rebekahの教会

教会って楽しいところだよ・・・教会を知らない人に伝えたい。

他教区主教様来会

12日(日)

DSC01107

他教区の主教様にお会いしたこと、また説教まで聞けることはrebekahにとって初めて経験です。
この日の福音書では群衆に話される言葉、ユダヤ人に対して語られる言葉の説明も詳しくなされました。

復活の説明の中で特に印象に残った話しのひとつに
「復活する姿は、その人が一番輝いている時代をもって復活させてくださる。」というものでした。

rebekahが一番輝いているときっていつ頃だろう。
輝いていた時代に戻れるなんて・・・・
復活の喜びと、信じる者が永遠の命に活きることを約束されたことで、
死の恐怖から遠ざけてくださるのでは・・・と思ったりしています。

「父が引き寄せてくださらなければ、だれもわたしのもとへ来ることはできない・・・」
この言葉を考えるとき胸が熱くなるのはrebekahだけでしょうか・・・・

夫人も同席され、礼拝をともにささげました。神戸教区小林尚明主教様にただただ感謝です。







逝去記念式

rebekahの夫が亡くなって1年1か月が過ぎました。


キツイね・・・この一年間無念と虚しさとの日々を過ごしたよ。
神様に祈り続けた一年・・・
その祈りが届いたのかな? 最近すごく楽になった、
夫の写真を見ても悲しくならないようになった、と言ったら
 *もう俺のこと忘れたか*  と声が聞こえたよ・・うな気がして 「ごめんごめん」

宮崎牛は2年連続金賞、日本一になり今は押しも押されぬ宮崎牛の
ステーキを一人で食べてるのはさすがに気が引けて、
夫の写真を裏返しにしていただいています  (宮崎牛の宣伝みたい(笑))

実はこの一年で体重が8キロ減、これではミイラなみ、
自分の姿を見て怖くなったよ、ホント 
で、8歳急に年をとったみたいで、悲しくて・・・
そんなわけで、美味しいものをもりもり食べているのです。

最近、教会で司祭様に逝去一周年の記念式をしていただきました。
神様とともに夫がrebekahの近くにいることを信じて・・・・







2018 夏のお楽しみ会

7月28日(土)
教会年間行事の一つ
「夏のお楽しみ会」が今年も行われました。

お楽しみDSC010692018

こども13名おとな10名(もっといたかも)。
おとなもこどもも一つになって夏の思い出作りのお楽しみ会です。

夕食はカレー、野菜サラダをいただき、先生の説明のあとビデオ「ヨナの話」を見ました。
スイカわり、花火もみんなで楽しみました。来年もまたお会いしましょうね。

page2018
41336213fuv@













夏の音楽会

7月21日(土)

なんと久しぶりの書き込み
またまた久しぶりの音楽会に出かけました。
さほど広くもない教会の礼拝堂でのコンサートは、会場いっぱいの人で埋め尽くされていました。
なじみある日本の曲からモーツアルト、ヘンデルを聴き、幸せなひと時を過ごしました。
毎日の暑さで不快だった気持ちを、素敵な音楽が払拭してくれます。真夏のコンサートもいいものですね。

コンサートDSC01052
曲目を少し、
 混声合唱団による「夏の思い出」、 モーツァルトの「証聖者の荘厳挽歌」より、混声合唱組曲「落葉松」より、最後はメサイア合唱団による「メサイア」より、他数曲。 




主教巡杖礼拝

6月3日(日) 聖霊降臨後第2主日

この日 主教様巡杖礼拝が行われました。
今日の福音書から安息日についてのお話しをされました。

  「神が定められた安息日は神の祝福を受ける日であり、
   すべての人の上下を取り払い、自由をもって神様に祈りを
   捧げる日」

と、そのようなことを解りやすい言葉で沢山お話になられました。
この後、日曜日は積極的に教会に行くことを考えなくては・・・という女性の声を聞きましたよ。

さすが主教様だ (rebekahは密かに思ったわけです)
 

前回と同じくサーバーはtakita兄、自分から名乗りを上げてのご奉仕に感謝です。
主教様のほほえましい姿がいいですね。

DSC00996A







今日の箴言   明るい顔
DSC01006aat
『心に喜びを抱けば顔は明るくなり、心に痛みがあれば霊は沈み込む』
                                       箴言15:13
『楽しければ顔が輝き、悲しければ顔が曇ります。』リビングバイブル

主教巡杖礼拝にふさわしい箴言







記事検索
 宮崎聖三一教会
心をひとつにして神様に感謝しましょう。 みんなでお待ちしています。
大きな地図で見る
プロフィール

ユーチ

livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ