を信じているのだし

信じた夫がこの先どのように行動し、どのように進んでいことも

私の心理は何一つ変わらない

家計なんてものは、大人が二人いれば

衣食住くらいはどうにでもなるものなんだ

だから、夫も私も、世間の不況やら世の中の流れなんかにゃ

何一つ戸惑うことなんかないのである


ザマーミロ!




beniko61 at 22:09コメント(0)自分夫婦 

2009年09月07日

夫の再就職先が決まりそうだ

会社の取引先の方が

夫の仕事ぶりと、急な欠員とが重なり

我が社でということらしい


まだ、無職になる前に次の就職先が決まるという

実にありがたいお話

人脈は大切だ


今日、私の勤める施設に新しい職員が来た

48歳の男性

未知の世界、介護の世界に48歳で来た

それも、社員ではなくパートでだ

世の中の不況を垣間見た気分


彼の一日はどうだったのだろうか?

家族はいるのだろうか?

この先、彼の稼ぎで柱になることは難しいだろう

だからと言って、働きぶりで社員にということは

それ以上に難しい(ここはそういう社風なので)


どこもかしこも、不況だ



beniko61 at 20:56コメント(0)思うこと夫婦 

2009年09月06日

再婚して初めて日曜日が休みだった

この二年間のシフトで初めてで、しかも昨日からの
連休だったので妙に浮かれた

午後から夫が所属している地元の野球の試合の応援に行った

今日は決勝戦

夫が所属しているチームは高齢化していて
夫は若手の一人
その夫は親知らずを抜いて頬を腫らして
ピッチャーとして投げることはちょっと無理

そんなわけで二人で応援した

このチームは他にピッチャーは60歳を超えた方しかいない

相手チームは全員が30代以下で
体力の差は歴然としている

それでいながら、大健闘。わずかな差で負けた

彼らのチームワークが私にはまぶしかった
高齢化しているがゆえの暖かさがまぶしくうらやましく
そして誇らしかった

この中の一員が夫であるということが誇らしかった



beniko61 at 21:04コメント(0)夫婦思うこと 

2009年09月05日

今日友人とカラオケに行った
最近はカラオケも安くなった

サラダうどん、サラダ、お浸し、ドリンクバー
そしてフリータイムで1680円だった

ファミレスよりも個空間があり、よかった。

11時から五時間半いた。

話をしたり唄ったり。

長い付き合いの友人っていいな。
幸せの時間だった

私は中学時代からの友人とは
離婚問題のさなか疎遠になった
四半世紀の友人だねって言っていたけど
長い付き合いの中でお互いに遠慮がなくなり
言いたいことを言い
いつの頃からかお互いの心の中にずかずかと土足で入り込み
お互いが傷ついていた

親しき仲にも礼儀あり

それは夫婦でも親子でもそう

なのにそれを忘れていた私達
今はお互いの誕生日と新年のあいさつにしかメールが来ないし
私もしていない。

それでも、お互いが毎年誕生日を忘れずにおめでとうのメールが
あることがうれしい。

今日の友人は今から15年ほど前だっただろうか。
いわゆるママとも。

四人のうち二人が離婚しそのうちの一人が私
もう一人は再婚したが七年目にして
旦那さんが不倫をして家を出た
バツ2というわけだ

残りの二人は今も仲良く夫婦をしている

私達が出会った当時にはやった歌を歌った

昭和の香りがした

友達っていい





beniko61 at 22:26コメント(0) 
livedoor プロフィール

yume

  • ライブドアブログ