May 2006

May 31, 2006

祝!今日のワンコご出演

仲良くしていただいてるミックス犬日記のつちままさんとパルちゃんが、めざましテレビ
「今日のわんこ」に出演しました!!

放送前に告知すれば良いものの間に合わず、放送後となってしまいました。
ホントに私はどんくさいです・・。

pal chan
見逃してしまった方は、こちらのダイジェスト版をご覧下さい。

今日のわんこ-No'2625パルちゃん 

パルちゃんの可愛らしいお得意ポーズがご堪能いただけます。

テレビでパルちゃんとつちままさんに会えるなんて、わくわくしました。
再放送してくれないかなー。


そういえば私、めざましテレビに遠ーいコネがありまして、関係者本人・・ではなくその親族に、「トトルルを今日のわんこに出してとお願いしておいて」と頼んだことがあります(すごいわかりにくい)。もちろん、こんな間接的な願いなど叶うわけも無く、頼んだ張本人も忘れてたくらい。
そもそも、関係者本人に伝わってすらいないでしょう。やはりずるっこはダメですね。
なんでも、パルちゃんの場合は、お友達が独断でいつのまにか応募していたらしいです。
これぞ正道!アイドルのデビュー秘話のようです。この無欲さが合格の秘訣ですな。
誰かトトルルをこっそり応募しといて。おほほ



beret_hanamon at 23:40|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

May 29, 2006

等々力事件簿

等々力渓谷、ここは都会のオアシス。
すぐ上を幹線道路が走っているとは信じられないほど静かで緑に囲まれている。
言い忘れたが、私はちむ。ひとよんでホームズ・ちむ、云わずと知れた迷探偵・・
いや、名探偵である。
さあ、今日も難解な事件に挑むとしよう。ワトソンくん、君にこの謎がとけるかな。

Tantei Chim













































またもや、いとも簡単に難事件を解決してしまった。頭脳明晰な自分が怖い。
(・・謎解きというより、これって自首じゃない?どっちでもいいから、このドロンコくん何とかして)



beret_hanamon at 18:00|PermalinkComments(8)TrackBack(0) イヌまんが 

May 27, 2006

Let's go for walk

ワンを家族に迎い入れてから、私の生活は一変した。
どうしてもワン中心の生活、趣味趣向も変わったように思う。
洋服や靴にしても、ワンと一緒に過ごすことを一番に考え、動きやすく汚れても気にならないものが中心となり、スカートもあまりはかなくなった。
週末のお出かけもワンと共に楽しめる場所、公園やドッグラン、街探索にワン連れOKのカフェなどだ。

Kagurazaka Toto&Lou

 神楽坂

Kagurazaka Alba












東京は緑は少ないが、ワンと一緒に入れるお店は多く、犬連れ街探索も捨てたもんじゃない。
今日はどの街に行きどのカフェに入るか、その日の気分で決め出発する。
思いがけないところに思いがけない発見があったり、心優しい風景に出会えたり、街探索は私の小さな楽しみなのだ。

Cafe Saryo


この犬連れ街探索を、趣味と記録を兼ねて、ちむと協力してひとつのブログにまとめようと考えている。
でも、きっと犬カフェ情報がメインになってしまうだろうな。

ふたをひらけば、食べ物とお茶の画像ばっかりだったりして。ありうる・・

← Cafe Saryo (神楽坂)

 



beret_hanamon at 01:52|PermalinkComments(4)TrackBack(0) イヌ生活 

May 09, 2006

箱根の山はてんかのけーん

GW明けの平日、箱根に一泊旅行へ出かけました。
宿泊先は、以前から泊まってみたかった箱根ハイランドホテル
コテージ4棟がワンOKなのですが、週末はとれないことが多く、今まで機会に恵まれませんでした。
今回は平日ということで予約もOK、休前日に比べ割安価格で特典付き、ちょっと得した気分です。

Hakone Highland Hotel

 

 


 

 



















表のだだっ広い芝生はワンNGですが、裏手に小さなドッグランがあります。
この日は貸切状態だったのでそれなりに遊べましたが、混んでいたら狭くて使いづらいと思います。
大型犬だとまったく走れない・・ドッグラン目的で利用する宿では無いのでしょうが、ちと残念ですね。
どちらにしても、温泉も楽しめたし、緑と鳥のさえずりが心地良い、ゆったりとした休日になりました。

次なる旅先は、南の島かな。



beret_hanamon at 02:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 旅行 

May 06, 2006

ミュージカルスター

今年のGWは、早朝の海浜公園でカモメを眺めたり、深夜の映画館でキャラメルポップコーンを食べ過ぎて気持ち悪くなったりと、健康的なのか不健康なのかよくわからない生活を送っていた。

まあ、GWはどこ行っても混んでますからね、近郊をふらふらしているのが一番です。

 

 

連休中に見た映画はこれ↑「プロデューサーズ」。

私にとっての青春スター代表格、マシュー・ブロデリック主演のコメディ・ミュージカルだ。

クリックすると詳細なデータをご覧になれます

 

マシュー・ブロデリックを好きになったきっかけは、20年前に観た映画「フェリスはある朝突然に」。

マシュー演じる高校生フェリスが、学校をさぼり、めいっぱい楽しい完璧な一日を過ごすというノーテンキな青春映画で、当時の青春映画といえばこの監督、ジョン・ヒューズの作品だ。

 

私は昔も今もコメディタッチの青春映画が大好きで、その手のものは数多く観ている。
中でも「フェリスはある朝突然に」は、マイベスト青春映画編(他にもマイベストヒューマンドラマ編とかあるのね)の上位に確固たる地位を築いていて(私の中でだけだけど)、その栄光はまだまだ続くと推測される。

学校をさぼった高校生3人の一日を、軽快なテンポで面白おかしく描いているだけなのだが、スカッと爽快な気分にさせてくれる理屈抜きで楽しい映画だ。

 

さて、このマシュー、芸歴は長い。

ドラッグやアルコール、名声におぼれること無く、堅実な役者人生を歩んできた数少ない子役あがりの役者である。

映画に舞台そしてミュージカルと活躍の場は幅広く、かなりの芸達者で、トニー賞最優秀男優賞を2度も受賞している。

実は私、ラッキーにも彼のトニー賞受賞作をブロードウェイで観たことがあるんだな。

あれはまだ20代の頃、初めてニューヨークに行った時のこと。

「ショービジネスの本場ニューヨーク、やっぱブロードウェイ行かなきゃ」とばかりに、当時一番人気のミュージカルを観に行くことにした。

ホテルのコンシェルジュが手配してくれたのは「How to Succeed in Business without Really Trying」訳して「努力せずして出世する方法」。

主演はマシュー・ブロデリック!
思いがけない幸運に歓喜し、生マシューの演技と歌声に酔いしれたのだった。

 

izunoodoriko

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

ミュージカル版伊豆の踊り子ってあり・・?

 



beret_hanamon at 17:24|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 映画 | トト&アルバ